国内で英語を上達させる効果的な方法8選!留学よりもコスパ良し

英語を身に付ける手段として思い浮かぶのは、やはり留学ではないでしょうか?そうは言っても実際に留学に行ける人ばかりではありません。海外に行かずに英語を上達させられたら素晴らしいですよね。この記事では、国内で英語を上達させるための方法を具体的にご紹介します。国内で英語を上達させたいと思っている方はぜひご参考ください

国内で英語を上達させるメリット

できることなら海外にいって英語を学びたい、という方は多いですが、国内で英語を上達させる場合にも以下のようなメリットがあります。なかなか海外に行けない場合は「海外にいけないから英語は勉強しない」ではなく、「日本でも勉強できるし、コスパも良い」ということを念頭に入れておくとよいでしょう。

  • 留学するよりコスパが良い
  • 日本語の教材を利用できる
  • 日本人の指導・サポートを受けられる

留学するよりコスパが良い

留学する場合に発生する費用は、授業料に加え、渡航費、滞在費、現地での交通費や食費など、生活必需品を現地でそろえる必要があり、その分コストは高くなります。

東南アジアなどへの留学は、比較的料金を抑えることができますが、それでも国内で学ぶよりも発生する費用は結果的に多くなるでしょう。

行先によっても異なりますが、3か月の留学でかかる費用は最低でも60万円~100万円ほどが目安です。それに比べると、国内で英語を学ぶ場合に発生する費用は一般的に授業料と入会金のみです。オンライン英会話の場合5000円/月前後、圧倒的な効果を実感できると評判の英語コーチングの場合20万円~30万円/月が相場です。

留学にいっても上達しなかったというケースも考慮すると、日本国内でも英語学習を徹底する環境は整っているといえるでしょう。

日本語の教材利用、日本人から指導・サポートを受けられる

幼少期は感覚的に英語を習得できますが、大人になると英語をただ聞いているでは上達することは困難とされています。構造的に文法や英文のつくりを理解することが、英語力の向上に欠かせません。

そのため、日本語でかかれた教材や、日本語での解説はあったほうが、理解の進みが早く、結果的に早く英語を身に着けることができます。

また、学習を進めるうえで困ったことや、学習進捗の管理なども、より細かなニュアンスを伝えられる日本人講師やコンサルタントとのほうが、話をしやすく、留学中に陥りがちな”孤独になり挫折する”ということもなく、モチベーションを維持しやすい環境で学習を進めることができます。

国内にいながら英語の上達は可能か

「国内にいながら英語の上達は可能か」、結論からお伝えすると、先にも述べたように、日本にいながらも英語を上達させることは十分に可能です。

何もせずに上達させることはできませんが、意欲と工夫次第で海外で英語を学んだかのように流ちょうな英語を身に付けることができます。やみくもに学習するのではなく、ポイントを押さえて効率よく学習し、英語を上達させましょう。

国内で英語を上達させるために欠かせない5つのポイント

ただ漠然と勉強しているだけでは、英語を上達させることはできません。ここでは国内で英語を上達させるために欠かせないポイントを5つご紹介します。

1. 毎日英語に触れる習慣をつくろう

国内で英語を学習する時にネックになるのが、英語に触れる時間の少なさです。留学中であれば常に英語に触れている状況に身を置くことができますが、国内で英語を学ぶ場合、意図的に英語に触れる時間を作らなければいけません。

まずは1日数分でもいいので、毎日英語を学習する時間を取りましょう。まとまった時間が取れなくても大丈夫。むしろ細切れの時間を利用し、1日のうちに何度も英語に触れる方が記憶に定着しやすくなります。

2. 基礎を固めよう

国内で学習をする場合、英語に触れる時間が限られているため、まずは基礎をしっかり身に付けるようにしましょう。中学英語程度の基礎単語・文法を覚えておくとスムーズに学習が進められます。

単語を並べただけでも会話はできますが、本当の意味で英語を話せるとは言えません。伝わる英語を身に付けるためには、基礎固めが重要です。地道で単調な作業になりがちなので、リスニングなどの他の学習と並行して取り組むことをおすすめします。

3. アウトプットの時間を多く取ろう

留学をすると英語力が伸びやすいのは、アウトプットの機会が格段に多いためです。ただし、たとえ海外で暮らしていても英語を話す機会が少なければいつまで経っても話せるようにはなりません。

逆に言えば、国内にいたとしてもアウトプットの時間を多く取れば、どんどん英語を話せるようになっていきます。インプットももちろん大切ですが、アウトプットの時間をより意識して取るようにしましょう。

4. 間違いを恐れずに英語を使おう

間違いを恐れてしまうと、英語を口にすることに抵抗を感じてしまいます。母語である日本語を話している時でさえ、言い間違えることはありますよね。英語ならばなおさらです。そもそも、英語はコミュニケーションの手段です。多少の間違いや発音のクセがあっても、言いたいことが伝えられることが重要です。

たとえ間違えても、そこから学んでいくことで英語を上達させられるので、間違いを恐れず自信を持って英語を話しましょう。

5. イメージを活用して英語脳を作ろう

英語脳とは、日本語を介さずに英語で考え、英語で話すための思考回路のこと。英語脳を作るのに効果的な方法は、英単語やフレーズを覚える際に、日本語訳ではなく、イメージそのもので覚えることです。

イメージが思い浮かばない場合は、画像検索を利用することをおすすめします。また学習する順番も重要です。赤ちゃんが言葉を学ぶように「聞く・話す・読む・書く」の順を意識して学習してください。理解を深めるために日本語を使うのは問題ありませんが、一語一句和訳することのないよう注意が必要です。英語を英語のままで理解できるようになると、一気に英語力が上がります。

国内で英語を上達させる5つのステップ

ステップを踏んで学習することで、国内にいても効率よく英語を上達させることができます。具体的なステップを順を追ってご説明します。

1. 目標を設定しよう

まずは英語を学習する目的を明確にし、目標を設定しましょう。どうして英語を学習するのか、どれくらいのレベルに到達したいのかによって必要な学習も異なるので、このステップはとても大切です。

「ペラペラになりたい」などの漠然とした目標では、上達度が計りにくいため、「英語で料理クラスに参加したい」など、目標は具体的にしましょう。同時に、いつまでに達成したいのか期限を設けることをおすすめします。

2. 実力を確認しよう

自分の現段階での実力を確認した上で、学習計画を立てましょう。無料のオンラインテストを利用するほか、より詳細なレベルを知りたい場合はTOEICなどの試験を受けてみてください。

実力を把握しておくと自分のレベルに合わせた学習法を取り入れることが容易になり、効率よく学習できます。

3. リスニング中心の学習から始めよう

ここからは実際に学習に入っていきますが、まずはリスニング中心に学習を進めていくことをおすすめします。英語には日本語にない発音が多いので、英語の音に耳を慣らしていきましょう。

教材は自分の興味のあるものを選び、長すぎず難しすぎないものを選ぶのがポイントです。発音だけではなく、英語独特のリズムやアクセント、イントネーションを聞き続けることで、スピーキングの上達にもつながります。

4. スピーキングの機会をつくろう

国内で英語を上達させるには、絶対にアウトプットを疎かにしてはいけません。英語は使えば使うほど上達していきますが、日本にいると日常的に英語を話す機会があまりないので、自分からスピーキングの機会を作りましょう。

英会話レッスンを受けるなど、会話相手がいる練習も大切ですが、一人で学習する際にもスピーキングを取り入れてみてください。単語やフレーズを発音して覚えるようにすると、耳と口を同時に使うので覚えやすくなります。この時、きちんとネイティブの音声を聞いて発音を真似ることがポイントです。

5. 足りない部分を強化しよう

リスニング・スピーキングを中心に学習を進めながら、その中でも足りない部分を強化します。語彙が少なすぎる、前置詞の使い方が不安など、苦手な部分を確認し重点的に学習するようにしましょう。

苦手分野の学習は一度やって終わらせるのではなく、少し時間を空けて復習をすることが大事です。確実に身についたかどうか確認してくださいね。

国内で英語を上達させる効果的な方法8選

国内で英語を上達させるためにはどのように学習すればいいのでしょうか?ここからは効果的な方法を具体的にご紹介します。

TOEICや英検などの試験を受験する

国内で英語を上達させる方法|TOEICや英検などの試験を受験する
自分の現段階での実力を確認するのはもちろん、学習を始めてからの習熟度を確認する上でも役立つのがTOEICや英検などの試験です。こうした試験のために学習すること自体も英語の上達に役立ちます。各試験の傾向に合わせた学習も大切ですが、4技能をバランス良く学習することも忘れずに。

洋書や洋画など、英語で趣味を楽しむ

国内で英語を上達させる方法|英語で趣味を楽しむ
英語をツールとしてなにかを学んだり趣味を楽しむことも、英語上達にとても効果があります。英語のレシピサイトを見て料理を作る、英語の雑誌を読む、好きな海外俳優さんのSNSをフォローするなど、興味があって楽しんで続けられることを英語で取り組んでみてください。

日本在住の外国人向けに開催されているイベントやサークル活動に参加してみてもいいでしょう。趣味を楽しみながら英語も自然に身に付いていきますが、わからない単語や表現に出合ったら、その都度調べて覚えることも心がけてくださいね。

ランゲージエクスチェンジを活用する

国内で英語を上達させる方法|ランゲージエクスチェンジ
ラングエージ・エクスチェンジ(言語交換)とは、異なる言語のネイティブ話者同士がそれぞれの言語を教え合うことです。英語学習としてだけではなく、異文化交流も楽しめるのが魅力。

アプリやオンライン上でのやりとりのほか、直接会って会話をすることもでき、気軽に英語を話す練習として最適です。ただし、純粋な学習目的ではないユーザーも中にはいるので、トラブルに巻き込まれないよう注意してください。1対1が心配であれば英会話カフェの利用もおすすめです。

英語で日記をつける

国内で英語を上達させる方法|英語で日記をつける
1日の様子や思ったことなど、何でもいいので英語で日記をつけてみましょう。英語で日記を書くことで、語彙や表現の幅が広がり、自分の言いたいことを英語で考え組み立てる練習になります。

ある程度の英語力がある方は直接英語で書いてもいいですが、英語学習初心者の方はまず日本語で表現したいことを書き、その後英語に直すやり方をおすすめします。慣れない内は英語に直すのにも時間がかかりますが、わからない表現や単語を調べていく過程で使える表現が増えていきます。

自分で直した英語をネイティブの人に添削してもらうとさらに効果的です。一文でもいいので、毎日続けてみてください。

ひとり言でアウトプットの量を確保する

国内で英語を上達させる方法|ひとり言
英語でのひとり言は、アウトプットの機会を増やす練習にぴったりです。自分の普段の行動、仕事の内容など、なんでも構わないので気付いた時に英語で表現してみましょう。英語で日記を書くのと似ていますが、思い付いた時にその場で練習できるので、場所や時間を選びません。

相手がいることを想定して会話練習をしてみてもいいでしょう。声に出して言うことで、英語を口にすることに慣れていくので、実際に英語で話す場面でもよりスムーズに話せるようになります。時々、自分のひとり言を録音し、発音を確認することもおすすめです。日常的に「これは英語でなんと言うのか」を意識してみてくださいね。

この練習はちょっとした時間を見つけて毎日続けると、かなりの効果を感じられます。

英会話スクールに通う

国内で英語を上達させる方法|英会話スクールに通う
インプットは独学でも十分な学習ができますが、アウトプット、特にスピーキングに関しては独学では限界があります。

学習を続けていくと、文法的には正しくてもネイティブはあまり使わない表現や発音の違いなど、自分では確認できない部分が多く出てきます。そんな時におすすめなのが英会話スクールです。

インプットした知識が実際に通じるかを確認する場としてもうってつけですし、ネイティブと会話することでより自然な英語を身に付けられます。なにより自己流の間違った発音や知識を覚えてしまうと直すのも大変ですので、変なクセが付く前に英語のプロに確認してもらい、その場でフィードバックをもらいましょう。

通学型、オンラインともに多くのスクールがありますので、それぞれの特色を比べ、自分に合ったスクールを見つけてください。

英語コーチングに通う

国内で英語を上達させる方法|英語コーチングに通う
国内で、かつ短期間で英語を上達させたい場合には、やはり英語コーチングがおすすめです。一人一人に専属のコーチが付き、学習方法の提案やスケジュール管理まで、幅広くサポートをしてくれます。

言語学や心理学など、科学的なアプローチを用いたレッスンで、効率よく学習が進められるほか、講師のレベルが高いことも特長です。個人個人に合わせて具体的に学習方法をコーチングしてもらえるので、短期間でも目に見えて効果が出ます。毎日数時間のレッスンにプラスして課題があるなど、学習負荷は高いですが、その分実力の伸びをしっかり感じられることは間違いありません。

ビジネスシーンや海外の大学院進学などのために短期間で英語を習得する必要がある方に特におすすめです。

国内留学

国内で英語を上達させる方法|国内留学
国内にいても英語環境に身をおいて集中的に英語を学習したい方には、国内留学という選択肢もあります。国内留学とは、日本にいながらにして英語漬けの環境で学習できるプログラムのこと。

主に合宿スタイルが一般的ですが、ホームステイや通学タイプのスクールもあり、期間は日帰り~1週間程度の短期から、1~3か月の長期までさまざま。プログラムも日常会話重視のものから、ビジネスや資格試験対応のものまであるので、自分に合ったスタイルを選ぶことができます。

煩雑な手続きや治安の心配などをすることなく留学体験ができるので、海外留学を諦めていた方にもおすすめです。

国内で英語を学習するメリット・デメリット

国内で英語を学習する際のメリット・デメリットはどのようなものがあるのでしょうか?

国内で英語を学習するメリット

生活環境を変える必要がない

海外留学をする場合、生活環境をガラリと変えなくてはいけません。留学期間にもよりますが、半年~数年の長期ともなれば引っ越しをしたり、仕事を辞めるなどの変化があるほか、行政上でも多くの手続きが必要になります。

その点、国内で英語を学習する場合は生活環境を変えなくていいので、家族がいたり、仕事を辞められない場合でも問題ありません。

安心・安全

日本は世界でもトップレベルに治安の良い国です。治安が良いと言われている国でも、日本より犯罪率が高いことがほとんどです。

留学をする際に治安の面で不安を持つ方も少なくありません。また、体調を崩した場合、言葉が上手く通じないと心配ですが国内にいれば安心です。

費用を抑えられる

海外で英語を学ぼうと思うと、まとまったお金が必要です。語学学校の費用のほか、滞在費や渡航費、その他のさまざまな手続きにもお金がかかるため、比較的物価の安い国への留学だとしても思っているより高額になってしまうことがあります。

国内で学習する場合、そうした費用は一切必要ありません。英会話スクールに通ったり、コーチングを受講したとしても、留学にかかる費用に比べると負担は少ないでしょう。

国内で英語を学習するデメリット

海外の生活や雰囲気は体験できない

街の雰囲気や接客、海外での生活は国内では体験できません。海外ならではの空気感は実際に現地に行かないと味わえないので、英語力を伸ばすだけでなく、そうした体験も求めているのであれば海外留学をする必要があります。

24時間英語漬けの環境にするのは難しい

24時間常に英語漬けの環境を国内で作るのは容易ではありません。英語に触れる時間をできる限り増やすことは可能ですが、そのための努力を続けるためには強い意志の力が必要です。

日本での日常生活の中でモチベーションを維持するのも難しいので、プロの力を借りたりと工夫しながら学習しましょう。その点コーチングは精神的なサポートも充実しているのでおすすめです。

国内にいても英語を上達をさせる方法はある

いかがでしたでしょうか?難しいと思われがちですが、日本にいても英語を上達させることは十分できます。とにかく毎日触れること、そして何よりも、楽しみながら学習を継続すること。地道な積み重ねが必要ですが、続けることで確実に英語は伸びていきます。留学していたの?」と聞かれる英語力を身に付けられるよう学習していきましょう!







おすすめの記事