アクセスのしやすさ、距離の短さから海外旅行先としても高い人気を誇る国。グルメやエンターテイメント、美容など多彩な魅力を持ち、日本からも多くの観光客が訪れる。人口は約5050万人、主要言語は韓国語。韓国語の文字は「ハングル」と呼ばれ、母音と子音を組み合わせて音をあらわすという体系的なもので、シンプルな形であることから学びやすい文字だと言われています。

最近では、K-POPや韓流ドラマの影響もあり、韓国語を学ぶ人が増えています。本格的に習得したいなら、やはり現地に留学して実践的な韓国語を習得するのがおすすめ。韓国に留学するメリットや費用などの基礎知識を解説するので、韓国留学に興味のある方はチェックしておきましょう。

韓国で留学できる都市

韓国で留学できる学校一覧

ソウル 釜山

韓国ってどんな国?気候や文化、物価について

韓国留学韓国は日本から空路2時間程度でアクセスできる身近な国です。正式名称は大韓民国。面積は約9.9万平方キロメートル、人口は約5000万人で、朝鮮半島にルーツのある漢民族が大多数を占めています。国教はありませんが、韓国人の価値観や生活様式には儒教や仏教の影響が見られます。

ハングル文字・韓国料理など独自文化を形成

歴史的に王朝時代から異民族の流入を防いできたため、韓国独自の文化が守られてきました。公用語は韓国語で以前は漢字が使われていましたが、現在は表音文字であるハングル文字が主に使用されています。キムチ料理をはじめ唐辛子や香味野菜を多用した韓国料理や、チョッカラという金属製の箸など、日本とはひと味違った食文化も魅力です。

日本のような四季がある

韓国には日本と同じように四季があり、梅雨や台風もあるなど、季節・気候の面では共通点が多いです。ただ、冬は0度を下回ることが多く東京と比べると寒いため、防寒着はしっかり用意しましょう。夏は高温多湿ですが、温度は日本よりやや低いです。中国と距離が近いので、春はマスクなどの黄砂対策が必要です。

物価は日本より安い

韓国の通貨はウォンで、100ウォン=約11円程度です。物価は以前よりかなり上昇していますが、現在でも日本より安いものが多いです。一般的なランチなら500円程度で食べられますし、韓国の飲食店ではキムチなどのちょっとしたおかずが無料で食べられるので割安に感じられるでしょう。お酒やタバコなどの嗜好品は日本よりやや高い場合があります

韓国に留学するメリットは?

韓国料理
次に、韓国に留学するメリットを確認していきましょう。

アクセスしやすく渡航費が安い

韓国へのアクセスは、飛行機を利用して2時間程度。移動にかかる時間や費用などの負担が少ないですし、近いので渡航費も安く抑えられます。LCCを利用すれば、時期によっては往復1万円程度で済ませることも可能なので、欧米に留学することを考えるとかなり格安です。何かあればすぐに帰国できるほどに近い距離は、韓国ならではのメリットです。日本との時差もないので時差ぼけなどの心配もありません。

グルメや買い物も楽しめる

人気の韓国グルメやショッピングを楽しめるところも魅力のひとつ。ソウル周辺にはショッピングセンターが多く、リーズナブルな商品が豊富に揃っています。マッサージやエステなどリラクゼーション系のお店も多いため、休日の息抜きもしやすいでしょう。

韓国留学で人気・おすすめの都市・街は?

韓国留学で人気がありおすすめの都市はソウルです。

ソウル

ソウル

首都ソウルは、韓国の政治経済の中心地として発展している一方で、約600年の歴史がある古都としての表情も楽しめます。朝鮮半島の中南部を流れる漢江の北側は旧市街となっていて、歴史的な遺構が点在するほか、最大の繁華街である明洞や南大門広場もあります。南側は新市街で、ショッピングセンターやホテルなどが建ち並ぶ開発エリアとなっています。

ソウルの学校一覧

韓国留学で人気・おすすめの学校は?

韓国留学でおすすめの学校をご紹介しましょう。

Easy Korean Academy

Easy Korean Academy

ソウル南部の高級エリア江南区のアックジョンエリアにある韓国語学校です。最寄り駅からは徒歩7分と便利な立地なので外食や買い物などにも便利です。ベテラン講師がオリジナルの教材を使って丁寧に教えてくれるので、短期間でもしっかりと学べます。校内では無料Wi-Fiが利用でき、パソコンルームや自習室などもあるため、快適な留学生活が送れるでしょう。

Easy Korean Academyの詳細

韓国留学にかかる費用はどれくらい?

韓国留学の費用は学校によって異なりますが、有名大学の学費はやや高い傾向があります。予算や目的に応じて自分に合った留学先を選ぶようにしましょう。

1ヶ月の短期留学は20万円前後

たとえば、1ヶ月の短期留学の場合、費用の目安は20万円前後です。

  • 学費:4〜8万円程度
  • 滞在費:5〜8万円程度
  • 生活費:5〜8万円程度
  • 渡航費(往復):2〜6万円程度

韓国留学の滞在先としては、小さな部屋にシャワーとトイレを備えた「コシテル」という宿泊施設が用いられることが多く、一般的なホテルよりリーズナブルです。学生寮が用意されている学校もありますが、食事が付いていない場合もあるため注意しましょう。

韓国留学する際の必要な手続き・注意点は?

ビザ申請
最後に、韓国留学で必要な手続きと注意点をチェックしておきましょう。

90日以内ならビザは不要

韓国の場合、滞在期間が90日以内であればビザは不要です。91日以上滞在する場合は「D-4ビザ」または「D-2ビザ」を取得してください。

  • D-4ビザ:大学や民間の語学学校に留学する場合に必要な一般研修ビザ
  • D2ビザ:大学の交換留学や大学院への留学に必要な留学ビザ

D-4ビザとD-2ビザは延長手続きをすれば最長2年間の滞在が可能です。

91日以上の場合は外国人登録が必要

韓国に91日以上滞在する場合は、ビザとは別に「外国人登録」をおこなう必要があります。外国人登録の申請は、韓国に入国した日から90日以内に滞在地域の出入国管理事務所で手続きが可能。学校が申請を代行してくれる場合もありますが、基本的には本人が直接手続きをするものなので、留学前に申請方法や申請場所を確認しておきましょう。

距離が近くて気軽に行ける韓国に留学しよう

韓国は日本から2時間くらいで行ける身近な留学先です。日本と時差がなく、渡航費も安く済ませることが可能なので、他の国と比べると気軽に留学できるのではないでしょうか。現地に留学すれば、学校はもちろん街中でも実践的な韓国語が学べるほか、特有の韓国文化や生活様式にも触れることができます。韓国語が上達したい方は、現地留学を検討してみてはいかがでしょうか。