太平洋に浮かぶ7000以上の島国からなる多島国家。英語が広く共通語として使われており、世界3番目の英語利用率を誇る。日本からも近く、首都のマニラやビーチリゾートとして知られるセブ島などが観光先として人気。

フィリピンで留学できる都市

フィリピンで留学できる学校一覧

スービック マンダウエシティ(セブ島)
セブシティ(セブ島) ラプラプシティ(マクタン島)

フィリピンってどんな国?

言語

植民地時代の影響もあり、英語を話せる人が多い国です。主要な言語はタガログ語ですが、イロカノ語、ワライ語など、100以上の方言があります。日本の方言と違って外国語のように全く違います。

文化

出稼ぎ大国でもあります。また、家族のつながりが非常に強い国です。「フィリピンタイム」という言葉があるほど、時間にややルーズです。ゲイの方が多く、ゲイの方専用言語もあります。

気候

気温は年間を通じて温かく、雨季と乾季に分かれます。夏~秋は雨季でスコールが降ることもありますが、数十分ほどですぐやむこともあります。
バス、レストラン、ショッピングセンター内では強く冷房をきかせているところも多いので、上着を持っていくことをオススメします。
バギオなど、標高1500mにある街は他の都市と違い、肌寒い日が多いです。

【セブ島】

最高気温 最低気温
1月 27 26
2月 28 26
3月 28 26
4月 28 27
5月 29 28
6月 30 27
7月 29 27
8月 29 27
9月 29 27
10月 28 27
11月 28 27
12月 28 26

物価

レストランなどの物価は日本の約10分の1ほどと大変安いです。その他も基本的安く、魅力の一つでもあります。古着屋さんに行くと、数百円で手に入ることも多々あります。

費用を抑えるコツ

「ジープニー」と呼ばれる乗り合いタクシーに乗ると、交通費がかなり抑えられますが、どのジープニーがどこへ行くかなどが分からない…など、はじめは困ることが多いです。乗る前に運転手さんに聞きましょう。

治安はどうなの?

地域により大きく変わります。外務省の情報をしっかり確認しましょう。セブ島や、バギオなどは安全ですが、スリには注意してください。

フィリピンの人ってどんな人が多いの?

日本人と比べてフレンドリーな人が多いです。また、アジアの中では珍しくキリスト教の方が多く、信心深い人が多いです。

フィリピンの留学について

フィリピンを選ぶメリットは?

格安でマンツーマンレッスンが受けられるので、費用を抑えて一気に語学力を上げたい方にぴったりです。

フィリピンの語学学校にはどんなコースがあるの?

基本的マンツーマンレッスンが中心ですが、試験対策やビジネス英語、親子留学、医療英語、病院インターンシップなど取り扱っています。

放課後や週末に観光を楽しみたい!フィリピンオススメスポット

勉強も大事ですが、せっかくフィリピンにきたのですから、色々楽しみましょう。現地でできた友人と観光することも、英語の勉強になります。

エルニド

フィリピン最後の秘境と呼ばれる、透明度の高い海を楽しめる場所です。透明度の高い海、野生動物などがいるので、素晴らしい写真を撮ることができるでしょう。

オスロブ

シュノーケリングやジンベイザメウォッチングという貴重な体験ができます。

ナルスアン島

マクタン島から行きやすく、美しい海を楽しめます。大量の魚が楽しめるシュノーケリングがオススメです(天候にもよります)

ホボール島

セブ島から日帰りで行くことが可能です。世界最小のメガネザルなど、フィリピンの自然を楽しむことができます。フィリピンで最も古い教会もあります。

フィリピンでおすすめの食べ物は?

フィリピンは「甘い」「しょっぱい」「すっぱい」食べ物が多いです。

有名なファストフード店は「Jollibee」で、安く種類も豊富です。また「Oishi」というメーカーが、味も見かけもかっぱえびせんそっくりなお菓子を販売していて、そちらも人気です。チョコレートが好きな方は「goya chocolate」がオススメ。安くで種類豊富です。
「ウベ」と呼ばれる紫色のイモをクッキー、アイス、ジャムなどよく使います。

フルーツ

バナナが有名ですが、マンゴーが絶品です。大変甘く、値段も安いため大量に買えます。ドライマンゴーはお土産の定番です。また、ジャックフルーツやロンガンなど、日本であまり見かけない果物も多くあります。

ハロハロ

日本のミニストップで売っているハロハロと大きく違います。かき氷の中に果物や穀物、ナタデココなどが混ざり、一番上には紫色のウベ(紫芋)アイスがのっています。カラフルで見るだけでも楽しいです。「Chowking」という中華料理屋のハロハロが有名ですが、お気に入りのハロハロ屋さんを見つけましょう。

バロット

孵化する前のアヒルの卵を茹でたものです。外見は非常にグロテスクですが、味は普通です。卵に近いものからほぼ孵化直前まであるので、レベルによって触感などが違います。

カレカレ

パット見はカレーのようですが、ピーナツベースのシチューのような食べ物です。

レチョン

豚の丸焼きです。味付けはシンプルでぱりぱりしています。

フィリピン留学で人気・おすすめの学校は?

SMEAG Philippines Training Center

SMEAG Philippines Training Center

国内最大の語学学校です。3つの校舎を構え、ジムやレストランなど設備が充実しています。英語力を一気に上げたい方はスパルタ校舎をオススメします。

この学校の詳細を見る

QQ English, IT Park

QQ English, IT Park-3

費用を抑えたい方にオススメします。1か月(授業料(週20時間)+学校寮(ツイン/3食)でなんと141,100円です。外資系企業が集まるITパーク校のほかに、海風を感じるシーフロント校もあります。

この学校の詳細を見る

Cebu Doctors University ESL Center

Cebu Doctors University ESL Center-1

医科大学付設語学学校という少し珍しい語学学校なので、医大生と友達になれるチャンスです!医療英語や病院ボランティアなどコースが豊富です。

この学校の詳細を見る

フィリピン留学のスタイル

語学留学

英語を学べる私立の語学学校は、マンツーマンレッスンが多く、尚且つ安い値段で授業を受けることが可能。アジアからの留学生が多い。1カ月以内の滞在ならばビザは不要。

おすすめの学校

SMEAG Philippines Training Center(エスエムイーエージー・フィリピントレーニング・センター)
SMEAG Philippines Training Center
(セブシティ)セブシティにある大規模英語学校。マンツーマンレッスンや早朝・夜間授業を含めた週最大65コマの集中授業が行われる。学生寮には日本人シェフが常駐。

この学校について詳しく見る

フィリピン留学 費用の目安

フィリピン 語学留学の場合
※上記費用の目安に含まれるものは、入学金・授業料・滞在手配料・滞在費用(学生寮)となります。
※学ぶ都市や学校によって料金は異なりますので、参考料金としてご利用ください。

期間 1ヶ月 3ヶ月 6ヶ月 1年
費用の目安 15~25万円 35~70万円 70~135万円 135~270万円