ドバイはUAE(アラブ首長国連邦)の首長国のひとつであり、経済成長が注目されている国です。アラビア語を話せないと生活できないかというと実はそうはなく、過去イギリスの植民地であった背景や、人口の9割が外国人といったことから英語が共通語として使用されることが多いです。そのため英語を教える語学学校が多く英語を学ぶためにドバイ留学をする人も少なくありません。アジア人に対しても排他的な扱いをするといった、諸外国で見られるような差別はほとんどありません。治安はとても良く、インフラが整っているので生活面ではとても便利です。イスラム国家であるため、宗教の観点からしっかりマナーや習慣を身につけておく必要がありますが、それらを注意すれば安心して留学生活を送ることができます。

ドバイで留学できる学校一覧

ドバイってどんな都市?気候や文化について

世界各国から人が集まってくるドバイ

ドバイはアラブ首長国連邦の国のひとつです。公用語はアラビア語なのですが、ドバイに住む人の8割以上が外国人ということから、会話は英語が中心となっています。

欧米やアフリカ、アジア、オーストラリアや中東など様々な国の人が集まってくるドバイは色々な英語が飛び交っているという理由で、英語を学ぶ留学先として注目が集まっています。

夏は50度にもなる街

ドバイの夏は気温が50度にもなることがあるので、留学の時期にはなるべく選ばないほうが賢明でしょう。6月から9月くらいの時期は、外に出ることすら辛くなる環境です。また、“ラマダン”という断食をする時期も避けることをおすすめします。

独自のマナーを守るべし

ドバイには日本とは異なるマナーがあるので、知っておかなければなりません。例えば、イスラム教は飲酒が禁止なので、ライセンスを持つレストランやホテル以外の場所での飲酒は厳禁です。公共の場で飲酒をすると罰せられるので気をつけてください。

また、横断歩道以外で道を横断することやゴミのポイ捨ては禁止、公共の場でキスをすることはわいせつ行為としてみなされます。

女性は特に肌を露出した服装を避けたほうが良いでしょう。それから、ドバイのメトロは男性と女性・子どもの車両が異なるので注意が必要です。

ドバイに留学するメリットは?

治安が良く便利な都市で学べる

海外で暮らすことになったとき、不安なのは“治安”ではないでしょうか?ドバイは、政府主導で外国人が生活しやすいような環境作りに注力し、治安の良さに最も気を配っています。

このことからドバイは“無犯罪都市”といわれていて、インフラが整っていることも合わせて生活しやすい環境と言えます。

多国籍な環境で学ぶことができる

英語は色々な国で使われていますが、その国々の癖があります。ドバイには世界各国から英語を話す人達が集まってくるので、それぞれの国の英語に触れることができますよ。

日本で学ぶ英語はアメリカ英語なので、グローバルな英語を耳にしたときに戸惑ってしまいます。ドバイで色々な国の人が話す英語に触れておくことで、その戸惑いが少なくてすむのはドバイ留学のメリットと言えます。

英語はもちろんアラビア語が学べる

英語が多く使われているドバイですが、公用語はアラビア語です。そのため、英語を学びながら公用語であるアラビア語に触れることもできますよ。

学生ビザでアルバイトできる

学生ビザでドバイに滞在する場合、パートタイムでアルバイトすることができます。そうすることで英語を使用する機会が増えますし、経済的にも余裕が生まれるでしょう。

また、学生ビザを就労ビザに切り替えて、ドバイに就職することも可能です。

税金がかからない

ドバイはタックスフリーの政策をとっているので、アルバイトをしたときも留学生は税金を払うことはありません。アルバイトから税金が引かれないのは嬉しいですよね。

ドバイ留学で人気・おすすめの学校は?

ES Dubai

ドバイにある語学学校“ES Dubai(イーエスドバイ)”の一般英語コースは様々なコースから目的別に選択することができます。そして、能力によりますが英語習得後にミドルセックス大学進学の案内をしてもらえる場合もあります。

また、留学生のためのアクティビティも豊富で、リムジンナイトや砂漠デイナーなどドバイならではの経験ができるのも魅力のひとつです。

この学校の詳細を見る

ドバイ留学にかかる費用はどれくらい?

ドバイへの留学は1ヶ月で30万円から

ドバイへ留学するときには、1ヶ月の期間であれば約30万円からの費用がかかります。日本と比べるとドバイの物価は高いので、家賃や食費などが割高になるのです。

ただ、メリットの項目で述べたように学生ビザでアルバイトができるので、英語の勉強を兼ねてアルバイトしながら勉強するのも良いでしょう。

ドバイ留学する際の必要な手続き・注意点は?

30日以内の滞在にはビザは不要

ドバイに留学するとき、30日以内の滞在であればビザは不要です。90日までの滞在の場合は“短期学生ビザ”、90日以上の滞在なら“長期学生ビザ”を申請しましょう。入国のときにはビザを申請しないで、到着後学校にビザの申請をして手続きしてもらいます。

奨学金制度があるので申し込んでみよう

ドバイへの留学の際には、いくつかの奨学金制度が利用できるので申し込んでみるのも良いでしょう。

特定の大学に利用できる“JASSO”や、日本の文部省が留学する日本人を増やすのを目的にした“トビタテ!留学JAPAN”など、留学支援機構が応募を受け付けているので、奨学金の利用を考えている方は調べてみてくださいね。

多国籍の人に囲まれて留学生活を楽しもう

世界の様々な国から多くの人が訪れるドバイですが、それぞれの国の人が話す英語に触れることができるのはなかなかできない体験です。

英語を学ぶためにはアメリカやイギリスと考える人が多いと思いますが、ドバイで英語留学をするのもおすすめです。貴重な経験ができるドバイでを楽しみながら勉強をしてみてはいかがでしょうか?