海外での長期滞在を可能にするワーキングホリデー。カナダやオーストラリアなどの国で実施している制度で、仕事をすることも含め、利用する人によってさまざまなライフスタイルを楽しむことができます。充実したワーホリ生活を送るための情報を紹介します。

ワーキングホリデーとは

「そもそもワーキングホリデーって何?」という方のために、ワーキングホリデーの基本的な制度についてご説明します。この制度を最大限に活用するためにも、しっかり理解しておきましょう!

ワーキングホリデーとは、その名の通り、海外で働けて休暇を楽しめる魅力的な制度。日本と外国との間で、お互いの国の生活を体験し、文化交流を深めるために結ばれた制度で、日本から海外へ渡航するだけではなく、同じように海外の若者もこの制度を利用して日本に滞在しています。

ワーキングホリデー生活は自由で、「これを必ずしなくてはならない」という規定はありません。原則最長1年間(一部の国を除く)渡航先の国に滞在が可能で、その間、生活資金を得るために一定期間働くことが許されます。また、その国を自由に旅したり、語学学校で現地の言葉を学び、海外で生活する上で最も必要なコミュニケーション力を磨くこともできます。この制度を利用して海外へ渡航するには、ワーキングホリデービザの申請が必要。申請方法や時期、発給数などは各国によって大きく異なります。

ワーキングホリデーで行ける国

現在のところ日本とワーキングホリデー制度を締結している国は、オーストラリア、ニュージーランド、カナダ、イギリス、アイルランド、フランス、ドイツ、デンマーク、ノルウェー、韓国、台湾、香港、オーストリアなど、全21カ国です。オーストラリア・ニュージーランド・カナダがビザの発給枠も大きく人気国です。

ワーキングホリデーができる学校を探す

他のビザとの大きな違い

観光ビザや学生ビザの場合、働いてお金を稼ぐことは基本的にできません。一方、ワーキングホリデー制度を利用する場合、生活資金を補うために働くことが許可されています。ワーホリは、働ける上に、自由に旅行を楽しんだり、学校で語学コースを受講したりといったことができるお得な制度なのです!ワーキングホリデーは観光ビザと学生ビザと就労ビザを足したようなものと言えるのかもしれません。

必要な語学力

ワーキングホリデー制度を利用するのに、語学力は問われません。ただ、現地で生活するためにはやはりその国の言葉を身に付けるに越したことはありません。言葉が話せるか話せないかによって、生活の幅は大きく異なっていきます。

例えば、言葉が話せないと現地の友達を作るのはなかなか難しい、生活の基本である滞在先や仕事を見つけるのも一苦労。話せる人と話せない人では、仕事の内容もかなり違ってきます。同じレストランで働くにしても、話せない人はお客さんと接点のない裏方の仕事しかできません。時給も違ってきます。現地の言葉が話せることによりコミュニケーションが広がり、友情も深まることでしょう。旅行もさらに楽しめます。

就労について

ワーキングホリデーでは滞在資金を補うために働くことができますが、働く期間に制限を設けている国もあります。就職先の探し方としては、円地の日本語新聞に掲載されている求人情報をチェックしたり、語学学校のスタッフや友人から情報を入手する方法があります。語学学校では、仕事探しや履歴書の書き方についてアドバイスを受けられる場合もあります。

日本人の仕事先としては、日本人向けのツアーガイドやお土産物店、日本食レストランなどが多いようです。

ビザの取得について

ワーキングホリデー制度は、日本国籍で日本に住んでいる18歳~30歳(一部の国を除く)の方を対象としています。この制度は1カ国につき、一生に1回だけ利用できます(国により条件付で2度目の申請が可能な国もあり)。

ビザの発給数を限定している国もあり、書類審査や面接が行われる場合もあります。また、渡航の目的がワーキングホリデー制度の趣旨に合わないと判断された場合、ビザは却下されます。国によってビザの発給制度は異なるので、詳細は各国の大使館で確認を。手続きは渡航希望国の大使館や領事館で行っています。申請は主に郵送やインターネット。

ビザの取得についてのお問い合わせ

どんなことを目標にしてワーホリに行く人が多い?

海外での生活体験や交流をメインの目的にすえる方が多いですが、語学の習得にも力を入れる方が多くいます。海外長期生活をより実りあるものにするため、また帰国後も語学力を活かして仕事をしたいと考える方にも、ワーキングホリデーのスタートは語学学校でしっかりとコミュニケーション力の基礎をつけるのがおすすめ。

語学学校が実施するワーキングホリデープログラムでは、実用的な語学力アップのほか、長期滞在のためのサポートをさまざまに行ってくれます。現地に到着してすぐは分からないこともたくさんあるはずなので、まずはその土地の生活に慣れるためにも、学校に通いながら生活のリズムを作っていくとよいでしょう。

各国のワーキングホリデー制度概要

人気のある7カ国の制度概要を簡単にご紹介します。下記の国のほか、デンマーク・韓国・香港・台湾、ノルウェー、オーストリアとの間でもワーキングホリデー制度が利用できるようになっています。
※情報は2017年4月調査時点の情報です。ビザに関する規定等は予告なく変更される場合がありますので、必ず大使館などの関連機関に直接問い合わせ、最新情報を確認してください。

カナダのワーキングホリデー制度

発給枠 6500 年齢 18~30歳(申請時)
就学 6か月以内 就労 制限なし
滞在期間 1年間(発給日より1年以内に入国)
申請 全てオンライン申請。公式サイトより登録後、招待状が届けば申請可。プログラム参加費CA$126、Work Permit(就労許可)所有費CA$100

オーストラリアのワーキングホリデー制度

発給枠 年齢 18~30歳(申請時)
就学 4か月以内 就労 同一雇用主の下で6か月以内
※エリアにより最大12カ月まで可能。ただし、要申請。
滞在期間 1年間(発給日より1年以内に入国)
※3か月以上季節労働に従事した場合は、2度目のビザ取得が可能
申請 大使館ホームページからのオンライン申請。有効なパスポートとクレジットカード(申請料金決済用)が必要。申請料はAU$440(インターネットを通さない場合、追加AU$80)

ニュージーランドのワーキングホリデー制度

発給枠 年齢 18~30歳(申請時)
就学 6か月以内 就労 制限なし
滞在期間 1年間(発給日より1年以内に入国)
※3か月以上季節労働に従事した場合は、3か月の延長が可能
申請 移民局ホームページからオンラインで申請する。申請後20日以内にレントゲン検査証の提出が必要となる。申請料は日本国籍の場合無料。

イギリスのワーキングホリデー制度

発給枠 1000 年齢 18~30歳(申請時)
就学 制限なし 就労 制限なし
滞在期間 2年間
申請 受付期間中にメールで必要情報を明記の上応募する。抽選で選ばれた場合のみ申請が可能となる。申請料は£230。

アイルランドのワーキングホリデー制度

発給枠 400 年齢 18~30歳
就学 制限なし 就労 期間制限なし(1週間に39時間まで)
滞在期間 1年間
申請 申請受付期間内にアイルランド大使館へ申請書類をメールにて送信もしくは郵送する。申請許可が通知されたら航空券予約確認書などの必要書類を書き留めで郵送する申請料は無料。

ドイツのワーキングホリデー制度

発給枠 400 年齢 18~30歳
就学 制限なし 就労 制限なし
滞在期間 1年間(申請から3カ月以内に入国)
申請 申請者の在住都道府県により、ドイツ大使館(東京)または大阪・神戸ドイツ総領事館へ申請。大使館と総領事館で申請方法や必要種類が異なるので注意。申請料は無料。なお、申請は日本国外のドイツ大使館または総領事館でも可能(各大使館へ事前に確認すること)。

フランスのワーキングホリデー制度

発給枠 1500(2016年) 年齢 18~30歳(申請時)
就学 制限なし 就労 制限なし
滞在期間 1年間
申請 申請者の在住都道府県により、ドイツ大使館(東京)または大阪・神戸ドイツ総領事館へ申請。大使館と総領事館で申請方法や必要種類が異なるので注意。申請料は無料。なお、申請は日本国外のドイツ大使館または総領事館でも可能(各大使館へ事前に確認すること)。

かしこく利用しよう!メリット豊富な語学学校のワーキングホリデーサポート

語学力が上がる!

海外生活を送る上で非常に大切な基礎。語学力の向上を目的にワーホリを利用する方もいますが、
最初に学校へ通うことで、その後の語学力アップも確かなものになります。
また、働く場合にも語学力があるかないかで職種や時給などの条件もさまざまに可能性が広がります。

友達が増える!

同じ語学を学びに来る人が集まる学校は友達もつくりやすい!
どんなことでも相談できる人がいるのは精神的にも心強いものです。
また、滞在費用を抑えるために友達同士でルームシェアをしたり、生活に役立つリアルな情報を常に交換できたりといった点も、長期で暮らすうえでは大きなメリット。

仕事探しのサポートも!

語学学校が実施しているワーホリプログラムの中には、仕事をするために必要なスキルを磨けたり、
仕事先の紹介や、面接・必要書類などの作成をサポートしてくれるものがあります。
それらをうまく活用することで、働きながらのワーホリ生活もスムーズに。

学校独自の特典が利用できる!

語学学校のプログラムによっては、住まいや長期滞在に関するカウンセリングやアドバイスを受けることができたり、
学校の卒業後もコンピュータラボなどの学校施設を利用できるところがあります。
自分で動くだけでなく、最新情報のアップデートやメールの使用に便利です。

オリジナルの留学プランづくりは留学タイムズにお任せください!

留学タイムズは、リーズナブルな料金とサポート、経験豊富なカウンセリングによって、これまで多くのお客様の留学づくりをサポートしてきました。
多彩なプログラムの中から、ご希望のワーキングホリデー生活に合った語学学校や留学プログラムをご提案いたします。
旅行会社H.I.S.と提携しているので、プランに合った航空券の手配も可能。隣り合わせのデスクで業務を行っていますので、留学プログラム・航空券については1本の電話でお問い合わせいただけます。

ワーキングホリデーができる学校を探す