MENU

ワーホリエージェントおすすめ9選|選び方や利用するメリットも解説

ワーキングホリデーなら、スマ留の「ワーホリ準備プラン」!
スマ留_ワーホリ準備プラン

スマ留は語学学校の空き時間や空き場所を利用することで、留学費用を大きく抑えることを実現したエージェントです。

英語力を最短で身につけてワーホリを開始できる「スマ留ワーホリ準備プラン」など、スマ留オリジナルのプランも人気です。

無料カウンセリングはオンラインでも対応していて全国からの相談が可能です。ワーホリでの留学を検討されている方は、まずはご相談してみてください。

海外で働きながら語学の勉強や旅行などを楽しめる、ワーキングホリデー。自分で渡航の手続きを行うことも可能ですが、準備に不安がある方には留学エージェントの利用がおすすめです。

今回の記事では、おすすめのワーホリエージェントを9社厳選してご紹介します。ワーホリエージェントの種類や選び方、エージェント利用のメリット・デメリットなどについても言及していますので、ワーキングホリデーを検討している方はぜひ参考にしてください。

目次

ワーキングホリデーのエージェント(ワーホリエージェント)とは?

ワーキングホリデーに関するエージェントとは、正確に言うとワーキングホリデーならではのサポートやワーキングホリデーに強い「留学エージェント」のことです。

留学の相談やプランの提案、現地での学校の紹介や入学手続き、ビザ申請のサポートや滞在先の手配、航空券・保険の手配など、ワーキングホリデーに関する準備全般のサポートを受けられるため、自分で各種の手配を行うことに不安のある方におすすめです。

ワーホリエージェントの種類と特徴

留学エージェントの種類と特徴

ワーホリエージェントは、大きく分けて「現地エージェント」「国内エージェント」の2タイプに分類できます。

それぞれの特徴は、以下の通りです。

現地エージェント

現地エージェントは、その名の通り渡航先の国に拠点を構える留学エージェントのことです。

国内エージェントと比べると小規模な運営になっていることが多く、現地国専門の留学エージェントであることが多いです。

現地の最新情報やローカル情報に詳しく、現地サポートが充実しているため、渡航先での生活などに不安を持たれている方におすすめ。

ただし、日本国内に企業登録されてない場合は日本の法律の規制対象外となっており、万が一トラブルが生じた場合や倒産などのリスクに対して、法的な保護を受けることはできません。

また、国内に拠点がないため、事前のやり取りや準備の段階でのコミュニケーションが、やや迅速ではないというデメリットもあります。

国内エージェント

国内エージェントは日本国内において企業登録された留学エージェントで、数多くの留学生やワーホリ渡航者にサービスを提供しています。

日本国内のエージェントであるため、渡航前の留学相談やサポートなどを時差なく受けられますし、必要に応じて対面カウンセリングも可能です。

また、大手の留学エージェントは世界中の渡航先を扱っているため、ワーホリ先の国を迷っている方は大手エージェントを選ぶと良いでしょう。

注意点は、国内エージェントであっても企業登録されてない会社や、オフィスを持たない会社、バーチャルオフィスやレンタルオフィスを利用してサービスを提供している会社も存在するという点です。

企業登録されてない個人事業系の国内エージェントの場合は信頼性については不安があり、国内エージェントならではのメリットが期待できません。

国内エージェントを利用する際は、ある程度の規模感がある大手留学エージェントを選ぶと安心です。

ワーホリエージェントを選ぶ際のポイント

ここからは、ワーキングホリデー目的で留学エージェントを選ぶ際のポイントを4つご紹介します。

意識したいポイントは、以下の4点です。

  • 自分のニーズと合っているか
  • 手数料はいくらかかるか
  • 渡航までの流れが明確か
  • 渡航先が取り扱い対象国か

自分のニーズと合っているか

留学エージェント選びでは、「そのエージェントが自分のニーズを満たしてくれるかどうか」が最も大きなポイントとなります。

ワーキングホリデー先の国について詳しいことはもちろん、渡航先でどのような生活をしたいかをプランニングしてくれるエージェントがおすすめ

ワーキングホリデープランを用意している留学エージェントもありますが、この場合もご自身の希望するプランに合っているかを確認しましょう。

いくつかの留学エージェントにて無料コンサルティングを受け、プランを比較してみることをおすすめします。

手数料はいくらかかるか

エージェントによって、無料のサポート範囲は異なります。

また、仮に有料であってもサポートがパックになっているケースが多く、申し込み後は必要な準備のほとんどをお任せできるため、海外に慣れていない方は積極的にサポートを利用すると良いでしょう。

無料のケースでも必要なサポートはしてもらえますが、受けたいサポート内容によっては手数料が発生し、追加料金が必要になる場合もあります。

無料カウンセリング時には必要なサポートにかかる費用も確認し、複数の会社で比較するのが安心です。

渡航までの流れが明確か

ワーキングホリデーの場合、国ごとに条件やビザ申請の締め切りが異なります。

そのため、ワーキングホリデー開始までの必要な準備とスケージュールが明確になっているかどのようなサポートをしてくれるかを伝えてくれるエージェントがおすすめです。

渡航までの流れが明確でないとエージェントを通しても不安が残りますので、具体的な流れやサポート内容を明確に伝えてくれるエージェントを選びましょう。

渡航先が取り扱い対象国か

留学エージェントによって、取り扱い対象国や都市が異なります。

ある程度の規模であればワーキングホリデー対象国はすべてカバーしていると思われますが、特定の国に特化したエージェントの場合はその国のワーホリにしか対応していないため、渡航国が決まっていない方はある程度の規模の留学エージェントを選ぶと良いでしょう。

規模が大きいエージェントの方がサポート実績も多く、安心できます。

ワーキングホリデーに強い留学エージェント9選

ここからは、ワーキングホリデーに強いおすすめのエージェントを9社、ご紹介していきます。

エージェント特徴
スマ留コストを抑えた留学が可能
成功する留学35年以上の実績でアジアNo.1の称号を5回受賞
StudyIn(スタディーイン)本気留学YouTube登録者数100万人の人気エージェント
夢カナ留学一人ひとりに合ったオーダーメイドの留学プランを作成
ラストリゾートオフィスが国内外にあり拠点数が多い
EF世界最大規模の語学学校を運営
留学情報館2万人を超えるサポート実績
SchoolWith国内最大級の留学・語学学校のサイトを運営
カナダ留学コンパスカナダにオフィスがあるエージェント

スマ留

スマ留

出典:スマ留

スマ留は、圧倒的な安さとサポート力が人気の留学エージェントです。

語学学校の空き時間を有効に活用することで、質を落とさずに授業料を安くすることに成功しており、ワーホリの初期に語学学校に通いたい方は低価格で通学できます。

ワーホリで稼ぎたい方を対象とした「ワーホリプラン」も用意されており、このプランを利用すれば日本で就労先を決めてから出発することができるため、渡航後すぐに働くことが可能です。

また、ワーホリプラン利用者には、簡単な英語力さえあれば、海外の高額な最低賃金が確約されていますし、昇給制度も用意されています。

留学費用の分割払いができる「スマートローン」を利用すれば、ワーキングホリデーで現地で働き、得た収入を返済額として支払うことも可能です。

【基本情報】

ワーホリサポート国オーストラリア/カナダ/イギリス/アイルランド/ニュージーランド
本社所在地東京都渋谷区代々木2丁目11-17
ラウンドクロス新宿6階
TEL03-6279-4992
営業時間月~日 11:00-14:00/15:00-17:00
※水曜はお休みです
アクセスJR「新宿」駅南口・サザンテラス口から徒歩5分
都営大江戸線「新宿」駅から徒歩2分
支店東京
URLhttps://smaryu.com

※電話番号・営業時間・アクセス情報は、東京サロンの情報です

スマ留に関しては、こちらの記事も併せてご確認ください。

成功する留学(旧地球の歩き方)

成功する留学

出典:成功する留学

成功する留学は、35年の実績を誇る老舗の大手留学エージェントです。業界で初めて「ST Star AwardsアジアNo1.留学エージェント」を5回受賞。日本で唯一、殿堂入りを果たしています。

もともと「地球の歩き方」ブランドで留学サポートを行ってきた実績もあり、提携している学校は世界17カ国に740校。現地オフィスも9か国14都市に構えており、日本国内でも複数の旅行・留学業界団体に加盟しているため、国内外のサポートも万全。

できるだけ安い費用でワーホリしたい方を対象に、「語学学校に通わない」プランの提案も可能です。

【基本情報】

ワーホリサポート国カナダ/オーストラリア/ニュージーランド/イギリス/アイルランド/フランス/ドイツ/スペイン
本社所在地東京都中央区日本橋3-6-2
日本橋フロント1F ROOM12
TEL03-6634-3360
営業時間月~土 10:00~18:00
※木曜はお休みです
アクセスJR「東京」駅から徒歩5分
東京メトロ「日本橋」駅から徒歩2分
支店東京、大阪、福岡
URLhttps://www.studyabroad.co.jp/

※電話番号・営業時間・アクセス情報は、東京デスクの情報です

成功する留学に関しては、こちらの記事も併せてご確認ください。

StudyIn(スタディーイン)本気留学

StudyInワーホリ

出典:StudyIn本気留学

StudyInはYouTubeやTikTokといったSNSでの情報提供に力を入れており、若い世代から絶大な支持を得ている留学エージェントです。

自社SNSに力を入れることで広告費を削減し、その分の費用を「出発前から帰国後までのサポートの質向上」に充当。出発前にはレアジョブ英会話マンツーマンレッスンが週3回無料で利用できますし、帰国後には英語を活かした仕事への就職・転職サポートも受けられます。

留学中もLINEで密にサポートを受けられるため、留学が初めての方でも安心できるのではないでしょうか。

さらに、ビザ手配、保険手続き、口座開設、宿泊先紹介、履歴書の書き方、給与の良い仕事の探し方などが全て無料パッケージプランとして用意されているので、ワーホリ希望者には打ってつけの留学エージェントと言えるでしょう。

【基本情報】

ワーホリサポート国カナダ/オーストラリア/ニュージーランド/イギリス/アイルランド
本社所在地東京都目黒区青葉台3-6-28
住友不動産青葉台タワー7F
TEL0120-100-844
営業時間月〜日 10:00〜21:00
アクセスJR「渋谷駅」西口から徒歩13分
東急田園都市線「池尻大橋駅」東口から徒歩7分
支店東京、名古屋、福岡
URLhttps://studyin.jp/

※電話番号・営業時間・アクセス情報は、東京オフィスの情報です

StudyInに関しては、こちらの記事も併せてご確認ください。

夢カナ留学

夢カナ留学

出典:夢カナ留学

夢カナ留学は、「実質0円留学」を掲げる留学エージェントです。

ワーキングホリデーの制度を有効活用し、海外で収入を得ながらの留学を提案。一人ひとりに合った留学プランを組み立ててくれるため、夢カナ留学を利用した91%の学生が2か月以内に海外で希望の職種に就いているという実績もあります。

ワーホリを検討している方はもちろん、海外インターンシップ・海外アルバイト・海外ボランティアなど、海外で働く経験を積みたい方にもおすすめです。

HPの無料カウンセリング予約フォームには「カウンセリング会場(夢カナ留学 本社オフィス)」と記載がありますが、オンラインでの相談も可能です。オンライン面談を希望する方も、そのまま予約手続きを進めてください。

また、語学留学・ワーキングホリデーなどすべての留学を対象とした「留学奨学金」や、他社より高い見積りの場合の「1万円引き制度」などの制度が充実しているため、通常の語学留学を希望する方にもおすすめです。

【基本情報】

ワーホリサポート国カナダ/オーストラリア/ニュージーランド/イギリス/フランス
本社所在地東京都新宿区新宿6-29-8
新宿福智ビル4階
TEL03-5848-5432
営業時間月~日 10:00-18:30
アクセス(東京本部)東京メトロ・都営大江戸線「東新宿」駅 A3出口から徒歩1分
東京メトロ「新宿三丁目」駅 E1出口から徒歩7分
支店東京
URLhttps://ryugaku.yume-kana.com

夢カナ留学に関しては、こちらの記事も併せてご確認ください。

ラストリゾート

ラストリゾート

出典:ラストリゾート

ラストリゾートは、国内に43拠点・海外に7拠点のオフィスを構える留学エージェントです。オーストラリアやカナダなど、ワーホリができる国にも現地オフィスがあり、いざという時に頼ることができます。

無料サポートの範囲が充実していて、一人ひとりの希望や予算に合ったプランを専任カウンセラーが提案。これまでに11万人以上の実績があるため、安心できるのではないでしょうか。

現在、無料カウンセリングは電話もしくはZOOMで対応中です。

【基本情報】

ワーホリサポート国カナダ/オーストラリア/ニュージーランド/イギリス/アイルランド/ドイツ/フランス/韓国
本社所在地東京都品川区東品川2-3-12 シーフォートスクエアセンタービルディング 10F
TEL0120-999-555
営業時間月~日 11:00~20:00
アクセス(東京オフィス)新宿駅西口から徒歩5分
支店東京、大阪など43拠点
URLhttps://www.lastresort.co.jp/

※電話番号・営業時間・アクセス情報は、東京オフィスの情報です

ラストリゾートに関しては、こちらの記事も併せてご確認ください。

EF(イー・エフ・エデュケーション・ファースト)

EF

出典:EF(イー・エフ・エデュケーション・ファースト)

EFは、スウェーデン発、50年以上の実績を持つ世界最大級の国際教育機関です。

世界16か国40都市で語学学校を直営しているため、豊富なアクティビティで仲間と交流を楽しみながら語学を学べます。

ワーキングホリデーのサポートも行っていますので、ワーキングホリデー期間中に語学学校に通いたい方はEFも選択肢に入れておくと良いでしょう。

【基本情報】

ワーホリサポート国イギリス/オーストラリア/ニュージーランド/スペイン/ドイツ/アイルランド/フランス/カナダ
本社所在地東京都渋谷区渋谷2-15-1-27F
渋谷クロスタワー27階
TEL050-1743-1430
営業時間月~日 10:00~18:00
※祝日はお休みです
アクセス(東京本部)JR渋谷駅東口より徒歩5分
支店札幌、東京、横浜、名古屋、京都、大阪、福岡
URLhttps://www.efjapan.co.jp/

※電話番号・営業時間・アクセス情報は、東京本社の情報です

EFに関しては、こちらの記事も併せてご確認ください。

留学情報館

留学情報館

出典:留学情報館

留学情報館は、留学サポート費用が無料で手厚いサポートが受けられる留学エージェントです。

カウンセリングだけでなく、現地オフィス利用料・出発前英会話と帰国後の英会話レッスン(1年)も無料。ビザ申請サポートや空港で向けサービスなど、有料のオプションサービスもありますので、必要に応じて組み合わせましょう。

渡航後の滞在先や現地での仕事探し、帰国後の英会話1年分無料など、ワーホリ希望の方に特化したサービスが受けられます。

【基本情報】

ワーホリサポート国カナダ/オーストラリア/ニュージーランド/イギリス/アイルランド
本社所在地東京都北区東十条3-10-36
図書印刷本社ビル11F
TEL0120-053-530
営業時間火~金 11:30~20:00
土 10:30~19:00
※日月祝はお休みです
アクセス(東京本部)JR「新宿」駅西口から徒歩5分
西武「新宿」駅から徒歩3分
地下鉄大江戸線「新宿西口」駅D5出口から徒歩1分
支店東京、大阪
URLhttps://www.ryugaku-johokan.com

※電話番号・営業時間・アクセス情報は、東京新宿カウンセリングセンターの情報です

留学情報館に関しては、こちらの記事も併せてご確認ください。

SchoolWith

School With スクールウィズ

出典:SchoolWith

SchoolWithは、国内最大級の留学・語学学校エージェントです。留学先の語学学校情報が非常に豊富で、ワーホリ提携国の学校の数も多いため、目的に合ったプランが見つけやすいのではないでしょう。

各種手数料が0円で、最低保証価格も実施。

費用のネット見積りやメール相談も無料ですし、おすすめ留学先の提案や海外就職のサポートもしてくれます。まずは、気軽に相談をしてみましょう。

【基本情報】

ワーホリサポート国カナダ/オーストラリア/イギリス/ニュージーランド/アイルランド
    本社所在地東京都渋谷区恵比寿西1-33-6 JP noie 恵比寿西 1F co-ba ebisu
    TEL03-4500-8346
    営業時間平日・土曜日 10:00-19:00
    アクセス東急東横線 代官山駅 徒歩3分
JR山手線 恵比寿駅 徒歩5分
    支店東京
    URLhttps://schoolwith.me/

SchoolWithに関しては、こちらの記事も併せてご確認ください。

カナダ留学コンパス

カナダ留学コンパス

出典:カナダ留学コンパス

カナダ留学コンパスは、東京オフィスの他にバンクーバーとトロントに現地オフィスを構えるカナダ留学に強いエージェントです。

カナダにオフィスがあるため、現地の情報に精通しています。カナダでワーホリを検討されている方には強い味方になるでしょう。

Google口コミでは113件・平均4.8の評価(2023年8月8日時点)を獲得しており、利用者の多くが実際に満足していることが伺えます。

留学相談のカウンセリングはもちろん、仲介手数料や顧客サポートも無料なので、気軽に相談してみてください。

【基本情報】

    本社所在地東京都港区六本木7-8-6
AXALL ROPPONGIビル7F
    TEL03-4405-3370
    営業時間平日10:00 〜 18:00
    アクセス東京メトロ日比谷線【六本木駅】7出口から徒歩2分
都営大江戸線【六本木駅】7番出口から徒歩2分
東京メトロ千代田線【乃木坂駅】3番出口から徒歩5分
    支店東京、バンクーバー、トロント
    URLhttps://canada-school.com/

※電話番号・営業時間・アクセス情報は、東京デスクの情報です

カナダ留学コンパスに関しては、こちらの記事も併せてご確認ください。

ワーホリエージェントを利用するメリット・デメリット

メリットとデメリット

ここからは、ワーホリエージェントを通すメリットとデメリットをご紹介します。

ワーホリエージェントを通す5つのメリット

留学エージェントメリット

まずは、ワーホリエージェントを利用するメリットからです。

  • 安心・安全が保障される
  • 希望に合う語学学校やホームステイ先を選んでもらえる
  • 職探しのサポートや斡旋を行っている
  • 現地の情報が豊富
  • 友達を作りやすい

安心・安全が保障される

留学エージェントを通す最大のメリットは、安心・安全が保障されることでしょう。

年齢制限のあるワーキングホリデーですので、年齢の上限ギリギリで渡航する場合は手続きや申請に不備やミスがあると、渡航期限に間に合わない可能性があります。

留学エージェントはこうした手続きや申請に慣れていますので、不備やミスのリスクが少なく、不手際が原因でワーキングホリデーを諦めるといった最悪の事態を防げるでしょう。

希望に合う語学学校やホームステイ先を選んでもらえる

ワーキングホリデー中に語学学校などに通いたい場合、エージェントを通さないと自分で探すことになります。

もちろん、自分で評価や口コミなどを参考に決めても良いのですが、手続きはすべて英語で行う必要があるため、負担は大きいです。

留学エージェントは語学学校とのパイプが強く、豊富な情報を持っているため、希望に沿った学校を紹介してもらえます。

また、ホームステイ先に関しても同様です。エージェントでは、面接や適正診断などのチェックを通ったホストファミリーを紹介することが多いため、渡航先での生活も安心できますね。

学校やホームステイ先など交渉が必要な場面において外国語での交渉は難しいと感じる方は、留学エージェントの利用がおすすめです。

職探しのサポートや斡旋を行っている

海外で就労しながら滞在できる点がワーキングホリデーの最大の魅力ですが、実際には現地での仕事になかなかありつけず、生活資金がどんどん減ってしまうといったケースも珍しくありません。

その点、留学エージェントによっては、現地での職探しのサポートや斡旋を行っている会社もあります。

渡航前に就労先を用意してくれるプランなどもありますので、現地で仕事を見つけることに不安がある方は、そういったサポートを行っている留学エージェントを選ぶと良いでしょう。

現地の情報が豊富

大手の留学エージェントの多くは、国内オフィスだけでなく現地にもオフィスを構えています。

こうしたエージェントはリアルタイムの現地情報に詳しいという特徴がありますし、渡航先で何らかのトラブルに遭遇した際も、頼れる現地オフィスがあると安心です。

友達を作りやすい

留学エージェントを通すと、現地オフィスなどで定期的に開かれるイベントに参加できます。同じエージェントを通したワーホリ仲間たちと知り合えます。

日本人とばかり一緒に行動していては海外生活の意味がなくなってしまいますが、海外生活をスタートさせたばかりの時期は環境の変化に慣れず、知り合いがなかなかできないという方も少なくありません。

こうした時期に同じようなワーホリ仲間と出会えるのは、心強いのではないでしょうか。

ワーホリエージェントを通す3つのデメリット

留学エージェントのデメリット

メリットの多い留学エージェントですが、一方で以下のようなデメリットも存在します。

  • お金がかかる
  • プランと計画が合わないことも
  • スタッフに頼りすぎて成長できない可能性も

お金がかかる

留学エージェントを利用するということは、手数料がかかるということです。

ワーキングホリデー自体にもまとまった生活資金が必要ですので、別途エージェントに手数料を払うのはデメリットに感じる方も多いでしょう。

手数料はエージェントやサポート内容によって異なりますが、目安として1年間のサポートで10~30万円ほどです。

留学エージェントを選ぶ際は、複数の会社のカウンセリングを受け、サポート内容と手数料などの費用を比較してみてください。

プランと計画が合わないことも

留学エージェントによってサポートプランはさまざまですが、場合によっては提案されたプランとご自身の行動計画が合わないとケースもあります。

そのようなミスマッチがあると、せっかく費用をかけて留学エージェントを利用したのに、期待通りのワーキングホリデーにならない可能性があるので、注意が必要です。

スタッフに頼りすぎて成長できないことも

留学エージェントを利用することでさまざまなサポートを受けられますが、一方でスタッフに頼りすぎると、自分自身が成長できないといったリスクもあります。

留学エージェントを利用することのデメリットというより、ご自身の在り方によってデメリットになる可能性があるということですね。

留学エージェントを通す場合も、「頼りすぎない」という意識を持つと良いでしょう。

留学エージェントを通さずにワーキングホリデーの手続きをする3つの方法

留学エージェントを通さない手続き

留学エージェントは非常に便利な存在ですが、利用しないとワーキングホリデーができないというわけではありません。

ここからは、エージェントを通さずに手続きする方法を3つご紹介します。

  • ビザ申請代行サービスを利用する
  • 語学学校に直接申し込む
  • 個人手配サポートサービスを利用する

ビザ申請代行サービスを利用する

ワーキングホリデー中に語学学校へ通わないなら、留学エージェントを通さずに代行サービスを利用してビザ申請するという方法もあります。

ビザの申請を代行してくれますので、不備やミスを防げて安心です。

この場合、ビザ申請以外の手配は自分自身で行う必要がありますが、滞在先の手配や仕事の獲得、航空券の手配などをご自身で行える方は、ビザの取得のみ代行サービスを利用することで費用を節約できます。

語学学校に直接申し込む

すでに現地で通いたい語学学校の候補がある方は、留学エージェントを通さず語学学校に直接申し込むこともできます。

学校のWEBサイトの申し込みや問い合わせフォームから直接問い合わせて必要な手続きを行いましょう。

基本的に手続きは英語で行う必要がありますが、日本人スタッフや日本語が話せるスタッフが在籍している学校であれば、日本語で手続きできる可能性もあります。

個人手配サポートサービスを利用する

「ワーキングホリデーへ行くことは決まっているものの、語学学校はまだ決めてない」という方には、個人手配サポートサービスの利用もおすすめです。

留学エージェント同様に相談できるうえ、中立の立場からおすすめの学校の案内や手続きのサポートをしてもらえます。

実際の手続きは個人で行う必要がありますが、分からないことがあれば相談できるため、スムーズに手続きを行いやすいです。

【FAQ】ワーキングホリデーに関するよくある質問

最後に、ワーキングホリデーに関するよくある質問をご紹介します。

ワーキングホリデーの年齢の上限は何歳ですか?

年齢制限はワーキングホリデー協定国ごとに異なりますが、多くの国が18歳〜30歳としています。

この年齢制限は申請時の年齢ですので、30歳に申請をして、31歳にワーホリビザで入国することは可能です。

詳しくは下記の記事でまとめています。

ワーキングホリデービザを使用できるのは1回だけですか?

ワーキングホリデービザの発給は、1つの国につき1回となっています。

例えば、カナダでワーキングホリデーをした後に、オーストラリアでワーキングホリデーをする、ということは可能です。

ワーキングホリデーをするには、貯金はいくら必要ですか?

国によって物価や航空券代なども異なるため一概に言えません。また、どのように過ごすかによっても必要な金額は変わります。

現地でアルバイトや仕事をして稼ぐことは可能ですが、すぐに職を見つけることができるかはわからないため、余裕を持った資金計画を立てることをお勧めします。

カナダとオーストラリアでワーキングホリデーをする際にかかる費用の目安は、下記の記事をご覧ください。

まとめ

スマホをタッチする手

ワーキングホリデーは留学エージェントは必ず通さなくてはいけないものではありませんが、留学エージェントを通すことで安心・安全に幅広いサポートを受けられるといったメリットがあります。

サポート費用や手数料などはかかりますが、手続きや申請、渡航先での生活に不安がある方は、留学エージェントの利用を検討してみてください。

この記事でご紹介したワーホリ留学エージェント

ワーキングホリデーなら、スマ留の「ワーホリ準備プラン」!
スマ留_ワーホリ準備プラン

スマ留は語学学校の空き時間や空き場所を利用することで、留学費用を大きく抑えることを実現したエージェントです。

英語力を最短で身につけてワーホリを開始できる「スマ留ワーホリ準備プラン」など、スマ留オリジナルのプランも人気です。

無料カウンセリングはオンラインでも対応していて全国からの相談が可能です。ワーホリでの留学を検討されている方は、まずはご相談してみてください。

留学エージェント選びは3社見積りがおすすめ

留学エージェントは全国に数百社あり、どこを選ぶかで料金やサービス内容が変わってきます。そのため最低でも3~5社のエージェントとカウンセリングをする、見積もりをもらうことで、それぞれの対応や料金を比較することをおすすめします。大手だから安心、現地エージェントだから安心ということは決してないので、実際に各社を比較してあなたに一番合うエージェントを選ぶようにしましょう。

ワーキングホリデー・Coopに強い人気エージェント一覧

  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

Seiyaのアバター Seiya 留学カウンセラー

フィリピンへの短期留学を経験後、デンマークにワーキングホリデービザで1年間滞在。当時、ワーホリビザの申請から学校入学の手続きまで、全て自分で行いました。個人的に留学の相談を受けることも多々あり、それらの経験を経て、今は留学カウンセラーとして活動しています。
留学に関する手続きや海外での生活を実体験したものとして、ワーホリや留学を検討している方のお役に立てると思います。

【渡航歴のある国】
デンマーク、フィリピン、オーストラリア、マルタ、ドイツ、イタリア、オーストリア、スウェーデン、フィンランド、アイスランド、エストニア、チェコ、ハンガリー、クロアチア、ポルトガル、フェロー諸島、タイ

目次