相談者の留学の成功を目指して様々なサポートをする存在、それが留学エージェントです。留学エージェントが行う主なサポートは、以下のとおり。

  • 留学前のカウンセリング
  • 学校の提案や入学手続きの代行
  • ビザ申請のサポート
  • 滞在先の確保
  • フライトチケット手配

現地オフィスを持っている留学エージェントの場合、現地到着後に生活のオリエンテーションをしたりもします。なかには事前の英語レッスンをしてくれる留学エージェントや、留学後の就職支援サポートを行ってくれる留学エージェントもあります。今回は、そんな留学エージェントを選ぶうえで知っておきたいポイントや、人気のおすすめエージェントについてご紹介していきたいと思います。

海外留学の最新情報が満載!無料留学ガイドはこちら

まずは知っておきたい!留学エージェントの種類について

留学エージェントは以下の2点から大きく分類することが可能です。

  • 手数料が無料か有料か
  • 拠点が国内か海外か

それぞれ、詳しく掘り下げていきましょう。

留学エージェント おすすめ

手数料が無料か有料か

少しでも安く留学したい方にとって、留学エージェントの手数料は気になるところですよね。

エージェントによって無料・有料が異なりますので、選ぶ際の判断基準の1つにしましょう。

手数料無料のエージェント

ここで無料となる手数料とは、「学校への申し込み手続きなどに関する手数料」のことを意味します。

それらとは別の手数料、たとえば出発手配代行や現地サポートといったサービスに対しては、手数料が必要です。決してすべてが無料になるというわけではありませんので、そこは注意が必要です。

入学手続きなどの手数料を抑えることで、少しでも安く留学ができたり、その分を現地サポートや各種の手続き代行に充てることが可能となります。

手数料有料のエージェント

有料のエージェントの場合、学校への申し込みなどを代行してもらう場合にも費用が発生します。

手数料はエージェントによって異なりますが、日本に多くの支社を構える大手エージェントの場合は宣伝費を多く投入していることもあり、費用が高くなる傾向にあります。

ただし、値段が高い場合は単純に宣伝費を上乗せしているわけではなく、留学前に受けられるサービスが充実していることも多いです。

有料エージェントの場合はエージェントによって手数料が異なるため、複数のエージェントのなかから「自分の予算」「自分が必要とするサポート」を吟味して選ぶようにしましょう。

拠点が国内か海外か

拠点という視点から留学エージェントを分類すると、「国内エージェント」と「現地エージェント」の2種類に分けられます。

国内エージェント

国内エージェントとは、日本国内にのみオフィスがあるエージェントです。その特徴は、以下のとおり。

  • 料金が高め
  • 会社規模が大きい
  • オフィスが日本にある(現地にオフィスがある場合もある)
  • 出発前に対面カウンセリングができる
  • 現地エージェントに引継ぎを行ってもらえる場合がある(ない場合もある)

料金は高くなりますが、その分、出発前のサポートを手厚く受けられます。また、国内エージェントの中には現地のサポートデスクを用意しているところもあります。

現地エージェント

続いて、現地エージェントの特徴です。

  • 料金が安め
  • 会社規模が小さい
  • オフィスが海外にある
  • 出発前にはメールサポートしか受けることができない
  • 現地ではエージェントによるサポートを受けられる

海外にオフィスを構えているため、出発前のサポートがメールのみになってしまうケースが多いです。比較的料金が安い傾向にあり、現地でのサポートは受けられますが、出発前のサポートを手厚く受けたい方にはあまりおすすめできません。

手数料が無料で国内拠点のエージェントがおすすめ!

ここまでをまとめると、なるべく安く、それでいて出発前にしっかりとしたサポートを受けたい場合は、「手数料が無料で国内拠点の留学エージェント」を選ぶことをおすすめいたします。

そして、できれば

たくさんの留学エージェントがありますが、まずは上記の視点を持つようにしましょう!

留学タイムズは手数料無料!国内拠点の最低価格保証エージェントです

留学エージェントを利用するメリットは?

そもそも、留学時にエージェントを利用するメリットには、どんなものがあるのでしょうか?

主なメリットである、以下の3点について、順番に解説していきたいと思います。

  • 時間・労力の節約ができる
  • わからないことへの質問ができる
  • トラブル発生時のサポートが受けられる
留学エージェント おすすめ

時間・労力の節約ができる

留学手続きを個人で行うと、多大な時間や労力がかかってしまいます。

たとえば、語学学校のホームページの内容や募集要項を理解するためには自力で和訳しなければいけません。そして、苦労して和訳したとしても、内容の理解や解釈の違いによってトラブルが発生してしまうことも少なくありません。

各場所に提出する書類の不備も、トラブルの原因の1つとなってしまいます。

その点、留学エージェントを利用すれば、こういったわずらわしさやトラブルを事前に防ぐことができます。事前のカウンセリングで目的に合った語学学校の紹介や説明もしてくれますし、書類に関しても不備がないかをプロのスタッフがチェックしてくれます。

また、代行費用はかかりますが、渡航に必要な保険やビザの申請をお願いすることも可能です。

わからないことへの質問ができる

どんな留学エージェントでも、留学前にカウンセリングを行ってくれます。

カウンセリングは実際に長期留学の経験があるカウンセラーが行うため、リアルな海外生活や海外文化のことを詳しく聞けますよ。

自分の目的に合ったプランや学校選びの相談もできるので、不明点や不安点を解消することが可能です。

トラブル発生時のサポートが受けられる

留学をしていると、大なり小なり現地でのトラブルが発生します。そしてトラブル発生時にはパニックを起こしてしまうことも少なくありません。

そんな時に頼れるのも留学エージェントです。中には、日本語での24時間対応の電話サポートを行ってくれるところも。日本拠点のエージェントであっても、こういたサービスを実施ているところは多いです。

何があるかわからないからこそ、たよれる場所があると精神的にも安心して留学生活を送れますよね。

留学エージェントを利用するデメリットは?

留学エージェントを利用する場合のデメリットについても、理解しておきましょう。

  • 個人手配に比べて割高になる
  • エージェントにはあたりはずれがある
  • 場合によっては日本人が多い語学学校になってしまう

1つずつ、解説していきますね。

留学エージェント おすすめ

個人手配に比べて割高になる

留学をする場合、留学先の学校などにはその国の通貨単位で学費の支払いをする必要があります。たとえば、学費が500ドルで1ドル=100円の為替レートの場合、日本円で50,000円の支払い額です。

しかし、留学エージェントのなかには独自レートを採用しているところが多くあり、そういった会社では正規レートに5円~15円程度上乗せして日本円換算しています。

たとえば先ほどの例の場合、1ドル=115円というレートでの計算となるため、日本円で57,500円の支払いになり、個人で手配するよりも7,500円も高くなってしまうのです。

中には日本円価格しか表示していないエージェントも存在しますが、なるべく現地通貨の正規料金を掲載しているエージェントを選び、こういった価格差による損失を抑えるようにしましょう。

また、保険や航空券も最安値のものを手配してくれるとは限りません。必要以上に高額な保険や航空券を手配され高額になるリスクもあります。

それを防ぐためにも、保険や航空券は個人で手配できるのか、あるいはエージェントが用意した複数の候補のなかから自分で選択できるシステムなのかを、必ず確認するようにしてください。

エージェントには当たり外れがある

留学エージェントには、当たり外れがあることが少なくありません。

あまり丁寧でないエージェントにあたってしまったり、細かな質問をする雰囲気になれなかったりした場合、留学自体はうまくいっても、「留学の記憶自体」が残念なものになってしまうことがあります。

もちろん、担当者との相性もあります。ですので、きれば契約前に無料のカウンセリングを受け、会社や担当者との相性を確認したうえでどのエージェントに頼むかを判断しましょう。

留学タイムズでも無料のカウンセリングを実施していますので、ぜひ実際に足を運んでいただき、相性をご確認ください。

留学タイムズの無料カウンセリングはこちらから

場合によっては日本人が多い語学学校になってしまう

夏休みや春休みなどの長期休暇のシーズンは、短期の語学留学に行かれる方が多いです。

そのため、同じ期間に複数の日本人が同じ語学学校を勧められることも少なくありません。特に、留学先として人気の高い国や都市でこういったことが頻繁に起こりやすいです。

そうなると、「せっかく留学に行ったのに、語学学校は日本人ばかりだった」ということにもなりかねません。

その方が安心できるという場合はそれでもOKですが、受け入れ先の学校の日本人比率にこだわりたい場合はその旨をエージェントにしっかりと伝えましょう。

その意味では、提携している国や語学学校の数が多い留学エージェントを選ぶことが大切になってきます。

留学エージェントのおすすめは?選び方を紹介

留学エージェントを選ぶ際は、1社だけの説明を聞いて決めるのではなく、必ず複数の留学エージェントを比較するようにしてください。

選び方の基本

留学エージェントの選び方の基本は、以下の3点。

・自分のレベルに合ったエージェントを選ぶ
・国や目的に合わせてエージェントを選ぶ
・学費にかかわる手数料が無料のエージェントを選ぶ方が良い

ちなみに、「J-CROSSの認証を受けているかいないか」は、あまり大きな問題ではありません。

J-CROSSとは「一般社団法人 留学サービス審査機構」のことで、留学サービス事業者がある一定のルールを満たしているかの認証を第三者の立場で行うための団体です。

こちらは民間認定の一種ですし、認証を受けるためには各留学サービス事業者が自ら審査の申請をしなければいけないといった手間もかかるため、優良な留学エージェントでも審査の申し込みをしていないことが多くあります。

それでは、各項目を掘り下げていきましょう。

レベルに合ったエージェントを選ぶ

留学エージェントを選ぶ際は、まず「自分がどれくらいのサービスレベルを求めているか」ということを考える必要があります。

たとえば、「受け入れ先の学校や寮だけの手配をしてくれれば良い」という場合、大学の生協を利用するのも1つの手です。それ以上のことは期待できないため航空券や保険やビザの申請などは自分でやることになりますが、その分費用は安く済みます。

反対に、留学前の不安解消や留学後の就職サポートなどを希望する場合は、全体を手厚くケアしてくれる留学エージェントを選ぶようにしましょう。

特に、社会人など様々な手配が時間的に難しい方の場合は、手厚い留学エージェントを選択することをおすすめします。

留学の目的や留学先の国に合わせてエージェントを選ぶ

強い分野(留学の目的など)や国は、エージェントによって異なります。

留学先として人気の国の場合、エージェント探しや比較は難しくありませんが、英語圏以外の国への留学や語学以外を目的とした留学では、それぞれその分野に強いエージェントを探す必要があります。

また、現地サポートがある留学エージェントを選ぶことも、失敗しない選び方の1つです。

学費にかかわる手数料が無料のエージェントを選ぶ方が良い

先述したように、留学エージェントには有料の会社と無料の会社が存在します。

各種手続きが無料のエージェントを選ぶことで、留学期間を長く確保できたり、他のことにお金を使えます。

特別な理由がないかぎりできるだけ「手数料無料」の留学エージェントを選ぶことをおすすめします。

人気エージェント7選

ここからは、留学生に人気のエージェントを7つほどご紹介します。

留学タイムズ

留学タイムズ

留学タイムズは、世界45カ国5,000校以上の語学学校と提携している留学エージェントです。また、大手旅行会社H.I.S.とも提携しています。

選択肢が多いだけでなく、留学費用の「最低価格保証」をしているため、低価格で信頼感のあるサポートを受けることが可能に。

すべての費用が正規料金(手数料等の上乗せなしに提示)であり、学費にかかわる手数料の上乗せがないため、安心です。

現地サポートデスクも、主要4か国に設置されています。

留学タイムズの公式HPへ

iss留学ライフ

iss留学ライフ

出典:iss留学ライフ

iss留学ライフは大型の留学エージェントで、提携校は872校です。

数週間の短期留学から大学に入学する正規留学まで、取り扱いの範囲が広いといった特徴があります。

日本各地で無料の説明会を開催しているため、留学エージェントとはどんなものなのかを知りたい方は無料相談会に行くのもおすすめ。

iss留学ライフの公式HPへ

留学ジャーナル

留学ジャーナル
出典:留学ジャーナル

サポートが手厚いと口コミで評判なのが、留学エージェントです。

45年以上の歴史があり、「Study Travel Magagine(イギリス)」主催の「アジア最優秀留学エージェント(ST Star Agency Asia)」に何度も選ばれているなど、高い信頼性を誇ります。

留学前後の語学研修や、留学後の就職サポートといったトータルサポートにも対応しています。

留学ジャーナルの公式HPへ

ウィッシュインターナショナル

ウィッシュインターナショナル
出典:ウィッシュインターナショナル

ウィッシュインターナショナルは、全国で説明会や相談会を行っている大手留学エージェントです。

カナダやオーストラリアなどの治安が良い国に強く、現地オフィスも構えているという特徴を持っているため、留学初心者や女性におすすめです。

ウィッシュインターナショナルの公式HPへ

ウインテック留学センター

ウインテック留学センター
出典:ウインテック留学センター

ウインテック留学センターでは、カウンセリングを受けられるオフィスが全国に4ヶ所。それ以外の地域は、エリア担当カウンセラーが担当してくれるため、首都圏以外の方も相談することが可能です。

また、幼児~高校生までの「ジュニア留学」にも力を入れています。

費用は高めですが、地方在住の方にも利用しやすい留学エージェントです。

ウインテック留学センターの公式HPへ

School With

School With
出典:School With

School Withは、国内最大級の留学・語学学校エージェントです。

手数料0円、費用のネット見積りやメール相談が無料。

また、一人ひとりに合わせた、おすすめの留学先を調べる無料サービスや海外就職のサポートもしてくれます。

School Withの公式HPへ

全国大学生活協同組合連合会旅行センター

全国大学生活協同組合連合会旅行センター
出典:全国大学生活協同組合連合会旅行センター

全国大学生活協同組合連合会旅行センターは、留学エージェントではなく、大学の生協です。

生協ですので、運営母体や経営状態に安心感があるのがポイント。大学生に限りますが、誰でも利用できます。

ただし、現地サポートに関しては、他の留学エージェントよりもサービスが充実していないというデメリットもあります。

全国大学生活協同組合連合会旅行センターの公式HPへ

国別に特化した留学エージェント

続いては、特定の国に特化した留学エージェントをご紹介します。

留学したい国が決まっている場合は、先ほどご紹介したエージェントと合わせて検討してみるとよいでしょう。

アメリカ留学特化のおすすめエージェント

アメリカ留学.US

アメリカ留学.US
出典:アメリカ留学.US

アメリカ留学.USは、最大規模のアメリカ専門留学エージェント。現地エージェントと提携している点もメリットの1つです。

オフィスは東京、大阪、ロサンゼルス、ニューヨーク、サンディエゴ、ハワイにあり、インターンシップや語学以外のアメリカ留学にも強く、アメリカでの就職先の紹介も行っています。

アメリカ留学.USの公式HPへ

セブ留学特化のおすすめエージェント

NILS

NILS
出典:NILS

NILSは、日本人が経営するフィリピン政府公認の語学学校です。そのため、正確には留学エージェントではありません。

完全マンツーマンの語学レッスンを取り入れているといった特徴を持ち、短期留学から長期の語学留学まで、様々なプランを用意。

Skypeを使った留学前のカウンセリングを行っているほか、現地オフィスには日本人スタッフが常駐しています。

NILSの公式HPへ

セブ島留学センター

セブ島留学センター
出典:セブ島留学センター

セブ島留学センターは、フィリピン留学専門の留学エージェントです。

各種手数料は無料で、すべての語学学校の料金の最低価格保証。現地には緊急用のサポートデスクを構えているので、留学中の相談も可能です。

また、申し込みをした留学生全員にポケットWi-Fi端末を無料で提供してくれます。

セブ島留学センターの公式HPへ

オーストラリア留学特化のおすすめエージェント

オーストラリア留学センター

オーストラリア留学センター
出典:オーストラリア留学センター

オーストラリア留学センターでは現地サポートが無料で受けられ、学費にかかわる手数料も無料です。

オーストラリアに特化した豊富な情報量と実績があるため、カウンセリングの満足度が高いと評判。提携校も多く、たくさんの選択肢から留学先を選べます。

また、人気のワーキングホリデーに関する相談も可能なのです。

オーストラリア留学センターの公式HPへ

カナダ留学特化のおすすめエージェント

カナダ留学コンパス

カナダ留学コンパス
出典:カナダ留学コンパス

カナダ留学コンパスは、留学専門家の末永真一さんがオープンさせた留学エージェントです。

留学の相談から現地サポートまで、手厚くサポートしてくれます。また、学校紹介の質が高いことでも有名。東京にオフィスがあるため、渡航前の対面相談も可能です。

カナダ留学コンパスの公式HPへ

JP Canada留学センター

JP Canada留学センター
出典:JP Canada留学センター

JP Canada留学センターは、利用者満足度が高い留学エージェントとして有名です。

現地のほかに東京と大阪にもオフィスがあるため、渡航前の相談も可能。

直前の申し込みの場合も、緊急手配料や短期手配料を支払うことで対応してもらえるため、忙しい人でも留学の準備を進めることが可能です。

JP Canada留学センターの公式HPへ

人気留学エージェント比較

最後に、上で紹介した人気エージェントを比較表にまとめました。

留学先 現地提携オフィス 学費手数料
留学タイムズ 英語圏7か国・その他38か国 あり 無料
iss留学ライフ 英語圏10か国・その他8か国 あり 3ヶ月以上は有料(3ヶ月未満の場合はパック料金に含まれるため無料)
留学ジャーナル 英語圏7か国・その他4か国 あり 8週間以上の場合有料(8週間未満の場合はパッケージ料金に含まれているため無料)
ウィッシュインターナショナル 英語圏8か国・その他4か国 あり ケースにより異なる
ウインテック留学センター 英語圏5か国・その他5か国の他、各方面への実績あり なし 有料
School With 英語圏8か国・その他24か国 なし 無料
全国大学生活協同組合連合会旅行センター 英語圏7か国・その他10か国 なし 期間や留学先の学校によって異なる
アメリカ留学.US アメリカ あり 12週間以下は有料、それ以上は無料
NILS フィリピン あり 無料
セブ島留学センター フィリピン あり 無料
オーストラリア留学センター オーストラリア あり 無料
カナダ留学コンパス カナダ あり 無料
JP Canada留学センター カナダ あり 無料

おすすめの選択基準は、

  • 少しでも安く留学をするために「学費手数料が無料」
  • 出発前のサポートを受けるために「国内拠点がある」
  • 留学中のトラブルに備えて「現地オフィスがある」

といった条件を満たす留学エージェントを選ぶこと。

そのうえで、留学先の国の選択や留学の目的から相談をしたい場合はたくさんの国や学校と提携しているエージェントを選び、国が決まっている場合はその国に特化したエージェントも候補に加える、といった選び方をすれば、失敗することはありません。

また、現地オフィスがないエージェントの場合、日本人スタッフが在中している学校を選ぶことで不安を解消することもできます。

あとは、なるべく多くの気になるエージェントに実施兄足を運び、無料カウンセリングを受けましょう。(NILSだけは、国内拠点がないためセブ島在住の日本人スタッフの方との相談になります)

カウンセリングを受ける過程で、一番納得のいくエージェントがきっと見つかるはずです。

留学エージェント おすすめ

無駄なく格安で語学留学をするなら留学タイムズにお問い合わせください

留学タイムズは、以下の特徴を持つ創立20年以上の老舗留学会社です。

・世界45か国・5,000校以上の留学先を取り扱っています。ロシアやタイなど「他社ではあまり取り扱ってない国」もご紹介可能です。また、ウィニペグやヨークなど、日本人にあまり馴染みのない都市も取り扱っています。

・大手旅行会社H.I.S.と提携を結んでおり、航空券の手配も可能です。

・経験豊富なカウンセラーが渡航までしっかりサポートします。

・留学タイムズでは、入学手続き&各種サポートが無料です。料金は無駄のない現地通貨で表示しています。

のべ3万人以上のお客様に利用いただいてきた経験を元に、格安な手数料であなたの留学をサポートします。

留学に失敗しないための無料カウンセリングも実施していますので、ぜひ一度カウンセリングオフィスに足をお運びください。

無料カウンセリングはこちらから

留学タイムズ基本情報

カウンセリングオフィス

・電話番号 03-5360-8911
・住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷5-33-8 サウスゲート新宿ビル9階(株式会社エイチ・アイ・エス新宿本社内)

最寄り駅

JR-新宿駅ミライナタワー改札 徒歩約3分
地下鉄副都心線-新宿三丁目駅改札【E8出口】 徒歩約5分

無料カウンセリング受付中!