フィリピンは日本から最も近い英語圏の国で、東京から飛行機を使うと約5時間で到着します。物価も日本の3分の1程度と安いため、留学先としても人気です。

しかし、いざフィリピン留学を決断しても、語学学校選びや諸々の手続きなど、どこから始めたらいいか分からない方も多いのではないでしょうか。

そんな時に頼りになるのが、留学エージェントです。この記事では、フィリピン留学をサポートしてくれる人気エージェントを10社、厳選してご紹介していきます。

留学エージェントを利用するメリットや注意点、フィリピンの人気都市についてもご紹介しますので、フィリピン留学を検討している方はぜひ参考にしてください。

フィリピン留学におすすめのエージェント10選

フィリピン留学におすすめのエージェント9選

今回ご紹介するフィリピン留学におすすめのエージェントは、以下の10社です。

エージェント 特徴
成功する留学(旧:地球の歩き方) 35年以上の実績でアジアNo1の称号を5回受賞
スマ留 圧倒的な安さと高いサポート力
School With フィリピンの提携学校数195校
CEBRIDGE 返金保証制度あり
ミライズ留学 ビジネス英語に強い
留学タイムズ 手数料無料で紹介OK
フィリピン留学ドットコム 年3,000名の送客実績
セブイングリッシュ フィリピンに特化した留学エージェント
フィリピン留学 CEBU21 17年の運用実績
フィリピン留学ラジオ 口コミサイト兼留学エージェント

成功する留学|35年以上の実績でアジアNo1の称号を5回受賞

成功する留学 地球の歩き方出典:成功する留学

成功する留学は、35年の留学サポート実績を誇る老舗の大手留学エージェントです。これまで、25万人以上に利用されてきました。

業界で初めて「ST Star AwardsアジアNo1.留学エージェント」を5回受賞。日本で唯一、殿堂入りを果たしています。

もともと「地球の歩き方」ブランドで留学サポートを行ってきた実績もあり、提携している学校は世界17カ国に740校。現地オフィスも8か国10都市に構えています。

初めての留学なのですべてお任せしたいという方には、航空券も含まれている「留学サポート」がおすすめ。具体例を挙げると、セブ島にある3Dアカデミー校に1週間留学するプランの費用は16.4万円~で、この金額には授業料・航空券・滞在費がすべて含まれています。

また、留学手続き費用を節約したい方は日本出発後のサポートが含まれない「フリーマイプラン」が選べるなど、予算や希望に合わせた選択肢が用意されています。

条件に該当すると返金される「コロナ特例」や手数料が割引になるキャンペーンを随時開催していますので、ぜひ一度無料カウンセリングで相談してみてください。オンラインや電話での相談も可能です。

成功する留学の公式HPへ

成功する留学に関しては、こちらの記事も併せてご確認ください。

>>成功する留学(旧地球の歩き方T&E)の評判や口コミは?手数料やコロナ対策も

スマ留|圧倒的な安さと高いサポート力

スマ留出典:スマ留

スマ留は、圧倒的な安さとサポート力が人気の留学エージェントです。

各種手数料が無料で、余計なマージンをカットして授業の質を追求。留学費用が最大50%オフと安く、「最低価格保証」も付いています。

また、現地オフィスも世界12か国25都市に構え、サポート体制は万全。セブ島に現地サポートオフィスを構えて、留学の有料サポートは4週間以下で2.2万円~です。

「できるだけ安く留学したい」「サポート体制のしっかりしているエージェントにお願いしたい」と考えている方は、ぜひ相談してみてください。オンラインによる無料カウンセリングも実施可能です。

スマ留の公式HPへ

スマ留に関しては、こちらの記事も併せてご確認ください。

>>最悪って本当?スマ留の口コミ・評判まとめ|料金が安い理由とは?

School With|フィリピンの提携学校数195校

School With
出典:School With

School Withは、国内最大級の留学・語学学校エージェントです。留学先の語学学校情報が非常に豊富で、フィリピンの提携学校数も195校と多いため、目的に合ったプランが見つけやすいのではないでしょうか。

また、各種手数料が0円で、最低保証価格も実施しています。フィリピン留学の費用は、学費や渡航費、現地生活費を合わせると1か月で34.8万円程度。欧米留学と比べると約3分の2の費用です。

費用のネット見積りやメール相談も無料ですし、おすすめ留学先の提案や海外就職のサポートもしてくれますので、まずは気軽に相談をしてみましょう。

School Withの公式HPへ

School Withに関しては、こちらの記事も併せてご確認ください。

>>留学エージェントSchoolWith(スクールウィズ)の口コミ・評判

CEBRIDGE|返金保証制度あり

出典:CEBRIDGE

CEBRIDGE(セブリッジ)は、フィリピンに特化した留学エージェントです。

主にセブ島とバギオを中心に60校以上の提携校を抱え、年に3回以上の現地視察をすることで生の情報を発信。カウンセラーもフィリピン留学経験者なので、サポート面に関しても安心です。

留学手続きや学校手配にかかる手数料が無料で、見積もり費用が他社エージェントより高い場合の最低価格保証も付いているため、料金を抑えたフィリピン留学をしたい方はぜひ一度相談してみてください。

留学先の学校に満足できなかった場合は、学校規約に基づく「留学費用の返金保証」も利用可能です。

CEBRIDGEの公式HPへ

 

ミライズ留学|ビジネス英語に強い

出典:ミライズ留学

ミライズ留学は、フィリピンのセブ島に校舎を構える日本人経営のオシャレな語学学校です。

もともと社会人に特化した語学学校だったこともあり、ビジネスに関連した英語を学べると人気。完全なオーダーメイドカリキュラムで、ビジネス英語が学べます

学校内には生徒用の朝食付き宿泊施設も用意されており、語学学習に中注できる点もポイントです。転職期間や休職期間をスキルアップに充てたい方は、ミライズ留学を検討してみましょう。

HPから、30秒で簡単な留学費用の見積もりができます。

ミライズ留学の公式HPへ

ミライズ留学に関しては、こちらの記事も併せてご確認ください。

>>ミライズ留学の口コミ・評判|ビジネスに特化したセブ島の語学学校

留学タイムズ|手数料無料で紹介OK

留学タイムズ

留学タイムズは、世界45カ国5,000校以上の語学学校と提携している留学エージェントです。また、大手旅行会社H.I.S.とも提携しています。

選択肢が多いだけでなく、留学費用の「最低価格保証」も実施。すべての費用が正規料金のため、手数料等の上乗せがされることがありません。

フィリピン留学を4週間する場合の費用は、学費と居住費を合わせると15万円~25万円。低価格で信頼感のあるサポートが受けられます。

現地サポートデスクはスリーマにあり、生活や英語、学校に関して幅広く対応しています。

留学タイムズの公式HPへ

フィリピン留学ドットコム|年3,000名の送客実績

フィリピン留学ドットコム出典:フィリピン留学ドットコム

フィリピン留学ドットコム、フィリピン留学生を年間3,000名送客する留学専門エージェントです。

留学手続き代行費用や送金手数料が0円で、学費は現地学校が発表している金額のため明確です。「学費保障制度」も付いているため、学校で授業が行われないといったトラブルに遭遇した際も安心できます。

日本とフィリピンにそれぞれオフィスがあり、24時間365日サポートしています。全スタッフがフィリピン留学を経験しているため、リアルな体験に基づいたアドバイスを受けられますよ。

フィリピン留学ドットコムの公式HPへ

セブイングリッシュ|フィリピンに特化した留学エージェント

セブイングリッシュ出典:セブイングリッシュ

セブイングリッシュは、セブ島に本社を構えるセブ島特化型の留学エージェントです。

できるだけ学費が安く高品質な語学学校を紹介するため、スタッフによる学校訪問を重視。実際に目で見て確認したうえで、一定基準を満たしたセブ島の語学学校のみを紹介します。

留学生へのサポートを手厚くできる点も、現地エージェントの強みです。

また、オフィスにいるスタッフは、全員がセブ留学経験のあるスタッフです。日本人だけでなく現地で育ったフィリピン人も在籍しているため、現地に住んでいるからこそ分かる学校周辺の安全性や利便性といった情報も得られます。

セブイングリッシュの公式HPへ

フィリピン留学 CEBU21|17年の運用実績

フィリピン留学 CEBU21出典:フィリピン留学 CEBU21

フィリピン留学 CEBU21
、2005年に創業し17年以上の実績がある留学エージェントです。これまでに18,000人以上の留学生を斡旋しています。

NPO留学協会認定のプロカウンセラーのみが在籍しており、カウンセリングの質を担保。インターネット上では拾えない、留学事情や学校選び、勉強方法も無料で聞けます。

また、優良校のみを取り扱っていて、基準に満たない学校は一切紹介しない方針です。90日間の学費返金保証があるため、万が一英語のレベルが上がらなくても安心できます。

フィリピン留学 CEBU21の公式HPへ

フィリピン留学ラジオ|口コミサイト兼留学エージェント

フィリピン留学ラジオ出典:フィリピン留学ラジオ

フィリピン留学ラジオは、フィリピン留学の体験談が掲載されている口コミサイト兼留学エージェントです。

生々しい情報やネガティブな情報を顔出し・音声ありでチェックできるため、他のエージェントにはない楽しさがあります。

運営者である中谷よしふみ氏の体験を通した言葉に、共感できる方も多いのではないでしょうか。

フィリピン留学ラジオの公式HPへ

フィリピン留学にエージェントを利用するメリットと注意点

フィリピン留学にエージェントを利用するメリットと注意点

留学の手続きを全て自分で行うことも可能ですが、多くの方が留学エージェントを利用しています。

ここでは、留学エージェントを利用することにどんなメリットがあるのか?どんな点に注意してエージェントを選ぶべきか?といった点について解説していきます。

留学エージェントを利用する3つのメリット

留学エージェントを利用するメリットは以下の3つです。

  • 時間や手間を抑えられる
  • 留学前にカウンセリングを受けられる
  • 緊急時に対応してくれる

時間や手間を抑えられる

一人で留学の手続きや準備をすることも可能ですが、膨大な時間と手間がかかります。

特に、初めての場合は一から情報収集をしなければなりませんし、ホームステイの手配や空港までの出迎え、ビザの準備などは慣れていないとミスもしやすいです。

入学申込書は英語で記入するため、英語力がないとスムーズに進みません。

その点、留学エージェントに依頼すれば、基本的に一括で任せられます。経験のあるプロが代行してくれますし、最新情報も展開してくれるため安心です。

仲介手数料が無料の留学エージェントも多いため、まずは無料相談にて料金などを見積もってもらいましょう。

留学前にカウンセリングを受けられる

何となく留学したいと思っていても、一人で具体的なプランを立てるのは難しいものです。

多くの留学エージェントでは無料カウンセリングを実施していますが、そのような場を利用することで、より現実味を帯びた計画を立てられます。些細なことも、質問することができますよ。

オフィスに足を運ばなくても、オンラインを使った相談もできる会社がほとんどです。

緊急時に対応してくれる

「飛行機に乗り遅れてしまった」「ホームステイ先で家電製品を壊した犯人にされてしまった」といったトラブルは、留学につきものです。

個人で手続きをした場合はこういったトラブルの解決も自力で行わなければなりませんが、留学エージェント経由で申し込みをしていれば、代わりに対応してくれます。

現地オフィスを構えている留学エージェントもあるため、リアルで相談できるのは安心できるのではないでしょうか。

留学エージェント選びで失敗しないための注意点

留学エージェントにはメリットがある一方で、選び方を間違えるとその恩恵が受けられない可能性があります。

留学エージェントを選ぶ際は、以下の3点に注意してください。

  • 留学エージェントの質にバラつきがある
  • それなりに費用がかかる
  • 提携先が限定されてしまう

留学エージェントの質にバラつきがある

留学エージェントは何百社もあり、プランやコストはさまざまです。数が多いと質に関してもバラつきはどうしても出ます。

大手であっても、対応が満足できなかったり相性の悪いカウンセラーにあたったりと、不満を抱くことも少なくなりません。

そのため、できれば気になった留学エージェントを2~3社選び、複数の会社で無料カウンセリングを受けてみることをおすすめします。複数の会社とコンタクトを取ることで、あなたに合った留学エージェントを見つけやすくなります。

それなりに費用がかかる

留学エージェントを利用すると、個人手配よりも費用がかかります。

個人で留学手続きをすれば保険や航空券といったコストを各種調整することができますが、留学エージェントにお願いすると最安値のものを用意してくれるとは限りません。会社によっては、手数料が上乗せされることもあります。

エージェントによって無料サポートと有料サポートの範囲が異なりますので、無料相談時にそういった点を確認しておきましょう。

提携先が限定されてしまう

留学エージェントによって、提携している語学学校の数や取り扱うカリキュラムはさまざまです。

そのため、入学したい語学学校や希望のカリキュラムが決まっている場合は、契約する留学エージェントがその学校と提携しているかを事前に確認しておく必要があります。

ワクチンは必須?隔離期間は?コロナ禍のフィリピン留学事情

ワクチンは必須?隔離期間は?コロナ禍のフィリピン留学事情

2022年2月10日以降、留学生のフィリピン入国が再び許可されました。ただし、以下7つの条件をすべて満たす必要があります。

  • ワクチン接種証明が必要
  • 陰性証明書を提示
  • フィリピンから帰国/出国する航空券
  • 残存期間が6か月以上のパスポート
  • コロナ補償が付いた海外旅行保険
  • 接触追跡アプリ「Traze」インストール
  • 「One Health Pass」登録

ワクチン接種証明が必要

ワクチン接種が完了した渡航者であれば、フィリピンに入国が可能です。入国後に14日間自己隔離は必要なく、ワクチン接種証明を提示すれば問題ありません。

日本の市区町村で発行したワクチン接種証明書であれば有効です。

陰性証明書を提示

以下いずれかの陰性証明書を用意しなければなりません。

  • RT-PCR検査の陰性証明書(出発前48時間以内)
  • 抗原検査の陰性証明書(出発前24時間以内)

検査の種類によって期限が異なるため注意してください。

フィリピンから帰国/出国する航空券

フィリピンに入国する際は、入国時に帰国便もしくは第三国への航空券を提示する必要があります。通常の往復チケットを取得していれば、この点は問題ありません。

残存期間が6か月以上のパスポート

フィリピンに到着した時点でパスポートの有効期間が半年以上残っている必要があります。

コロナ補償が付いた海外旅行保険

万が一、フィリピンで新型コロナに感染した場合、費用は渡航者負担となり、場合によっては数千万円以上の医療費が発生します。

そのようなリスクに備え、補償内容がしっかりした海外保険には加入しましょう。目安として、新型コロナ感染症治療の最低補償額35,000USD以上は必要です。

接触追跡アプリ「Traze」インストール

2022年11月28日より、フィリピン国内の空港を利用する場合は接触追跡アプリの「Traze」のインストールと登録が必須となりました。アプリの導入ができていないと、空港に入ることができません。

「One Health Pass」登録

出国する24時間前までに、以下より登録を済ませてください。

⇒One Health Passの登録はこちら

これは、機内で記入していた健康申告書「Health Declaration Checklist」に代わるものです。手続きを完了すると、表示される「QRコード」及び「transaction number」をスマホに保管できます。

留学先にフィリピンが選ばれる理由

留学先にフィリピンが選ばれる理由

フィリピンが留学先に選ばれる理由として、主に次の5点があります。

  • 日本から行きやすい
  • 留学費用や物価が安い
  • マンツーマンレッスンを受けられる
  • リゾート地で遊べる
  • 留学時に面倒な手続きが必要ない

それぞれの詳細は、以下の通りです。

日本から行きやすい

フィリピンは日本から最も近い英語圏の国で、セブ島であれば直行便で5時間程度です。

成田空港と関西国際空港からフィリピン航空が直行便を運行しているため、他の英語圏の国に行くよりも移動が簡単です。

留学費用や物価が安い

フィリピンは、留学費用が安い国として有名です。

アメリカやオーストラリアに留学した場合の留学費用は1か月で40~60万円かかりますが、フィリピン留学の場合は1か月で約30万円ほど。

物価も日本の3分の1程度のため、生活費を抑えられます。フィリピン留学のほとんどが寮生活で食事が3食付いており、そもそも食費がかからない環境でもあります。

マンツーマンレッスンを受けられる

フィリピン留学では、ほとんどの学校がマンツーマンレッスンをメインに行っています。

そのため、完全な英語初心者でも他の留学生を気にせずに自分のペースで学習できます。先生への質問もしやすく、じっくりと自分のペースで英語力をつけたいという方におすすめです。

リゾート地で遊べる

フィリピンの留学先として人気のセブ島。世界中から観光客が訪れるリゾート地として有名です。

スキューバダイビングやショッピング、観光スポット巡りなど遊べる環境がたくさんありますよ。

勉強の合間に息抜きができる場所があるのは嬉しいですね。

留学時に面倒な手続きが必要ない

コロナ禍ゆえの入国条件はありますが、フィリピンはビザなどの手続きに関しては寛容です。

具体的には、30日以内の滞在の場合にはビザの申請手続きは必要ありません。滞在期間が30日を超える場合でも、語学学校に「パスポート」と「証明写真」を渡せば滞在延長の手続きを学校側が行ってくれます。

手間がかからない分、初めて海外留学をされる方には人気です。

フィリピン留学におすすめの都市

フィリピン留学におすすめの都市

続いては、留学先として人気の都市をご紹介します。フィリピンには留学生に人気の都市が複数ありますが、特に以下の5都市は人気があります。

  • マンダウエシティ
  • セブシティ
  • ラプラプシティ
  • バギオ
  • クラーク

各都市の詳細は、以下の記事を参照してください。

>>フィリピン留学完全ガイド!おすすめ期間や費用、ビザや持ち物について

フィリピン留学の注意点

フィリピン留学の注意点

最後に、フィリピン留学をするうえで覚えておくべき注意点についてまとめます。以下の5点は、事前にしっかりと確認しておきましょう。

  • ネット環境が良くない
  • 治安が悪い
  • 水回りが脆弱
  • 英語になまりがある
  • 海外旅行保険に加入する

ネット環境が良くない

フィリピンでは、日本ほどインターネットやWi-Fiの環境が整っていません。

ネットの接続速度は日本と比べて遅いため、インターネットを頻繁に利用する人にとってはストレスを感じやすいです。

不安な方は、モバイルルーターを短期契約して日本から持っていくと良いでしょう。

治安が悪い

フィリピンは、まだまだ発展途上国です。そのため、治安が良くない場所も多くあります。

仮に治安が良いと言われている場所でも、用心は必要。スリや置き引きも多いため、日本のように席取りのためにテーブルにバッグを置くことは禁物です。

水回りが脆弱

フィリピンの水回りは脆弱で、場所によってはシャワーが水しか出ない、トイレに紙を流せないといったことがあります。

日本と同じ生活水準を期待してしまうと、そういった部分に驚いてしまうかもしれません。

英語になまりがある

フィリピン人にとっての英語は、あくまでも「第二言語」です。そのため、教師によっては「なまり」のある英語を話す人もいます。

具体的には、「f」の音が「p」に近い、「b」の発音が「v」になるといった感じです。

とはいえ、国によって英語の発音にはそれぞれ差があるもの。「なまりがあるから」という理由で極端に敬遠する必要はありません。アメリカ英語の教育は受けているため、大きく異なることはありません。

海外旅行保険に加入する

フィリピンに限らず、留学時には留学プランに合わせた海外旅行保険に加入しておきましょう。

海外では、日本の国民健康保険や社会保険の利用はできません。

ケガや病気をした際や盗難や詐欺などの被害を受けた際に、加入していないと全額自費になってしまいます。

また、海外旅行保険の多くは通訳サポートに対応しており、病院で症状などを説明する際も安心できます。

具体的な海外留学保険に関しては、以下で詳しくご紹介しています。こちらも併せて、ご確認ください。

>>海外留学保険おすすめ5社を比較!コロナ禍に必要な補償と失敗しない選び方

まとめ

フィリピン留学エージェントおすすめまとめ

フィリピンは日本から近く物価も早いため、人気の留学先の一つです。

今回、おすすめの留学エージェントを10社ご紹介しましたが、まずは2~3社選んで無料カウンセリングを受けてみてください。

何社か話を聞いてみると、相性の良い留学エージェントが見つかりやすくなりますよ。

この記事でご紹介した留学エージェント

エージェント 特徴
成功する留学(旧:地球の歩き方) 35年以上の実績でアジアNo1の称号を5回受賞
スマ留 圧倒的な安さと高いサポート力
School With 国内最大級の規模
CEBRIDGE 返金保証制度あり
ミライズ留学 ビジネス英語に強い
留学タイムズ 手数料無料で紹介OK
フィリピン留学ドットコム 年3,000名の送客実績
セブイングリッシュ フィリピンに特化した留学エージェント
フィリピン留学 CEBU21 17年の運用実績
フィリピン留学ラジオ 口コミサイト兼留学エージェント