ニュージーランドは南半球に位置し、日本のように四季のある島国です。治安が良く、フレンドリーかつ大らかな国民性のため、穏やかな環境で英語学習をしたい方向けの留学先として人気があります。

しかし、いざニュージーランド留学を決断しても、語学学校選びや諸々の手続きなど、どこから始めたらいいか分からない方も多いのではないでしょうか。

そんな時に頼りになるのが、留学エージェントです。この記事では、ニュージーランド留学をサポートしてくれる人気エージェントを、10社厳選してご紹介していきます。

留学エージェントを利用するメリットや注意点もご紹介しますので、ニュージーランド留学を検討している方はぜひ参考にしてください。

ニュージーランド留学におすすめのエージェント10選

ニュージーランド留学におすすめのエージェント10選

まずは、ニュージーランド留学におすすめのエージェントを10社ご紹介します。

エージェント 特徴
成功する留学(旧:地球の歩き方) 35年以上の実績でアジアNo1の称号を5回受賞
スマ留 圧倒的な安さと高いサポート力
EF 世界最大規模の語学学校を運営
School With 国内最大級の規模
夢カナ留学 実質0円で留学可能
留学タイムズ 手数料無料で紹介OK
ASAC(エイサック) 出国前と現地サポートが無料
LIV-INFO ニュージーランド政府承認
ニュージーランド留学センター 現地無料サポート
ICC国際交流委員会ニュージーランド留学club 創業18年以上の実績

成功する留学|35年以上の実績でアジアNo1の称号を5回受賞

成功する留学 地球の歩き方出典:成功する留学

成功する留学は、35年の留学サポート実績を誇る老舗の大手留学エージェントです。これまで、25万人以上に利用されてきました。

業界で初めて「ST Star AwardsアジアNo1.留学エージェント」を5回受賞。日本で唯一、殿堂入りを果たしています。

もともと「地球の歩き方」ブランドで留学サポートを行ってきた実績もあり、提携している学校は世界17カ国に740校。現地オフィスも8か国10都市に構えていますが、ニュージーランドにはありません。

初めての留学なのですべてお任せしたいという方には、航空券も含まれている「留学サポート」がおすすめ。ランゲージ・スタディーズ・インターナショナル(オークランド校)に1週間留学するプランの費用は28.5万円~で、この金額には授業料・航空券・滞在費がすべて含まれています。

また、留学手続き費用を節約したい方は日本出発後のサポートが含まれない「フリーマイプラン」が選べるなど、予算や希望に合わせた選択も可能。

条件に該当すると返金される「コロナ特例」や手数料が割引になるキャンペーンを随時開催していますので、ぜひ一度無料カウンセリングで相談してみてください。オンラインや電話での相談も可能です。

⇒成功する留学の公式HPへ

成功する留学に関しては、こちらの記事も併せてご確認ください。

スマ留|圧倒的な安さと高いサポート力

スマ留出典:スマ留

スマ留は、圧倒的な安さとサポート力が人気の留学エージェントです。

各種手数料が無料で、余計なマージンをカットして授業の質を追求。留学費用が最大50%オフと安く「最低価格保証」も付いています。ニュージーランド留学の場合、学費や滞在費、生活費などを含めた費用は、1か月で30~40万円ほどです。

また、現地オフィスも世界12か国25都市に構え、サポート体制は万全。現地サポートオフィスはオークランドとクライストチャーチにあり、留学の有料サポートは4週間以下で2.2万円~です。

「できるだけ安く留学したい」「サポート体制のしっかりしているエージェントにお願いしたい」と考えている方は、ぜひ相談してみてください。オンラインによる無料カウンセリングも実施可能です。

⇒スマ留の公式HPへ

スマ留に関しては、こちらの記事も併せてご確認ください。

>>最悪って本当?スマ留の口コミ・評判まとめ|料金が安い理由とは?

EF|世界最大規模の語学学校を運営

出典:EF(イー・エフ・エデュケーション・ファースト)

EFは、世界中で直営の語学学校を運営する私立の教育機関です。そのため、厳密には留学エージェントとは異なりますが、自社が運営する語学学校への留学サポートも行っているため、留学に関する総合的な相談も可能です。

ニュージーランド留学プログラム費用は、オークランドの場合で2週間13.98万円~。授業料や滞在費、朝晩の食費などが含まれています。

また、直営の学校ゆえコロナ時代の感染対策も責任をもって実施しており、安全面においても安心できます。

信頼できる学校でしっかりと語学を学びたい方は、EFに相談してみることをおすすめします。

⇒EFの公式HPへ

EFの口コミや評判に関しては、以下の記事が参考になります。ぜひご確認ください。

>>語学学校を直運営!EF留学の評判|コロナ対策や留学が当たったケースも

School With|国内最大級の規模

School With出典:School With

School Withは、国内最大級の留学・語学学校エージェントです。留学先の語学学校情報が非常に豊富で、ニュージーランドの提携学校数も248校と多いため、目的に合ったプランが見つけやすいのではないでしょうか。

また、各種手数料が0円で、最低保証価格も実施しています。ニュージーランド留学の費用は、学費や渡航費、現地生活費を合わせると1か月で39万円~67万円です。

費用のネット見積りやメール相談も無料ですし、おすすめ留学先の提案や海外就職のサポートもしてくれますので、まずは気軽に相談をしてみましょう。

⇒School Withの公式HPへ

夢カナ留学|実質0円で留学可能

夢カナ留学出典:夢カナ留学|実質0円で留学可能

夢カナ留学は、「実質0円留学」を掲げる留学エージェントです。

ワーキングホリデーの制度を有効活用し、海外で収入を得ながらの留学を提案。一人ひとりに合った留学プランを組み立ててくれるため、夢カナ留学を利用した91%の学生が2か月以内に海外で希望の職種に就いているという実績もあります。

留学費用を抑えたい方はもちろん、海外インターンシップ・海外アルバイト・海外ボランティアなど、海外で働く経験を積みたい方にもおすすめです。

また、また、一人ひとりの希望や予算に合わせたオーダーメイドの留学プランを提案しています。東京オフィスでの無料カウンセリングを受ける必要がありますが、ニュージーランド留学の費用138万円が65万円になった事例もあるほどです。

留学費用の見積り額が他社よりも高い場合は、そこからさらに1万円引きという制度も実施しています。すでに他社で見積もりをもらっている方も、一度夢カナ留学に相談してみてはいかがでしょうか。

⇒夢カナ留学の公式HPへ

夢カナ留学の口コミや評判に関しては、以下の記事が参考になります。ぜひご確認ください。

>>夢カナ留学の口コミや評判は?安くなる方法や詐欺ではないかも検証

留学タイムズ|手数料無料で紹介OK

留学タイムズ

留学タイムズは、世界45カ国5,000校以上の語学学校と提携している留学エージェントです。また、大手旅行会社H.I.S.とも提携しています。

選択肢が多いだけでなく、留学費用の「最低価格保証」も実施。すべての費用が正規料金のため、手数料等の上乗せがされることがありません。

ニュージーランド留学を4週間する場合の費用は、学費と居住費を合わせると20~25万円程度。低価格で信頼感のあるサポートが受けられます。

⇒留学タイムズの公式HPへ

ASAC(エイサック)|出国前と現地サポートが無料

ASAC出典:ASAC(エイサック)

ASAC(エイサック)は、東京とオークランドにオフィスを構える留学エージェントです。

出国前と留学中にサポートを無料で受けられ、学校に関すること以外に銀行口座開設やIRD番号(ニュージーランドの税務管理番号)作成も対応しています。エージェント独自の格安旅行ツアーを開催するなど、より留学を楽しみたい方におすすめです。

カウンセリングや見積もり作成は何回も無料なので、気軽に問い合わせてみてください。

⇒ASAC(エイサック)の公式HPへ

LIV-INFO|ニュージーランド政府承認

LIV-INFO出典:LIV-INFO

LIV-INFOは、ニュージーランドに特化しニュージーランド教育省「EDUCATION NEW ZEALAND」に正式認定された留学エージェントです。

留学プログラムには「英語教師資格取得」や「ラグビートレーニング」「ファーム体験」など、オリジナリティに溢れるものが多くあります。

座学だけでなく、実際に体験して英語を習得したい方におすすめです。

⇒LIV-INFOの公式HPへ

ニュージーランド留学センター|現地無料サポート

ニュージーランド留学センター出典:ニュージーランド留学センター

ニュージーランド留学センターは、日本(東京・大阪・名古屋)とオークランドにオフィスを構える留学エージェントです。

留学前~帰国後まで一括したサポートが可能で、現地オフィスには日本人スタッフが在籍しているため安心。現地サポートは24時間緊急時サポートや空港送迎などは有料ですが、それ以外は無料です。

「アクティビティが盛んな学校」「多国籍な学校」「夜間も勉強できる学校」といった切り口で学校ランキングをHPに掲載しており、感覚的に自分にマッチした学校が見つけやすくなっています。

⇒ニュージーランド留学センターの公式HPへ

ニュージーランド留学club|創業18年以上の実績

ニュージーランド留学club出典:ニュージーランド留学club

ニュージーランド留学clubは、2003年に創業。18年以上の実績がある留学エージェントです。クライストチャーチとオークランドにオフィスがあり、留学中もサポート可能。ニュージーランド在住の日本人スタッフが在籍しているため、安心できます。

語学学校やワーキングホリデーだけでなく、中学・高校留学、大学留学、専門留学、ラグビー留学なども取り扱っています。

留学生の体験談や現地の口コミ・評判などを随時アップデートしていますので、ぜひ学校の最新情報をチェックしてみてください。

⇒ニュージーランド留学clubの公式HPへ

ニュージーランド留学にエージェントを利用するメリットと注意点

留学の手続きをすべて自分で行うことも可能ですが、多くの方が留学エージェントを利用しています。

ここでは、留学エージェントを利用することにどんなメリットがあるのか?どんな点に注意してエージェントを選ぶべきか?といった点について解説していきます。

留学エージェントを利用する3つのメリット

留学エージェントを利用するメリットは、次の3点です。

  • 時間や手間を抑えられる
  • 留学前にカウンセリングを受けられる
  • 緊急時に対応してくれる

時間や手間を抑えられる

留学エージェントは、必要な手続きをミスなく進めてくれます。

個人で手続きを行うことも可能ですが、英語に慣れていないと手続き漏れやミス起こりがちですし、インターネットで検索しても情報が古かく間違っている場合も多いため、スムーズに行かないリスクもあります。

その点、留学エージェントは最新情報を入手しており、代行にも慣れています。余計な時間や手間をかけることなく、手続きを進めることが可能です。

留学前にカウンセリングを受けられる

留学エージェントのカウンターの多くは、自身も留学を経験しています。

そういったからカウンセラーからもらえるアドバイスは質が高く、特に留学未経験者にとっては有意義。

具体的なプランが決まっていない場合は自分に合ったプランを提案してくれますし、限られた予算や期間でいかに希望を叶えるか?などの個人では気づけないポイントについてのアドバイスも受けられます。

緊急時に対応してくれる

留学中に大変なのが、トラブル対応です。世界情勢の影響で急遽渡航できなくなることもありますし、留学先の学校が倒産するなど思いもよらないことが発生しないとも限りません。

留学エージェントであれば、スケジュール調整や返金対応、留学先変更などしっかり対応してくれます。

ただし、キャンセル規定などは各社異なります。契約前に、その点をしっかりと確認しておきましょう。

留学エージェント選びで失敗しないための注意点

たくさんのメリットがある留学エージェントですが、選び方を間違えるとその恩恵が受けられない可能性があります。

留学エージェントを選ぶ際は、以下の3点に注意してください。

  • 留学エージェントの質にバラつきがある
  • それなりに費用がかかる
  • 提携先が限定されてしまう

留学エージェントの質にバラつきがある

留学エージェントは国内外にたくさんありますが、中にはサービスの質が低い会社も存在します。

カウンセリングの段階で「対応が遅い」「提案力が低い」といった会社は、要注意。

そういったエージェントを選んでしまうと、最悪の場合、後から急に追加の支払いを要求されたり、カウンセリングのときに聞いていた話と違ったり、といったトラブルにつながりやすいです。

そのようなトラブルを未然に防ぐためにも、できるだけ複数のエージェントで無料カウンセリングを受け、その時の対応の仕方や提案内容を確認しておきましょう。

それなりに費用がかかる

留学エージェントを利用すると、すべてを個人手配する場合よりも費用がかかります。

中には手数料無料の留学エージェントもありますが、サポート内容によっては有料となることも多いため、費用面が気になる方は複数のエージェントに見積もりを出してもらうと良いでしょう。

語学学校の入学手配だけでなく航空券や留学保険手配、ビザ申請の代行などを依頼することもできますが、航空券や保険に関しては個人で加入した方が安い場合もあります。

提携先が限定されてしまう

留学エージェントによって、提携先の学校やカリキュラムはさまざまです。

入学したい語学学校や希望のカリキュラムが決まっている場合は、取り扱いがあるかを事前に確認しておきましょう。HPにて提携先を掲載している留学エージェントもありますが、すべての学校を掲載しているとは限りません。

ワクチンは必須?隔離期間は?コロナ禍のニュージーランド留学事情

ワクチンは必須?隔離期間は?コロナ禍のニュージーランド留学事情

コロナ禍の現在、ニュージーランドに留学するためには以下3つの条件を満たす必要があります。

  • 指定のワクチンを接種済み
  • ワクチン接種証明書の提示
  • オンライン旅行申告「Online Travel Declaration」の登録

指定のワクチンを接種済み

2021年11月1日より、外国人であっても出発日の14日前までにワクチン接種が済んでいれば、自己隔離なしでニュージーランドに入国で切るようになりました。

ただし、入国後に2回迅速抗原検査キットで検査する必要があります。

ワクチン接種証明書の提示

ニュージーランドへの入国時に、ワクチン接種証明書を提示する必要があります。日本で発行されたもので問題ありません。

オンライン旅行申告「Online Travel Declaration」の登録

入国前に、オンライン旅行申告「Online Travel Declaration」を登録しておきましょう。

留学先にニュージーランドが選ばれる理由

留学先にニュージーランドが選ばれる理由

ニュージーランドは、以下のような理由で留学先として人気を得ています。

  • 治安が良くて気さくな人が多い
  • 教育水準が高い
  • 温暖な気候
  • 学生ビザで働ける
  • 世界遺産や大自然を楽しめる

治安が良くて気さくな人が多い

世界の各国がどれくらい平和であるかを表す「世界平和度指数ランキング」の2021年ランキングにて、ニュージーランドは第2位を獲得しています。ちなみに、日本は12位ですので、ニュージーランドの治安の良さが伺えますね。

一般的にニュージーランド人は気さくで大らかな性格のため、外国人留学生に対して親切です。おしゃべりな方が多いため、現地民と仲良くなりやすい方にもおすすめです。

教育水準が高い

ニュージーランドは、教育レベルが高い国です。公的機関が実施した調査では、ニュージーランド学生の読解力や数学的リテラシー、科学的リテラシーは世界水準を上回ったという結果が出ています。

その理由は、NZQA(New Zealand Qualification Authority)という他の英語圏にはない制度によって、教育のレベルが保たれているから。

NZQAは「ニュージーランド資格審査評議会」のことで、この評議会がニュージーランドの教育機関すべてを監督し、教育の水準と時刻の学校に通う留学生たちの生活を守っています。

温暖な気候

ニュージーランドは全域が温暖な気候に恵まれていて、年間の気温差は日本より少ないです。

オークランドを例に挙げると、年間平均気温は約16℃、平均最高気温が約19℃で、平均最低気温が約12℃です。

また、南半球に位置しているため、日本と反対で北部地帯が暖かく、南部地帯が寒いという特徴があります。季節も反対で、ニュージーランドの夏が日本の12月~2月に、ニュージーランドの冬が日本の6月~8月にあたります。

留学時期によって、適切な服装を準備するようにしましょう。

学生ビザで働ける

ニュージーランドなら、学生ビザでアルバイトができます。就学コースにもよりますが、年間で120単位以上を取得すれば、週に20時間までの就労が可能です。

海外で働くことは、生活費を稼げるだけでなく、英語を使う機会が増えるためスキルアップにもつながります。より実践的な英語を身に付けたい方は、就労も視野に入れたプランを練ってみましょう。

世界遺産や大自然を楽しめる

ニュージーランドには、国内最高峰の山「マウントクック」、フィヨルドの海「ミルフォードサウンド」、氷河の影響を受けた地形「テ・ワヒポウナム」といった世界遺産があります。

いずれも、ニュージーランドに行ったら見ておきたい価値ある大自然の景観です。

無料カウンセリングで各国の現地情報を確認
スマ留

「留学費用が最大半額」で人気の留学エージェントスマ留では、1年~2年先の留学相談も受け付けています。無料カウンセリングはオンラインにも対応。全国から相談可能なので、コロナ情報をはじめとする現地の最新情報を確認してください

 

スマ留の無料カウンセリングはこちら

ニュージーランド留学におすすめの都市

ニュージーランド留学におすすめの都市

続いては、留学先として人気の都市をご紹介します。ニュージーランドには留学生に人気の都市が複数ありますが、特に以下の3都市は人気です。

  • オークランド
  • クライストチャーチ
  • クイーンズタウン

各都市の詳細は、以下の記事を参照してください。

>>ニュージーランド留学完全ガイド!おすすめ期間や費用、ビザや持ち物について

ニュージーランド留学の注意点

ニュージーランド留学の注意点

最後に、ニュージーランド留学をするうえで覚えておくべき注意点についてまとめます。以下の5点は、事前にしっかりと確認しておきましょう。

  • 物価が高い
  • 日本人が多い
  • 地震が多い
  • 水が貴重な資源
  • 海外旅行保険に加入する

物価が高い

ニュージーランドの物価は、高いです。野菜や果物は日本よりもリーズナブルですが、自動車や家電製品は割高になります。

家賃も高く、フラットシェアと言われるルームシェアが主流。ホームステイや寮よりも、月に数万円安くなります。

また、消費税も15%と日本よりも多く徴収されるほか、外食も高額です。生活費を抑えたい方には、自炊がおすすめです。

日本人が多い

ニュージーランドは、日本人に人気の留学先です。そのため、留学先の語学学校にも日本人留学生が多いという特徴があります。

日本人が多いというのは安心にもつながりますが、日本人ばかりと一緒にいると英語を使うチャンスを逃してしまうというデメリットにもなりかねません。せっかくの留学が無駄に終わってしまわないように、意識して日本人以外の人たちと付き合うようにしましょう。

特に、オークランドやクライストチャーチには日本人が多い都市です。首都ウェリントンやダニーデン、ネルソンなどは日本人が少ないため、英語を集中して勉強したい方には向いています。

地震が多い

ニュージーランドは、日本と同様に地震の多い国です。2011年に起こった地震で100名以上の日本人が被害に遭ったことは記憶に新しいと思います。

自然災害は避けられませんが、地震のリスクがあるという点は覚えておきましょう。

水が貴重な資源

ニュージーランドでは、水は貴重です。各家庭では利用できる量が決まっているため、滞在先でも節水をするように言われます。

シャワーは基本的に10分以内です。「体を洗うときはお湯を止め、流すときに出す」を習慣化しなければなりません。

海外旅行保険に加入する

海外の医療費は高額のため、病気やケガの治療費を自費で支払うと日本では考えられないような金額を請求されます。

そういった事態に備え、海外旅行保険には必ず加入しておきましょう。

物損などに対する保障も充実させておけば、損害賠償が発生する事故などを起こした締まった場合も安心です。

具体的な海外留学保険に関しては、以下で詳しくご紹介しています。こちらも併せて、ご確認ください。

>>海外留学保険おすすめ5社を比較!コロナ禍に必要な補償と失敗しない選び方

ニュージーランドに限らず、留学時には留学プランに合わせた海外旅行保険に加入しておきましょう。万が一、ニュージーランドで救急車に乗ると、800ドル以上はかかりますが、海外旅行保険に入っていれば適用されるため、安心です。

また、「留学先でコロナウイルスに感染した場合の補償」についても、気にあるポイントですよね。保険会社によって対応はバラバラですが、渡航後の感染に対する通常の疾病に対する補償が適用となるケースが多いようです。

具体的な海外留学保険に関しては、以下で詳しくご紹介しています。こちらも併せて、ご確認ください。

>>海外留学保険おすすめ5社を比較!コロナ禍に必要な補償と失敗しない選び方

まとめ

ニュージーランドの留学エージェントまとめ

ニュージーランドは日本のように四季があり、国民性が気さくなため留学生にとって過ごしやすい国と言えるでしょう。

ニュージーランド留学を成功させるためにも、ぜひ相性の良い留学エージェントを見つけてくださいね。

いくつかの会社で無料カウンセリングを受け、ぜひ自分に合った留学プランを構築してください。

この記事でご紹介した留学エージェント

エージェント 特徴
成功する留学(旧:地球の歩き方) 35年以上の実績でアジアNo1の称号を5回受賞
スマ留 圧倒的な安さと高いサポート力
EF 世界最大規模の語学学校を運営
School With 国内最大級の規模
夢カナ留学 実質0円で留学可能
留学タイムズ 手数料無料で紹介OK
ASAC(エイサック) 出国前と現地サポートが無料
LIV-INFO ニュージーランド政府承認
ニュージーランド留学センター 現地無料サポート
ICC国際交流委員会ニュージーランド留学club 創業18年以上の実績