南アジア圏で英語といえばフィリピンやシンガポールといった国が思い浮かびますが、今スリランカの人気が高まっています。8つの世界遺産をもちさまざまな魅力にあふれた美しい島国が、なぜ英語留学におすすめなのでしょうか。その理由とスリランカの基礎知識を解説していきます。

スリランカで留学できる都市

スリランカで留学できる学校一覧

カルタラ バンダラウェラ
ニゴンボ

スリランカってってどんな国?気候や文化、物価について

スリランカ風景

スリランカという国名は知っていても、実際にどんな国なのか案外知られていません。スリランカの基本情報を見ていきましょう。

インド洋に浮かぶ美しい島国

スリランカの国名には、「光り輝く島」という意味があります。その名称の通り、世界遺産が8つもある、インド洋の美しい島国です。
紅茶の名前として知られている「セイロン」は、スリランカの過去の名前です。
首都コロンボのある海岸部・低地は熱帯性気候で年間を通して27~28度くらいと高めの気温ですが、高地の気候は冷涼です。

憲法で「連結語」とされる英語

スリランカの公用語はシンハラ語とタミル語ですが、英語は憲法で「連結語(民族間をつなぐ言葉)」に定められています。
英国植民地の影響が感じられる英語が使われており、近年留学先として人気が上がっています。

アーユルヴェーダ自然豊かで魅力的な国

ニューヨークタイムズで「訪れるべき国NO.1」に選出されたほど、スリランカは世界中の観光客から注目されています。キャンディやシーギリヤロックなどの有名な世界遺産、アーユルヴェーダによる癒し体験など、この地には数多くの魅力があります。

スリランカに留学するメリットは?

スリランカを留学先に選ぶメリットを見ていきましょう。

スリランカ仏教治安が良く物価が安い

スリランカは近年経済的に急成長を見せていますが、物価は日本と比較するとかなりの安さです。スリランカ人の一般的な生活スタイルであれば、月3万円程度で暮らせるといわれています。
穏やかな国民性と有数の仏教国ということもあり、治安も良く暮らしやすい国といえるでしょう。

英語はほぼ公用語

スリランカで英語、というと今ひとつピンとこないという人もいるようですが、公の場で使われる言語なため、ほぼ公用語といっても良いほどです。
ホテルや格の高いレストランであれば、たいていのところで英語は通用します。語学学習の場としても、まったく問題はありません。

多彩な体験ができる国

スリランカは世界遺産となっている古代遺跡と壮大な自然のほかにも、仏教文化を学んだりビーチやサファリで遊んだりとさまざまな体験のできる国です。
スリランカ料理店、アーユルヴェーダに使われるスパイス・ハーブを扱う店など、日本では見かけないお店もたくさんあります。

スリランカ留学で人気・おすすめの都市・学校は?

スリランカ留学で人気の都市や学校をご紹介していきましょう。

スリランカ留学でおすすめの都市

バンダラウェラ

バンダラウェラ

バンダラウェラはお茶の集散地として知られる街です。比較的こぢんまりとしていますが、繁華街が放射状に広がっていて、とても活気があります。

バンダラウェラの学校一覧

ニゴンボ

ニゴンボ

ニゴンボはスリランカの西海岸にある、ニゴンボ・ラグーンの入り口部分にあたる街です。漁業と美しい海岸、そして多数の鳥たちが住むマングローブ林で知られています。

ニゴンボの学校一覧

スリランカ留学でおすすめの学校

St.Josephs International English Language School, Bandarawela(セント・ジョセフ・インターナショナル・イングリッシュ・ランゲージスクール,バンダラウェラ)

St.Josephs International English Language School, Bandarawela

高原リゾート地のコテージ滞在型の語学スクールです。週30時間、マンツーマンの授業スタイルで集中的に学ぶことができます。
近隣には病院、スーパーマーケット、レストラン、銀行、駅などがあり、涼やかな気候とともに非常に快適な環境にあります。

St.Josephs International English Language School, Bandarawela詳細ページ

St. Josephs International English Language School, Nigombo(セント・ジョセフ・インターナショナル・イングリッシュ・ランゲージ・スクール, ニゴンボ)

St. Josephs International English Language School, Nigombo

ビーチリゾートホテルに滞在しながら、マンツーマンのレッスンが受けられます。
新鮮なシーフードや美しいビーチを楽しみながら、ビジネスシーンや試験対策など目的に合わせた学習ができます。

St. Josephs International English Language School, Nigombo詳細ページ

スリランカ留学にかかる費用はどれくらい?

スリランカ通貨スリランカ留学にかかる主な費用を見ていきましょう。

学費

スリランカ留学の学費は、通う学校やカリキュラムによっても異なりますが、1か月1万円~5万円程度が相場です。スリランカでは個人レッスンを行う学校も多く、その場合はグループレッスンよりも高額になることを覚えておきましょう。
1年間の学費は10万円~40万円と、欧米に留学するよりもずっと負担の少ない学費で留学することができます。

渡航費

日本・スリランカ間の片道料金は約6万円~9万円、往復でも20万円以下です。日本からの直行便があり、週4便が就航しています。飛行移動にかかる所要時間は約9時間です。

家賃・生活費

首都コロンボの家賃相場は、スリランカとしてはやや高めで約4万円ほど。食費は1か月2万円もあれば十分といわれますが、ファーストフードなどは日本と価格が変わりません。
外食も高めのところでは、1,000円程度になります。

スリランカ留学する際の必要な手続き・注意点は?

パスポートスリランカで学ぶ際の手続きと、注意する点について見ていきましょう。

留学に必要となる手続き

スリランカ入国に際してはETA(電子査証)の取得が必要となります。スリランカでは短期滞在観光ビザの申請をすると、30日間のビザが発行されます。
学習期間が30日以上の場合には、その後入国管理局で延長手続きを行います。
条件を満たしていれば、最大180日まで滞在可能です。

ETAは事前申請がおすすめ

ETAは空港到着時でも取得可能ですが、手続きに手間取る可能性もあるため、事前の取得がおすすめです。
ETA専用サイトで、オンライン申請ができます。

スリランカに入国できる条件と注意点

スリランカに入国できる条件としては、パスポートの残存有効期間が最低6か月以上でなければなりません。
さらに復路の航空券を所持している必要があります。
留学のような長期滞在の場合には、その滞在期間に応じた十分な滞在費用があることを証明するために、銀行口座の写しなどの書類の提示が求められます。

美しい国スリランカで快適な英語留学を

スリランカは学費・滞在費とも格安で英語が学べる上、素晴らしい環境の中で過ごすことができます。どこに行っても美しい風景が広がり、治安も良好なので、安心して留学生活を楽しむことができます。英語の留学先というと英国、米国、オーストラリアなどが定番ですが、アジアに目を向けて見るのもひとつの選択ではないでしょうか。

スリランカで留学できる学校を詳しく見る