フランスの首都パリは、エッフェル塔や凱旋門、ルーヴル美術館などの名所も多く、観光スポットとしても非常に人気の高い街です。ここでは、おしゃれで華やかな街、パリに留学するメリットとパリ留学の特徴、また、留学するのにおすすめの学校についてご紹介します。

パリで留学できる学校一覧

パリってどんな街?気候や文化、物価について

エッフェル塔

パリの特徴

パリは、フランス北部にある都市です。フランスの首都であり、フランスの政治や経済、文化の中心地となっています。パリには、ルーヴル美術館やオルセー美術館などの大きな美術館も多く、「芸術の都」として世界中の人々を魅了しています。
また、アパレル産業も非常に盛んで、毎年開催されるパリ・コレクションでは最新のファッションを発信し、世界の流行を作り出しています。

パリの気候

パリは緯度が高く、北海道よりも北に位置しています。しかしながら、パリの気候は近海を流れる暖流と偏西風の影響によって一年を通して比較的温暖であるという特徴があります。日本と同じで四季がありますが、梅雨はなく、夏も空気が乾燥しているので過ごしやすいでしょう。11月~3月ごろの冬の時期は日照時間が短くなり、寒さも厳しくなるので防寒対策が必要です。

パリの物価

フランスでは、日本の消費税に相当する「付加価値税」が20%と高く設定されています。そのため、パリの物価はヨーロッパの中でも特に高いと感じるでしょう。ただし、食品や医薬品、書籍などの付加価値税は低くなっているため、外食を控えてスーパーで食品を購入し、自炊するなどの工夫を行えば生活費をある程度節約することができます。

パリに留学するメリットは?

パリの街並み

フランス語を学べる

フランス語を公用語としている国はフランスだけではなく、北米のカナダ、オセアニアのニューカレドニアなど、世界中でフランス語が話されています。また、国連の公用語にもフランス語が含まれているように、フランス語は世界の主要な言語の一つとなっています。そのため、フランス語を取得するとコミュニケーションの範囲が広がりますし、ビジネスの面でも重宝されるでしょう。

フランスの文化や芸術に触れることができる

パリには数多くの美術館や博物館などがあります。しかも、フランスでは対象となる学校に通う学生ならば美術館などの入館料が割引されることもあります。そのため、パリに留学すると、言語を学ぶだけでなく、フランスの文化や芸術に触れることもできるでしょう。

休日にヨーロッパ旅行もできる

留学によりパリに住むと、パリ市内だけでなく周辺の国にも気軽に旅行に行けるようになるというメリットもあります。日本からヨーロッパに旅行するには旅費が高くなりがちですが、ヨーロッパ内ではLCCや電車を使えば安く移動することもできます。旅行好きな人なら休日はヨーロッパを旅行するのも良いでしょう。

パリ留学で人気・おすすめの学校は?

キャンパスライフ

ACCORD Paris

ACCORD-ParisACCORD Paris」は、パリのダウンタウン中心部、ルーヴル美術館のそばにある学校です。映画や歌、新聞などを教材としたり、文法の学習に言語ゲームを取り入れたりするなど、楽しく学べるように工夫された授業が評判です。[/caption]

この学校を詳しく見る

Sprachcaffe Languages Plus, Paris

Sprachcaffe-Languages-Plus-Paris「Sprachcaffe Languages Plus, Paris」はパリの中心地にある語学学校です。パリ大学区、フランス文部省に公式認定されており、外国語教育の資格を持つ教師による実践会話を中心とした質の高い授業が人気です。

この学校を詳しく見る

Eurocentres Paris

Eurocentres-Paris「Eurocentres Paris」はパリの街の中心にある語学学校です。学校独自の言語教育システムによって、効果的な学習をサポートします。また、一般語学コースではカリキュラムに選択科目が取り入れられており、それぞれのニーズに合った分野の授業を受けることができます。[/caption]

この学校を詳しく見る

パリ留学にかかる費用はどれくらい?

パリの夕景

1週間の留学なら約10万円~

パリ留学にかかる費用には、授業料、ホームステイ料金、空港出迎え料などがあります。また、学校によっては入学金やホームステイの手配料がかかることもあります。

例えば、Sprachcaffe Languages Plus, Parisの場合、一般フランス語コース(週20レッスン)の1週間当たりの授業料は200ユーロ(8週以下の場合)、入学金が60ユーロ、空港出迎え料75ユーロ、1週間当たりのホームステイ料金が380ユーロ、手配料が80ユーロです。
つまり、Sprachcaffe Languages Plus, Parisへの1週間の留学にかかる費用は795ユーロで、1ユーロ=125円とすると約10万円となります。

パリ留学する際の必要な手続き・注意点は?

ビザ申請

ビザの申請について

パリに留学する場合、留学期間が90日以上であればビザが必要となります。ビザを申請する際は、まずCampus France(フランス政府留学局)からオンラインフォームを提出しましょう。

ビザの申請に必要な書類等は以下の通りです。

  • ビザ申請書
  • パスポート(コピーも用意する)
  • 留学先の学校の登録証明書(コピーも用意する)
  • 経済証明(コピーも用意する)
  • 証明写真
  • 移民局提出フォーム
  • 申請料金

憧れの街、パリでフランス語を勉強しよう

パリ留学では、フランスの美しい芸術や街、文化に触れながらフランス語を学ぶことができます。ぜひあなたもパリに留学して語学力を磨いてみませんか?