メキシコには、サボテンやソンブレロなど明るいイメージがありますが、留学先として良く理解している人は少ないようです。メキシコは気候が穏やかで生活しやすく、スペイン語習得にも適しています。スペイン語留学を検討中ならば知っておきたい、メキシコ情報をまとめて解説していきます。

メキシコで留学できる都市

メキシコで留学できる学校一覧

メキシコシティ オアハカ
グァナファト プラヤ・デル・カルメン

メキシコってってどんな国?気候や文化、物価について

メキシコ国旗

メキシコは国名こそ親しみがありますが、具体的に理解できているのかというと案外そうでもないようです。まずはメキシコを理解するために、基本情報を見ていきましょう。

公用語がスペイン語のキリスト教国家

メキシコの面積は、日本の約5倍もの広さがあります。人口規模は2017年時点で約1億2,920万人と日本と同程度で、その90%がキリスト教を信仰するキリスト教国家です。
公用語はスペイン語で、アメリカと接しているものの、有名観光地以外ほとんど英語は通じません
国民の半数以上が欧州系と先住民の子孫で、3割ほどが先住民の子孫です。
アステカ帝国のテオティワカン、マヤ文明のチチェンイッツァといった古代遺跡とスペインに統治された植民地の面影を色濃く残す、エキゾチックな国として知られています。

雨季と乾季のある温暖な気候

メキシコは西が太平洋、東はメキシコ湾とカリブ海に面しており、ビーチ、山脈、砂漠、ジャングルとエリアによって気候も多様です。
首都であるメキシコシティは1年を通して穏やかな気候で、年間平均気温は25度前後と過ごしやすい気温ですが、6月から9月にかけては雨量が多くなります。

物価が安く生活しやすい

メキシコは農業国としても知られており、野菜や肉などの食料品は日本と比べてはるかに安く購入できます。最低生活費は4.5~6万円程度が目安で、光熱費込みの部屋が1か月1万5,000円から借りられます。

メキシコに留学するメリットは?

メキシコ料理

メキシコを留学先に選ぶメリットを見ていきましょう。

言語と文化を同時に学べる

メキシコはスペイン語圏の中ではもっとも人口が多い国で、スペインの2倍以上もの国民がスペイン語を話しています。国内ではほとんど英語も通じないため、スペイン語漬けの環境となります。
メキシコ政府では、「メキシコ文化コース」という学習プログラムを開催しており、言語と文化を同時に学べる機会も得られます。

物価が安く学生に優しい

メキシコは物価が全体的に安いため、スペイン本国に留学する場合と比較すると、学費もかなり安価に抑えられます
学生生活を送るには優しい国といえますが、特に交通費の安さは必見です。
地下鉄は距離に関わらず約30円、バスの初乗り運賃が約25円、タクシーの初乗り運賃が約50円と、学習の合間に観光に出かけるときでも負担になりません。

メキシコ遺跡国土が広く多彩な体験が可能

広い国土を持つメキシコは、エリアによって全く異なる景色を楽しめる国です。
さまざまな古代遺跡群めぐりのほかにも、世界的なリゾート地であるカンクン、神秘的なユカタン半島など、日本では決して見られない景色を満喫できます。

メキシコ留学で人気・おすすめの都市は?

メキシコ留学で人気の都市を見ていきましょう。

メキシコシティ

メキシコシティ

メキシコの首都メキシコシティには、アステカ文明のテンプロマヨール、スペイン統治時代のメトロポリタン大聖堂など、各時代の美しい建造物が保存されています。
一方で非常に人口密度が高く、昼夜を問わずにぎわいのある都市でもあります。

メキシコシティの学校一覧

オアハカ

オアハカ

南シエラマドレ山脈、標高1,550メートルの高地に位置するオアハカ。この町は世界遺産に登録されている古い街並みと、可愛らしい刺繍で有名な都市です。

オアハカの学校一覧

グァナファト

グァナファト

グァナファトは、銀山とカラフルな街並みで知られています。銀山、美しいコロニアル建築はともに世界遺産に登録されています。

グァナファトの学校一覧

プラヤ・デル・カルメン

プラヤ・デル・カルメン

プラヤ・デル・カルメンはカンクンの南65㎞に位置し、カリブ海に面したリゾートの町として人気があります。ヤシ並木とサンゴ礁の美しいビーチライフを楽しむことができます。

プラヤ・デル・カルメンの学校一覧

メキシコ留学で人気・おすすめの学校は?

Frida Spanish School(フリーダ・スパニッシュ・スクール)

Frida Spanish School

フリーダ・スパニッシュ・スクールは、メキシコの首都メキシコシティにある語学学校です。メトロバスがすぐ前を通るため、人気の観光スポットへのアクセスも便利です。 スペイン語だけではなく、文化も学べるようにプログラムが工夫されているのもポイント。
週末にはアクティビティも多数企画され、学びながらメキシコ生活をエンジョイできます。

Frida Spanish School詳細ページ

Enforex Partner School in Oaxaca(エンフォレックス・オアハカ)

Enforex Partner School in Oaxaca

エンフォレックス・オアハカでは、試験対策、ボランティア、レジャーなど多彩なコースが用意されています。
町の中心地ソカロから4ブロックに位置し、周囲にはサント・ドミンゴ修道院やインターネット・カフェ、レストラン、ギャラリーなどがあって便利な場所です。
先住民族も多く住んでいるオアハカでは、伝統工芸や遺跡、市場などたくさんの楽しみがあります。

Enforex Partner School in Oaxac詳細ページ

don Quijote, Guanajuato(ドン・キホーテ, グァナファト)

don Quijote, Guanajuato

コロニアル調のカラフルな街並みで有名な世界遺産の町・グァナファトに位置しています。
学習コースは語学に加え、ボランティアコースやサルサコースなど多彩なプログラムの中から選択することができます。

don Quijote, Guanajuato詳細ページ

Enforex Partner School in Praya del Carmen(エンフォレックス・プラヤ・デル・カルメン)

Enforex Partner School in Praya del Carmen

人気のカリビアン・ビーチの近くに立地しています。
わらぶき屋根やトロピカルガーデンがユニークで、開放感ある校舎で学んだあとはダイビングを楽しむこともできます。

Enforex Partner School in Praya del Carmen詳細ページ

メキシコ留学にかかる費用はどれくらい?

メキシコ通貨

メキシコ留学にかかる主な費用を見ていきましょう。

学費

メキシコ留学の学費の目安は1か月5~25万円で、私立と公立とでかなりの違いがあります。大学への留学の場合には、1年で10~200万円程度となります。
メキシコ政府奨学金などの制度があるため、学費負担が大きくなりそうな場合には調べてみると良いでしょう。

渡航費

日本・メキシコ間は格安料金の航空チケットが少なく、航空運賃は往復で20万円からとなります。日本からの直行便は3社が運航していますが、乗り継ぎが必要な場合もあるので注意しましょう。

家賃・生活費

物価が安いので部屋は2~3万円ほどで借りられます。屋台も多く出ているので、食費・生活費は4~5万円程度あれば十分に賄えます。

メキシコ留学する際の必要な手続き・注意点は?

メキシコで学ぶ際の手続きと、注意する点について見ていきましょう。

メキシコのビザの種類

メキシコへの入国は、180日以内の滞在であればビザが不要です。180日以上4年未満で就学する場合には、学生用ビザを取得します。ただし学生用ビザは、教育担当機関のSistema Educativo Nacionalに登録されている学校のみが取得対象となります。
機内で配布された「ツーリストカード」に情報を記載し、入国審査の際に提出する必要があります。

経由により手続きが変わる

アメリカを経由してメキシコに入国する場合には、ESTA(電子渡航認証)を取得しておかなければなりません。
アメリカではビザ無しの場合、90日以内の滞在にESTA取得が義務付けられています。メキシコと日数が異なるため、アメリカを経由して往復する場合には注意が必要です。

メキシコ留学に際しての注意点

メキシコではいまだ治安が不安定な場所があるため、観光客が行かない場所には近寄らないようにします。
また、メキシコの留学手続きにはかなりの時間を要します。余裕を持って、3~6か月前には準備を始めるようにしてください。
空港や税関などでは、英語が通じない場合もあります。必要と思われる最低限の単語くらいは、確認しておくと安心です。

文化と語学を安く学べるメキシコ留学

メキシコの魅力は何といっても多様な文化に触れられることです。物価が安いため、生活費を抑えた分で旅行や観光も楽しめます。世界遺産を多数保有するメキシコであれば、どの土地の学校に入学しても素晴らしい体験ができるはずです。スペイン語に浸かりながら歴史をたどれるメキシコ、ぜひ留学先に選んでみてはいかがでしょうか。