親子留学とはお子様とお母様(お父様)が一緒にご留学されるプログラムです。早い段階から海外に慣れさせる経験は、きっとお子様の将来に役立ちます。狭い日本だけでなく、世界中の人々とコミュニケーションを取れる能力が、今後ますます重要になってくるでしょう。受ける授業内容はお子様と違うのでご安心ください。

親子留学できる学校を探す

親子留学ってどんなことをするの?

学校にもよりますが、保護者の方は一般英語コースを学び、お子様は世界中から来た同年代の生徒と一緒に語学を学びます。
内容は楽しく学べるように工夫されているものが多いです。

何故親子留学のメリットは?どんな人が親子留学を申し込むの?

  • 早い段階から海外経験をさせたい
  • 1人で海外に行かせるのは不安
  • お子様が単独渡航ができる年齢に達していない

上記のような理由の方がお申し込みをされます。また、週末や放課後、親子で観光できることもポイントです。

親子留学でオススメの学校は?

SMEAG Philippines Training Center

SMEAG Philippines Training Center
フィリピンのセブ島にある語学学校です。フィリピンは格安で留学できるので近年人気の留学先です。SMEAGは3つ校舎があるフィリピン最大規模の語学学校です。
親子プログラムは2~5歳・6~12歳のお子様と同じ校舎でレッスンを受けられます。お母様・お父様が一般英語コースを受講している間、2~5歳のお子様は託児所にて受講し、6~12歳のお子様は初級から上級コースを選んで受講可能です。

この学校を詳しく見る

SPC, Carins

SPC, Carins-6
オーストラリアケアンズ郊外にある語学学校です。熱帯雨林(キュランダ)美しい海(グレートバリアリーフ)2つの世界遺産が堪能できます。
親子プログラムは6~12歳の小学生・保護者の方のみ参加可能で、2・3・7・8月に開講している2週間プログラムです。滞在形式を2週間コンドミニアムタイプの宿泊施設か、1週目は学生寮・2週目はホームステイの、2パターンからお選びいただけます。
1週目はオーストラリアの文化や環境などを学び、アクティビティを親子で参加します。現地の学校に参加したり、ホームステイに向けた準備もあります。
2週目はお子様は現地の小学校の授業に参加し、保護者の方はSPCにて授業を受けます。小学校までは徒歩圏内です。

この学校を詳しく見る

St Giles International, New York City

St Giles International, New York City-1
アメリカのニューヨークにある語学学校です。校舎はエンパイヤステートビルの横に位置し、大都会を満喫できます。
親子プログラムは7~15歳のお子様と、保護者の方が参加可能です。6~8月の夏の時期に開講されます。一般英語20レッスンに加え、エンパイヤステートビル、サッカー観戦ツアーなどのアクティビティを楽しめ、週末にはフィラデルフィアなど小旅行にも行けます。

この学校を詳しく見る