ワシントンD.C.はアメリカ東海岸にある州には属さない地区であり、ご存知の通りアメリカ政治の中心地です。ホワイトハウスや国会議事堂のほか、美術館や博物館が多く訪れる人の数は後を絶ちません。ジョージタウンと呼ばれるダウンタウンは、イギリスを連想させるような美しいブラウンストーンの建築物が並び、レストランやカフェ、ブティックなどの商業施設も多いです。ワシントンD.C.には名門ジョージタウン大学をはじめ著名な大学が多く、高等教育に力を入れています。日本人学生が少なく、英語を強制的に使わなければならない環境がほとんどですので、英語力を確実に上げたい人におすすめです。ワシントン留学の具体的な情報を見ていきましょう。

ワシントンD.C.で留学できる学校一覧

ワシントンってってどんな都市?気候や文化、物価について

ワシントンDC「アメリカの首都」として世界的な知名度を誇るワシントンですが、留学する街としてはどうなのでしょうか。ワシントンの基本情報を見ていきます。

州に属さない特別区

ニューヨークと並ぶほどに有名都市であるワシントンは、アメリカ合衆国の首都として行政組織が集結した街です。ワシントンDCの「D.C.」は「District of Columbia」で、正式名称は「コロンビア特別区」と呼ばれます。
人口は約60万人とそれほど大きな都市ではありませんが、アメリカで唯一、どこの州にも属していません。
「ワシントン州」と区別するために、「ワシントンDC」が一般的な呼び方となっています。

ワシントンDCの気候は?

ワシントンの気候の特徴は、四季があって寒暖差が激しいことです。夏は高温・多湿で30度を上回り、冬は雪が多く気温も0度を下回ります。
春と秋は過ごしやすい気候ですが、日中と夜間の気温差があります。

政治だけじゃない魅力がある街

ワシントンDCの桜並木首都といえばニューヨークのような大都市のイメージがありますが、実は高層ビルがなく、緑豊かな美しい街です。
芝生で覆われたナショナルモール、日本から贈られた桜並木など、心癒される風景が身近に広がっています。
スミソニアン博物館やナショナル・ギャラリー・オブ・アートなど、一度は訪れてみたいスポットも数多くあります。
ホワイトハウスの建つ政治の中心地には違いありませんが、それ以外にもたくさんの魅力にあふれる街です。

ワシントンに留学するメリットは?

ワシントンを留学先に選ぶメリットを見ていきましょう。

意外に物価が安い

大国の首都ではありますが、ニューヨークなどと比較すると意外に物価が安いというメリットがあります。
タクシーの初乗りは約420円、牛乳1Lが約120円、オレンジ1キロが約350円前後と、東京と比べても高いという印象はありません。
物価の面から見ると、先進国の中ではまずまず暮らしやすい都市といえるでしょう。
ワシントンDCの街並み

交通網が発達

アメリカの首都であるワシントンDCは、地下鉄・バスといった交通網が発達しています。在住の人口は60万人ですが、昼間は100万人を超える人たちが働きます。各種交通手段がその流動を支えているため、どこに行くにも移動に困ることがありません。

安全性が高い

政治的に重要な機能が置かれている街なので、厳しい警備体制が常時敷かれています。監視が行き届いているため安全性は高く、治安が良好に保たれています。

ワシントン留学で人気・おすすめの学校は?

ワシントン留学で人気の学校をご紹介していきましょう。

Kaplan International English, Washington DC(カプラン・インターナショナル・イングリッシュ, ワシントンDC)

Kaplan International English, Washington DC

ホワイトハウスまで徒歩約10分の位置にあり、まさに都市の中心地で語学学習ができます。終業後にはホワイトハウスや国会議事堂などの建物を見学したり、イギリスの街並みを思わせるジョージタウンでショッピングしたりと多彩な楽しみが待っています。

Kaplan International English, Washington DCの詳細ページ

EC Washington DC(イーシー, ワシントン・ディーシー)

EC Washington DC

ホワイトハウスから徒歩10分の距離にある学校で、周囲には国立動物園や市場、ワシントン国立大聖堂などがあります。
個人チューター制度やカフェ会話、発音クリニック、無料英語ワークショップといった、留学生活を有意義に過ごせるサービスが提供されています。

EC Washington DCの詳細ページ

ワシントン留学にかかる費用はどれくらい?

ワシントンDCの留学生ワシントン留学にかかる主な費用の目安を見ていきましょう。

学費の目安

ワシントンDCに語学留学をした場合の、学費の目安は以下の通りです。

  • 1週間:約15~25万円
  • 1か月:約30~45万円
  • 半年:約140~190万円

最安値の語学学校なら1か月20万円を切るところもあり、学校の選び方次第で学費を抑えることができます

渡航費

ワシントンDCには空港がありませんが、隣接する州のロナルドレーガン・ワシントン・ナショナル空港、ワシントン・ダレス国際空港、ボルチモア・ワシントン国際空港の3空港から現地入りすることができます。
日本からはワシントン・ダレス国際空港への直行便が就航しています。
渡航費は時期によって異なりますが、往復で約10万円程度です。

家賃・生活費

ワシントンDCは家賃相場が非常に高く、ワンルームでも1か月20~30万円はするため、ホームステイなどの方法を検討するのがおすすめです。
生活費は、家賃や学費を別にして12~15万円程度は見ておく必要があります。

ワシントン留学する際の必要な手続き・注意点は?

ワシントンで学ぶ際の手続きと、注意点について見ていきましょう。

学生ビザの取得

留学先の授業が週18時間以上の場合、 F-1と呼ばれる学生ビザが必要となります。認定大学・私立高等学校・認可された語学学校などで取得が可能です。
滞在が90日以内で、週18時間以下の語学レッスンならば、観光用のESTAで入国ができます。

ビザ取得の必要書類

ビザ取得をするには、入学予定の学校から入学許可証I-20を発行してもらう必要があります。
学生ビザ取得に必要となる、主な書類は以下の通りです。

  • パスポート
  • ビザ申請書
  • 財政能力証明書(英語訳したもの)
  • 面接予約確認書
  • 入学許可書(I-20Form)
  • 成績証明書(英文のもの)

ワシントン留学をする際の注意点

5カ月以上学業を中断した場合、学生ビザの資格が喪失する可能性があります。一度喪失扱いになってしまうと、最初から申請をやり直すことになります。
また、ビザ取得後にアメリカへの入国が可能となるのは、I-20に記載されているコース開始日の30日前からです。航空チケットの予約時には、良く確認しておきましょう。
ワシントンDCには、ホワイトハウスを始めとする重要機関が数多く存在しています。立ち入り禁止規制・写真撮影禁止場所のルールを守り、行動には十分な注意を払いましょう。

ワシントンDC留学で国際感覚を磨こう

アメリカ合衆国の政治の中枢・ワシントンDCには、世界中からさまざま人々が集まってきます。留学生の顔ぶれも多彩で、ほかにはない体験を数多く重ねていけるのは間違いありません。一方で自然を身近に感じながら、学生らしい生活を楽しむことができます。国際感覚を磨きながら語学学習に集中できる場として、ワシントンDCを留学先とする選択もあります。