マレー半島とボルネオ島の一部であるサバサラワク州から成り立つ国。国土の約6割が熱帯雨林からなり、南国を彩る美しい自然の景観やビーチリゾートが多くの観光客をひきつけています。マレー系、中国系、インド系などの多民族が複雑に共存することで育った、独特の文化も魅力の一つです。マレーシアの公用語はマレー語ですが、多民族国家のため中国語、タミール語も使用されています。また会話をする際は広く英語が使用されています。首都はクアラルンプール。

マレーシアはアジア有数の観光地として知られていますが、語学留学先としても人気があるのをご存知ですか?マレーシアに留学するメリットをはじめ、注意点やおすすめの都市・学校をご紹介するので、アジア圏で英語を学びたい方はチェックしておきましょう。

マレーシアで留学できる都市

マレーシア留学できる学校一覧

コタキナバル クアラルンプール

マレーシアってどんな国?気候や文化、物価について

マレーシア留学マレーシアはマレー半島南部とボルネオ島北部で構成されていて、国土面積は日本よりひと回り小さい33.3万平方キロメートルくらいです。人口は約2,972万人。近年は大きな経済成長を遂げていて、ASEAN諸国の中ではシンガポールに次いで豊かな国だと言われています。

マレーシアは多民族国家

マレーシアはさまざまな民族が暮らしている多民族国家です。大まかな割合はマレー系が約60%、中華系が約30%、インド系が約8%、その他が約2%となっています。そのため使用される言語もマレー語や中国語など民族によって異なりますが、準公用語として英語が用いられています。国教はイスラム教ですが、仏教やヒンドゥー教・キリスト教を信仰する人も多く、複数の宗教が共存しているところも特徴的です。

年間を通して暑い

マレーシアの年間平均気温は約27度と高く、一年を通して常夏の気候です。雨季と乾季があるものの、月ごとの気温の高低差は少なく、基本的には夏服で過ごせます。ただ、建物の中はエアコンが効いていますし、夜間やスコールの後などは肌寒く感じることがあるため、羽織るものは必要です。

物価は日本の半分以下

マレーシアの通貨はマレーシアリンギット(Rm)で、1Rm=約28円です。物価は日本の1/2〜1/3程度なので、滞在中の生活費は安く抑えられるでしょう。庶民的なレストランやフードコートでの食事は300円以内で十分に食べられますし、クアラルンプールの電車やバスは85円程度で市内・郊外の移動が可能です。

マレーシアに留学するメリットは?

マレーシア人マレーシアに留学するメリットを見ていきましょう。

欧米留学より費用が安い

マレーシア留学は、欧米への留学と比べると費用を安く抑えられます。授業料は学校によって異なりますが、欧米の半分以下というところも少なくありません。留学費用が安いと長期留学もしやすいですし、費用がネックで留学を諦めていた方でも実現できる可能性が高まります。

街中でも実践的な英語が使える

マレーシアではマレー語が公用語として使われていますが、準公用語は英語です。つまり、街中でも英語が通じやすい国ということ。特に首都であるクアラルンプールは外国人観光客が多く、お店の人も日常的に英語を使っているため、実践的な英語を学べるでしょう。

さまざまな民族・宗教の人たちと交流できる

先述のとおり、マレーシアは複数の民族・宗教の人たちが暮らす多民族国家なので、多様な価値観や生活様式に触れることができます。また、マレーシアには中東・中央アジア・ロシアなどさまざまな国から留学生が来るので、日本ではあまり出会う機会のない国の人とも交流を深められるでしょう。

マレーシア留学で人気・おすすめの都市・街は?

マレーシアに留学するなら、クアラルンプールやコタキナバルがおすすめです。

クアラルンプール

クアラルンプール
マレーシアの首都であり、東南アジア有数の国際的な近代都市として開発が進められているクアラルンプール。ペトロナスツインタワーのような近代建築とイギリス統治時代の趣きが感じられる建造物が混在するなど新旧一体となった街並みが特徴的です。バスやモノレールといった交通網も発達しているので買い物や観光にも便利です。

クアラルンプールの学校一覧

コタキナバル

コタキナバル

コタキナバルはボルネオ島に位置する東マレーシア最大のリゾート都市です。さまざまな動植物が生息する熱帯雨林に囲まれた自然豊かな景観が魅力で、東南アジア最大で世界遺産にも登録されているキナバル山が望めます。透明度の高い海ではマリンアクティビティを満喫できます。

コタキナバルの学校一覧

マレーシア留学で人気・おすすめの学校は?

マレーシア留学でおすすめの学校を2校ご紹介しましょう。

Inter-Cultural Language School

Inter-Cultural Language School

クアラルンプールの繁華街ブキ・ビンタンにある語学学校です。ショッピングセンターの中に位置しているので食事や買い物にも便利。日本人が経営していて、学校には日本人スタッフが常駐しているため困ったときでも相談しやすいでしょう。グループレッスンのほか、マンツーマンレッスンを選択することもできます。

Inter-Cultural Language Schoolの詳細

Global English Centre

Global English Centre

マレーシアの人気リゾート地コタキナバルにあり、マーケットやカフェ、ビーチなど快適に生活しやすい環境が整っています。授業はすべて欧米出身のネイティブが担当しているため、訛りを気にせず英語を学べます。オランウータン保護施設でのボランティア活動など、現地ならではの体験も楽しめるでしょう。

Global English Centreの詳細

マレーシア留学にかかる費用はどれくらい?

マレーシアは物価の安さに加えて学費も安く、欧米留学と比べると半分ほどの費用で済むでしょう。安いとはいえ、留学生活において不便さを感じることはあまりないので、コストパフォーマンスを重視する方におすすめです。

1ヶ月の短期留学で20万円前後

マレーシアへ短期留学をする場合、1ヶ月に必要な費用の目安は20万円前後です。

  • 学費:4〜9万円程度
  • 滞在費:5〜10万円程度
  • 生活費:3〜5万円程度
  • 渡航費(往復):3〜6万円程度

学校によっては入学金がかかりますし、海外留学保険へ加入する場合は別途加算する必要があります。渡航費はLCCを利用すれば安く抑えられるでしょう。

マレーシア留学する際の必要な手続き・注意点は?

ビザ申請
マレーシアに留学するときに必要な手続きや注意点もチェックしておきましょう。

3ヶ月以内ならビザは不要

マレーシアの場合、滞在期間が3ヶ月以内(90日以内)の短期留学であればビザを取得する必要はありません。ただ、以下のような条件を満たす必要があります。

  • 入国時点でパスポートの有効期限が6ヶ月以上ある
  • 入国時にマレーシアを出国する航空券を持っている
  • 1年間の通算滞在期間が180日を超えない

留学期間が90日を超える場合は学生ビザが必要です。学生ビザは最長1年までですが、延長手続きをすれば最長2年まで滞在できます。

治安は悪くないが油断は禁物

治安が良く日本人の移住者も多いマレーシア。いくら治安が良いとはいえ、日本と比べると危ないと感じる場面もありますので油断は禁物です。たとえばタクシーでは高い金銭を要求されたり、大声を出して脅されたりする場合も。外国人はスリや窃盗に見舞われることもあるので注意しましょう。

多彩な民族の人たちと交流できるマレーシア留学

マレーシアは東南アジアの中でも経済発展が目覚ましく、住みやすい国としても知られています。準公用語として英語が広く浸透しているため、学校だけではなく街中でも実践的な英会話にチャレンジできるところが魅力ポイントです。留学費用も安いので、さまざまな民族の人たちと交流ができ、快適な環境で英語を学べるマレーシア留学を検討してみませんか?