ニュージーランドの北島北部に位置している、国内最大の都市オークランドは、ニュージーランドの政治や経済、文化の中心地である世界都市として知られています。その規模は首都のウェリントンより発展しており、また海に面した地形から港にはたくさんのボートが停まっていることから「City of Sails (帆の街)」のニックネームの愛称でも親しまれています。ニュージーランドの主要都市のなかで最も温暖な気候で、年間2060時間を超える日照時間を記録しています。夏も猛暑にならず、冬の最低気温は10度前後と年間を通して過ごしやすい気候です。オークランドの人口の約40%は移民といわれており、ヨーロッパ系やアジア系など様々な人種で形成されています。そのため、オークランドの住民は異なる文化や習慣に接する機会が多く、互いの違いを受け入れる寛大さを持っているので日本人留学生でも違和感なく溶け込むことができるでしょう。オークランドのもうひとつの魅力は、都会と美しい自然の両方をバランスよく楽しむことができる点です。街の中心地は高層ビルやショッピングセンター、レストランが軒を連ね、一歩郊外へ出れば豊かな自然が広がり週末のリフレッシュやアクティビティも存分に楽しむことができるでしょう。ワーキングホリデー制度があるため、日本人留学生は留学しながら同時に働くこともできるので、将来的に就職を考えているひとにもおすすめです。

オークランドで留学できる学校一覧