大人の英語はドリルでの勉強が効果的!おすすめドリルと学習のポイント

大人の英語学習のオススメ方法の一つとして「英語ドリル」があります。英語ドリルは1度に数分〜取り組むことができるので、忙しい社会人にとっても日課として取り入れやすい勉強法です。本記事では、大人にオススメの「英語ドリル」について、勉強のポイントとともに、紹介していきます

大人の英語の勉強にドリルがおすすめな理由3つ

大人の英語勉強法は様々ですが、結果を出すには「継続」がカギとなります。ドリルでの勉強がオススメの理由についてお伝えしていきます。

大人の英語|ドリルは1日数分〜できる勉強法

英語のドリルは、1ページ/日、5分/日など、短時間でルーティンを設定しやすく、忙しい大人に大変オススメの英語勉強法の一つです。

都合よく不規則的に取り組むのは、継続が途絶えやすい要因となるので、あまりオススメしません。英語のドリルを始める際は、自分が無理なく継続できるルーティンを設定してから始めることをオススメします。

毎日の継続が難しい場合でも、週末など、取り組む曜日を決めて、勉強を進めていきましょう。自分が継続しやすいよう計画目標を定めることが重要です。

大人の英語|ドリルはアウトプット中心の勉強ができる

英語のドリルは、英語に関する書籍を読んだり、アプリで聞き流ししたりするのとは異なり、実際にドリルに回答を書きこむことで、わずかな勉強時間でも必ずアウトプットする必要があります。

記憶はアウトプットすることで定着しやすくなります。

「やった気」になって終わる心配もなく、勉強したことが可視化されることは、自分の自信にも繋がります。

大人の英語|ドリルは「〜ながら」ができず集中してできる

英語ドリルは、机に向かって取り組む必要があります。何かをしながら何かと同時に行うことはできないため、ドリルの間は英語の問題に集中することになります。

集中力が高まることで、記憶が定着しやすくなり、勉強した時間を無駄にすることはありません。

大人の英語|ドリルでの勉強のポイント3つ

英語ドリルのやり方は人それぞれですが、成果を得やすいドリル学習のポイントを紹介します。

大人の英語|ドリルに書き込もう

ドリルでの勉強の魅力は何と言っても実際に書き込んで練習ができることです。見て解いたつもりにならず、ドリルに書き込んでいきましょう。コピーして使うのもオススメです。

大人の英語|ドリルは1冊を繰り返し何度もやろう

英語力の定着には、何度も解くことが重要です。1冊やりきることを目標にして、完璧になったら次の1冊に移りましょう。そうすることで解けない苦手な問題を確実にクリアしていくことができます。

大人の英語|ドリルは継続しよう

1日数分でも継続することで大きな成果を見込めます。逆に一気にドリルを解き、それで終わりにしてしまっては、英語力は育ちません。解けない問題にも目を向け、1冊が終わったら、別の1冊に挑戦していきましょう。

大人の英語|おすすめドリル5選

話せる英語ドリル300文

ビジネスシーンでの英語が話せるようになるためのドリルです。1日の勉強時間は15分程度でOKです。音源をスマートフォンニダウンロードして、すき間時間などでも取り組むことができます。

「電話」「会議」「空港」「ホテル」など、30のビジネスシーンで使える英語が収録されています。例文は英語の初心者でも暗唱しやすい4〜10語の長さです。

例文はイントネーションが確認でき、見た通りに発音することで、ネイティブスピーカーが喋る英語に近づけることができます。

ダウンロードした音源を使って、ビジネスシーンでの発話が自然に行えるようになるドリル形式の本です。特にいいなと感じたのは、一文としてのイントネーションや強弱が可視化してある点です。単語としての発音はわかっていても、文として発する時、自分の英語が日本人特有の平坦なカタカナ英語になっているなと日頃から感じていました。stepに従い1日10文ずつ例文をこなしていけば、自動化された自然な発音はもとより、今まで聞き取れなかった音もキャッチできるようになると思います。
step1から始めstep3の瞬間分構築を終え、「意外といけるかも」と思って次のstep4へ。瞬間空欄補充をやってみると、「えー!これはどう言えばいいの?」と語彙の確認にドキッとさせられたりします。そこに書かれている適切なヒントを頼りに…「ふぅー」。こんな構成なので、飽きることなく、表紙に「1日10文で始める・続ける」と書かれている通り「続ける」ことができると思います。まだ始めて1週間ですが、スマホだけでなくPCにも音源をダウンロードし、目と耳から取り組んでいます。自然な英語を話せるようになると確信させてくれる本です。

出典:Amazon

CD付き 書いて覚える! 大人のための英語ドリル

大人の学び直しのためにつくられた英語ドリルです。中学英語の重要部分を厳選しており、文法、単語、簡単な表現まで、0から気軽に学び直しすることができます。

付属のCDはネイティブスピーカーの英語と日本語を収録しています。自然な発音に触れ、実際に声に出して読むことで勉強の効果を高めます。

1単元は2〜4ページで構成されているので、無理なく自分のペースで継続することができます。

中のページは2色刷り(赤系と黒系)ですが、イラストが入っていて、文字の大きさも見やすく、学生時代、英語が苦手だった私も無理なく教材に触れることが出来ました。勉強していく中に、糸井江美さんの経験エピソードもあり、それが大変、力にもなりました。少しでも前に進めると楽しくなります。私は今、この一冊がお気に入りで2回目を繰り返しています。(それだけ英語が苦手でしたので。。)

出典元:Amazon

大人のためのやり直し英語練習帳: 中学用英和・和英辞典の内容だけで作った (実用外国語)

クイズ形式で知識を深めながら取り組める英語ドリルです。英語の初歩から人に話したくなる雑学ネタまでばっちりマスターできる一冊です。

いきなり難しい英単語に触れるのではなく、既に知っている英単語の知識を広げながら楽しく勉強を進めることができます。

問題は1ページ単位で構成されており、全問選択式です。どこから始めても大丈夫で、すきま時間にも解ける工夫がされています。

1秒ドリル! 大人の英単語

日常生活でよく使われる英単語やフレーズを徹底的に学ぶことができる英語ドリルです。

「日本人によるある英語の間違い」なども収録されており、なんとなく使っていた間違った英語に気づくこともできます。

見るだけでも「なるほど」と思える英語ドリルです。

英文法基礎10題ドリル (駿台受験シリーズ)

大学受験をする学生向けですが、大人のやり直し英語にも最適な英語ドリルです。「10題ドリル」の形式で、英文法のエッセンスを体得していきます。

シリーズで入門編や、英文読解もあるので、1冊終わるごとに、他のドリルに挑戦してみるのも良いでしょう。

大人の英語は中学レベルのドリルから勉強しよう

大人の英語の勉強について、オススメのドリルについて紹介してきました。英語のやり直し学習をする場合は「中学レベル」から始めることをオススメします。

ドリルは短時間でも確実にアウトプットをしながら勉強できるので、継続するだけで効果を実感することができるでしょう。

「読み書き」だけでなく「音声付きドリル」もあるので、自分の苦手な部分や伸ばしたい部分を考慮して、英語ドリルを選んでみましょう。

大人にオススメの英語学習法は他にもあります。自分にあった英語の勉強法で、楽しみながら継続していきましょう。







おすすめの記事