面接試験

英検3級は、英検ジュニアや英検5級、4級とは異なり、二次試験の面接があります。英語の面接と聞いただけで、身構えてしまう方も多いと思いますが、きちんと問題集などを活用し、対策をすれば、必ず合格することができます。本記事では、英検3級 二次試験の概要、合格するためのポイント、おすすめの問題集についてお伝えしてきます。

目次



英検3級 面接(二次試験)|概要

英検3級からは、一次試験合格後、二次試験があります。二次試験に合格すれば、英検3級を取得することができます。

英検3級 面接対策|形式はマンツーマン

二次試験は、面接委員とマンツーマンでスピーキングテストを行います。面接委員は、日本人が圧倒的に多いですが、英語ネイティブの方もいます。

英語ネイティブの方に当たった場合、日本人の面接委員と面接するより緊張するかもしれませんが、どちらの面接委員に当たった場合も採点基準は同じなので、余計な心配はせず、気を張らずリラックスして面接に挑みましょう

英検3級 面接対策|不合格でも3回まで一次試験を免除して受験できる

面接試験に一度不合格になっても、3回まで一次試験免除で二次試験が受験できます

英検3級 面接対策|二次試験の合格率

2016年以降、公益財団法人日本英語検定協会(英検)は、各級の一次試験、二次試験とも合格率は、発表していません。

ただ、それまでのデータで見る限り、英検3級の一次試験の合格率が50~55%なのに対して、二次試験は90%前後です。一次試験に合格して、対策さえきちんとすれば、ほぼ合格することができると考え、しっかり準備を進めましょう

英検3級 面接対策|二次試験対策勉強は一次試験と同時にしておこう

英検3級の一次試験に合格している場合、一次試験の結果とともに、二次試験の案内も一緒に送られてきます。

二次試験の日程は、一次試験の合格発表から約3週間なので、一次試験の対策と同時に、二次試験の対策を行っておくことをオススメします。

英検3級 面接対策|二次試験当日の流れ・所用時間・配点

続いて、英検3級 二次試験の当日の流れや面接の所要時間、配点について解説していきます。

英検3級 面接対策|当日の流れ

二次試験は、集合時間が決められています。一次試験のように、その級の人すべてが同じ時間に集合というのではなく、いくつかの時間帯が指定されます。

たとえ友達と一緒に申し込んだ場合でも集合時間が違う場合もありますし、先に終わった人が、まだの人を待っていることはできないので、ご注意ください。

英検3級 面接対策|二次試験の所要時間

面接の所要時間は、英検3級の場合、一人約5分です。あっという間に終わるので、悔いのないよう、準備をしっかりしておきましょう。

英検3級 面接対策|二次試験の配点

配点は、33点満点で、音読5点、各問題5点×5,アティチュード(態度・姿勢)の3点となります。
面接試験(イメージ)

英検3級 面接対策|二次試験の流れ

続いて二次試験の具体的な流れについて解説していきます。

英検3級 面接対策|二次試験の流れ

二次試験の主な流れは以下です。

  1. 問題カード(イラストとパッセージ)を渡される
  2. パッセージを黙読後、パッセージを音読する
  3. パッセージについて一つの質問(No1)
  4. 問題カードのイラストについて二つの質問(No2、No3)
  5. 問題カードを裏返した後、受験生の意見を聞くフリークエスチョンが二問出題(No4,No5)

フリークエスチョンでは、例えば、Which do you like better, summer or winter? 等のような問題です。

Summerと答えたら、Why?と理由を聞かれるので、Because, I like swimming.などのような簡単な理由を答えます

英検3級 面接対策|二次試験の採点対象は入室から退室まで

たった5分の面接時間の中で、前項で書いたすべての応答を行うので、慣れておくことはとても大切です。

面接室への入室から退室まですべて英語で行われます。もし、面接委員の問いがわからない場合、聞き返すことはできますが、そんなときも英語で聞けるように準備しておきましょう。

英検3級 面接対策|二次試験のポイント

英検サイトには、一次試験の過去問は載っていますが、二次試験については載っていません。しかし、出題パターンが決まっているので、予想問題などでそのパターンに慣れておくことは決して損にはなりません。

英検3級 面接対策|音読を重視しよう

二次試験対策といえば、面接委員とのQ&Aの準備ばかり気にする人がいますが、音読も大切です。

音読も、面接委員との質疑応答も同じ5点です。高得点を狙いましょう。

注意するポイントは、以下の通りです。

  • パッセージの内容を理解したうえで、区切って読んでいるか
  • それぞれの単語の発音、アクセントが正しいか
  • 文全体のイントネーションに気を付ける

上記のポイントを意識して音読する癖をつければ、二次試験の音読でも高得点が期待できます。

英検3級 面接対策|過去問で出題パターンを知ろう

面接では最初にパッセージを20秒間黙読します。そのあと、指示に従って音読をします。

つまり、合計2回、パッセージを読むことになります。その2回の間に、どんなことが書かれているかしっかり掴みましょう。

パッセージについての質問と、イラストについての質問の2つを問われますが、パッセージについての質問の場合、答えはパッセージの中に必ずあります。

イラストについての質問では、「○○をしているのは何人ですか」等のような問いと、「△△さんは、次に何をしようとしていますか?」のような問いが多いです。

難しく考えず、基本的な動詞を使って説明するといいでしょう

英検3級 面接対策|パッセージの答えはパッセージの中に

パッセージへの質問では、必ず、答えがパッセージの中にあります。対策では、それを見つける練習をしておきましょう。

答えが見つかったら、答える際に、

例えば、答えの主語がBoysの場合、代名詞=theyに置き換えることができればベストです。置き換えないと、減点の対象となります。

また、答えを見つけることができなかったとしても黙ってしまわず、単語だけでも応えるようにしましょう。

英検3級 面接対策|自由質問(カード以外の質問)への答え方

パッセージの質問とイラストの質問2問が終わったら、カードを裏返して置きなさいと指示されます。

Please turn over the card, and put it down.

その後、カードに関係のない質問が2問出されます。

1問目は、WhatやHowなどで始まる疑問文です。

  • 次の週末には何をする予定ですか?
  • 友達とどんなことについて話すことが好きですか?

2問目は、以下のようにYes, Noで答える質問が多いです。

  • Are you a member of any clubs?
  • Do you have any pets?

YesまたはNoと答えた後、Why とか、Please tell me about your pet.などと質問されます。

以上のように、問題にははっきりと出題傾向がありますので、予想問題などをやって、準備を整えれば、安心して備えることができるでしょう。
音読する受験者

英検3級 面接対策|二次試験におすすめの問題集5選

英検3級二次試験では、毎回、突拍子もない問題が出題されるわけではないので、情報を集め、しっかり面接対策を行えば、合格はあなたのものです。

対策に役立つ問題集を集めましたので、参考にしてください。1冊を何回もやるのが、効果的です。

7日でできる!英検3級二次試験面接完全予想問題【旺文社】

英検問題集では、定評がある旺文社の二次試験対策問題集です。DVD付きなのがポイントです。予想問題だけでなく、試験当日の流れなども確認できます。さらに「面接シミュレーション」で、実際の面接のような練習ができるのが心強いです。おすすめの一冊です。

英検3級二次試験完全予想模試【成美堂出版】

10回分の予想問題が載っているので、様々な問題を経験することができます。さまざまなパターンの問題をこなせば、当日の自信につながります。さらに、問題についての解説が詳しく書かれていますので、自分の弱点、欠点を修正できます。

英検3級面接大特訓【Jリサーチ出版】

英検対策問題集では、人気の大特訓シリーズの二次試験版です。音読練習から段階的に発話訓練ができる面接対策の決定版ともいえる一冊です。はじめて二次試験を受ける方には、段階的に練習していける点がうれしいポイントです。

英検3級をひとつひとつわかりやすく【学研プラス】

こちらは、二次試験だけに的を絞った問題集ではありませんが、はじめて二次試験を受ける方にはオススメしたい一冊です。面接についても詳細な説明があり、二次試験の模擬試験も載っていますので、一次試験対策にこの問題集を買ったのであれば、この問題集もおおいに活用しましょう!

英検公式サイトの「二次試験の受け方」

英検公式サイトには、一次試験のように直近3回分の過去問という形では掲載されていませんが「試験内容」「問題と解答サンプル」「英検バーチャル二次試験」というコンテンツが載っています。本家本元のこのページは、受験の準備をする前に必ずチェックしましょう!

英検3級 面接対策|二次試験で高得点を取るためのポイント

緊張状態での5分間は、あっという間に過ぎ去ってしまいます。後で「ああ言えばよかった」「こうすればよかった」と後悔しないように、高得点をゲットするための秘策をお伝えします。

大きな声で明瞭に

二次試験は、一人の面接委員とマンツーマンで行います。たとえ、きちんとあなたは答えたつもりでも相手に伝わらなければ、答えなかったのと同じです。面接委員にきちんと伝わるよう、大きな声ではっきりと発音しましょう

わからなくても黙ってしまわない

音読で、知らない単語があっても、黙ってしまったり、ボソボソ言ったりしないで、元気よく発言してしまいましょう。黙ってしまっても、あなたが答えるまで待ってもらえません

また、質問についてはわかったけれど、答えがわからない時もあるかもしれません。そんなときも黙ってしまうのは、NGです。

たとえ、文章としてきちんとしていなくて、単語だけでも、答えず黙ってしまうよりはいいです。なんとか答えを言いましょう。ある種の思い切りが必要です。

一つの問題に答えられなくても、それを引きずらず、気持ちを切り替えて次の問題と向き合いましょう。必ず挽回できます!

問いがわからなければ、聞き返そう

問いが聞き取れなくても、それは減点にはなりません。英語での聞き返し方を覚えておいて、自然な間(ま)で、聞き返しましょう。

例えば、Would you say that again ? とか、Pardon?などと言えばいいでしょう。

ただし、何度も聞き返すのはNGです。自然な間での1回の聞き返しなら、減点にはなりませんが、不自然な間や2回の聞き返しは減点、それ以上の聞き返しは、最低評価になる可能性が高いので気を付けましょう

まとめ|英検3級の面接は緊張する人ほど万全の対策で挑もう

英検3級 二次試験の対策方法やおすすめの問題集についてお伝えしてきました。

英検3級の一次試験の合格通知が届いたとき、「合格できた!うれしい!」という気持ちがある一方で、「二次試験大丈夫かなあ?」という一抹の不安が生まれることも事実です。何しろはじめて受ける二次試験ですから無理もないことです

面接となると、身構えてしまう方も多いと思いますが、一次試験の対策と同様に、問題集などを活用してしっかりと備えることができます

面接を突破することで、学習した英語が実際に通じることを実感できるでしょう。

ここで解説した二次試験の概要と、オススメの問題集をやり切れば、本番でも力を発揮することができ、必ず合格に近づきます!頑張りましょう。







おすすめの記事