英単語 勉強法

英語力を伸ばすのに避けては通れない英単語の勉強。必要だとは思っても、英単語だけに時間をかけるわけにはいきませんよね?この記事では、英単語を効率よく覚える勉強法やコツをご紹介します。英単語がなかなか覚えられない、という方はぜひ参考にしてください。

目次

英単語を勉強すべき3つの理由

そもそも、どうして英単語を勉強する必要があるのでしょうか?英単語学習より、文法やリスニングに力を入れた方がいいと思われるかもしれませんが、英語学習の基礎は単語にあると言っても過言ではありません。

理由1|英文は英単語の組み合わせで出来ているため

どんなに長い英文でも、一つ一つの英単語の組み合わせで構成されています。そのためいくら難しい文法を覚えていても、難しい音を聞き取れても、単語の意味がわからないと英文の正しい意味を理解できません。

語彙力はリスニング、リーディング、ライティング、スピーキングの4技能に密接に関わる英語学習の要です。

理由2|英文は文脈から意味を推測するのも限界があるため

文脈から意味を推測することもできますが、それにも限界があります。

極端な例ですが、”It is upsetting that my computer broke yesterday. “という文章で、It is thatの構文と基本単語を覚えていたとしても、upsettingとcomputerがわからなければ推測どころではありません。

逆に、この2つの単語がわかれば大体の意味は取れます。文法の知識ももちろん必要ですが、コミュニケーションにおいては単語力の方が重要です。

理由3|英単語は勉強しないと忘れやすいため

文法に比べ、英単語は勉強を続けないとすぐに忘れてしまいます。脳の構造的に忘れることは仕方ないのですが、復習を繰り返すことで忘れるスピードが徐々に遅くなり、最終的に記憶に定着させることができます。

なるべく間を空けず、適切なタイミングで復習することで単語をどんどん覚えていくことが出来ます。

英単語数とTOEIC、英検レベルの目安

英単語数とTOEIC、英検の目安のレベルは以下です。自分の現在地と目標設定の参考にしてみてください。

単語数 TOEIC 英検 レベル(目安)
12000〜 950~ 1級 ネイティブとほぼ同等の英語力
11000~ 900~ 新聞など大抵のものを辞書なしで読める
10000~ 850~ 海外企業勤務可能
9000〜 800~ 準1級 MBAなどビジネス留学
8000~ 700~ 海外大学留学
7000~ 難関大学受験
6000~ 海外語学学校への留学
5000~ 600~ 2級 中堅大学受験
4000~ 準2級 大学受験・共通テスト
3000~ 400~ 3級 高校卒業程度、海外旅行での意思疎通
2000~ 4級 日常会話に必要な最低限のレベル
1000~ 200~ 5級 英語学習のスタート地点、中学必須

英単語 勉強法|覚え方10選

英単語を覚えるといっても、やみくもに学習するのでは時間も労力もかかってしまい大変です。ここでは覚え方を10選ご紹介しますので、ご自身に合ったやり方を見つけてくださいね。

英単語の覚え方1|分類して覚える

同義語や似ているスペルの単語などで分類して覚えるやり方。例えば”run”(走る)の同義語はbreak、race、rush、spurt、jog、scuttleなどがあります。

分類法を使うと複数の単語をまとめて覚えられるほか、ニュアンスの違いや使い分けも一緒に理解できます。

英単語の覚え方2|動きを交えて覚える

例えば料理関連の単語をslice、dice、chop、stir、steamなど、実際に動作を交えて覚える方法。五感も使いながら覚えることになるので、記憶に定着しやすくなります。

また、単純にウォーキング中に音声を聞くなど、体を動かしながらの学習もおすすめです。

英単語の覚え方3|カテゴリーごとに覚える

野菜や動物、乗り物などカテゴリーごとに関連した単語を覚えます。一気に語彙が増えるので、英語学習初心者の方に特におすすめの覚え方です。

英単語の覚え方4|イメージで覚える

単語の意味を状況・様子などをイメージしながら覚えます。例えば”scatter”(ばらまく)だったら、小さなパズルが床に散らばっている様子をイメージするなど、自分なりのイメージをふくらませましょう。

英単語の覚え方5|場面やシーンで覚える

買い物や掃除、友達と喧嘩をするなど、場面やシーンごとに使う単語をリストアップして覚えます。実際に使う場面が想像しやすいので、覚えやすいだけでなくアウトプットにも役立つ覚え方です。

英単語の覚え方6|接尾語・接頭語を利用して覚える

接尾語・接頭語にはパターンがあるので、覚えておくと知らない単語の意味を推測するのにも役立ちます。例を挙げると、接尾語の-able(~できる)がついた単語ではavailable(利用可能な)やmicrowavable(電子レンジ可能な)などがあります。

英単語の覚え方7|趣味や仕事などに関連した単語を覚える

好きなことや身近な事柄は覚えやすいので、趣味や仕事に関連した単語を覚えるのもおすすめです。相手に自分のことを説明するつもりで、どんな単語が必要か考えてみましょう。

英単語の覚え方8|歌で覚える

好きな歌を通して覚える方法は、楽しみながら単語を学習するのにぴったりです。メロディー・リズムにのって歌いながら覚えることで、自然と頭に入り忘れにくくなります。できるだけ発音のはっきりした、ゆったり目のテンポの曲がおすすめです。

英単語の覚え方9|アプリを活用する

ゲーム感覚で楽しみながら英単語を覚えるには、アプリの活用がおすすめです。時間・場所を問わず、いつでも学習できるので単語学習を習慣にしたい方にも向いています。

英単語の覚え方10|英英辞書を使って覚える

ある程度の語彙力を身に付けている方におすすめなのが、英英辞書で意味を引いて覚える方法。日本語では表現しづらい微妙なニュアンスが掴めるほか、英語を英語のまま理解する力もつきます。

英単語 勉強法|覚えるための5つのポイント

英単語を覚えるポイント1|音声を活用する

正しい発音を身に付けるためにも、音声を聞きながら覚えるようにしましょう。自分で発音しながらだとより頭に入っていきやすくなります。

英単語を覚えるポイント2|単語を使った文章を作る

短くていいので、覚えたい単語を使い文章を作ってみましょう。自分で文を作ることによって、文法知識の確認やアウトプットの練習にもなります。

英単語を覚えるポイント3|画像やイラストを活用する

文字だけで覚えようと思うとなかなか頭に入ってこないので、画像やイラストを活用します。簡単なイラストを自分で描いてみたり、検索画像を参考にするのもおすすめです。

英単語を覚えるポイント4|意味とイメージ・感情を紐づけて覚える

英単語の意味を日本語訳だけで覚えると、実際に英語を使う際に一度日本語訳を挟まないと思い出しにくくなってしまいます。単語が使われる場面や状況、イメージ・感情などを意味と紐づけて覚えるのがコツです。

英単語を覚えるポイント5|一語一訳、英語→日本語で覚える

英単語にはさまざまな意味が含まれているものも多くありますが、まずは一語につき一つの訳を覚えることがポイントです。その際、英語→日本語で覚えるように注意しましょう。

英単語 勉強法|復習の5つのポイント

英単語復習のポイント1|時間をかけすぎない

一単語5~10秒前後で、リズムよく復習していきます。見た瞬間に訳が浮かばなければ、考える時間を取らずどんどん次の単語へ進みましょう。わからない単語があっても気にしないことが大切です。

英単語復習のポイント2|たくさん繰り返す

短期記憶が長期記憶として定着するには繰り返しが重要です。1回の時間は短くても構わないので、スキマ時間を利用して何度も何度も復習しましょう。

英単語復習のポイント3|やり方を工夫する

特に市販の単語帳を使っている場合には、復習のやり方も大事です。何度も繰り返している内に場所で意味を記憶してしまう場合があるので、章をバラバラに行ったり来たりする、逆からやるなど、マンネリにならないよう工夫しましょう。

英単語復習のポイント4|寝る前の時間を有効に

寝る直前に見たものは記憶に定着しやすいので、寝る前の時間を英単語学習に充てることをおすすめします。ただし学習後は別のことをせずに、すぐに寝ることがポイントです。

英単語復習のポイント5|1冊を完璧に仕上げよう

一度にいろいろな教材に手を出さず、まずは1冊の単語帳に集中し完璧に仕上げましょう。1冊やり終えたら、教材のレベルアップを図ってもいいでしょう。

英単語 勉強法|ノートの取り方 5つのポイント

単語学習を続けていくと、どうしても覚えられない単語が出てきます。そうした単語はノートにまとめ、自分だけのオリジナル単語帳を作るのがおすすめです。

英単語のノートの取り方1|綴り、意味

まずは単語の綴りと意味を書きます。綴りは間違いないよう大きくはっきりと書きましょう。既に知っている、同じ意味の別単語もメモしておくとより覚えやすいです。意味は主なもの一つで十分。

英単語のノートの取り方2|アクセント、発音

アクセントの位置がわかるよう、”univérsity”のように印を付けましょう。発音がわからない場合は、オンライン辞書などで発音を確認した上で、発音記号も併せてメモしておくことをおすすめします。

英単語のノートの取り方3|例文、コロケーション

簡単な例文を1つ書いておくと、具体的な使い方がわかり覚えやすくなります。また、よく一緒に使われる単語の組み合わせ(コロケーション・連語)を意識した文章だとより実践的です。例:take→take a look, take a seatなど

英単語のノートの取り方4|イメージ

単語のイメージをイラストにして描いておくこともおすすめです。単語の意味を思い出すきっかけになれば十分なので、イラストは簡易的なもので構いません。

英単語のノートの取り方5|余白を残しておく

派生語や知らなかった使い方など、後で覚えたいことが出てきたときに足せるよう多少の余白を残しておきます。
以上のノートの取り方はあくまで一例ですので、ご自分にとってわかりやすいノートを作ってくださいね。ノートに書いただけで満足せず、何度も繰り返し見て覚えることも忘れずに。

短期間で英単語を覚えたい場合におすすめの勉強法

試験が迫っている、仕事で英語を使う必要ができたなど、短時間で単語を覚えたい方におすすめの勉強法をご紹介します。

1.インプットに注力
2.確認テスト、あぶり出し
3.覚えていない単語を暗記
4.すべての単語を見直し
5.確認テスト、暗記
6.最終仕上げ

短期間の英単語勉強法1|インプットに注力

最初の何日間かは単語を覚えることに注力します。テキストを見ながら、音声を真似て音読するのがおすすめです。一周し終わったら、頭から同じ作業を繰り返します。テンポよく何度も繰り返してください。

短期間の英単語勉強法2|確認テスト、あぶり出し

インプットが一通り済んだら確認テストを行います。付箋を貼ったり、ペンで色付けをするなどして、覚えていない単語を可視化しましょう。

短期間の英単語勉強法3|覚えていない単語を暗記

覚えていなかった単語だけを覚え直します。ここでも1.と同じように何度も繰り返すことがポイントです。

短期間の英単語勉強法4|すべての単語を見直し

すべての単語をもう一度見直します。覚えている単語が増えてきているはずです。

短期間の英単語勉強法5|確認テスト、覚えていない単語を暗記

再度確認テストをし、この段階で覚えていない単語を覚えます。2.で挙げた単語と混ざらないよう工夫してください。

短期間の英単語勉強法6|最終仕上げ

すべての単語を覚えられるまで、必要なだけ繰り返しましょう。

何日かけて取り組むかはそれぞれですが、短い期間で何度も繰り返し単語に触れましょう。

世代別|おすすめの英単語勉強法

中学生の英単語勉強法

単語帳を使ってもよいですが、まずは教科書やワークなど学校の教材に出てくる単語を覚えることをおすすめします。

英単語を見てすぐに日本語訳を言えるようになるまで、短い時間でもいいので毎日取り組んでくださいね。スペルも正しく書けるよう練習しましょう。

高校生の英単語勉強法

志望校のレベルに合わせた単語帳を選び、1冊の単語帳を繰り返して完璧にしましょう。難易度の高い単語を覚えることも大切ですが、まずは頻出の基本単語を確実に覚えてから取り組みます。

覚えにくい単語はノートやルーズリーフに別でメモしておき、スキマ時間で何度も確認して定着させてください。

大学生の英単語勉強法

単語帳だけでなく、アプリも組み合わせて効率よく学習しましょう。5分でもいいので時間を作って、毎日繰り返し学習することが大切です。

また留学で必要なのかTOEIC対策なのかなど、目的をはっきりさせてから取り組んでくださいね。

社会人の英単語勉強法

通勤などの移動時間やスキマ時間を上手に使って学習しましょう。社会人の方は机に向かう時間が取りにくいので、単語学習に関してはアプリの活用をおすすめします。

アプリだと持ち運びの負担がなく気軽に勉強できるほか、未習熟の単語管理や学習記録ができるので、計画的に学習を進められます。

英単語の勉強における4つの注意点|覚えられない人の傾向とは?

一生懸命勉強しているのに、どうしても覚えられない。もしかして間違った学習方法で取り組んでいませんか?英単語学習における4つの注意点をご紹介しますので、チェックしみてください。

英単語勉強の注意点1|見るだけ学習になっていないか

単語を見るだけの受動的な勉強では覚えにくく、すぐに忘れてしまいます。発音を聞いたり、口に出すなど五感を使った学習を心がけましょう。

英単語勉強の注意点2|一語に時間をかけすぎていないか

一度のインプットで完璧に覚えるのはとても難しいもの。一単語数秒ほどの短い時間で次々に単語に触れ、リズムよく復習を繰り返す方が定着しやすいです。

時々テストをして、覚えたかどうかの確認をするとさらに効果がアップ。

英単語勉強の注意点3|復習は足りているか

脳の構造的に、学習した内容は復習しなければすぐに忘れるようにできています。

一回の学習時間が短くても、復習を繰り返すことで忘れにくくなっていくので、しっかり覚えるまで何度も復習しましょう。

英単語勉強の注意点4|複数の意味や派生語まで覚えようとしていないか

一度に多くの情報を記憶しようと思っても混乱してしまいます。まずは一語に対して中心的な意味を一つ覚えるだけで十分です。

他の意味や派生語などは、一つの訳をしっかり覚えてからにしましょう。

英単語帳選びの4つのコツ

効率よく単語学習を進めるためにも、自分に合った単語帳選びは重要。選び方のコツをご紹介します。

英単語帳の選び方|自分の学習目的に合っているか

まず、学習目的・学習したいジャンルに合った単語帳を選ぶのが大前提です。受験やTOEIC対策なのか、日常会話中心の単語なのか、それぞれの目的に合わせた単語帳を選びましょう。

英単語帳の選び方1|自分の英語レベルに合っているか

次に自分の英語レベルに合ったものを選びましょう。英検やTOEICなどの試験では級ごとやスコア別に単語帳が刊行されているので選びやすいですが、そうでなければオンラインで出来る語彙数チェックで自分のレベルを一度確認してみましょう。

英単語帳の選び方2|音源、発音記号が付いているか

単語学習においても正しい発音を確認しながら覚えることが大切なので、音源や発音記号が付いているものを選んでください。発音記号は必須ではありませんが、あった方が便利です。

英単語帳の選び方3|左に英単語、右に日本語訳が載っているか

英語を見て意味がパッと頭に浮かぶことが単語学習のゴールなので、左側に英単語、右側に日本語訳が載っているものを選ぶことをおすすめします。

英単語帳の選び方4|例文がわかりやすいか

単語だけでは覚えにくいので、例文も活用しながら覚えていくのがおすすめです。短めでシンプルな文法の例文だと、単語の意味が端的に理解でき覚えやすいです。

英単語の勉強におすすめの単語帳6選

次に、レベル・目的別でおすすめの単語帳を6冊ご紹介します。

【初心者向け2選】日常会話を中心に学習したい

毎日の英単語 日常頻出語の90%をマスターする

日常会話を中心に学習したい方におすすめなのがこちらです。ネイティブが日常的な普段の会話でよく使う単語がぎゅっと集められています。

使う場面ごとにカテゴリー分けされた単語を、実際の会話で使われるフレーズで学ぶことができます。留学を考えている方や海外で暮らす予定のある方にもおすすめです。

イラストだから覚えられる 会話で必ず使う英単語1100

日常的に使うのに意外と英語だと思い浮かばない物や動作の単語がイラストで紹介されている1冊。1100語すべてにイラストが付いているので、日本語訳を挟まずイメージで覚えることができ、英語を英語のまま理解するのに最適な1冊です。

わかりやすいイラストで感覚的に理解できるので、英語学習初心者の方でも安心して取り組めます。

【中級者向け2選】大学受験対策などが目的

システム英単語

大学入試に必須の単語が頻出順で掲載されている単語帳です。レベル別・品詞別にまとめられた単語が短いフレーズで紹介されていて、覚えやすいだけでなくアウトプット時にも応用が利きます。

また単語によっては文法の解説が付いているものもあり、英語学習全般の学習にも便利。受験用の単語帳として人気の1冊ですが、英語学習中級者の方にも使いやすい1冊です。

ターゲット1900

共通テストから難関大レベルまで網羅された1900語が、レベル別に出る順で収録された1冊。見開きのベーシックなつくりで、重要な情報がわかりやすくまとまっています。
充実した内容の公式アプリ「ターゲットの友」を併せて利用すると、発音のチェックや確認テストもでき学習効率がアップします。英語初心者を卒業し、より難易度の高い単語を覚えたい方にもおすすめです。

【上級者向け2選】ビジネスシーンなどで実践的な英語を必要としている

でる順パス単準1級/1級

英語学習上級者向けの単語帳がこちら。英検用の単語帳ではありますが、一段階上のレベルの単語を習得したい方にもおすすめです。
頻出順、品詞別でまとめられているほか、全単語に例文が掲載されています。日常会話ではあまり使わなくとも、新聞やニュースなどで触れる機会の多い単語がまとめられているので、英語をより深く学びたい方に最適な1冊です。

TOEIC L & R TEST 出る単特急 金のフレーズ

実践的な英語を身に付けたい方におすすめの1冊。TOEICスコア600点~990点レベルの、よく出題される約1000語が厳選され収録されています。新書サイズでコンパクトなので、一般的な単語帳に比べ持ち運びしやすいのが特徴。
短めの文に覚える単語が1つだけ入った例文は、シンプルですが覚えやすいと評判です。TOEICで高得点を目指す方や、仕事で英語を使う機会のある社会人の方におすすめです。

英単語の勉強におすすめのアプリ3選

テスト機能や習熟度の確認などアプリならではの便利な機能を上手に利用し、英単語学習の効率をもっと向上させましょう。おすすめのアプリを3つご紹介します。

英単語アプリ mikan

mikan
・画像引用:英単語アプリ mikan(App Store)
※一部有料

英単語の暗記に特化した人気のアプリ。使い方はシンプルで、フラッシュカードのように単語を覚えたり、4択のシンプルなクイズ形式で学習できます。豊富な15のコースから自分のレベル・目的に合ったものを選べるのが魅力です。

覚えていない単語のみが繰り返し表示されるので、効率よく単語を覚えられます。ネイティブの音声データも付いている他、収録単語数も10000語と充実。

有料版を利用すると学習履歴のグラフ化や「my単語帳機能」など、便利な機能が追加で使えるようになります。単語学習を習慣にしたい、楽しみながら単語学習をしたいという方におすすめです。

最後の英単語学習!マジタン

https://apps.apple.com/jp/app/%E8%8B%B1%E5%8D%98%E8%AA%9E%E3%82%A2%E3%83%97%E3%83%AA-mikan/id920856839
・画像引用:最後の英単語学習!マジタン(App Store)
※有料

自分のレベルを確認しながら、多くの英単語を覚えたい方におすすめの「マジタン」。国内最大級の13000語以上の単語を収録し、品詞別に学習できるのが特徴です。

予習とテストを繰り返すシンプルな機能ですが、あらかじめスクリーニング機能で習得済みの単語を省けるので、知らない単語のみを無駄なく学習できます。

初級者から上級者まで10段階のレベルに細かく分かれているほか、語彙数カウント機能付きで自分の正しい語彙レベルを把握しやすいです。

買い切りのアプリなので、どの単語帳を買ったらいいかわからない、まずは自分のレベルを知りたいという方に最適です。

アルク英単語パス(単語レベル診断搭載‪)

アルク英単語パス
・画像引用:アルク英単語パス(単語レベル診断搭載‪)
※有料

たくさんの単語帳の中から自分にぴったりの1冊を見つけたいという方におすすめのアプリ。「究極の英単語」「キクタン」などの人気教材計17冊を学習することができます。
ダウンロードは無料ですが、コンテンツの利用はすべて有料。豊富な学習機能が使い放題になる月額制での利用がおすすめです。
何と言っても、精度の高い「単語レベル診断」を受けられるのが特徴。他にもさまざまな形式のテストや復習機能が付いたボリュームたっぷりのアプリなので、飽きずに単語学習を続けられます。

英単語の勉強はスキマ時間でも継続的に取り組もう

いかがでしたでしょうか?単語学習は地道な作業の繰り返しですが、確実に英語力の底上げにつながります。スキマ時間の積み重ねでも、気づけば驚くほど英語で理解できる世界が広がっているはずです。自分に合った正しい学習方法を取り入れ、楽しみながら学習を続けていきましょう。







おすすめの記事