英語シャドーイングのやり方はこれ!初心者が効果を出すための注意点・コツ

英語学習をしていると「シャドーイング」という言葉を1度は耳にしたことがあるのではないでしょうか?シャドーイングは英語の音声を聞き取ると同時に、聞こえてきた音を真似して発音する英語学習法です。しかし初心者の方は特に、何をどのように進めればいいか分からない、という疑問を持っているケースも多いです。この記事では、初心者でも効果を感じられるシャドーイングのやり方や注意点、おすすめの教材などについてご紹介します。シャドーイングを取り入れ、より伝わりやすい英語を身に付けましょう。

目次

英語のシャドーイングとは

シャドーイング(Shadowing)は英語の音声を聞き取ると同時に、聞こえてきた音を真似して発音する英語学習法です。まるで影(Shadow)のように音声を追いかけることから、シャドーイングという名称が付きました。

フレーズごとに発音するのではなく、1~2語遅れる程度で、音声とほぼ同時に発音するのがポイントです。

もともとは同時通訳のトレーニング法として使われていましたが、今では英語の学習方法としても一般的に広く取り入れられるようになっています。「聞きながら話す」ので慣れるまでは難しいですが、英語力アップに高い効果が期待できるおすすめの学習法です。

シャドーイングで期待できる英語力の3つの効果

シャドーイングは総合的に英語力を上げることができる学習法ですが、特に期待できる3つの効果をご紹介します。

リスニング力を強化する英語シャドーイング

音声が聞こえてきたとほぼ同時に発音し、発音しながらも次の音声を聞き取らなければいけないシャドーイング。聞き洩らさないように集中して聞き取りをすることになるので、リスニング力が鍛えられます。また繰り返し練習することで、リエゾンと呼ばれる単語同士の音のつながりがわかり、聞き取れなかった単語も徐々に理解できるようになっていきます。

スピーキング力を強化する英語シャドーイング

音声通りに発音をすることで、英語独特のリズムに慣れることができます。他にも、音の強弱やイントネーション、間の取り方の練習にも効果的。口の動きも英語のスピードに対応できるようになるので、より自然に英語を話せるようになっていきます。

読解スピードを向上させる英語シャドーイング

どんどん流れてくる音声に対応する必要があるので、読解のスピードを上げることが可能になります。またシャドーイングを繰り返すことで、英語を英語の語順のままで理解する練習になり、読解力の向上も期待できます。

英語シャドーイングの方法2選

シャドーイングは音声を聞き取りながらその後に続いて発音することが基本ですが、段階を踏みながら練習をすることで、より効率的に学習を進めることができます。ここでは、筆者が取り入れている方法を2つご紹介します。

1. 初心者におすすめの英語シャドーイングのやり方

シャドーイング初心者の方にはこちらの方法がおすすめです。中級者以上の方も、長めの文章や少し難易度の高い教材に挑戦する場合に効果的です。

・step1:スクリプトを見ずに音声を聞く
・step2:音声を聞きながらスクリプトを確認
・step3:音声と同時に音読(オーバーラッピング)
・step4:スクリプトを見ながらシャドーイング
・step5:スクリプトなしでシャドーイング

スプリプトを見ずに音声を聞く

まずはスクリプトを見ずに音声だけを聞いていきましょう。英文の意味を理解しようとするよりは、発音や強弱など英語のリズムを意識してリスニングすることがポイントです。

step2:音声を聞きながらスクリプトを確認

続いて、再び音声を聞きながスクリプトを見て内容を確認します。この段階で自分が聞き取れている音と、実際に話されている音声にどれだけの差があるのかを把握しておくことが大切です。

step3:音声と同時に音読(オーバーラッピング)

内容を確認できたら、音声を流しながら同時にオーバーラッピングしていきます。最初は口パクやぶつぶつと呟く程度でも構いません。慣れてきたらしっかり声に出して発音しましょう。この時、自分の発音を録音しておき、発音ができていない部分やスピードに追い付けない部分などをチェックするとより効果的です。

step4:スクリプトを見ながらシャドーイング

ここでいよいよ、本格的にシャドーイングの練習に入ります。スクリプトを見て、音声を聞き取りながら発音をしていきましょう。オーバーラッピングにならないよう注意してください。音と文章を一致させるようなイメージで取り組むとリスニング力が格段に向上します。上手く発音できない単語やフレーズは繰り返し練習してくださいね。

step5:スクリプトなしでシャドーイング

最後に、スクリプトなしでのシャドーイングに挑戦します。音声とほぼ同じスピードで発音できるようになるのが最終的な目標なので、できるようになるまで何度も練習しましょう。音声通りのスピードで発音するのが難しい場合は、音声のスピードを遅くした状態で何度か練習することをおすすめします。

2. シャドーイングに慣れてきたらおすすめのやり方

シャドーイングに慣れてきたら、こちらの方法をおすすめします。教材の難易度や習熟度によっては、Step1・2を飛ばしたり、Step2と3の間にオーバーラッピングを挟んでもいいでしょう。

・step1:スクリプトを見ずに音声を聞く
・step2:音声を聞きながらスクリプトを確認
・step3:スクリプトを見ながらシャドーイング
・step3:スクリプトなしでシャドーイング

step1:スプリプトを見ずに音声を聞く

まずはスクリプトなしで音声を聞いてみましょう。ここでは発音・アクセント・イントネーションなどを重視してリスニングします。英語学習中級者以上の方は、内容に気を配ってもいいですね。

step2:スクリプトを見ながら音声を聞く

次に、スクリプトを見ながら音声を聞きます。Step1で聞き取った音、内容が合っているかどうかを確認しながらリスニングしましょう。この時、意味のかたまりごとに文を区切る「スラッシュリーディング」をしながらスクリプトを追っていくのがおすすめです。英語を英語の語順のまま理解するトレーニングになります。

step3:スクリプトを見ながらシャドーイング

続いて、早速シャドーイングの練習に入っていきます。Step2で行ったスラッシュリーディングを意識しながら行うのがポイントです。スクリプトを見ながら行いますが、文字を目で追うのではなく、耳で聞いた音を発音するよう心掛けてください。

step4:スクリプトなしでシャドーイング

最後に、スクリプトなしでシャドーイングをします。発音だけでなく意味のまとまりや区切り、息継ぎなども意識すると、より自然な英語に近付きます。こちらもできるようになるまで何度も練習しましょう。

どちらの方法にも共通して言えることですが、慣れてきたら内容や意味を把握しながらのシャドーイングも心がけてみてください。

効果を出すためのシャドーイングのコツ4つ

いくつかのポイントを心がけるだけで、シャドーイングの効果はぐっと上がります。

教材は自分のレベル、興味や目的に合ったものを選ぼう

シャドーイングの教材を選ぶ際、自分の英語レベルに合った教材を選ぶことが重要です。音声を聞いて内容が7~8割程度理解できるレベルの、少し易しめの教材を選ぶことが挫折せずに続けるコツです。

また、興味や目的に合った教材を選ぶことも忘れずに。仕事で英語が必要な方ならビジネス関連の教材、TOEICの点数アップを狙う方ならTOEICの教材を選ぶなど工夫してくださいね。英語学習初級者の方は、映画やドラマではなくまずは英語学習者向けの教材を選ぶことをおすすめします。

英語音声はそのまま真似よう

シャドーイングで特に重要なのは、音声をそのまま真似すること。自己流の発音が身に付いてしまうと直すのが大変ですので、恥ずかしがったりせず、はっきり堂々と真似て発音しましょう。何度も真似することで、ネイティブに近い自然な発音で英語が口に出せるようになっていきます。

シャドーイングした音声を録音して確認しよう

シャドーイングをする上で取り入れたいのが自分の発音を確認する作業。自分ではちゃんと発音しているつもりでも、実は間違った発音だったということもあり得ます。録音して客観的に確認することで、間違いに気付き正しい発音へと修正をすることが可能になります。

シャドーイングしやすい環境を整えよう

シャドーイングは声を出して練習するので、周りに人がいたり、ざわざわした環境では学習しにくくなってしまいます。自分一人で過ごせる場所や時間を設けたり、イヤホンやヘッドフォンを使うなど、シャドーイングしやすい環境を整えてみましょう。声に出すのが難しい場合、小声や口を動かすだけでも練習になります。

シャドーイングの注意点3つ

せっかくシャドーイングに取り組むなら、効果が出るやり方で練習しましょう。

あいまいな発音のまま練習しない

シャドーイングはどんどん英文が流れてくるので、付いていくので精一杯になってしまい、よく聞き取れずに発音があいまいになることがあります。その際は、一度その部分まで戻り、きちんと発音を確認するようにしてください。あいまいな発音のまま練習を続けると誤った発音が身に付いてしまう可能性があります。聞き取れない部分が多い場合は、教材の難易度を見直しましょう。

ネイティブのナチュラルスピードで練習する

自然な英語を身に付けるためにも、ネイティブが普段話す程度のスピードで練習しましょう。慣れるまではスピードを落として練習しても問題ありませんが、徐々にナチュラルスピードへ上げていくことをおすすめします。速すぎてついていけないようであれば、内容や教材を見直してくださいね。少し簡単すぎるくらいの教材から始めるとやりやすいです。

教材は身に付けたいアクセントのもので統一する

英語と一口に言っても、アメリカ・イギリス・オーストラリアなど、アクセントは様々。どのアクセントを身に付けたいかを考え、教材はそのアクセントのもので統一しましょう。異なるアクセントの教材にいろいろと手を出してしまうと、結局どのアクセントも中途半端になってしまいます。まずは、一つのアクセントに絞って集中的に学習することをおすすめします。

シャドーイングが難しい場合は別の学習から取り組もう

そうは言っても「聞きながら話す」シャドーイングはやはり難しく感じることがあります。まずは別のアプローチで学習をして、シャドーイングに取り組めるだけの基礎英語力をつけていきましょう。

リスニング力を強化してからシャドーイングをやる

シャドーイングにはリスニング力が必要不可欠です。スクリプト付きの音声を沢山聞き、英語のリズムに耳を慣らしていきましょう。この時、センテンスやフレーズごとに止めるのではなく、通して聞くことがポイントです。

単語や文法でわからない部分があればチェックしておき、聞き終えてから確認してください。このひと手間で語彙力・文法力も併せて向上させることができます。その後、繰り返しリスニングすることも忘れずに。しっかり理解できるまで続けましょう。

リピーティング練習をしてからシャドーイングをやる

シャドーイングが難しい場合、音声を聞いたら一旦止めその後に発音するリピーティング練習に取り組んでみるのもおすすめです。

まずは英語を口にすることに慣れていきましょう。一文まるまる発音するよりも、フレーズごとに区切って発音するとわかりやすいです。

例えば ”I went to the park / with my sister/ yesterday morning." など。シャドーイングと同じように、聞こえてきた音をそのまま真似するようにしてください。

ディクテーションをしてからシャドーイングをやる

ディクテーションは英文を見ずに音声を聞き取り、それを一字一句書き取る学習法です。聞き取れなかった単語や発音などの弱点を把握することができるので、リスニング力はもちろん文法の知識も深まり、総合的に英語力が上がります。

ディクテーションに使った音声でシャドーイングに挑戦してみるのもおすすめです。

【書籍】英語シャドーイングのおすすめ教材3選

シャドーイングをする際におすすめの教材をご紹介します。

決定版 英語シャドーイング[超入門]【CD付】

シャドーイングに取り組むのは初めて、という方におすすめなのがこちら。最初は中学英語レベルのスクリプトなので、英語学習初級者の方でも取り組みやすい教材です。

日常会話や海外旅行で使える表現を中心に、短めのスクリプトが沢山掲載されています。インタビューやニュースなど難易度が高めの素材もあるので、実力の伸びを感じやすいでしょう。

【CD・音声DL付】究極の英語リスニング Vol.1 1000語レベルで1万語[最初の1000語]

「ゆっくり」から「ナチュラル」まで3段階のスピードで英文が収録されているので、自分のレベルに合わせシャドーイングできる教材です。

日常会話や物語など幅広いトピックが掲載され、飽きずに取り組めるようになっています。難しすぎる単語が使われていないので、シャドーイング初心者の方でも安心です。

English Journal

著名人のインタビューを始め、海外ニュース、文化関連のトピックなど、バラエティーに富んだ内容が雑誌形式で収録されている教材です。

エンタメやクイズなどの易しいものから、政治経済など上級者向けのトピックまでバランス良く掲載されているので、どのレベルの方でも活用できます。ネイティブ英語だけでなく、非英語圏の英語も登場するので幅広い英語に触れることが可能です。

その他のおすすめ英語シャドーイング教材

他にも、VOA Learning English、BBC 6 Minute ENGLISH、ABC Learn Englishなど各国のニュース番組が運営するウェブサイトにも、シャドーイング教材が充実していますので参考にしてくださいね。

【アプリ】英語シャドーイングにおすすめの教材5選

シャドーイングは繰り返し練習することが大切です。ちょっとした空き時間を使って練習する場合、アプリがとても便利です。

シャドテン

シャドテン
・画像引用:シャドテン

シャドテンは創業4年で1万人が受講した実績ある科学的な英語コーチング「プログリット」が開発した、シャドーイングに特化したサービスです。英語のプロがシャドーイングを添削し、英語学習を幅広くサポートしてくれます。

自分のレベルに合った教材を選んでもらえるほか、改善方法やトレーニング方法まで具体的に毎日アドバイスしてくれるので、英語学習を習慣化させることもできます。

1日30分から取り組めるので、忙しい方でも大丈夫です。やり取りはLINEのチャットで完結するので、スキマ時間などを利用して気軽に続けられます

今なら7日間の無料体験を受けることができます。

スタディサプリENGLISH

スタディサプリ
・画像引用:スタディサプリENGLISH

スタディサプリENGLISHはシャドーイングを中心に据えた英語学習アプリです。シャドーイングを行うにあたって必要な機能がぎゅっと詰まったアプリになっており、このアプリ1つでシャドーイング学習が完結します。

自宅はもちろん、外出先でも気軽に学習できるので、継続しやすいのも魅力的。コースは3つあるので、自分の英語レベルや目的に応じて選びましょう。

スタディサプリ ENGLISH

LissN

lissn
・画像引用:LissN

LissNは日経新聞の記事を英語で学習できるリスニングアプリです。パラグラフごとにリピート再生が可能なほか、スピード調整機能や日英のスクリプト付きで、シャドーイング学習にも十分な効果を発揮します。ビジネス英語を効率良く学べるだけでなく、TOEIC対策にもぴったりなので、忙しい社会人の方に特におすすめのアプリです。

TEDICT/TED ME for TED

tedict
・画像引用:TEDICT(App Store)

各分野の著名人のスピーチ動画を見ることができるTED。英語学習の教材としても人気のため、ご存じの方も多いと思います。そのTED動画を見ながらディクテーションすることができるアプリがこちらです。(TED ME for TEDはAndoroid版)

日英スクリプト付きで、1センテンスごとにリピート機能もあるので、シャドーイング学習にも最適です。幅広いトピックを扱っていますが、難易度の高い内容も多いので中級者以上の方におすすめです。

Polyglots

polyglots
・画像引用:Polyglots

それぞれの興味に基づいた英語のニュース記事を通して英語学習ができるアプリです。リーディング・リスニング・ライティング・スピーキングの4技能を総合的に学習できますが、特に「リスニングができる記事」では英文と音声が付いているので、シャドーイングにも便利です。

シャドーイング以外にも楽しんで英語学習を続けられる機能が満載なので、飽きずに英語学習を継続したいという方におすすめします。

【無料】プロにシャドーイングを添削してもらおう

シャドテン
・画像引用:シャドテン

さらに一歩踏み込んでシャドーイング学習をしたい方におすすめなのが、シャドテンです。シャドテンは創業4年で1万人が受講した実績ある科学的な英語コーチング「プログリット」が開発した、シャドーイングに特化したサービスです。英語のプロがシャドーイングを添削し、英語学習を幅広くサポートしてくれます。

自分のレベルに合った教材を選んでもらえるほか、改善方法やトレーニング方法まで具体的に毎日アドバイスしてくれるので、英語学習が習慣になります。1日30分から取り組めるので、忙しい方でも大丈夫です。やり取りはLINEのチャットで完結するので、スキマ時間などを利用して気軽に続けられます

プロの客観的な意見を毎日聞くことで、短期間でも確実に成長を実感できます。「今まで英語学習に取り組んできたが、挫折してしまった」「仕事で英語が必要だけど忙しい」「自己流の学習だと不安」という方に特におすすめです。

シャドーイングを毎日継続して効果を出そう

いかがでしたでしょうか?英語を英語らしく話す練習として効果的なシャドーイング。何度も声に出していく内に、英語のフレーズや表現が少しずつ身に付き、とっさに口から出るようになっていきます。シャドーイングを毎日の英語学習に取り入れ、自然な英語を身に付けましょう。







おすすめの記事