英語長文問題おすすめ参考書6選!効果的な勉強方法と解き方のコツも解説

英語長文読解は、授業で必ず学ぶ基礎スキルであり、入試でもマストの学習事項です。

この記事では、英語長文読解についての概要や必要なスキルを詳細にお伝えし、長文問題をどのように突破していくか、学習におすすめの参考書の紹介も交え解説していきます。

目次



英語長文問題を突破すべき理由

english_paper

長文問題読解で英語の基礎を理解できるから

長文読解を学習すれば英語の基礎力を確実に習得できます。

意味を把握するための語彙力、構成を理解するための文法力、そして文章の流れを掴むための論理的思考力など、英語力を構成する様々な能力が長文を読み解くうえで必要です。

話を読み進めるだけで英語という言語の特性を学び、読解力を養うことができます。

長文問題読解は語彙力を高められるから

「知っている語彙量は長文の読解レベルそのもの。」と言っても過言ではありません。

英語長文の中にある単語の意味を一つでも多く知っているほど長文を読み解きやすくなります。

「長文を読む」→「語句を調べる」というこの練習を繰り返せば自ずと語彙力がアップするので、長文読解は語彙力形成に最適と言えます。

長文問題の読解力は受験に直結するから

英語は文系や理系を問わずどんな入試でも必要になる科目です。

そして大学入試英語成績提供システムも導入され始めたこともあり、英語の重要度は高くなってきています。

学生は英語をどれだけ勉強したかが受験を制するかどうかに影響を及ぼすので、つまり英語はキャリアにも直接関わってくることになります。

英語の長文問題が解けない理由

english_study_hard

語彙力・文法知識が不足している

長文問題を解けない場合の大きな原因として挙げられるのが、“語彙力”と“文法知識”の不足です。

初めて学校で英語を学び始めた時、誰もが教科書に載っている長文を読めなかったはずです。

そして着実に英単語や語句を学び読めなかったものが読めるようになるものの、次の教科書に進むとさらに読めない内容が出てきます。

つまり長文のレベルに応じた語彙を習得しておかないと英語長文は読めない訳です。

スラッシュリーディングができていない

スラッシュリーディングとは、意味をつかみにくい長文を意味の塊ごとに分けて読みやすくする方法です。

日本語と言語的な語順が異なる英語は、日本人にとって読みにくいのは当然です。

主語や動詞句、副詞句など意味が理解しやすい箇所で自然と区切れるように、日頃からスラッシュリーディングを鍛えておく必要があります。

わからない単語を推測して読めていない

英語の長文を読む中で、わからない単語や文法がでてくることはよくあることです。

とくに受験などでは、高校生が学校で到底学ぶことのない高難易度の単語を意図的に出題してきます。

その場合に、意味が分からない単語が出てきたと読み取りをあきらめるのではなく、前後の理解できるものから推測するようにしましょう。

単語は文章を構成する一要素でしかないので、いくつかわからない単語が出てきたぐらいであれば読み飛ばしても場合によっては構いません。

英語長文問題読解のおすすめ勉強法

english_girl_good

精読を勉強しよう

“精読”とは、「文章を単語レベルで正確に理解しながら読むこと」です。

精読では読解速度よりもいかに理解できているかが重要になり、精読ができると文章構造をきちんと把握しながら読解できるようになります。

おすすめの学習方法としては、読解演習問題を解いた後に文章を主語、動詞、目的語、副詞、などのように細かくスラッシュリーディングの要領で分解してみてください。

そして訳と照らし合わせながら文法構造を理解できるまで長文を分析し、わからない単語も調べ上げ、読めるようにしてください。

この練習を繰り返すことで英文のパターンが定着し自然に精読力が定着します。

速読を勉強しよう

精読の仕方がある程度習得できれば、続いては“速読”の練習を行いましょう。

速読とは「素早く長文を読み文章の大意を掴むこと」です。

実際の長文問題を読み解く上では、精読ができてもスピードが遅いと問題にすべて解答できない場合もあります。

速読力を身につけるためには、WPM(word per minute)を算出し、自分が1分間でどれくらいのスピードで英文を読めるのかを把握しておく必要があります。

文章の大意を把握できるWPMが算出できれば、続いてはそのスピードよりも少し早いスピードで読むようにしてみてください。

速度が上がると読み解けない場合が多くなりますが、量をこなせば自然とスピードが上がるので結果的にスピードが向上していきます。

多読を実践しよう

“多読”とは、文字通り英文をたくさん読むことではありますがその際に非常にシンプルなルールがあります。

(1)わからない単語は調べずに推測して読むこと
(2)英文を左から右へ流れのままに読むこと

精読のように単語は細かく調べないようにして、あくまで英文を読み続けてください。

また速読のようにスピードを上げて読む必要もありません

多読を行うとわからない言葉を推測して読む力を身に付けられます

まずはそれほど難しいと感じずムリなく読み進められる文章を選んで、日々定期的に読解量を増やしましょう。

上記に挙げた、精読・速読・多読を毎日継続して行えば確実に英文読解力は成長するでしょう

英語長文問題を突破するコツ

english_note

指示語や代名詞に気を付けよう

まずはじめに、お伝えする読解のコツは、“指示語と代名詞”についてです。

英語は省略を好む言語であるため、英文の読解問題であっても必ず何かしらの指示語や代名詞がでてきます。

例)
主語に it や he などの語句が使われている場合には前の文章となんらかの繋がりがあると推測できます。

頻繁に出てくるこのような指示語や代名詞を正確に把握して読み解くことができれば、文章の内容を見失わずに読み進めることができますね。

ディスコースマーカーに気を付けよう

ディスコースマーカーとは、文と文との関係を筋道立てて繋ぐ働きをもつ単語や語句のことを表します。

文章を読むうえで論理展開の指標となってくれるディスコースマーカーを理解することで、文章の構成や展開をある程度予測を立てて読解できます。

例)
but, や however の単語が来ると、“逆説”を表するので前文で言及していることと異なる内容を述べている可能性があります。

このようにディスコースマーカーについてわかっておくだけで、長文読解がパターン化できるようになり読むのが楽になります。

わからない単語は推測して読み飛ばそう

先述の【多読を実践しよう】でも少し触れましたが、単語を推測して読むことを覚えましょう。

英文は単語力がものをいうものの、長文内の全ての単語が全てわかって読めることはほとんどありません

そこで、ある程度語彙力が身に付き様々なジャンルの長文を読めるようになれば、“単語の仕組みを理解すること”を学びましょう。

例)
unforgettable(忘れられない)という単語を分解すると、un+forget+able という3つに分解できますunは否定を表す接頭語であり、forgetは(~を忘れる)という基礎単語ですよね。さらにableは中学校で学ぶbe able to(~することができる)から“できる”という意味だと推測が立てられますよね。以上を組み合わせると、“忘れられない”という意味を単語の構成から導くことができます

また、前置詞などにも一つひとつ意味があり、例えば atという前置詞には“場所”という意味が含まれています

わからない言葉と出くわしたときは、ヒントを見つけ突破することを考えることが大事ですね。

英語長文問題 読解の参考書 選び方

english_book

解説が学習者視点である

参考書を選ぶうえで最も大事なのは、“学習者視点で解説が書かれていること”です。

参考書の中には、時たま講師目線で書かれ過ぎていて学習者がわからないと感じている点が述べられていないことがあります

文字通り学習の参考にするための教本なので、わからないと感じたポイントや解答のコツを確実に理解できるものを選びましょう。

見た目が分かりやすく流れるように読める

見た目の良し悪しは学習のモチベーションに直結します。

解説が詰め込みすぎであったり色合いのバランスが悪いなど、小さな違和感や使いづらさが原因となりやる気が損なわれてしまうことがあります。

勉強以外での毎日のストレスを軽減するためにも、読みやすく見やすい参考書を選びましょう。

学習すべき内容が網羅されている

最後にもう一つ、参考書選びで意識すべき点はしっかりと目標に達するための内容が網羅されているかどうかです。

例えば難関大学を受験する際に、その受験内容に比べて簡単すぎる物を選んで勉強しては時間のムダになってしまいますよね。

目標に沿った内容の物をきちんと選ぶように中身は見ておくようにしましょう。

英語長文問題読解におすすめの参考書6選【レベル別】

英語長文レベル別問題集 1超基礎編 (東進ブックス レベル別問題集シリーズ)【初級】

高校入試レベルの内容を理解できていない方が、基礎力をつけるためにおすすめです。

中学生の範囲や高校生1年生の授業で躓いたような方はこのレベルから始めるのも良いですね。

大学受験といえば”東進”と言われるくらいの大手予備校が出版していることもあり、信頼して任せられる基礎対策本です。

入門英語長文問題精講3訂版【初級】

高校生卒業レベルの実力をお持ちの方にぴったりの参考書です。

センター試験・大学共通入試共通テストレベルのに到達するための参考書なので、基礎力をお持ちの方が実力を伸ばすにはちょうど良いですね。

2021年用共通テスト実戦模試(1)英語リーディング【中級】

共通テストの本番を見据えた模擬試験です。

長文読解力のひとつの目安となるセンター試験・共通テストと同レベルの問題で実力を試せるので、現状を的確に把握できます。

全訳や解説も事細かに記載されています

英語長文レベル別問題集 4中級編 (東進レベル別問題集シリーズ)【中級】

私大や国公立二次試験レベルの問題が掲載されているので、こちらも大学受験レベルかどうか実力を測るのに持ってこいの参考書です。

登木健司 難関大英語長文講義の実況中継【早慶上智・関関同立・MARCHレベル】 (実況中継シリーズ)【上級】

有名・難関私大対策レベルの参考書です。

私立特有の一癖ある問題も、解答者目線のわかりやすい説明で掲載されているので勉強がスムーズに進みます。

私大や国公立二次試験大学入試 英語長文ハイパートレーニングレベル3 難関編 新々装版【上級】

“難関編”とだけあって内容は難しいものの、解説の見やすさと解答までの流れがしっかり明記されているのがおすすめポイントです。

まとめ|自分のレベルにあった参考書でステップアップを

english_read_book
長文読解の勉強方法やコツ、おすすめの参考書について紹介してきました。英語の基礎を身に付けあとはテクニックを意識して覚えていけば、段々と英文を読める量もスピードもUPします。

そのためには継続して勉強する必要があるので、参考書はレベルに合った学習しやすいものを選ぶことが大事です。

どの参考書にするか決められないという方は、初級の2冊から始めてみてください。

自分のレベルがあがったら、参考書のレベルも上げてみるなど、今の自分に必要な参考書を選んでくださいね。

適切な参考書で学習にきちんと取り組めば、長文読解力は必ず伸びます。あなたにぴったりの参考書で勉強して、目標を達成しましょう!

記事で紹介した参考書リスト







おすすめの記事