英語の勉強を継続するコツ5選|具体的な方法とともにご紹介

「頑張ろうとするけど、どうしても勉強が続かない」「仕事が忙しくて怠けてしまう」多くの人が英語を勉強しようとするとぶつかる壁です。この記事では英語の勉強が継続できない人に向けて、英語学習を続けるコツを5つ紹介します。



【コツその1】英語を勉強する目的を明確にする

「MY GOALS」と書かれたナプキンとコーヒーが入った黄色のマグカップ

何かを達成したいと思ったら、まずは目的を明確にすることが大切です。特に英語の勉強を継続するためには、目的をはっきりさせることが非常に重要になります。

例えば下のような2人がいるとしましょう。

  • Aさん:何となく英語を勉強したいと思っている
  • Bさん:転職したい企業が外資系で、英語の習得は必須だと考えている

この2人を比べると、継続するためのマインドがあきらかに違ってきます。

英語の勉強は時間のかかるものなので、多くの人が途中で挫折しがちです。まずは自分が何のために英語を身につけたいのかを明確にしましょう。

具体的な目標を決めて宣言する

英語を勉強する目的がはっきりしたら、次に具体的な目標を決めて宣言してみてください。自分が目指すゴールを具体的にすることによって、そこに至る道筋が見えます。

「具体的に」とは、「ビジネスで使うので来年までに英語をしゃべれるようになる」程度では不十分です。

「来年の8月までに、転職先の面接で20分間の英語だけによるプレゼンテーションができるようになる!」ぐらいまで、具体的に落とし込むのがコツです。

具体性を持たせることで、目標に対して今の自分に足りていないものが明確になります。また達成できなかったとしても、何がいけなかったのかがはっきりして、次へのステップを踏み出すことができます。

目標までの期間を決める

目標までの期間を決めることも、英語を勉強するには非常に大事です。「いつまでに」という期間を決めていないと、継続することは難しくなります。

時間に余裕をもって日々の生活を送っている社会人はそう多くないですよね。忙しい日常の中で、「英語をいつまでにどのくらい上達したいか」を決めずにいると、いつの間にか時間だけが過ぎてしまいます。自分の学習ペースを考慮して、目標までの期間を決めてみましょう。

勉強記録をつける

英語の勉強を記録していくことも、学習継続に効果があります。

英語は自分の成長を実感しにくいものです。なかなか成果が見えず、途中で挫折してしまう人が多くいます。

学習した日付や、何をどれくらい勉強したかというレベルでいいので、記録をつけていきましょう。自分の勉強量が形として見えるようになります。

小さな記録を積み重ねていくことにより、成果が目に見えてきて自信につながります。ぜひ勉強の記録をつけるようにしてください。

【コツその2】英語を勉強する時間を決める

8時を示す時計とカレンダー

英語の勉強は思いついたときにやるのではなく、時間を決めて取り組むことをおすすめします。

朝や夜など、自分の生活スタイルに合わせて決めてみてください。はじめは少し大変かもしれませんが、習慣化することですぐに楽になります。

目安としては、60〜90日程度の期間を継続できれば習慣になっているでしょう。

勉強する時間を決めて習慣化できれば、勉強を続けていく上で大きな力となります。

英語の勉強には朝活がおすすめ

英語を勉強する時間として一番おすすめなのが、いわゆる朝活です。

はじめは30分や1時間程度でいいので、普段より早めに起きて朝活をしてみてください。朝は脳が疲れていないため、同じ勉強をするにも効率が断然違います。

日々忙しく過ごしている社会人にとって、英語の勉強時間を確保することはとても大変です。しかし朝の少しの時間であれば、誰でも確保できます。

朝が苦手な人も、騙されたと思ってぜひ一度やってみてください。

スキマ時間を利用して英語を勉強する

平日にまとまった時間を確保できない人は、スキマ時間を利用して英語を勉強しましょう。

朝の通勤や昼休みの休憩、お風呂に入る時間など、ちょっとしたスキマ時間を活用すると意外と多くの時間を捻出できます。

スキマ時間を積み上げると、1日2時間以上は簡単に作れます。毎日2時間確保できれば、年間で720時間です。

本はもちろん、スマホアプリや動画など、スキマ時間に英語を勉強できる方法はたくさんあります。

小さな時間を有効活用して英語学習を進めましょう。

週1回は英語に集中する時間を作る

スキマ時間を使うことも大切ですが、やはりしっかりと時間を確保して勉強することも重要です。

最低でも、週1回は集中して勉強する時間をとるようにしてください。特に資格の取得を目指している人は、集中して時間をとった方が効率よく勉強できます。

下のような作業も、まとまった時間に行うことをおすすめします。

  • 日頃の勉強を通じて疑問に思ったことの確認
  • 何度も繰り返し調べたことの見直し
  • 英語学習の進捗確認

【コツその3】英語の勉強を楽しむ

カラフルな本に囲まれながら笑顔で横たわる男性

勉強を楽しむことが、英語学習を続けるための一番の極意です。

英語の勉強を「義務」だと思うと、つらくて継続できません。英語をマスターするまでには長い道のりがあるので、楽しまないと続けることがとても難しいです。

ここでは英語をどうやって楽しめばいいかわからない人のために、楽しむコツを3つ紹介します。

勉強の成果を誰かに報告する

勉強の成果を誰かに報告すると、英語学習の楽しさがアップします。誰かに話すと、意見がもらえたり褒めてもらえたりするので、モチベーションが高まるからです。

もし可能であれば、英語を使って成果を報告してください。報告自体が勉強にもなって一石二鳥です。

もちろん日本語でも十分に効果があるので、とにかく「報告すること」を試してみてください。

英語仲間を作る

英語仲間を作ると、より勉強が楽しくなります。

英語に限らず何か1つのことを継続するときは、1人でやるよりも仲間がいる方が、お互いの成果を報告しあったり目標を語り合ったりとポジティブな力をもらえることが多いです。

会社の同僚など、運よく近くに仲間が見つかればいいですが、なかなか見当たらないという人もいるかもしれません。そんな時はSNSで探すと簡単に見つけられます。

一緒に頑張る仲間を見つけて、ノウハウをシェアしたり励まし合ったりしながら勉強していくと、継続しやすくなります。

自分の好きなものに英語を取り入れる

自分の趣味や好きなものに英語を取り入れると、自然と英語を楽しめるようになります。

たとえば山に登ることが好きなら、「どこの山へ登るのか?」「どうやって行くのか?」「おすすめポイントは?」などを英語で検索してみてください。

あるいは料理が趣味ならば、HalloweenやThanks Giving Dayの記念日などに合わせて、英語で書かれたアメリカのレシピを使って何か作ってみるのもいいでしょう。

自分の好きなものにどう英語を取り込めるか考えるだけでもおもしろいですよ。ぜひ一度試してみてください。

【コツその4】英語の勉強がしんどい時の対処法を知っておく

海の前でハンモックに乗ってリラックスする女性

英語の勉強がしんどい時は、潔く休みましょう。

ポイントは、あらかじめ休みの計画を立てることです。

その日の気分で休むのではなく、「明日と明後日は旅行するから英語はやらない」や、「来週の日曜日は1日ゆっくりする日にして英語のことは考えないでおこう」など、しっかりと計画して休みを作ってください。そうすることで英語学習の習慣は継続し、休んでも後できちんと戻ってこれます。

英語の勉強は長い時間コツコツと努力する必要があります。どうしても途中で英語の勉強がしんどいと思うときは、思い切って休憩しましょう。

【コツその5】自分に合った勉強法を見つける

オンラインで授業を受ける女性

自分に合った勉強法を見つけることは、英語の勉強を長く続けるためにとても大切です。

向いていない方法で無理して勉強を続けると、苦痛になって継続できなくなります。

自分にはどういった勉強法が一番向いているのか、いろいろ試しながら探してみてください。

ここでは、代表的な英語の勉強方法を5つご紹介します。

動画を観る

映画やドラマが好きな人は、英語で動画を観ると勉強になります。

好きな映画があれば、フレーズを覚えてしまうくらい何度も繰り返し観ましょう。フレーズを覚えておけば、同じような場面に出くわしたときに自然と口から出てくるようになります。

もしビジネスで英語を使いたい人は、「SUITS」などのビジネスをテーマにしたドラマを観てください。自分が英語を使いたい状況に合った映画やドラマを観ると、すぐに役立つ実践的な英語が学べます。

NetflixやAmazon Primeなどのストリーミングサービスを使えば、ハリウッド映画やアメリカのドラマをリーズナブルな価格で観れるのでおすすめです。

下のページで英語学習におすすめの映画を紹介しているので、参考にしてみてください。

ラジオを聞く

ラジオを英語で聞くのもいい学習方法です。

ラジオのいいところは、場所を選ばず、他のことをやりながらでも勉強できることです。また比較的費用が安く、無料のコンテンツも充実しています。

おすすめのラジオ番組は、「NHKラジオ英会話」と「6 Minute English」です。

「NHKラジオ英会話」は日本語と英語を交互に流すので内容をしっかりと理解しながら勉強できます。

「6 Minute English」はBBCで放送されています。名前の通り、この番組では6分程度の短い英語を気軽に聴けます。

ラジオ番組はたくさんあるので、自分の興味に合わせて探してみてください。

英会話教室へ通う

英会話教室に通うことは、もっとも効果的な勉強法の1つです。

動画やラジオでもリスニング力はつきますが、日本人が苦手な「発信する力」を鍛えることはなかなかできません。

英会話教室に通うと英語を話す時間が必ず作れるため、スピーキング力がつきます。スピーキングに課題を感じている人は、ぜひ英会話教室を検討してみてください。

人との交流が好きな人、同じ目的をもった友達を作りたい人にも、英会話スクールはとてもおすすめです。

他の勉強法に比べて費用が高くなりますが、最短で英語を習得できます。無料で体験レッスンを受けられる教室もあるので、一度行ってみてはいかがでしょうか?

ホワイトボードに文字を書いて説明する男性と授業を受ける人たち

オンライン英会話を活用する

英会話スクールに通うのは少し金額的なハードルが高いという人や、近くにいい英会話スクールがない人には、オンライン英会話という選択肢もあります。

オンライン英会話スクールは、教室などの場所代がかからないため、通うタイプの英会話スクールに比べて費用が安いです。

最近ではスマホでも快適に授業を受けられるので、パソコンがない人でも参加できます。

いつでもどこでも自分の好きなタイミングで受講できるので、忙しくて時間が取れない人には特におすすめです。

英語アプリで勉強する

英語アプリを使えば、手軽に短時間で英語を学べます。上記でご紹介した「スキマ時間を使った勉強」にぴったりです。

問題集を解くものから、ゲームやラジオ、動画を使ったものまで、英語学習アプリはとても種類が多く、充実しています。

RPGゲームやクイズ形式のアプリなど、遊び感覚で楽しみながら学べるものも多いので、一般的な英語勉強に飽きた人はアプリを活用するのがいいでしょう。

他の勉強方法と併用しながらアプリを使うこともおすすめです。

まずは英語を勉強する目的を決めて一歩踏み出そう!

英語の勉強を継続するコツを5つご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

ここまで英語を「勉強する」と言ってきましたが、実際のところ、英語は「身につけるもの」です。スポーツに近く、繰り返し練習を重ねることで身につけられます。

英語を勉強する目的は人それぞれです。まずは自分なりのゴールを決めて、一歩踏み出してみてはいかがでしょうか?







おすすめの記事