TOEIC留学とは?スコアアップにおすすめの留学先とスクールをご紹介

「TOEIC留学をすれば、スコアアップできるだろうか…?」TOEICを勉強中の方は留学も選択肢に入れているのではないでしょうか。この記事では、TOEIC対策におすすめの留学先や費用の目安、語学学校をご紹介します。



TOEIC留学とは?

クラスルームで勉強する笑顔の女性と生徒たち

「TOEIC留学」は、TOEICのスコアアップを目指して海外の語学学校で英語を勉強する留学のことです。

日本を離れて集中的に勉強できるので、短期間でも効率的にスコアを上げることができます。

TOEIC留学の主な行き先は、アジア圏が多いです。

アジア圏は日本から比較的行きやすく、また費用も抑えて経済的に留学できます。

オーストラリアやフィリピンが人気です。

TOEIC留学のメリット・デメリット

GOODとBADと書かれたブロック

TOEIC留学のメリットとデメリットを解説します。具体的に見てみましょう。

TOEIC留学のメリット

TOEIC留学の最大のメリットは、短期間でもスコアアップを狙えることです。

海外留学をすれば英語漬けの生活で自然とリスニング力が鍛えられます。

またTOEIC特化のコースを履修すれば、試験で点数を取るためのポイントが学べます。

英語以外の言葉を禁止する「英語オンリーポリシー」を採用しているスクールなら、なおさら英語に囲まれて生活でき、確実に英会話力がついてきます。

海外の学校だと、同じクラスに日本人以外の学生もいるので、ネットワーク作りにも最適です。

また勉強以外にも、滞在期間を通して異国の地をエンジョイできます。

語学学校ではさまざまなアクティビティが用意されているので、多国籍の友達作りやリフレッシュにもぴったりです。

TOEIC留学のデメリット

TOEIC対策留学には2つのデメリットがあります。

 

1つは、渡航先が限られることです。

例えば、イギリスなどヨーロッパ諸国は選択肢から外れるケースが多いです。

TOEICはヨーロッパで認知度が高くありません。そのため、イギリスをはじめ、ほとんどの国の語学学校でTOEIC対策コースが用意されていないのです。

もしヨーロッパの語学学校でTOEICコースが開講していても、日本人が殺到する可能性があります。

そうなると、せっかく海外にいるのに日本人ばかりということになりかねません。

 

もう1つは費用です。

通常の英語コースと比べて、TOEIC対策コースは授業料を少し高く設定している学校が多いです。

費用を抑えたい場合に希望の留学先が見つからない可能性があります。

TOEIC留学におすすめの国と費用の目安

TOEIC留学におすすめの国と費用についてみていきましょう。

行き先選びも費用も、留学の満足度を決める大事なポイントです。

フィリピン

上空から撮ったセブ島のパノラマ写真

TOEIC留学におすすめの地域 セブ島、ダバオ、クラークなど
費用の目安 ~30万円 / 月、~150万円 / 半年

海に囲まれた島国フィリピンは、バカンスだけでなく留学にもおすすめの国です。

フィリピンではフィリピン語と英語が公用語で、英語が日常的に使われています。

そのため語学学校でもネイティブレベルの高い語学力を持つ講師から英語を学べます。

 

フィリピンでTOEIC留学をするメリットは2つあります。

1つは、英語圏の留学よりも圧倒的に費用を抑えられることです。

フィリピンは人件費を抑えられるため、学費が安い傾向にあります。

また日本から飛行機で約5時間とアクセスが良く、航空券が安く済みます。

物価も日本より安いので滞在費が大きな負担になりません。

 

もう1つのメリットは、密度の濃さです。

フィリピンの語学学校の英語コースは、他の国に比べてレッスン数が多く、マンツーマンレッスンがメインです。

自分のペースに合わせてレッスンを受けられるため、短期集中で英語を習得したい人におすすめです。

フィリピンはTOEIC対策コースがある学校がほとんどで、選択肢の幅も広いです。

最短1週間から参加できる宿泊代込みのTOEIC留学プランは、忙しい社会人にとって特に魅力的ではないでしょうか。

オーストラリア

メルボルンの街並み

TOEIC留学におすすめの地域 シドニー、メルボルン、ブリスベンなど
費用の目安 ~50万円 / 月、~300万円 / 半年

オーストラリアは、日本人に人気の高い留学先です。

そのためTOEIC対策コースのある語学学校が多く、英語ネイティブの講師から自然な英語を勉強できます。

 

オーストラリア留学のメリットは、勉強だけでなく、旅行などさまざまなアクティビティが楽しめることです。

治安も安定していて生活水準も高い国のため、充実した学生生活が送れるでしょう。

 

学校の外でもネイティブ相手に英語を練習する機会があるのは、英語圏ならではの特徴です。

 

ただし、費用はフィリピン留学に比べると高くなります。

オーストラリアの物価は日本と同じ水準です。そのため、スクールに支払う学費もそれなりに高い印象を持たれるかもしれません。

 

もしオーストラリアでTOEIC留学をするなら、できるだけ日本人率が少ない学校を選ぶといいでしょう。

日本人が多いと、どうしても英語漬けの環境が壊されて、短期間で英語力をつけにくくなるためです。

カナダ

バンクーバーの街並み

TOEIC留学におすすめの地域 バンクーバー、トロントなど
費用の目安 ~50万円 / 月、~200万円 / 半年

南にアメリカがあり、ロッキー山脈がそびえ立つ大自然の国カナダは、英語留学だけでなく観光やトレッキング、ウィンタースポーツが楽しめる国として有名です。

語学学校は、大都市のトロントや西海岸のバンクーバーに集中しています。

 

外国人が多く住むカナダですが、治安はさほど悪くありません。そのため、滞在期間を自由に過ごしやすいです。

週末はショートトリップで足を延ばして自然を満喫することもできます。

 

カナダもオーストラリアと同じく日本人に人気の留学先なので、TOEIC対策コースがあるスクールを見つけやすいです。

カナダ人ネイティブから英語が習えるので、なまりのないきれいな発音を習得できます。

TOEIC対策コースがある語学学校5選

TOEIC対策コースがある語学学校をご紹介します。

TOEIC試験のために留学するのなら、なるべく効率的にスコアアップしたいものです。

自分にあった語学学校を選びましょう。

【フィリピン】QQ English ITパーク校

QQ English

・画像引用:QQ English

おすすめコース TOEIC®L&R TEST特訓プラン
コース内容 毎日8時間(月~金)
期間 1週間〜
費用 75,000円/週~ ※滞在費込み

フィリピン・セブ島を中心に展開する『QQ English』は、オンライン英会話で有名な大手の語学学校です。

 

QQ Englishには、『TOEIC®L&R TEST特訓プラン』があります。

TOEIC試験対策のコースで、TOEICの教育トレーニングを積んだ講師から毎日マンツーマンレッスン6コマとグループクラス2コマが受講可能です。

毎日8時間TOEIC対策の授業を受けられるので、短期間で成果を出したい人におすすめします。

 

コース内容は、会話力を鍛えるのに有効なカランメソッドの授業もセットになっており、かなり盛りだくさんです。

また、毎週TOEICの模擬試験を受けることができ、英語が上達していく過程をこまめにチェックできます。

 

コースは最短1週間から参加できるので、社会人の短期休暇を使用して行くのもアリでしょう。

【フィリピン】3D ACADEMY

3D Academy

・画像引用:3D ACADEMY

おすすめコース IELTS &TOEIC &TOEFL試験対策コース
コース内容 毎日7時間(月~金)
期間 1週間〜
費用 39,000円/週~ ※滞在費込み

『3D ACADEMY』は、セブ島では長い歴史のある老舗の語学学校です。

JYスクエアというショッピングモールにあり、生活の便に困らない便利なロケーションです。

 

3D ACADEMYの魅力は、何といっても費用がリーズナブルなことです。

教室と滞在寮が同じ建物内にあるので移動の負担がなく、3食つきで掃除洗濯までしてもらえて、1週間39,000円〜という価格です。

 

TOEIC対策コースは、マンツーマンレッスンが4コマ、グループレッスンが3コマあります。

毎日7時間のレッスンで高得点を取るコツやパート別の対策が可能です。

 

できるだけ費用を抑えて留学したい人はぜひ検討してみてください。

【フィリピン】CIP

CIP

・画像引用:CIP

おすすめコース TOEIC Standard
コース内容 毎日6コマ(月~金)
期間 1週間以上
費用 $543/週〜(約56,000円)

※滞在費込み費用目安
※1$ = 103円で計算

『CIP』は、フィリピンの首都マニラから北に車で2時間ほどのクラークにあります。

クラークは、もともと米軍基地があったところで、今もアメリカ人が多く住む地域です。

政府管轄で治安がよく、アメリカの田舎のような落ち着いた雰囲気で英語学習ができます。

 

CIPの特徴は、フィリピンの語学学校でありながらネイティブ講師の授業が受けられることです。

TOEIC対策コースでも、ネイティブ講師の授業が組み込まれていて、英語圏の学校に比べるとかなり低い価格で受講できます。

 

TOEICコースは学習者のニーズに合わせて、「TOEIC Standard(標準コース)」、「TOEIC Sparta(スパルタコース)」、「TOEIC Guarantee(保証コース)」の3つから選べます。

保証コースを選ぶと、12週間受講して目標スコアが達成できなかった場合、なんと8週間分の受講料が無料になります。

 

授業では毎週模擬テストを受けて、間違えたところを復習しながら確実にフォローする流れです。

【オーストラリア】シャフストンインターナショナルブリスベン

Shafston

・画像引用:Shafston

おすすめコース Preparation for TOEIC
コース内容 毎日5時間(月~金)
期間 10週間
費用 $4,500/週~(約370,000円〜)

※授業料のみ
※1豪ドル=82円で計算

『シャフストンインターナショナルブリスベン』は、オーストラリアのブリスベンにある歴史ある語学学校です。

キャンパスはブリスベン川沿いにあり、アットホームな環境で授業を行っています。

 

シャフストンのTOEIC対策コースは、1週間ずつではなく10週間の集中プログラムです。

1日5時間のコースで、TOEICテストに頻出の文法やトピックを体系的に学べます。

ライティングとスピーキング試験の対策も可能です。

 

毎週行われるクラス内テストで上達度がわかりやすく、定期的な模擬試験で実力チェックもできます。

 

シャフストンはTOEICの公式試験会場になっているので、学校でTOEIC試験を受験可能です。

慣れた環境で試験を受けて高得点をとって帰国することもできるでしょう。

 

他にも大学入学準備やインターンシップなど現地就職に役立つプログラムが満載で、幅広いニーズに対応した語学学校です。

【カナダ】ECトロント

EC Toronto

・画像引用:EC

おすすめコース Exam Preparation TOEIC
コース内容 毎日3時間(月~金)
期間 4週間〜
費用 $1,400/4週〜(約115,000円〜)

※授業料のみ
※1カナダドル=82円で計算

『ECトロント』は、カナダの大都市トロントにある語学学校です。

 

ECトロントではTOEIC準備コースが人気で、試験対策のために入学する学生が多いです。

TOEICを教える知識と経験豊富な講師がクラスを担当しているので、多くの学生から支持されてきました。

実際TOEICコース受講後に学生の9割以上がスコアアップを実現しています。

 

ECトロントの教材は、TOEICを作ったETS(Educational Testing Service)と共同開発の経験がある専門家が作成しているのでクオリティが高く、勉強するほどできるようになる感覚を実感できるでしょう。

 

不安な時は、日本語のサポートも受けられるので安心してTOEIC留学できます。

TOEIC留学でスコアアップを目指そう!

TOEIC留学は渡航先によって内容も費用も大きく異なります。

ご自身の予算や予定に合わせて選択してください。

TOEIC留学で効率よくスコアアップしましょう。







おすすめの記事