オンライン受講できる英語コーチングおすすめ8社!外出不要でスキルアップ

オンラインの英語コーチングは、通学時間を省き、自宅にいながらコーチとともに英語力を上げることができます。本記事では、オンライン英語コーチングのメリットやデメリット、厳選したおすすめのスクールについて、ご紹介していきます。英語コーチングスクール選びにお悩みの方は、ぜひ参考にしてくださいね。

目次

オンラインの英語コーチングスクールとは

これまでは、英語学習といえば外国人講師を相手に英会話を練習する英会話教室や英会話スクールが主流でした。しかし、現在は日本人またはネイティブのトレーナーが、英語学習サポートを行う英語コーチングスクールが人気となっています。

最近では、家で過ごす時間が増え、対面のみのトレーニングを提供していたスクールでもオンラインの受講ができるように変わってきました。

オンラインの英語コーチングスクールとは

オンラインの英語コーチングスクールでは、受講者に専属コーチやトレーナーがつきます。英語レベルや目標に合わせた専用のカリキュラムを作り、日々の学習サポートをしてもらえるものです。

サポートの中身としては、トレーナーが日本人のスクールもあり、英語初心者でも言語の壁なく質問することができます。トレーナー達は英語学習のプロなので、何をどれくらい勉強したら英語力が伸びるのかを熟知しているので、安心して学習管理を任せられるでしょう。

また、英語の需要の高まりやおうち時間の増加で、オンラインで英語コーチングを受講し始める人が増えてきました。これまで独学で英語学習をしても3日坊主で終わってしまった人や途中で挫折して英語習得を諦めてしまった人も、トレーナーと伴走して学習できる手厚いサポート制度が整っているため学習が続けやすいのも特徴です。

オンラインの英語コーチングスクールの受講期間

受講期間は英語コーチングスクールによって異なります。英語力はすぐに上げられるものではないため、基本的に3ヶ月以上が受講期間となっています。3ヶ月プランのみ提供しているスクールや、1年単位のプランを提供しているなど、受講期間はコーチングスクールごとに様々です。

例えばワンナップ英会話やストレイルでは3ヶ月プランのみですが、フラミンゴオンラインコーチングやトライズでは1年のプランも提供しています。PROGRITやライザップイングリッシュでは、受講期間を受講者自身で選ぶことができます。

オンライン英会話との違い

オンライン英会話は、バイリンガルの日本人講師や外国人講師を相手に英会話の練習をオンラインで行うものです。教材や方針はもちろん企業によってことなるものの、フリートークで自由に話したり、教科書に沿って授業をしたりします。

それに対して、オンラインの英語コーチングはオンラインで受講する点は共通していますが、個別の目標達成のために最短距離でアプローチするという点が大きく異なります。

受講生によって英語レベルや目標は異なり、得意不得意によってもアプローチ方法が異なります。固定されたカリキュラムが存在せず、トレーナーが受講生に合わせてオーダーメイドで作成することも特徴のひとつです。

通学型と併用できるスクールもある

オンライン専用や通学専用の英語コーチングスクールもありますが、中には通学型とオンライン型を併用できるスクールもあります。

レッスン毎に通学かオンラインかを選ぶことができるため、日によって勉強する環境を選択できる点も人気の理由のひとつです。普段はオンラインで受講していても、仕事や用事のついでにスクールでトレーニングを受ける人もいます。

通学型とオンライン型で料金が異なる場合もあるので、併用したい場合は契約前にスクールに確認しておきましょう。

オンラインの英語コーチングスクールのメリット

近くに英語コーチングスクールの校舎があるにもかかわらず、あえてオンライン受講を選ぶ人も増えています。オンラインの英語コーチングスクールは、人との接触を減らしてコロナ対策になる以外にもメリットがあります。

続いてはオンライン英語コーチングならではの利点を解説していきます。

通学に時間がかからない

同じ英語コーチングスクールであっても、通学型とオンラインで大きく異なる点が、通学に時間がかからないということです。

オンライン受講はスマホやパソコンがあればどこでも受講することができ、会社や自宅など予定に合わせて自由に場所を選ぶことができます。そのため、遠くからスクールまで通う必要がなく、本来かかるはずの移動時間分を英語学習のための学習時間に充てることができます。

往復2時間かけて週に1回スクールに通う場合、月に計8時間が無駄になってしまいます。2ヶ月で16時間、3ヶ月で24時間…と通学時間を短縮することで得られる自習時間はかなり多いといえるでしょう。

自習室も使えるところが多い

英語コーチングスクールには自習室が用意されていることが多く、レッスンがない日でも自由に使うことができます。オンライン受講の場合は自習室が使用できないのかと不安になるかもしれませんが、オンライン受講生であっても自習室の利用がプログラムに含まれているスクールは数多く存在しています。

自習室では周りの人が集中して勉強しているため、その雰囲気につられて自然と自分も机に向かいやすくなるでしょう。自宅で英語学習を集中してできない人や、環境を変えて勉強したい人におすすめです。

また、オンライン専用の英語コーチングスクールでは施設や自習室を設けていないこともあるため、自習室を使う予定の人は事前に確認しておきましょう。

人の目を気にせず勉強できる

通学型の英語コーチングスクールの場合、個室ではなく周りに受講生がいる中でレッスンが行われることもあります。オープンスペースでレッスンを受けると英語を人前で話すことに抵抗がなくなると言われていますが、どうしても人の目を気にしてしまう人が多いでしょう。

しかし、オンラインであれば、トレーナーと対面でレッスンを受ける時間は限られているのに周りに気を取られて集中できないということはありません。オンラインであれば、画面の中に自分とトレーナーしかいないため、レッスンに集中しやすくなります。

人前で英語を話すことに慣れることも重要ですが、英語コーチングで英語の基礎を固めてからでも英会話力の成長は十分可能です。

オンラインの英語コーチングスクールのデメリット

もちろんオンラインの英語コーチングスクールにはメリットばかりではなく、デメリットも存在します。受講前にデメリットも把握しておくことで、スクール選びを失敗しにくくなります。

メリットと併せてデメリットを把握することで、オンライン英語コーチングについてさらに理解を深めてくださいね。

トレーナーとの関係を築くことが難しい

英語コーチングではトレーナーと二人三脚で目標達成を目指すため、トレーナーとの信頼関係は欠かせません。オンラインの英語コーチングスクールの場合、直接会って話さないため心の距離を縮めることが難しい傾向にあります。

しかし、トレーニングなどはビデオ通話でお互いに顔が見えた状態のため、時間と共に少しずつ関係を築いていくことは可能です。どうしても合わないという場合には、トレーナーを変えてもらうこともできます。

ネット環境に左右される

レッスン中はインターネット回線を使って音声通話やビデオ通話を行います。そのため、受講する場所のネット環境によっては、音声が途切れて聞こえたり、コールが途中で切れてしまったりするようなことも考えられます。

リビングのWi-Fiは強くても、自室はWi-Fiが弱くてスムーズにレッスンが進まないこともあるため、受講の際には事前にネット環境を整えておきましょう。

オンラインの英語コーチングスクールで効果を出す方法

英語コーチングスクールに関する口コミの中には、「高額な費用の割には効果が出なかった」「もっと英語力が伸びると期待していた」など効果に満足していない人も見られます。

英会話スクールなどと比べると英語コーチングは費用が高額なため、せっかくなら最大限効果を出したいですよね。続いては、オンラインの英語コーチングスクールを利用する際に、効果を出す方法やポイントについて紹介します。

決まった時間に取り組む

英語コーチングスクールでは、経験豊富なトレーナーが目標達成まで最短距離を提示してくれるため、毎日の英語学習で取り組むメニューがあらかじめ決まっています。

与えられたメニューをこなすと自然と英語力がついてくるため、受講生は何をどれくらい行ったらいいのか迷う必要がありません。また、自習時間の目安は1日あたり1〜3時間とスクールによって異なり、一気に学習時間を確保しなくても10分や20分など隙間時間の積み重ねでも構いません。

ここで重要なポイントが、学習を決まった時間に取り組むことです。英語学習を習慣づけるためには、毎日同じルーティンをこなすことが望ましく、習慣化すれば決まった時間に身体が自然と勉強する態勢になります。

トレーナーとの信頼関係を結ぶ

英語コーチングでは最初に決めたカリキュラム通りに進めるのではなく、進捗状況や英語の伸びによってカリキュラムを変えていきます。ここで重要となるのが、トレーナーとの信頼関係です。

トレーナーは英語学習に精通しているため、何をどのように勉強すれば英語力が伸びるのかを熟知しています。

しかし、受講生からすると「本当に意味があるのか?」など不安になって勉強を続けられない場合もあるため、コミュニケーションを密にとり信頼関係を構築しておきましょう。英語学習はとてつもない時間がかかるものなので、共に多くの時間を共有する相棒と認識して、トレーナーとは信頼関係を深めておくことが重要です。

具体的な目標を設定する

オンラインの英語コーチングを始めるときには、具体的な目標を設定しておくと効果が出やすくなります。「英語をできるようになりたい」という抽象的な目標では、何が基準で英語ができるようになったのか曖昧です。

3ヶ月でTOEICのスコアを100点あげる、英語の会議の内容を理解できるようになる、などの具体的な目標があると英語力の伸びを実感しやすくなります。

そして、目標と現在の英語力をもとにカリキュラムを作成するため、受講前から何のために英語コーチングスクールに通うのかはっきりさせておきましょう。具体的なビジョンを持っている方がどのタイミングで何をすべきかわかるため、集中力が増す、学習管理が効率的になるなどメリットを多く享受できます。

オンラインの英語コーチングをおすすめしない人

オンラインの英語コーチングは、コーチングスクールへ実際に通学するのと変わらない効果の高さを発揮すると言われています。しかし、中にはオンラインの英語コーチングをおすすめしない人もいます。

メリットとデメリットの把握を踏まえて、ご自身にオンライン英語コーチングが合っているのか確認する材料にしてください。

アウトプット中心で英語学習をしたい人

英語コーチングでは、知識がなければ英語は話せないという前提から、インプットを中心にした学習を行います。週に100個以上の単語やイディオムを覚え、実践できるだけの知識量を増やすことにフォーカスを当てています。

そのため、アウトプット中心に英語学習をしたい人からすると物足りなさを感じてしまうでしょう。

また、英語コーチングスクールのトレーナーは日本人に限らず、ネイティブスピーカーが担当するところもあります。それでも一般的な英会話スクールと比べるとインプットする量は多くなるため、英語を話しながら知識を身につけたい人はおすすめできません。

英語を一緒に学習する仲間を探したい人

英会話スクールのグループレッスンでは、決まったメンバーと毎週顔を合わせることが多いため、自然と英語学習仲間を作ることができます。

学習仲間は英語学習に必須なものではありませんが、仲間がいるとモチベーションを保ちやすい、切磋琢磨しながら勉強できるというメリットがあります。

英語コーチングも通学型では、グループトレーニングや自習室で何度も顔を合わせる場合は学習仲間を作ることができます。それに対してオンラインでは、グループトレーニングでも直接話す機会がほとんどないため仲間作りには向いていません。

顔を合わせて相手の気持ちを読み取りやすい対面形式の学習が好ましい場合は、オンラインではなく通学スタイルの英語学習が良いでしょう。

電話やビデオが苦手な人

オンラインの英語コーチングでは、基本的に電話やビデオを使ってトレーニングを進めていきます。
最近のカメラは画質が良いため表情も伝わりやすく、トレーナーもオンラインレッスンの研修を受けているため対面レッスンとクオリティに大差はありません。

実際、対面とオンラインで英語コーチングの効果に差が生じなかったとしている英語コーチングスクールも多くあります。しかし、電話やビデオが苦手な人はトレーニングのたびにストレスに感じてしまうため、オンライン受講はおすすめできません。

オンラインでできる英語コーチング8社

オンラインでできる英語コーチングスクールは何十社もあるため、スクール選びに難航している人も多いです。

後悔のないスクール選びのためには、何社かを比較検討することが重要です。それでは、8社のオンライン受講ができる英語コーチングスクールの特徴を見ていきましょう。

プログリット(PROGRIT)

プログリット(PROGRIT)
・画像引用:プログリット(PROGRIT)

主に20〜40代のビジネスパーソンに選ばれている英語コーチングスクールがPROGRITです。採用率0.85%を通過した専属コンサルタントが、日々の学習サポートや添削を行ってくれます。

コーチングに関してのポイントとしては、専属コンサルタントとの面談は週に1回あるため、進捗具合によって柔軟にカリキュラムを変更することが可能です。

また、PROGRITはアプリでの学習を取り入れており、受講生がどれくらい勉強したのかを可視化しています。コンサルタントとのオンラインチャット機能も搭載しているため、面談がない日でも気軽に質問することができます。

PROGRITでは全てのコースがオンラインで受講可能となっており、対面と変わらない英語力の伸びがあることが確認されています。

スクール名 プログリット(PROGRIT)
受講期間 2〜6ヶ月
コース ビジネス英会話・TOEIC・TOEFL/IELTS・初級者
料金 495,000円(ビジネス英会話コース3ヶ月の場合)
入会金 55,000円
受講方法 対面/オンライン
返金保証 あり(30日間)
無料カウンセリング あり

ライザップイングリッシュ

ライザップイングリッシュ
・画像引用:ライザップイングリッシュ

インプットを中心に行う英語コーチングスクールが多い中、アウトプットに重きを置いているのがライザップイングリッシュです。ネイティブ講師と英会話の練習が可能で、インプットした内容をアウトプットして実践できる環境が整っています。

ライザップイングリッシュのオンライン受講は、通常のレッスンをただオンラインで行うのではなく、選抜トレーナーが資料の見やすさや目線など細かいところまで気を配って作成されています。大手ダイエットコーチング企業が運営しているだけあり、オンライン受講であってもコーチングのための仕組みや学習環境が整備されてると言えるでしょう。

また、ネット環境に関しても注意が行き届いており、5分以上通信が中断してしまった場合、レッスンを別日に振り替えることができるためネット環境に左右されにくいです。

スクール名 ライザップイングリッシュ
受講期間 2〜4ヶ月
コース 英会話コース・TOEIC TESTスコアアップコース
料金 580,800円(英会話コース24回の場合)
入会金 55,000円
受講方法 対面/オンライン
返金保証 あり(30日間)
無料カウンセリング あり、トライアルも可能(有料)

ワンナップ英会話

英会話教室ワンナップ
・画像引用:ワンナップ英会話

ワンナップ英会話はレッスン時間が50分と長めに設けられています。講師はネイティブスピーカーの方で、アドバイザーはTOEIC900点を突破している日本人と分担して受講生をサポートしている点が特徴です。

英語コーチングプログラムでは、TOEIC900点以上の専任コーチ2名が学習サポートをしてくれます。学習内容や時間を毎日コーチに報告することでアドバイスをもらえるので、モチベーションを保ちながら英語学習が行き詰まらないように工夫がなされています。

スクール名 ワンナップ英会話
受講期間 3ヶ月
コース レギュラーコーチプログラム・ハイブリッドコーチプログラム24回コース・ハイブリッドコーチプログラム50回コース
料金 297,000円(レギュラーコーチプログラムの場合)
入会金 30,000円
受講方法 対面/オンライン
返金保証 なし
無料カウンセリング あり

フラミンゴオンラインコーチング

フラミンゴオンライン英語コーチング
・画像引用:フラミンゴオンライン英語コーチング

フラミンゴオンラインコーチングはオンラインに特化しており、施設費がかからない分リーズナブルな料金でコーチングプログラムを提供しています。

採用率1%の中から選ばれたコーチ陣が毎日チャットで英語学習をサポートしてくれるため、英語学習初心者でも習慣化させることができます。

また、短期間での受講が多い中、フラミンゴオンラインコーチングでは8ヶ月や1年など長期のプランもあるため、徹底して英語学習を習慣にしたい人におすすめです。

スクール名 フラミンゴオンラインコーチング
受講期間 4ヶ月〜1年
コース 基本コース・初心者脱出コース・ビジネス英語基礎コース・試験対策コース
料金 275,000円(4ヶ月の場合)
入会金 55,000円
受講方法 オンライン
返金保証 あり(30日間)
無料カウンセリング あり

トライズ

toraiz(トライズ)
・画像引用:トライズ

社会人の英語習得には1000時間が必要と言われていることから、トライズでは1年間で1000時間の学習時間を確保しています。

TOEIC平均927点の日本人コンサルタントと専属ネイティブコーチが学習をサポートし、英会話レッスンは週に3回とアウトプットの機会も豊富に設けられています。また、フリートーク・グループレッスンは受け放題のため、アウトプット中心で英語コーチングを受けたいという人にもおすすめです。

スクール名 トライズ
受講期間 1年
コース 英語コーチング本科・TOEIC対策プログラム・大人のやり直し英語
料金 1,531,000円(英語コーチング本科の場合)
入会金 55,000円
受講方法 対面/オンライン
返金保証 あり(30日間・3ヶ月までの無料延長保証あり)
無料カウンセリング あり

STRAIL(ストレイル)

strail(ストレイル)
・画像引用:STRAIL(ストレイル)

ストレイルでは、大学などで言語を専門的に学んだコンサルタントが目標達成までの最短距離を提示しサポートしてくれる英語コーチングです。

学習プロセスは第二言語習得研究の理論に基づいており、科学的に英語学習を進めていきます。3ヶ月の英語コーチングで、TOEIC900点を突破した人や200点以上も点数がアップした人が多くいます。

そして、週に1度はアセスメントテストを実施するので定期的に自身の英語力を測ることができます。結果的に、カリキュラムで修正するべき点や課題が見つけらる仕組みです。

スクール名 STRAIL(ストレイル)
受講期間 3ヶ月
コース ビジネス英語コース・TOEIC TESTコース・初心者コース
料金 255,000円(全コース3ヶ月の場合)
入会金 55,000円
受講方法 対面/オンライン
返金保証 なし
無料カウンセリング あり

ENGLISH COMPANY(イングリッシュカンパニー)

イングリッシュカンパニー ENGLISH COMPANY
・画像引用:ENGLISH COMPANY(イングリッシュカンパニー)

イングリッシュカンパニーの英語コーチングは、90日または180日で1年分の英語力を上げるパーソナルトレーニングを提供しています。毎日の自宅トレーニングサポートだけでなく、週2回のトレーニングセッションやオリジナル教材もプログラムに含まれています。

友達紹介や他スクールから移籍すると1万円割引になりとてもお得なので、ぜひ割引制度も活用してみてください。

スクール名 ENGLISH COMPANY(イングリッシュカンパニー)
受講期間 3ヶ月・6ヶ月
コース 全レベル対応90日コース・全レベル対応180日コース
料金 544,500円(全レベル対応90日コースの場合)
入会金 55,000円
受講方法 対面/オンライン
返金保証 あり(30日間)
無料カウンセリング あり

スタディサプリTOEICパーソナルコーチプラン

スタディサプリENGLISH「TOEIC対策コースパーソナルコーチプラン」
・画像引用:スタディサプリTOEICパーソナルコーチプラン

リクルートが提供しているスタディサプリENGLISHは、日常英会話やTOEIC対策、ビジネス英語に至るまで学べる人気の英語学習アプリです。

スタディサプリENGLISHにはTOEIC対策コースがありますが、学習サポートもしてもらいたいという声から生まれたのがパーソナルコーチプランです。

オンラインで完結するため3ヶ月で74,800円と比較的安く、テキスト8冊や日常英会話コースもプログラムに含まれています。学習コーチと音声面談もあるため、チャットで伝えにくいことも気軽に相談できます。

サービス名 スタディサプリ
受講期間 3ヶ月・6ヶ月
コース パーソナルコーチプラン
料金 74,800円(パーソナルコーチ3ヶ月プランの場合)
入会金 なし
受講方法 オンライン
返金保証 なし
無料カウンセリング 7日間の無料体験あり

オンライン英語コーチングで通学時間を省いて対面と変わらない効果を

オンラインの英語コーチングスクールについて紹介してきました。オンライン受講であれば、対面と変わらない効果を通学時間を省いて得ることができます。

英語コーチングはオンライン英会話と比べると費用が高額となりますが、数ヶ月で英語の学習習慣が身につくため、費用対効果が高いと多くの人に利用されています。

無料カウンセリングや無料体験を提供しているスクールも多いため、気になった方はぜひ問い合わせてみてください。







おすすめの記事