安い英語コーチングはある?相場とコスパの良いスクール5選

近頃注目を集めている「英語コーチング」とは、コンサルタントが受講者に合った学習方法を提案し、学習を全面的にサポートしてくれるサービスのことです。コーチングサービスは、一般的に料金が高額であることに加えてサービスによって内容にも違いがあるので、数多くのサービスの中から自分にぴったりのサービスを選ぶのはなかなか難しいです。そこで、この記事では読者の皆様が必要とする力をつけるのにおすすめの英語コーチングサービスを、料金相場とともに紹介します

英語コーチングの料金相場

一般的な英会話スクールと比較して、英語コーチングは「高額」であるイメージですが、実際の料金相場はどうなのでしょうか。大手英語コーチングスクールの料金相場についてまとめました。

サービス名 入会金 月額換算 受講期間 総額
フラミンゴオンライン 55,000円 68,750円 4ヶ月 330,000円
ミライズ英語コーチング 0円 55,000円 2ヶ月 110,000円
トライズ 55,000円 118,800円 12ヶ月 1,480,600円
ワンナップ英会話 33,000円 99,000円 3ヶ月 330,000円
One Month Program 0円 91,300円 3ヶ月 327,800円
Biz English 0円 327,800円 1ヶ月 273,900円
イングリッシュカンパニー 55,000円 181,500円 3ヶ月 599,500円
プレゼンス 0円 80,500円 2ヶ月 161,000円
スパルタバディ 0円 47,300円 3ヶ月 141,900円
ALUGO 55,000円 180,400円 2ヶ月 415,800円

※料金はコース・期間によって異なります。
※最新のスクール詳細・料金などについては、各スクールへ直接お問い合わせください。

総合料金を見ると一見トライズが最も高額に見えますが、期間が1年と長く設定されているため総額が高くなっていることが分かります。また、トライズは長期的に力を伸ばすことに重点を置いたプログラムとなっているため、短期的な契約ができない仕様となっています。

英語コーチングの料金はサービス各社によりかなり差がありますが、入会金から月額料金まで含むと、平均的に3ヶ月で30万円〜50万円程度が相場です。価格を安く抑えたい場合、1ヶ月〜2ヶ月の短期契約とすることもできます。

しかし、言語スキルは短期集中よりも長期的に練習を積み重ねたほうが力を伸ばしやすく、一概に安ければ良いというものでもありません。最近は「安くてクオリティの高い」コーチングサービスもたくさん出てきていますので、自分が最も力を伸ばしやすいサービスを見つけて英語力をコストパフォーマンスよく伸ばしてみてください。

英語コーチングの料金が高額な理由

一般的なビジネス英会話教室などと比較してもかなり料金が高額な英語コーチングですが、「一体なぜこんなに高額なのか」と疑問に思われた方もいることでしょう。コーチングが高額な理由は、「他のサービスと比較して人件費が圧倒的に高額なため」です。

一般的な英語教室でも、受講者のレベルに合わせて学習コースが用意されていることがあります。ですが、コーチングの場合はレッスンが個人に特化したものであることはもちろん、受講者がどのくらいのペースで学びたいのかや最終的にどのレベルに到達することを目指しているのかなどを細かく分析して全てのプログラムを組み上げてくれます。

質の高いサービスを提供するため、一般的な英会話スクールと比較して一人の受講者にかかる労力も圧倒的に多く、その分費用が高額になるのです。

英語コーチングに必要な料金

一般的に高額な英語コーチングサービスですが、料金の内訳は主に入会金、教材費、プログラム受講料の大きく3項目に分かれます。

入会金

入会金の支払いが発生するのは入会時の1回のみです。英語コーチングの場合は、入会金が必要ないサービスも多いですが、入会金がある場合は55,000万円程度とその相場はなかなか高額になっています。

入会金は入会時期によって異なる場合もあり、「入会金0円キャンペーン」などのキャンペーン期間を狙って入会することでコストを抑えられる場合があります。入りたいサービスに入会金が設けられている場合は事前リサーチをすると良いでしょう。

※入会金無料キャンペーンの実施の有無はサービスによって様々です。詳しくは各サービスにお問い合わせください。

教材費

教材費とは、プログラムで使用するための参考書などの購入費用のことです。

一般的な英会話スクールなどでは、スクールが指定する教材を購入することが多いですが、コーチングの場合は各個人にあった市販の参考書などを購入するのが主流となっています。市販の教材を購入する場合、教材費は安く抑えられることが多く、5,000円〜10,000円程度を見込んでおけば安心です。

サービスによっては独自教材を使っているところもあるので、気になる場合は入会前に教材について確認してみてください。

プログラム受講費

プログラム受講費とは、レッスンの料金を指します。コーチングの場合月額料金だけでも高額になる場合があるので、サービスによっては分割のプランが用意されている場合もあります。またコーチングでは、レッスンを受講してもレッスンの効果が実感できず、費用帯効果を感じられない場合は返金保証制度が用意されているスクールもあります。

返金保証制度については、制度の有無はサービスによって様々ですので、受講する前に必ず確認しておきましょう。
英語力は将来の自分への投資でもあります。コーチングの料金を一括で支払うのが難しい場合でも、予め支払いのプランを作っておくことで無理なく英語力を伸ばせる可能性があります。最初から諦めずにまずはトライしてみることがおすすめです。

英語コーチングのタイプは3つ

既存の英語コーチングスクールは、大きく3つのタイプに分けられ、内容がそれぞれ異なります。価格をなるべく抑えて英語コーチングを受けたい場合は、この3つのタイプそれぞれの特徴をしっかり確認しておきましょう。

最も重要なポイントとして、「コーチングサービスの中に、レッスンが含まれているかどうか」が挙げられます。具体的には、コーチングからレッスンまで一貫して行うサービスもあれば、コンサルティングに特化していてレッスンは含まれていないサービスもあるのです。

価格の安さだけに注目して契約してしまうと、求めているサービスが受けられないなど、後々トラブルになる可能性もあります。そのため、価格とサービス内容を事前にしっかり確認することが重要です。

対面コンサル型英語コーチング

コンサルティングのみの提供で、英語のレッスンは含まれないタイプの英語コーチングです。サービス内容にレッスンは含まれておらず、受講生それぞれのゴールに向けてコンサルタントから学習方法の指導を受けながら、学習自体は自分で進める形をとります。

レッスンが含まれないとは言っても、定期的なテストやカウンセリングを実施することで随時受講者の学習状況やモチベーションを把握し、状況に応じた適切なPDCAを回して改善を図ります。

また、対面コンサル型英語コーチングのメリットとしては、自分自身のペースで学習が進められる点が挙げられます。そして、サービスにレッスンが含まれない分、レッスン付きのサービスと比較して料金が安く抑えられことも大きなアドバンテージです。

対面コンサル型英語コーチングのデメリットとしては、個人で学習を進める必要があるため、人によっては挫折しやすいことが挙げられます。

対面コンサル型をおすすめの方は、自分自身でスケジュールを管理して学習を進められるのが得意な方におすすめです。自分で学習を進めるのが得意な方には、最もコストパフォーマンスが良いタイプと言えます。

マンツーマンレッスン×対面コンサル型英語コーチング

上記の対面コンサル型コーチングに、個人レッスンが付け加えられたタイプのサービスです。レッスンも個別で行ってくれるので、学習内容も受講者に合わせて完全にパーソナライズされたものになります。

専属コンサルタントが学習の指標を示しつつ、学習自体も並走して進めてくれるので、まさに至れり尽くせりのサービスです。

コンサルティングで言われた通りに勉強を進めるのに不安がある方、全面的に横についてもらって学習を進めたい方には、最もおすすめのタイプとなります。一方で価格の相場については、個別レッスンな分、3つのレッスンタイプの中では最も高額になる傾向があります。

特にこのコーチングスクールがおすすめなのは、「スピーキングを伸ばしたい」と考えている方です。コンサルのみのコーチングの場合、サービスにレッスンは含まれないため自分で学習を進める必要があるのですが、スピーキングの自己学習は簡単ではありません。マンツーマンレッスンが含まれているタイプのコーチングの場合、ネイティブの講師と1対1で実際に会話の練習が行われるため、実践的な英会話力が伸ばしやすくなります。

またスピーキングに限らず、マンツーマンのレッスンの場合、英語の習得状況や成長状況を講師が把握できるので、コンサル側のPDCAも回しやすくなり結果的に早く結果を出しやすいのです。

自分で学習を進めるのに不安が残る方 、とにかく最短で英語力を伸ばしたい方には、この「マンツーマンレッスン付きx対面型英語コーチング」が最適です。

グループレッスン×対面コンサル型の英語コーチング

対面型コンサルティングに、グループレッスンが付随するタイプのコーチングです。マンツーマンレッスンのタイプと比べると価格が抑えやすいので、レッスンなしは不安だけれどもお金はなるべく安く抑えたい場合はこのタイプが最適です。

マンツーマンレッスンと比較して価格が抑えやすい「グループレッスンx対面コンサル型のコーチング」ですが、得られるものがマンツーマンレッスンよりも少ないという訳ではありません。

グループレッスンの場合は、一緒に受講する受講生同士が仲良くなりやすいため、学習を共に進め、モチベーターとなってくれる仲間が見つかる可能性もあります。一人だと挫折しやすい学習も、一緒に成長する仲間がいれば頑張れる気がしますよね。そのため、誰かと一緒の方が頑張れるという方にもグループレッスンは向いています。

ただし自分の英語力にあまり自信がない場合、周りに講師以外の人がいることで恥ずかしくなってしまい全力でスピーキングをしにくくなってしまう方もいらっしゃいます。語学は使わない、喋らないことには急激な成長は見込めません。人に見られている状況だと英語を話しにくいと感じる場合は「マンツーマンレッスン」で英語を話す行為自体に慣れることをおすすめします。

自分で学習を進めるのに不安が残る方、レッスンありでなるべく料金を抑えて学習したい方、そして一緒に学習を進める仲間が欲しい方は、グループレッスンx対面コンサル型コーチングが向いています。

コスパの良い英語コーチングスクール5選

最後に、上記でご紹介したコーチングのタイプを踏まえた上で、コストパフォーマンスに優れている5つの英語コーチングスクールについてご紹介します。

ここでご紹介するサービスは、安いだけではなく、サービスの内容やカリキュラムを踏まえ、「安くて結果が出やすいサービス」としておすすめできるスクールです。

「スピーキングを鍛えたい」「TOEICのスコアをあげたい」など、目的によって最適なコーチングは変わります。是非ご自身にぴったりのサービスを探してみてくださいね。

PROGRIT(プログリット)

プログリット(PROGRIT)
・画像引用:PROGRIT(プログリット)

本田圭佑さんをはじめとする芸能人の利用で有名なPROGRITは、ビジネス英会話とTOEICの点数アップに強い老舗のサービスです。サービスタイプは「対面コンサル型英語コーチング」で、レッスンが含まれないタイプのコーチングサービスとなっています。

個人にフォーカスした独自のカリキュラム

ベースとなる学習プログラムはPROGRITに存在しません。大手コンサルティング会社出身の方が代表を務められていることもあり、最短で結果を出せるカリキュラムを過去の学習データと受講生の性格や現状の英語力に基づいて作成してくれます。

性格診断も踏まえたコンサルタントの並走

最適な学習方法は人によって様々で、知識を一気に詰め込んでからアウトプットに切り替えるのが得意な方もいれば、インプットとアウトプットをこまめに繰り返すのが得意な方もいます。PROGRRITのカリキュラムは学習者の性格も踏まえて組まれ、日々のモチベーション管理の面でもしっかりサポートされ、挫折しにくく続けやすいように配慮されています。

またPROGRRITはコンサルタント陣の採用率が0.85%と非常に低く、レベルの高いコンサルタントのみが厳選されていることも特徴です。

ツールの充実

PROGRITでは忙しい社会人でも学習を継続しやすいよう、学習からカリキュラムの進捗具合まで専用のアプリで管理します。スマホからでも気楽にアクセスできるので、仕事の隙間時間でも英語学習に触れる時間を増やすことができます。

電車の中でもお昼休みでも、ふとした空き時間にスマホから英語学習にアクセスできるのは嬉しいですね。

ライザップイングリッシュ

ライザップイングリッシュ
・画像引用:ライザップイングリッシュ

スポーツジムでも「確実に結果を出す」が売りであるライザップが提供する、英語コーチングサービスです。サービス側が学習ペースを細かく管理し、ストイックに英語学習に向き合わせるスパルタ指導が特徴となっています。自分で学習を進める自信がない方におすすめの英語コーチングスクールです。

サービスタイプは、「マンツーマンレッスン×対面コンサル型英語コーチング」タイプとなっています。

アウトプット重視型のカリキュラム

日本での英語学習は、圧倒的にアウトプットの機会が少ないといわれています。アウトプットとは自分で英語を実際に話す、書くなど実際に使用することです。言語は「知る→意味を理解する→実際に口に出して使う」を繰り返し行うことで自分の言語として習得することができます。

コーチングスクールを探されている多くの方の最終的な目標は、「英語を自由に読めるように、話せるようになること」でしょう。その場合は実際に口に出して英語を話したり、英語で文章を書いたりする「アウトプット」の練習がとても大切です。

日本人は英語が苦手と言われますが、生活の中で英語を使用する機会がないので、アウトプットに欠けるのは当然です。ライザップイングリッシュはアウトプットのなさをカバーするべく、ネイティブ講師とのスピーキング学習など、質の高いアウトプットの機会をたくさん提供してくれます。

レッスンの中で実際に講師と会話を行い、実際に英語で書く、英語で自分の意見を相手に伝える訓練を行うことで、コミュニケーションツールとしての本物の英語力が養われるのです。

学習効率化を追求した環境

ライザップイングリッシュのレッスンには「対面レッスン」と「オンラインレッスン」が用意されています。対面の場合は完全個室でのレッスンになるので周りを気にして恥ずかしい思いをすることもありませんし、オンラインでも対面とほとんど変わらない環境を提供しています。

オンラインだと通信障害などでうまくレッスンができない場合も想定されますが、「5分以上中断した場合は振替レッスンが可能」とされており、対面に通えない場合もリスクが少ないのが特徴です。

徹底的に寄り添うマンツーマン指導

ライザップイングリッシュでは、レッスン講師とは別で日本人の専属トレーナーがつき、壁にぶつかっていないか、モチベーションが低下していないかなど細かくサポートを提供しています。

いくら素晴らしいサービスでも、挫折してしまったら元も子もありません。ダイエット分野でも挫折させずに痩せさせることに関して実績のあるライザップのコーチングサービスは、「意志が弱い」「継続が苦手」という方におすすめできるサービスです。

スピークバディ

スピークパディ
・画像引用:スピークパディ

スピークバディはオンラインでのサポートに特化した「グループレッスン×コンサル型英語コーチング」タイプのサービスです。忙しい社会人にとっては、学習のために所定の場所にに通うのが難しいこともよくあります。

一方スピークバディはオンライン特化のため、対面式のサービスと比較してもリーズナブルな料金設定で、効率よく学習を進めることが可能です。

リーズナブルで高品質

スピークバディ最大の特徴が、品質に対してとてもリーズナブルなお値段です。値段が安い理由は、オンラインのみでサービスが完結し施設費などを抑えているためであり、決してサービスの質を落として値段を下げたわけではありません。

2ヶ月のコースで30万円を超えるサービスと比較すると、3ヶ月間で20万円以下で利用できるコーチングサービスは良心的です。値段を抑えて学習したいならおすすめのサービスです。

オンライン特化

上記でもお伝えした通り、スピークバディはオンライン特化のサービスになります。オンライン特化であっても、毎週通話でのコーチングテストがあり、週次で学習状況や進捗を把握されるため、モチベーションが落ちにくい仕組みとなっています。そのため忙しくても効率的に学習を進めることができます。

AIを搭載した独自の学習システムが使用可能

「スピークバディ」と言う、AIを使用した英語学習ツールを使用することができます。これはAIを相手に会話を行いスピーキングスキル向上を図るツールで、いつでもどこでも都合の良い時に使うことができます。AI相手なので失敗しても恥ずかしくないですし、英語学習初心者が英語を話す機会を増やすには特におすすめです。

STRAIL

strail(ストレイル)
・画像引用:STRAIL

STRAILもスピークバディと同様、オンラインに特化したコーチングサービスで、レッスンが含まれない対面コンサル型英語コーチングです。「第二言語としての英語」の学習に長けたプロがコンサルタントとして所属し、最も効率よくゴールに達する道筋を示してくれます。

また、「ビジネス英語コース」「TOEIC L&Rコース」「初級者コース」の3つのコースを選ぶことができるので、目的に合わせて最適なコーチングを受けることができます。

独自の教材の採用

コーチングサービスでは市販の教材を使用して学習を進めることが多いですが、STRAILは独自の知見を活かし、最短でゴールに達するための教材を準備しています。

AIを用いてスピーキングを強化

円滑な英会話を重視するSTRAILでは、AIも使用して発音の正確さや自然さを判断し教えてくれるので、実際に使える英語が鍛えられます。

充実の動画学習

英語学習についてのメソッドはもちろんですが、STRAILでは学習の習慣化や継続方法なども動画で学べ、オンラインであっても手厚いサポートが受けられます。自宅でやる気が出にくい場合なども動画を見返すことでモチベーション回復につながり、学習の継続がしやすいでしょう。

プレゼンス

プレゼンスは日本で初めて誕生した「英語コーチングサービス」であり、伝統のある老舗サービスです。コンサルティングに加えてグループレッスンを展開しているのがこのサービスの最大の特徴となっており、価格を抑えてレッスンつきでコンサルティングを受けられるのが魅力となっています。

長年の実績で培われたノウハウ

日本で最初のコーチングサービスとして誕生してからおよそ20年、プレゼンスは26000人以上の卒業生を輩出しており、短期間で成果をあげられるカリキュラムを経験から形作っていきました。

過去の実績があるため受講生は安心して受講できるので、サービスに信頼を持って効率よく学習を進めることができます。

グループレッスンで仲間と共に学習ができる

プレゼンスには「クラス」という概念があり、目標を同じくする受講生が集まって一緒にレッスンを受けます。

周りに人がいた方がモチベーションを保ちやすい、一緒に学ぶ仲間がいた方が頑張れる、という方には最高の環境が整えられています。

目標別のコース設定

プレゼンスには「TOEIC L&Rテスト」「TOEFL iBTテスト」「英会話」「オンライン」など、目標別でコースが設定されています。

クラスはこのコース別で分けられるので、同じ目標の人間同士が集まって学習を進めることができ、目的に向かった最短コースで学習を進めることができるのです。

コスパの良い英会話コーチングスクール5選の料金表

上記でご紹介した5つのサービスの費用については下記をご参照ください。
ただただ値段の安いコーチングを受けられれば得した気分になりますが、目標はあくまで「必要な英語力を効率よく身につけること」なはずです。

価格とサービス内容をしっかり確認し、ご自身にとってベストなサービスを探してくださいね。

スクール 料金総額 レッスンタイプ 返金保証
PROGRIT 415,800円(2ヶ月) 対面コンサル型英語コーチング 全額返金保証あり
ライザップイングリッシュ 415,800円(2ヶ月) 対面コンサル型英語コーチングxマンツーマンレッスン 30日間全額返金保証
スピークバディ パーソナルコーチング 168,000円 対面コンサル型英語コーチング(課題あり) 30日間全額返金保証
STRAIL 335,500円(3ヶ月) 対面コンサル型英語コーチング 返金保証なし
プレゼンス 161,000円(2ヶ月) 対面コンサル型英語コーチングxグループレッスン 返金保証あり(解約金あり)

英語コーチングという選択

英語コーチングについて、各サービスの特徴や価格とともに、自信を持っておすすめできるコスパに優れたサービスを紹介してきました。

英語コーチングは安くはありませんが、自己投資と捉え、集中して必要な英語力を一旦身につけてしまえば一生役に立ちます。言語学習は継続が難しく挫折する方も多いですが、英語コーチングスクールの徹底的な進捗管理とコンサルタントとの伴走体制があれば、努力も続きやすいでしょう。

本気で英語力を伸ばしたいなら、思い切ってコーチングに頼ってみるのも選択肢の一つです。この機会にぜひ英語コーチングを検討してみてくださいね。







おすすめの記事