スマホのレンタルサービス|料金やおすすめ業者・使用時の注意点は?

スマホのレンタルサービスとは?おすすめ業者やレンタル時の注意点を紹介



仕事やプライベートで欠かせない存在になっているスマホ。近年は端末自体の料金も高くなっているので、2台持ちも難しいですよね。でも「短期で利用したい」「仕事上もう1台スマホが欲しい」という方もいるのではないでしょうか。今回はスマホのレンタルサービスについてご紹介します。

スマホのレンタルサービスとは

スマホのレンタルサービスとは
スマホのレンタルサービスを利用したことがなくても、“スマホをレンタルできるサービス”だということは想像できると思います。

ただ、スマホはキャリア(ドコモやソフトバンク、auなど)とユーザーが直接契約して利用するのが一般的なので、「どうしてレンタルできるのか」というところに疑問を抱くのではないでしょうか。

その答えはスマホのレンタルサービスの仕組みにあります。

スマホのレンタルサービスは、レンタル業者がキャリアと法人名義でスマホ利用の契約をして、そのスマホを顧客にレンタルするサービスです

レンタルの期間は業者によってさまざまですが、ユーザーが使いたいときに、使いたい期間分のプランを選んで自由にスマホをレンタルすることができます。

端末の購入料金が不要で、短期の利用でも解約違約金が発生しないのもメリットですね。よって、スマホのレンタルサービスは以下のような人に向いています。

  • 一時的にスマホを2台持ちたい
  • 一時帰国している期間だけスマホを使いたい
  • 仕事用のスマホが欲しいが契約はしたくない
  • キャリアで新規契約ができないがスマホを持ちたい

ちなみに、プリペイド式のスマホとは気軽に使えるという点など似ているところもありますが、通話料や通信料を比べるとプリペイド式の方が高くなる傾向があります。
コストを抑えて使いたいのであれば、スマホのレンタルサービスの方がおすすめです

スマホのレンタルは3通り

スマホのレンタルは3通り

スマホのレンタルは、「スマホの本体のみレンタルする」「SIMカードのみレンタルする」「スマホ本体とSIMカード、両方レンタルする」3通りの方法があります。

スマホの本体のみレンタルする

電話番号や通信データ、ネットワーク暗証番号をレンタルしたスマホに引き続くことが可能です

現在使っているスマホを修理に出している間、一時的にスマホ本体が欲しいというときにも◎。レンタルするときは、手持ちのSIMカードと借りる機種が適合するかチェックしておきましょう。

SIMカードのみレンタルする

スマホ本体はあり、SIMカードのみを利用したいという人におすすめです。

ただし、SIMカードはすべての機種に対応しているわけではないので、手持ちのスマホがSIMフリー端末か、使える機種かなどを事前に確認しておかなくてはいけません

スマホ本体とSIMカード、両方レンタルする

スマホ本体もSIMカードもない場合は、こちらの方法でレンタルをします。

この場合はスマホ本体とSIMカードの適合を確認する必要はありませんが、電話番号が新しくなること、キャリア決済が利用できないことを覚えておかなくてはいけません

スマホのレンタルサービス10選

スマホのレンタルサービス10選

ここからは、スマホのレンタルサービスを行っている業者ごとに、サービスの特徴をご紹介します。

ドコモ

『ドコモ』はスマホのレンタルは最短1日から可能で、料金はレンタル料+配送料+通話・通信料のわかりやすい仕組みになっています。
スマホはA・B・Cの3つのクラスに分かれており、Aクラスなら海外利用可能なスマホもあり。

利用開始希望日の前日の午前中まで(土・日・祝祭日・年末年始除く)に申し込みをすればレンタルできます。

ソフトバンク

『ソフトバンク』はスマホレンタルに加えて、SIMカードのみのレンタルができます。

レンタルは最短3日になっており、レンタル終了日の1日前に連絡すればレンタル期間の延長も可能です

レンタル料金は、契約事務手数料330円+レンタル料+通話・通信料です。

『ソフトバンク』のスマホレンタルでは、空港または本社東京オフィスで受取可能。返却は受取店舗でなくてもOKです。送料はかかりますが宅配もできます。

au

『au』にはスマホレンタルはありませんが、会員制のサポートサービスの中にスマホお試しレンタルというサービスがあります。

15日間無料でレンタル・お試しできるので、機種が変わることに不安があり購入に踏み切れない方にはピッタリでしょう。

このサービスでは音声通話、SMS、データ通信、アプリケーションが使えます。

JAPAEMO(ジャパン・エモーション)

『JAPAEMO(ジャパン・エモーション)』はレンタル期間に制限はなく、1日からでも利用可能です

返却は返却専用の封筒に入れてポストに投函するだけなので手軽で便利です。料金は送料+基本料金+通話・通信料+事務手数料(5日以上レンタルの場合は無料)がかかります。

※2021年12月現在、個人からの申し込みは中止しています

レンタモバイルドットコム

『レンタモバイルドットコム』には、SIMカードのみのレンタルとSIMカードレンタル+本体購入の2パターンのサービスがあります。

レンタル契約は4ヶ月以上で、初回費用は事務手数料5,000円と月額費用、2ヶ月目以降は月額費用のみです。

月額費用はかけ放題(パケなし)、パケット3GB、パケット7GB、パケット60GBから選択できるので、自分がどれだけ使うか考えながら選ぶと良いですね。

A’sas(エイザス)

『A’sas(エイザス)』は、スマホレンタルだけでなくSIMカードのみのレンタルも行っている業者です。

レンタル期間に縛りはありませんが、1年以上の長期契約でおトクになるサービスがあるのが嬉しいポイント

さらに、毎月の支払いを口座振替にすれば、月1,000円ほどおトクになるサービスもあります。

料金は基本利用料+パケット通信料です。申し込みは東京池袋にある店舗にて行うか、郵送でできます。

エクスモバイル

『エクスモバイル』のスマホレンタル料金は、レンタル料+通話・通信料+配送料+契約事務手数料(一部機種のみ)で、レンタル料は端末ごとに金額が異なります。
スマホの受け渡しは配送、バイク便(都内23区)、店頭、羽田空港カウンターの4パターンです。

店頭での受け渡しなら送料が無料になるので、東京新宿付近にお住いの方は店頭で受取もおすすめです(事前の予約が必要)。

PUPURU

『PUPURU』では、法人向けのスマホレンタルサービスを行っています。スマホのレンタル料は1週間単位の価格になっており、端末ごとに金額が変わります。

急ぎの場合は最短即日発送をしてくれて、都内なら当日納品も可能です。返却は返却専用の封筒に入れてポストに投函するだけで完了します。

FEATHER’s(フェザーズ)

『FEATHER’s(フェザーズ)』は事務手数料不要、初期費用のみで契約できるスマホレンタルサービスの業者です。

月々の基本料金は契約のパケットごとに異なり、通話はかけ放題で統一されています。パケットは3GB、5 GB、7 GB、20 GBから選択可能です。

Wi-Ho!Biz

『Wi-Ho!Biz』は国内用・海外用のガラケーレンタルを行っており、海外用ならSIMカードのみのレンタルサービスがあります。
海外用ならSIMカードのみのレンタルサービスは基本料837円~/日で、世界159カ国で利用可能です。

通信料は渡航先や発信国によって異なりますが、アメリカから日本への発信なら120円/分ですみます。

プロジェクトで海外の長期出張がある、1ヶ月以上の海外留学に行く方におすすめです。

スマホをレンタルする際の注意点

スマホをレンタルする際の注意点

スマホをレンタルするときには、いくつか注意点があります。以下でご紹介しますので、スマホのレンタルを検討中の方は参考にしてください。

初期費用がどれくらいかかるか

スマホのレンタルでは、1日や月々にかかる基本料金とは別に、事務手数料や配送料などの初期費用がかかることもあります
事務手数料に関しては1万円前後かかるところも多いようなので、しっかりと確認しておきましょう。

もし数日から1ヶ月ほどの短期利用を検討しているようなら、事務手数料がかからない業者か、日額でレンタルできる業者を選ぶことをおすすめします。

通話料やパケット料金がプランに含まれているか

スマホのレンタルは業者によって、通話料やパケット料金が含まれているところ、別になっているところとさまざまです。

かけ放題、パケット使い放題だと勘違いして使うと、請求時に困ってしまう可能性があるので注意しましょう

通話料やパケット料金がプランに含まれているところは少し割高になる傾向がありますが、通話の時間を気にせず、ネットもプラン内なら安心して使えるのが魅力です。

反対に通話料やパケット料金がプランに含まれていないところは、使い方次第で価格を抑えることができます。

補償サービスがあるのか

スマホは精密機械ですので、落としたり水没したりすると壊れてしまいます。

もしレンタル中にスマホ本体やSIMカードを破損してしまったら、高額な請求を受けてしまうかもしれません。

このような万一のトラブルに備えるためにも、補償サービスがあるかどうかを確認しておきましょう。そして補償サービスがある場合は追加するのをおすすめします

破損や紛失などの補償は、オプションで追加できるところが多いです。

どんなオプションがあるのか

スマホのレンタルサービスでは、留守番電話やキャリアメール、通話無料などのオプションがある業者もあります

これらのオプションは数百円から追加できるので、留守番電話機能をよく使う方、頻繁に電話をする方、キャリアメールを使って連絡を取りたい方は、一緒に申し込むと良いでしょう。

スマホのレンタルを上手く活用しよう!

スマホのレンタルを上手く活用しよう!

スマホのレンタルは、スマホ新規契約の手続きにかかる手間や時間を省けて、手軽に利用できる便利なサービスです。

スマホの新規契約では高額な端末費用がかかりますが、スマホのレンタルでは価格を抑えて手に入れることができます。

一時的にスマホが必要な方、キャリアで新規契約ができない方などはぜひご利用ください。