1歳のおすすめ英語教材

1歳は英語の「音」を容易に身につけることができる黄金期といわれています。また、母語と区別なく、英語の絵本やおもちゃに抵抗なく楽しめる時期です。本記事では、そんな1歳の英語教育におすすめの教材について、紹介していきます

1歳におすすめの英語教材|3つの種類と特徴

英語の通信教材

通信教材は、段階(レベル)ごとの教材がパッケージになっており、一括または分割で教材を受け取ることができます。

通信教材のメリット

  • 子どもの発達にあわせて、自然な流れで教材をレベルアップできること
  • 教材によって、英語学習のサポートを受けることができるなど、一度契約すれば英語教育に関する情報が自動で手に入りやすい
  • 子どもの進度に応じて教材を買い足す必要がなく、都度選ぶ手間を省けることできる

通信教材の注意点

主に家庭学習となるので、成果を出すには保護者のサポートが重要です。親子で無理なく継続できる教材を選ぶことがポイントです。

英語の市販教材

市販教材は、書店や、ECサイトなどで購入することができる教材です。

市販教材のメリット

  • 子どもの好みにあわせて、教材を選ぶことができる
  • 苦手や得意な部分などにあわせて、手軽に教材を買い足すことが可能
  • 通信教材と比較すると、費用が抑えやすい

市販教材の注意点

  • 子どもの発達にあった教具を揃えるには、事前に保護者が下調べをする必要がある
  • 進め方や英語の進度を管理し、目標を設定するなど、成果を出すには、親のプランニング力が重要

英会話スクールなどの英語教材

英会話スクールなどの教材は、レッスン以外にも、自宅でも使える場合がほとんどです。

英会話スクールのメリット

  • スクールで進み方や苦手な点など、英語学習に関しての相談事などがあれば、経験豊富なスタッフに気軽に尋ねることができる
  • 決まったスケジュールでレッスンを受講することで、学習にメリハリがつく
  • 「次回のレッスンのために家庭学習もしっかりと行おう」などと意欲が湧きやすく、家庭でも前向きな気持ちで、英語に取り組むことができる

英会話スクールの注意点

グループレッスンには、複数の親子が参加します。他の子どもと発達や理解度に差を感じてしまう場合もあります。子どもの発達はそれぞれなので、あまり神経質にならず、レッスンを楽しむことを心がけましょう。

1歳の英語教材選びのポイント3つ

1歳に適した(年齢にあった)英語教材であるか

1歳は母語も覚えたての時期です。英語も日本語と同様に少しずつ慣れていきましょう。はじめは簡単なフレーズの繰り返しなど、対象年齢を確認し、レベルにあった教材を選びましょう。

対象年齢の範囲としては、3〜5歳向けのものであれば、親のサポートにより、楽しむことができる教材もあります。内容をよく確認して検討しましょう。

英語の「音」の学習に重点が置かれている教材か

1歳は母語と区別なく、容易に音を習得できる黄金期と言われています。この時期に、英語をよく耳にしたかどうかで、その後のリスニング、およびスピーキングに大きく影響してくると言われています。

フォニックス(英語の発音)を学習できるものや、英語の童謡が収録されているCDなどを用意し、繰り返しかけ流すことで、英語の音にたくさん触れられる環境を整えましょう。

親が無理なく英語を継続できる教材か

家庭で過ごすことが大半の幼児期において、子どもが英語を習得するには、親のサポートが欠かせません。教材を与えっぱなしの状態では、音や単語を覚えられたとしても、肝心なコミュニケーション力を養うことは難しいでしょう。

親自身も一緒に英語を学んでいく姿勢で、教材を選びましょう。

1歳におすすめの英語教材|通信教材(パッケージ)

1歳におすすめの英語教材|Worldwide Kids

Worldwide Kids
・画像引用:Worldwide Kids

対象年齢 胎児〜6歳
教材内容 ・DVD
・絵本
・CD
・電子玩具
・玩具
・おうちのかた向けガイド
・絵辞典
・ポスター
・パズル
・ワーク
受講スタイル ・一括お届け
・定期的にお届け

All English教材でネイティブの幼児と同程度の約6,000語を学べる

Worldwide Kidsは、ネイティブの幼児と同じくらいの約6,000語に触れることができる、All Englishの通信教材です。家庭で習得しやすい日常的な生活フレーズをたくさん学ぶことができます。

グローバルなカリキュラムで多様な社会に欠かせない思考力を養う

Worldwide kidsの教材は、ドキュメンタリー映像で世界を知ることや、多国籍な作家による絵本で豊かな完成を育むことができます。

幼児期から異なる肌の色や文化にふれることで、多様性に溢れる世界への第一歩を踏み出すことができます。文化の違いを受け入れ、自分の意思を伝えるマインドや思考力を養います。

子どものタイミングでスタートできるStage設計

英語を始めるタイミングはそれぞれです。Worldwide kidsは6段階のステージがあり、はじめのステージをいつから始めても大丈夫です。通学形式のスクールでは、入学のタイミングを調整する必要がありますが、その心配がありません。

1歳におすすめの英語教材|Miraico English(ミライコイングリッシュ)

miraicoEnglish
・画像引用:Miraico English(ミライコイングリッシュ)

対象年齢 0〜8歳
教材内容 ・DVD×15枚 (1枚約30分)※1
・CD×3枚 (全41曲)
・できたよシール×15シート※2
・BOX用アルファベットシール×2シート
・収納BOX
※1 全250以上のエピソード
※2 DVDパッケージの内側がシールの台紙となっています。
受講スタイル 一括お届けのみ

毎日30分の継続で英語の習慣をつくる

毎日30分間教材のDVDを見ることが、Miraico English教材の使い方です。継続の目安は2年間です。子どもが英語を好きになり、自発的で自然な学びの「習慣づくり」をサポートします。子ども自身で楽しむことができるので、親の負担を最低限に抑えながらも子どもの英語の習得を期待することができます。

基礎英語講師による監修で開発

NHK「基礎英語1 (2016〜18年度)」講師を監修者にむかえ、幼児が見るだけで楽しみながら、英語を学ぶことができるよう設計されています。90%の子どもが「もっと見たい」と回答しており、100人以上の視聴テストで基準を満たした映像のみを採用しています。

本物の英語を豪華声優陣から学ぶ

幼児期は英語の「音」を容易に習得できる黄金期と言われています。アメリカ英語のネイティブスピーカーの声優陣による本物の英語を学ぶことができます。

1歳におすすめの英語教材|市販教材

1歳におすすめの英語教材|英語カード あいさつと話しことば編―幼児から

日常生活の中ですぐに実践できる46の基本的な英会話表現を収録しています。付属のCDでは、ネイティブスピーカーの発音やチャンツ、英語のうたを聞くことができます。

あいさつと話しことば編以外にも、おでかけの会話編などがあり、段階的に豊富な英語表現を学習することができます。

1歳におすすめの英語教材|イーオンこども英会話監修 はじめてのえいごレッスンえほん (音のでる知育絵本)

英会話教室のイーオン監修の「生きた英語」が学べるALL Englishの英語絵本教材です。単語だけでなく、会話表現が豊富な点が魅力です。

高性能なタッチペンで絵本にふれると、ペンのスピーカーから英語の音声が流れ、幼児期から感覚的に楽しく遊ぶことができます。

1歳におすすめの英語教材|Sight Word Readers: Learning the First 50 Sight Words is a Snap!

子どもが集中して読み切れる短い1冊8ページほどの小型の英語絵本を集めたセットです。

簡単で分かりやすい表現の繰り返しなので、無理なく楽しく取り組むことができ、子どもの耳に残りやすいです。1ページ1フレーズなので、感覚的に英語の意味を理解していくことができます。

一話は短いお話ですが、ストーリー性もあり、読解力も身につけることができます。

1歳におすすめの英語教室|英会話スクール

1歳におすすめの英語教室|ヤマハ英語教室

ヤマハ英語教室
・画像引用:ヤマハ英語教室

対象年齢 1歳(開講年度の4月1日に満1歳になっている子ども)
クラス人数 親子3組以上のグループレッスン
レッスン回数 月3回または月2回(1回50分)
※レッスン回数は教室により異なる

ヤマハ英語教室1歳コースでは、歌って遊ぶ、遊具で遊ぶ、音で遊ぶの3つを通して、英語に親しんでいきます。子育て英語タイムや、ストーリータイムでは、家庭でできるおうち英語の実践法をレッスンを通して、楽しく習得することができます。

教材は、教室でも家庭でも、親子で楽しめるものとなっています。

1歳におすすめの英語教室|イーオン 子ども英会話

イーオン子ども英会話(ベビークラス)
・画像引用:イーオン 子ども英会話

対象年齢 1・2歳
クラス人数 親子4組までのグループレッスン
レッスン回数 週1回

イーオン 子ども英会話ベビークラス 1・2歳 では、親子で家にいるようなリラックスした環境でレッスンを受けることができます。歌をうたったり、英語での遊びを通して、簡単な挨拶や、ABCソングを歌えるようになります。

教材は、独自で開発した、1・2歳児の発達に合わせたもので、親子で一緒に楽しめる絵本や、子どもが大好きなシール遊びなどで脳を刺激しながら、体験を通して、英語を体に染み込ませていきます。

1歳におすすめの英語教室|学習塾

1歳におすすめの英語教室|0・1・2歳の公文式

kumon
・画像引用:0・1・2歳の公文式

対象年齢 0〜2歳
教材内容 ・プリント教材
・E-Pencil(イー・ペンシル)
・オリジナル教具
受講スタイル ・週2回の教室学習と家庭学習
(1教科30分ほど)

リズムや歌が散りばめらた教材で楽しく学習

公文式学習は、解き方を教わるのではなく、自らの力で教材の問題を解く学習法です。0歳〜社会人を対象にそれぞれの年齢にあった教材で何歳からでも始めることができます。受講スタイルは、週に2回、教室に通って学習することができます。

0〜2歳の英語は、可愛いイラストや、リズムや歌がところどころに散りばめられた教材で、遊び感覚で楽しく取り組めるようになっており、子どもが自然と英語好きになる工夫がつまっています。

E-Pencilでネイティブの音声を聞きながら学習

幼児向けの英語では、KUMONのオリジナル教材のE-pencilで学習を進めます。E-pencilはペンで教材の音声マークをタッチすると、ネイティヴの音声で、単語や文章が再生される仕組みになっています。

テキスト教材だけで、正しい音声が分からなければ、使えるリスニング力を養うことが困難ですが、E-pencilがあれば、いつでも英語を聞くことができるため、どこでも学習環境を整えることができます。

きめ細やかなスモールステップで子どものレベルにあった教材で学習

KUMONの英語教材は、きめ細やかなスモールステップで構成されており、一段階ずつ着実に高いレベルに進んでいける仕組みになっています。

1歳ができる教材が本当にあるのか?と心配になる親御さんも多いかと思いますが、KUMONでは子どもの年齢にあった教材で学習することができ、その延長で、幼稚園、小学校、中学校、高校、社会人のレベルまで、進み続けることができるのも大きな魅力です。

1歳からの英語は親子で継続できる教材を選ぼう

1歳の英語教育におすすめの教材を紹介してきました。1歳の子どもはアウトプットも少なく、親は一方通行の感覚になりやすく、継続をやめてしまいそうな時期もあると思いますが、子どもの口から、英語がとびだす日は必ずきます。

親が英語でを楽しくコミュニケーションをとろうとする姿が何より子どもに良い影響を与えます。教材を活用しながら、英語をたくさん口に出していきましょう。







おすすめの記事