幼児向けおすすめ英語DVD5選!視聴する際の注意点も解説

子どもの英語学習の一環として、幼児向けの英語DVDを検討されている方は多いのではないでしょうか。日本語のアニメなどはよく知っていても、英語ではなにがおすすめなのかわからない方もいるでしょう。

ここでは、はじめての英語学習におすすめの幼児向けDVD(対象:0歳の赤ちゃん期〜小学生)をご紹介します。また、DVD学習の注意点についても解説いたします。



おすすめ幼児向け英語DVD1 – フォニックスを学ぶ

english_pronunciation
幼児期に英語学習をする一番の目的を「発音」と考えている親御さんは多いのではないでしょうか?

英語の発音ルール「フォニックス(phonics)」は、日本の公立小学校をはじめ、あまり重要視されていません。しかし英語圏では、幼児に英語を教えるときに、まずフォニックスから徹底的に学習を進めていきます。

★英語の発音ルール「フォニックス」
たとえば、ABCをフォニックスのルールで読むと「エー、ビー、スィー」ではなく「ア、ブ、クッ」となります。

Pinkfong Fun Phonics for Kids DVD ピンキッツ ピンクフォン ファンフォニックス

“ピンキッツ幼児英語教育DVD Phonics for Kids(ピンキッツ ビデオ)”は、0歳から小学生くらいのお子様が楽しむことができる英語教材です。フォニックスを0から学びたいという大人の方にも好評です。

バイリンガル教育を目指す子育てパパ・ママの嬉しいが詰まった、英会話が自然に身に付くDVDと人気があります。とくに、フォニックスにフォーカスしている点が魅力です。お手頃価格で貴重な学習機会を与えてくれるでしょう。

シリーズで販売しているので、セットで購入するのもおすすめです。

おすすめ幼児向け英語DVD2 – 大人気アニメキャラクターといっしょに学ぶ

次に、大人気アニメキャラクターと一緒に学ぶことができるDVDを紹介します。お気に入りキャラクターの名前を覚えるのも楽しいですね。

ディズニーといっしょに

【ディズニー】ミッキーマウス クラブハウス/かぞえてみよう[DVD]

いつの時代も愛されるディズニー・アニメーション。このDVDには、楽しく数字を覚えられるエピソードが4つ収録されています。ミッキーと一緒に、はじめての算数、色や形を観て、楽しんで、学ぶことができる知育DVDです。

大好きなキャラクターと、一緒に問題を解決していくことで、自然と問題解決のスキルも身につきます。

2,000円以下で手に入るお手頃価格での販売も嬉しいポイントです。

ドラえもんといっしょに

【小学館】はじめての知育DVDシリーズ ドラえもんといっしょ 「まほうでABC」

「ドラえもんといっしょ」シリーズは、ドラえもんたちの楽しい歌や踊りで、子どもの心・身体・知能の健やかな成長をサポートします。大好きなドラえもん効果で、子どもが繰り返し見たがると好評のDVDです。

DVDだけのオリジナルストーリーで構成されています。日本語と英語で進行していくので、少しずつ英語に慣れていくことができますよ。

おすすめ幼児向け英語DVD3 – 英語歌30曲収録!リズムあそびで身につける

【0-7歳】Little Baby Bum DVD with えほん

子どもに人気の英語歌30曲を収録しています。すべての歌詞・セリフに字幕がついており、スペルの確認もばっちりです。

簡単な英単語と英文で構成されており、はじめての英語のトレーニングにおすすめします。リズム遊びが大好きな幼児期の、英語学習のマストアイテムと言えるでしょう。

おすすめ幼児向け英語DVD4 – 迷ったらこれ!コスパ最強と絶賛の英語教材

【0-7歳】Goomies ENGLISH FOR KIDS 幼児英語 DVD グーミーズ

1話約3分と短めのエピソードが全30話収録されています。英会話、英単語フラッシュカード、英語歌がテンポよく構成されており、子どもが飽きずに集中できる工夫が満載です。

かわいくておしゃれなアニメキャラクターが、表情豊かにテンポよく動き回ります。食事前のちょっとした空き時間、ぐずったとき、車移動中など、BGMとして聞き流すのも良いですね

エピソードは、歯みがき、食事、トイレ、お風呂など、日常シーンが多いので、普段から真似しやすいフレーズが詰まっています

歌は、日本語でも有名な「きらきら星(Twinkle Twinkle Little Star)」や「しあわせなら手をたたこう(If you’re happy and you know it)」などが収録されていますよ。

幼児の英語DVD学習における注意点と見せ方

kids_dvd
英語のDVDは英語耳を育てる他に、言葉と映像により、単語や会話などの文を覚えるなど、意味をくみ取る学習などにも適しています。

親御さんとしても、DVD学習は簡単、かつ便利に実践できる学習スタイルですよね。

ただ、子どもが長時間に及ぶテレビ鑑賞をすることには、注意点もあります

幼児期は子どもの人間性の基盤を築く大切な時期です。注意点をよく理解したうえで、上手に取り入れていきたいですね。

DVD学習にはルールを設けて

日本小児科学会では、「2歳以下の子どもには、テレビ・ビデオ(以下テレビ)を長時間見せないようにしましょう」と提言しています。
(参考元:日本小児科学会 こどもの生活環境改善委員会【提言】

赤ちゃんは、いちばん身近である保護者との対話により言葉を覚えていきます

テレビには双方のやりとりがありません。ただ子どもをテレビの前に座らせ、見せているだけでは、会話や表情などの非言語のコミュニケーションが発生しません。これは、言葉の発達や、コミュニケーション能力の発達を遅らせてしまう可能性があると言われています。

また、テレビの音や映像の刺激は非常に強く、子どもの注意はそちらへ向きます。徐々に、保護者の声への反応が鈍くなるなど、情緒不安定の状態を引き起こす原因へと繋がる可能性もあります。

また、視聴する時間帯にも気をつける必要があります。テレビ、タブレットやPCなどのブルーライトは睡眠を妨げるといわれています。なるべく寝る前に視聴することは避けましょう。

幼児向け英語DVD活用のポイント

Watching_dvd

親も一緒に視聴し、話しかける

視聴中は親も参戦し、時々話しかけるようにしましょう

例えば、うさぎの映像が流れたら、

「うさぎだね」
「お耳がながいね」

など声をかけてあげてください。

子どもが集中しているように見えても、見せっ放しにするのではなく、映像をコミュケーションのツールとして活用することを意識しましょう

長時間視聴させない

DVD学習は、子どもが視聴している間に家事を進めることができるなど、親御さんにとってもその間は時間を有効に使える大事なひとときでしょう。

しかし、長時間視聴することのデメリットは先述のとおり、子どもの発達に影響を与えるといわれています。つけっ放しにも気をつけましょう。

とくに影響の大きい2歳以下の子どもには、音声だけでも十分に英語耳を育てることができます。DVDをかけ流し、音声のみで楽しむ方法も取り入れてみてくださいね。

寝る前には視聴しない

テレビから発せられるブルーライトは、睡眠を妨げるといわれています。夜泣きの原因や遅寝により、発育に影響を与えることにもつながるため、注意しましょう

幼児の英語DVD学習は”親子で一緒”がマスト

dvd_family
幼児向け英語DVDの紹介と注意点を解説してきました。優れた商品が多く、種類も豊富なDVD教材ですが、親子で一緒に取り組むことで、はじめて効果を発揮すると言っても過言ではありません。

注意点を踏まえつつ、コミュニケーションを重視した楽しい時間を過ごすことを意識しましょう

DVDをきっかけに子どもと一緒に英語に触れ、充実した親子時間を過ごしてみてくださいね。







おすすめの記事