こども向け英会話教室の月謝は平均いくら?レッスン形式別まとめ

2020年から英語が小学校でも必修化され、正式な教科になりました。こどもにも英会話を習わせたいという親御さんは多いですが、気になるのは家計の負担ですよね。

そこで、この記事では英会話教室の月謝相場をご紹介します。月謝以外にかかる費用や、費用以外で注目すべきポイントもお伝えします。英会話教室選びでお困りの親御さんは、ぜひ参考にしてください。

こども向け英会話教室の相場とは?

こども向け英会話教室の相場とは?

こども向け英会話教室の月謝は、教室の形式によって違います。教室で一度に教えるこどもの人数が多いほど安くなり、少人数指導やマンツーマン形式の教室は比較的高額になります。

また、教えるこどもの人数が同じでも、講師がネイティブか日本人かによっても価格に差が出ます。相場としては、ネイティブ講師の方が1,000円〜2,000円高くなります。

予算以外にも、教室の形態によってお子さんの性格に合う、合わないが出てくることもあります。不安な場合は体験レッスンを利用して実際の相性を確かめてみましょう。

ここでは、教室の形式や講師のタイプ別に月謝の相場をご紹介します。

グループレッスン(6人以上)の場合

グループレッスンの場合の月謝相場は8,000〜10,000円前後です。 ほとんどの英会話教室がこの形式をとっており、価格も比較的低め。「手頃な値段で習い事を始めさせたい」という場合にはこのタイプの教室を選びましょう。

月謝が安いだけでなく、クラスメイトと交流しながら自然に英語が身に付く環境も魅力です。にぎやかな雰囲気が好きで、社交性のある子に向いています。

反面、少人数の教室に比べて先生の目配りがしにくくなるデメリットもあります。気が散りやすい、集中力が続かない性質のこどもには注意が必要です。

少人数レッスン(2~5人)の場合

少人数レッスンの場合の月謝平均は15,000円程度です。グループレッスンに比べて人数が少ない分、先生がひとりひとりに注意を向けやすく、こどもが発言する機会も多くなるメリットがあります。

お子さんが「大人数での活動は苦手だけど、マンツーマンだと緊張する」というタイプなら、少人数のレッスンから検討すると良いでしょう。

マンツーマンレッスンの場合

マンツーマンレッスンの場合の月謝は平均で25,000円程度です。

マンツーマンレッスンでは先生を独り占めできるので、こどもの個性や学習進度に合わせることができます。教室によっては「旅行で困らないようにしたい」「英検などの試験前に特訓しておきたい」などの相談ができることもあります。

一方で、先生個人との相性による影響が他の形式と比べて非常に大きく出ます。こどもが人見知りだったり、一対一だと緊張してしまったりする場合は気をつけましょう。

月謝以外で必要になる費用は?

月謝以外で必要になる費用は?

こどもの英会話教室にかかる料金は、毎回のレッスン代金だけではありません。英会話教室によっては、毎回の月謝に加えて下記の費用を支払う必要があります。

  • 入会金
  • 教材費
  • 設備費

教室によっては年会費やイベントの準備費用など、さらに追加料金が必要になることもあります。英会話教室を選ぶときは、このような月謝以外の費用も含めて検討しましょう。

入会金

入会金の相場は10,000円前後です。申し込みをするときに一括で支払うのが一般的です。

大手の英会話教室では新学期や夏休みなどの時期に合わせて入会金無料キャンペーンが行われることも多いので、その時期を狙って入会するのも良いでしょう。

教材費

月謝の次にお金がかかるのが教材費です。大手英会話教室の平均的な教材費用価格は年間15,000円〜20,000円程度で、月額に直すと1,500円前後になります。

半年〜1年ごとに買い替える教室が多いですが、中には幼児から中学校卒業まで使える教材を一括数十万円で購入するところもあります。

入学する季節によって教材費が異なる場合もあり、事前確認は必須です。追加の教材購入を頻繁にすすめられることもあるため、親は目標や予算に応じて教材を取捨選択しなければなりません。

不安な人は「使用する教材があらかじめ決まっている」「月謝に教材費が含まれている」教室を選びましょう。

その他必要となる費用

英会話教室によっては、教室の設備維持や管理システムの管理費用の支払いを求められることもあります。設備費やシステム費の相場は月額1,000円~1,650円程度です。

また、さほど多くはありませんが年会費が必要になる英会話教室もあります。年会費は税込で4,000~6,600円であることが多く、月額に直すと500円前後の計算になります。

自宅から教室までの距離が遠い場合、さらに送迎にかかる交通費や駐車場利用料も必要です。英会話教室の予算を考えるときは、こうした月謝以外の費用も考えましょう。

ネイティブ講師と日本人講師の違いは?

ネイティブ講師と日本人講師の違いは?

前述の通り、講師がネイティブスピーカーの場合、日本人の講師よりも月謝が1,000円〜2,000円程度高くなることが多いです。

しかし、大切なこどもの習い事なら、予算だけでなく質や相性も吟味したいところですよね。ネイティブ講師・日本人講師それぞれのメリットを吟味した上で、よりお子さんに合う方を選びましょう。

ネイティブから教わるメリットとして、よくあげられるのが発音やアクセントです、こどものうちから英語に親しむことで、唇や舌の動き、音の連結や脱落といった日本語にない英語の特徴が身につきやすいというものです。

言葉だけでなく、その背景にある異文化や、日本の常識とは違う考え方に触れられることも重要なポイントです。こどものうちに異文化に親しむことによって言語以外にも知識が増えるきっかけにもなります。

日本人講師の場合は、日本人がつまずきやすいポイントを熟知し、対策ができるという強みがあります。こどもが全く英語を理解できない場合には日本語で伝えることができますし、親もこどもの状況について質問することができます。

受験や検定など、学習の目標を相談しやすいことも日本人講師に学ぶメリットです。最近では発音がネイティブレベルの日本人講師や、日本語が喋れるネイティブ講師の数も増えてきています。

むしろ「教え方がわかりやすい」「こどもと仲良くできる」といったデータにあらわれない面の方が、学習の継続につながりやすい重要なポイントになってきます。

「〇〇人の先生だから良い/良くない」とは一概に言えませんので、体験レッスンや相談会でこどもの反応を見て決めると良いでしょう。

「どちらが良いか決められない」という場合は、日本人講師とネイティブ講師がペアを組んで教えてくれる教室や、日本人カウンセラーが常駐している学校を選ぶ方法もあります。

大手と個人経営、こどもの英会話教室はどちらを選ぶべき?

大手と個人経営、こどもの英会話教室はどちらを選ぶべき?

英会話教室の中には、誰もが知っているような大手企業が運営している教室もあれば、個人が自宅で開講している小さな教室もあります。大手企業が運営する教室は駅の近くなど、アクセスの良い場所に教室があることが多いのが特徴です。

全国に教室があり、教え方やテキストも統一されているので転校や引っ越しがあっても続けやすいというメリットもあります。

反面、宣伝や立地にお金をかけている分、費用が高額になりがちです。割引制度やキャンペーンを利用して費用を節約すると良いでしょう。また、先生やスタッフの数が多く、定期的に転勤があるので「色々な人の英語に触れたい」という場合は大手がおすすめです。

個人経営の教室は、教室運営から教材開発までを1人〜数人で行っています。そのため、教材やカリキュラムの質では大手に劣ることもありますが、マニュアルに縛られず柔軟な指導ができるというメリットもあります。

講師が地域の住民であるため、こどもが親しみやすいことも個人の英会話教室の強みです。

一方で、基本的に講師はひとりだけの教室が多く、定員がいっぱいになると希望しても参加できないこともあります。

ここであげた大手と個人の違いはあくまで一般的なものです。こどもとの相性や自宅からの距離、先生の人柄や教室の環境など、総合的に判断して決めましょう。

費用以外にもある!選び方のポイント

費用以外にもある!選び方のポイント

英会話教室を選ぶときに重視したいのは予算や教室のタイプだけではありません。英語を習得するためには「いかに習慣化し、継続するか」がポイントになります。

特に、一つのことに長時間集中するのが難しいこどもが英語を習得するには、「英語は楽しい」という動機づけが大切です。

特に年齢の低い子の場合は、体の動きやパズル、歌、絵など様々な要素を組み合わせてレッスンを工夫することが重要になります。可能な限りこどもがレッスンを受けている様子を見学し、こどもが楽しんでいるか、飽きていないかどうかをチェックしましょう。

また、英語を習得するには、レッスン以外の場所でも定期的に英語に触れる機会が必須です。どんなに優れたベテラン講師に教えてもらったとしても、週1回程度のレッスンだけでは英語を聞いたり話したりできるようにはなりません。

こどもが家でも英語にふれられるように宿題を出してくれるか、家庭学習に適した教材を提供してくれる教室を選ぶようにしましょう。

おすすめのこども向け英会話教室ランキング5選

ここからは、これまでにあげた各種選び方のポイントも踏まえたおすすめのこども向け英会話教室を、ランキング形式で5つご紹介します。

月謝のほか、入会金や教材費、各社の特徴についても載せています。お子さんに合った教室選びの参考にしてみてください。

5位 ベルリッツ・キッズ

ベルリッツ・キッズ

対象年齢 4~12歳(小学6年生)
教室定員 2~3名
入会金(税込) 33,000円
年会費(税込) なし
月謝(税込) 14,300円|プライベートレッスンは26,950円~
教材費(税込) 初年度22,000円、次年度からは習熟レベルによって異なる
その他費用 なし

進研ゼミで有名なベネッセのグループ企業が運営している英会話スクール『ベルリッツ英会話』の子ども向け教室です。児童教育の研修を受けたネイティブ講師による少人数指導が売りです。

クラスは主に4歳〜小学2年生までの教室と小学3年生〜小学6年生までの教室の二つで、他の教室のように年齢別に細かく分けることはしません。

料金体系はシンプルですが、入会金や教材費などの値段は相場に比べると高くなっています。プライベートレッスン以外は振替できないことがネックです。

4位 ヤマハ英語教室

ヤマハ英語教室

対象年齢 0歳〜12歳(小学6年生)
教室定員 教室により8〜10名(3歳児クラスまでは親子で受講)
入会金(税込) 教室により異なる
年会費(税込) なし
月謝(税込) 0歳児コース2,200円〜|1歳児コース4,180円〜|2歳児コース5,280円|3歳児コース5,280円|4・5歳児コース7,480円|小学1〜3年生未経験者コース8,030円|小学4〜6年生未経験者コース8,580円|小学1〜3年生経験者コース・小学2〜4年生経験者コース8,030円|小学3〜5年生経験者コース8,580円|小学4〜6年生経験者コース9,130円
教材費(税込) 0歳児コース4,180円〜|1歳児コース14,850円|2歳児コース11,220円|3歳児コース12,430円|4・5歳児コース13,200円|小学1〜3年生未経験者コース17,930円|小学4〜6年生未経験者コース12,375円|小学1〜3年生経験者コース・小学2〜4年生経験者コース18,480円|小学3〜5年生経験者コース19,250円|小学4〜6年生経験者コース22,000円
その他費用 施設費(教室による)

音楽教室で知られるヤマハが展開しているこども向け英会話教室です。レッスンは日本人講師によるオールイングリッシュ形式で行われ、音楽教室のノウハウを生かしたオリジナルソングやチャンツが特徴です。

こどもの発達段階、英語学習の経験の有無によってカリキュラムや教材が細かく分けられています。手厚い反面、長く通うとなるとそれだけ教材を買い替える必要があり、総合的な費用も高額になります。

3位 ECCジュニア英語・英会話教室

ECCジュニア英語・英会話教室

対象年齢 2歳〜高校生・シニア向けコースも開講
教室定員 2・3歳児向けコース:少人数|4・5歳児〜小学生向けコース:12名程度|中学生:10名程度(教室の広さによって異なる)
入会金(税込) 33,000円
年会費(税込) なし
月謝(税込) 2・3歳児〜小学生まで:6,600円|中学生コース8,800円
教材費(税込) 2・3歳児:16,760円|4・5歳児コース:19,910円|中学生コース:15,820円〜(価格は全て初年度のもの)
その他費用 ECC全国児童・中学生英語検定試験料:2,200円(4・5歳児以降のみ)

全国に教室があり、業界屈指の教室数をほこるのがECCジュニアです。

「ホームティーチャー」と呼ばれる日本人講師が自宅で開講していることが多く、地域に根差した運営ができる強みがあります。立地によっては送り迎えも不要なのが嬉しいですね。

大手ならではの指導マニュアルが完備され、月謝などの費用も安いですが、講師経験や語学の資格などがなくても開講できるため、講師の質にはばらつきがあります。

2位 セイハ英語学院

セイハ英語学院

対象年齢 0歳〜15歳(中学3年生)
教室定員 8名(0〜3歳児向けコースは親子5組まで)
入会金(税込) 11,000円
年会費(税込) 4,400円
月謝(税込) 0〜3歳児:週1回5,500円、週2回9,900円|3〜6歳児:週1回9,130円、週2回12,650円|小学生:週1回9,130円、週2回12,650円|中学生:週1回9,900円、週2回17,600円
教材費(税込) 初年度のみ14,982円、次年度以降は12,782円(中学生は初年度11,000円、次年度から 8,800円
その他費用 なし

セイハ英語学院では日本人講師とネイティブ講師のティームティーチング制を導入しており、両方の講師の良さを生かしたレッスンを体験できます。

イオンなどのショッピングセンターに教室があるので、待ち時間で買い物を済ませることができる点も嬉しいところです。対応年齢も幅広く、授業振替や休学の制度もあります。

1位 シェーン子ども英語

シェーン子ども英語

対象年齢 2歳~15歳(中学3年生)
教室定員 4~6人
入会金(税込) 16,500円
年会費(税込) 4,400円
月謝(税込) (少人数クラス)2歳〜年少クラス10,450~14,850円、年中〜年長クラス、小学生クラス10,450円~14,850円、中学生クラス11,550円~14,850円
プライベートレッスン:28,050円
英検対策レッスン対応可能
教材費(税込) クラス、学習レベルによって異なる
その他費用 スクール管理費1,650円/月

シェーン英会話は関東、東海、関西、北九州エリアに展開している英会話教室で、2020年のオリコン顧客満足度調査で子ども英会話(小学生)部門の第1位を獲得しています。

講師は全て英語教育の国際資格を持ったネイティブで、学習をサポートする日本人カウンセラーも常駐しています。

基本は4人までの少人数クラスですが、個人レッスンや英検対策コースも選ぶことができます。振替や休学などの制度も充実しているため、こどもの急な体調不良にも対応できます。

親もこどもも無理なく通える英会話教室を選ぼう!

この記事ではこども向け英会話教室にかかる費用の相場と選び方についてご紹介しました。教室によって特色も月謝も様々ですが、大切なことは「こどもが楽しく英会話を続けられること」と「親が無理なく通わせられること」です。

どんなに優れた教室でも、こどもが英語を好きになれないなら続けることは難しくなります。送迎や月謝の負担など、親の側に無理がある場合も英会話を続けることはできません。

ネットの口コミや情報も参考になることがありますが、教室ごとの特徴とこどもの意欲、月謝と家計のバランスを見極めるのは親にしかできないことです。

体験入学などを活用しながら、家計にもこどものやる気にも無理な負担がかからない教室を探していきましょう。









おすすめの記事