「せっかくMBAを取得するなら、国内MBAではなく海外MBAを目指したい。でも、海外MBAは高額な費用がネック。」

こんな悩みを持った方におすすめなのが、オンラインに対応した海外MBAコースです。

オンラインMBAなら、日本にいながら、仕事をしながら、海外の大学のMBAを取得できます。

この記事では、オンラインに対応した海外の人気大学をご紹介していきます。中には1年間でMBAが取得できる大学もありますので、短期間の習得を目指したい方もぜひ参考にしてください。

オンライン留学での海外MBA取得が人気の理由

まずは、海外の大学・大学院にオンライン留学をして取得する海外MBAの魅力について、確認しておきましょう。海外オンラインMBAの魅力は、主に以下の4点です。

  1. 費用が安い
  2. 入学のハードルが低い
  3. 授業は英語で行われ世界中から生徒が集まる
  4. 日本で働きながら取得できる

費用が安い

実際に現地に留学して海外MBAを取得することの一番のネックは、学費をはじめとする費用が非常に高額という点にあるのではないでしょうか。

特に、海外のMBAランキングの上位にランクされる大学ほど学費は高額で、年間費用の平均は800万円前後。2年間通うとすると、学費だけで1,600万円です。

さらに、物価の高い国・エリアに留学した場合、家賃や生活費なども日本より高額になりがち。総額で考えると、2,000万円を優に超える費用が必要になります。

その点、オンライン留学であれば、ランキングトップ校であっても総額500万~600万円前後でMBAを取得することができます。

現地滞在費などもかからず、地方在住であれば留学した場合に比べてかなりの節約となります。

海外MBAの取得にかかる費用については、こちらの記事も併せてご確認ください。

海外MBAの費用は高い?ランキング上位校の学費と節約方法を紹介

入学のハードルが低い

海外のビジネススクールで行われる授業は、当然ながらすべて英語で行われます。そのため、入学には相当の英語力が求められますし、総合的な学力も求められます。

具体的には、英語技能検定としてのTOEFL、総合学力検定としてのGMATのスコアが入学条件を満たす必要があり、ランキング上位の大学ほど求められるスコアは高いです。

そのため、「海外のビジネススクールに入学するための予備校」に通う人も少なくありません。入学前の段階で、かなりの時間と費用がかかるということですね。

その点、オンライン留学であれば、海外の大学であってもランキング上位校ほどのスコアは求められません。

例えば、アメリカのMBAスクール入学に必要なGMATのスコアは730点ほどですが、オンラインMBA入学者の平均は550点程度と言われています。

授業は英語で行われ世界中から生徒が集まる

当然のことながら、海外のビジネススクールの講義はすべて英語で行われます。つまり、日本にいながら英語漬けの勉強ができるということです。

また、参加する生徒たちは世界中から集まってくるため、非常に国際色豊かです。多くの学生は仕事をしながらの参加で、すでにマネジメントを経験している生徒が多いという特徴もあります。

そういったクライメイトともオンライン上で交流・意見交換ができるため、刺激し合える関係性を築くことができますよ。

日本で働きながら取得できる

ビジネスパーソンにとって、この項目は非常に大きなポイントではないでしょうか。通常、海外のMBAを取得するためには、会社を休職あるいは退職して2年程度現地に留学をする必要があります。

当然、その間の収入は途絶えてしまうため、学費以外に当面の生活費も用意したうえで留学をしなければなりません。

その点、オンライン留学であれば仕事をしながらMBAの取得が可能です。

仕事をしながら取得可能という点ではパートタイムの国内MBAも同様ですが、海外MBAにこだわりたい方にとってオンライン留学という選択肢は非常に魅力的に感じられるのではないでしょうか。

オンラインコースを設定している有名大学10選

では、実際にMBAのオンラインコースを設定している世界の大学をご紹介していきたいと思います。

今回紹介するのは、TOPMBAのオンラインMBAランキング上位10校です。

大学 学費総額
1位:IE Business School スペイン €51,200
2位:Imperial College Business School イギリス £41,350
3位:Warwick Business School イギリス £34,150
4位:AGSM @ UNSW Business School オーストラリア $44,588
5位:Alliance Manchester Business School イギリス £30,000
6位:MIP Politecnico di Milano Graduate School of Business イタリア €37,000
7位:Kelley School of Business アメリカ $74,520
8位:Marshall School of Business アメリカ $106,596
9位:Vlerick Business School ベルギー €37,500
10位:Chapman Graduate School of Business – FIU アメリカ $42,000

参照元)Top 10 Online MBAs 2021(TOPMBA)

ランキング上位校だけあり、オンラインとしては費用が高めではありますが、それでも現地に留学して取得する場合に比べ、学費の総額は半分以下です。

費用が安く1年で卒用可能!コンベトリー大学のMBAコースとは?

「確かに現地に留学するよりは安いけど、それでも500万~600万円は高い。」
「できるだけ短期間で海外MBAを取得したい。」

そういった方におすすめなのが、イギリスに校舎を構えるコンベトリー大学(Coventry Univeristy)のオンラインMBAコースです。

なぜなら、コンベトリー大学のオンラインMBAコースは、以下の2点を実現しているからです。

  • 学費は29,000ドル
  • MBA取得までの期間が1年間

コンベトリー大学の特徴

コンベトリー大学の概要は、以下の通り。イギリスの人気公立大学で、日本における慶応大学、上智大学と同等レベルの大学となります(QS世界ランキングより)。

設立 1992年
キャンパス Coventry Campus、London Campus、Scarborough Campus
学生数 34,985⼈(2018/19)
就職率 94%

※IBM、Hilton Hotels、Intel、ゼロックスなど一流企業と提携

受賞歴 ・2021年最もモダンで最新な大学1位(Guardian University Guide)

・教育の質、学⽣の満⾜度、進学率、就職率で、『⾦賞』を受賞(Teaching Excellence Framework)

コンベトリー大学の学費が他のオンラインMBAと比べてリーズナブルな理由は、1年間という受講期間と大きな関係があります。

通常、オンラインでのMBA取得はフルタイムの現地留学と比べて時間がかかるものなのですが、期間が短い分、費用も少なくて済むということですね。

1対1のアカデミックサポーターによるサポートを受けながらカリキュラムを進められるため、英語に自信がない方でも安心です。

留学タイムズでは、コンベトリー大学のオンラインMBAコースのサポートを実施しています。興味のある方は、こちらのフォームよりお問い合わせください。

【海外MBA専用窓口】専門スタッフによる無料相談受付中!

最短でMBAが取得できる「速習型MBA top-up」とは?

受講期間の短さを実現しているのが、「速習型MBA top-up」と呼ばれるシステムです。

「速習型MBA top-up」とは、英国PGD(Postgraduate Diploma)の取得者が、英国⼤学で所定のカリキュラムを修了することでMBA学位が取得できる、英国の教育制度です。

が提供する英国PGD 課程(Postgraduate Diploma:⼤学院経営管理学科⽬課程)は、企業経営への責任を担う経営管理職者の育成と、⼗分な実務経験を有するビジネスパーソンに対してキャリアアップの機会を提供することを⽬的として、PGDiplomを発⾏可能な⾼等学校との提携関係を有する国際教育交流センター(留学タイムズ運営会社)により運営されています。

すでに学位を保持していても、さらに管理職の分野でのキャリアアップを図ろうというビジネスパーソンには⾮常に適したプログラムとなっています。

まとめ

フルタイムでの海外MBA取得を目指しているけど、金銭的な問題、時間的な問題、仕事やプライベートの問題で実現が困難だと悩んでいる方は、ぜひオンライン留学という選択肢を検討してみてください。

大学によって受講期間や費用に差がありますが、最短1年、学費も29,000ドルという低価格で海外MBAが取得できる大学もあります。

留学タイムズは、オンライン留学による海外MBAの取得もサポートしています。ぜひ、お気軽にお問い合わせください。

【海外MBA専用窓口】専門スタッフによる無料相談受付中!