MENU
留学エージェント16社の特徴を比較 詳細はこちら

カナダってどんな国?気候や時差、服装や留学事情について

カナダってどんな国?気候や時差、服装や留学事情について

大自然に恵まれた世界で2番目に大きな国、カナダ。ロッキー山脈、ナイアガラ滝、レイク・ルイーズなど大自然の見所はかなり多い。

観光だけではなく、冬はスキー・スノーボード、夏はラフティング・乗馬・サイクリングなどと、アウトドアスポーツが年間を通して楽しめる。

日本と比べて人口密度が低く、広い国土に対して人口は約3,660万人となっている。カナダは多民族国家であり、政府は各国からたくさんの移民を受け入れている。また治安がよく、生活しやすい国として知られている。

無料カウンセリングで各国の現地情報を確認
成功する留学

「地球の歩き方」ブランドで35年以上のサポート実績を誇る成功する留学は、世界17カ国700校以上と提携。無料カウンセリングはオンラインにも対応し、全国から相談可能です。コロナ情報をはじめとする現地の最新情報を確認してください。

条件に該当すると返金される「コロナ特例」や手数料が割引になるキャンペーンも、随時開催しています。

このページの内容

カナダの基本情報

カナダについて

正式名称Canada
首都オタワ
面積 9,984,670 sq km
人口 36,953,765人 (2018年12月推定)
政治体制立憲君主制
通貨単位カナダ・ドル(CA$)
主要言語英語、フランス語

時差

6つの時間帯がある。
3月の第2日曜日から11月の第1日曜日までは夏時間(サマータイム)となり、下記よりそれぞれ1時間早くなる(サスカチュワン州をのぞく)。

ニューファンドランド時間(NST)-12.5時間
大西洋時間(AST)-13時間
東部時間(EST)-14時間
中部時間(CST)-15時間
山岳部時間(MST)-16時間
太平洋時間(PST)-17時間

気候

ロッキー山脈の西側は、夏は涼しく湿度が低いが、冬は温暖で雨が多い。ロッキー山脈の東側は、一年を通して雨が少なく乾燥している。五大湖・セントローレンス川地方は冬は雪が多く夏は湿度が高い。

服装

夏でも涼しい時があるので軽いジャケットなどがあるとよい。冬は地域によって厳しい寒さとなるので、現地で合ったものを購入するのもよい。

言葉

基本的にはアメリカ英語系でクセが少ないと言われ、日本人には聞きとりやすく馴染みやすい。公用語は英語とフランス語。モントリオールに代表されるケベック州はフランス語圏で、英語とフランス語の両方を学ぶことができる。

カナダ 大使館・領事館情報

カナダ大使館

〒107-8503 東京都港区赤坂7-3-38
TEL 03-5412-6200
http://www.canadainternational.gc.ca/japan-japon/index.aspx?lang=jpn

在カナダ日本大使館

255 Sussex Drive, Ottawa, Ontario K1N 9E6
TEL +1 613 241 8541
http://www.ca.emb-japan.go.jp/

在バンクーバー日本総領事館

900-1177 West Hastings Street, Vancouver, BC V6E 2K9
TEL +1604 684 5868
http://www.vancouver.ca.emb-japan.go.jp/

在トロント日本総領事館

Suite 3300, TD North Tower, 77 King St. W, Toronto
TEL +1 416 363 7038
http://www.toronto.ca.emb-japan.go.jp/

カナダ 留学事情

語学留学

語学を学べる学校は、大きく分けて私立の語学学校と、短大・大学付属の語学コースの2種類。私立語学学校の数は多く、小規模でアットホームな学校から、カナダ国内にネットワークのある学校までさまざま。在籍生徒の国籍割合を制限したり、母国語禁止制度を徹底したりする学校もあり、各学校に英語をきちんと学べるような工夫が見られる。
【主な語学学校認定機関・団体など】CAPLS・CLC・CECなど
※団体等への参加は任意。独自の監査制度などを実施している。

大学進学

大学入学の難易度は高い。総合大学の入学では、TOEFL iBT80~92程度を要求されることが多く、 日本の大学で1年以上勉強することを入学条件にしている学校もある。コミュニティ・カレッジ進学には高校を卒業した上でTOEFL iBT80以上が目安とされ、コミュニティ・カレッジから総合大学へ編入できる場合もある。

キャリアアップ・専門スキル

英語教師を目指す人向けに英語教師養成や児童英語教師養成を開講する学校が増えてきている。他にTOEICやTOEFLの試験対策コースやインターンシップも人気がある。その他、ツーリズムなど専門スキルを学べる専門学校などもある。

ワーキングホリデー

カナダにはワーキングホリデー制度があり、利用すると一定期間語学学校に通ったり仕事をすることができる。

カナダ留学の基本情報を見る

カナダ 留学先人気都市

バンクーバー


カナダ西海岸の玄関口として利用客が多い。日本食レストランもたくさんある。語学学校も多く、この地を好んで留学する学生も多い。

バンクーバーで留学できる学校を見る

トロント


カナダ最大の都市。大都市でありながら緑も多く、週末はオンタリオ湖畔に広がるハーバーフロントで憩いを楽しむことができ、世界中の留学生の人気を集めている。ニューヨークなどにも簡単に行ける。

トロントで留学できる学校を見る

モントリオール


カナダの中のフランス語圏、ケベック州にあるカナダで二番目に大きい都市であり、パリに次ぐ世界第二のフランス語都市でもある。語学学校では、英語とフランス語どちらも学べることが多い。

モントリオールで留学できる学校を見る

カルガリー


カナディアンロッキーへのゲートウェイなので、旅行者が多い。1988年に冬期オリンピックが開かれたこと、中規模で過ごしやすい街として人気を集めている。

カルガリーで留学できる学校を見る

成功する留学なら、英語留学の費用もサポートも安心!

無料カウンセリングで各国の現地情報を確認
成功する留学

「地球の歩き方」ブランドで35年以上のサポート実績を誇る成功する留学は、世界17カ国700校以上と提携。無料カウンセリングはオンラインにも対応し、全国から相談可能です。コロナ情報をはじめとする現地の最新情報を確認してください。

条件に該当すると返金される「コロナ特例」や手数料が割引になるキャンペーンも、随時開催しています。

留学エージェント選びは3社見積りがおすすめ

留学エージェントは全国に数百社あり、どこを選ぶかで料金やサービス内容が変わってきます。そのため最低でも3~5社のエージェントとカウンセリングをする、見積もりをもらうことで、それぞれの対応や料金を比較することをおすすめします。大手だから安心、現地エージェントだから安心ということは決してないので、実際に各社を比較してあなたに一番合うエージェントを選ぶようにしましょう。

人気留学エージェント一覧

  • URLをコピーしました!

担当カウンセラー

Daikiのアバター Daiki 留学カウンセラー

留学タイムズは世界45カ国、5000校以上の学校をご紹介可能です。留学に関してご不安な点など、お気軽にご相談ください。全力でサポートさせていただきます!

無料カウンセリングで各国の現地情報を確認
StudyInバナー_2

StudyInは、YouTubeやTikTokのチャンネル登録者数が100万人以上と、SNSで若い世代から絶大な支持を得ている留学エージェントです。

出発前から帰国後までのサポートが充実。出発前にはレアジョブ英会話マンツーマンレッスンが週3回無料で利用できますし、帰国後には英語を活かした仕事への就職・転職サポートも受けられます。

「英語力向上」にコミットしている点も、Studyinの特徴。楽しいだけで終わる留学ではなく、TOEIC・TOEFL・IELTSのスコアアップや転職へのスキルアップなど、「結果を出すための本気留学」をしたい方は、Studyinに相談してみましょう。

このページの内容