MENU
留学エージェント16社の特徴を比較 詳細はこちら

ワーキングホリデー協会とは?口コミや評判を紹介

口コミのイメージ

海外で働きながら語学を学べるワーキングホリデー。渡航の手助けをしてくれるエージェントを探している方も多いのではないでしょうか。今回は、ワーキングホリデー協会の特徴や口コミ評判を紹介します。他のエージェントと比べたメリットも解説するので、ぜひ参考にしてみてください。

このページの内容

ワーキングホリデー協会とは?

出典:ワーキングホリデー協会

ワーキングホリデー協会は、ワーキングホリデーや留学を目指す方をサポートする団体です。

正式名称は「一般社団法人日本ワーキング・ホリデー協会」で、ワーキングホリデー制度を支援し、促進している非営利団体です。

公益社団法人日本ワーキングホリデー協会として1985年に設立されましたが、2010年に一度破産通告を受けています。

現在は現地サポート強化、ワーキングホリデーガイドブック、全国の大学、国際センターとの協力によってワーキングホリデー渡航者をサポートしています。

無料で利用できる?

ワーキングホリデー協会では、ワーキングホリデーや留学に関するセミナーを無料で開催しています。

ワーキングホリデーの基礎知識から、予算などの心配ごとや質問したいことを解決してくれる場です。

その後、メンバー登録をすると、有効期限3年の間、ワーキングホリデーや留学に関する個別カウンセリングやビザ取得のお手伝い、出発前の準備、到着後のサポートなどが受けられます。

メンバー登録する際に、登録料として5,000円がかかります。

3年間の間であれば、2度目の留学やワーキングホリデーのサポートも可能です。

留学にも対応してくれる?

ワーキングホリデー協会という名前ですが、語学留学サポートも行っています。

学生ビザの取得方法や活用方法、観光ビザでもできる短期留学の仕方などのノウハウを踏まえて留学相談が可能です。

ビザの申請サポートや語学学校の紹介、入学手続き、宿泊先の手配もサポートしてくれます。

あなたの目的や夢に合わせて、学生ビザとワーキングホリデービザのどちらがいいかも相談に乗ってくれるので、ビザの種類に迷っている方にもおすすめです。

ワーキングホリデー協会の口コミ・評判

ワーキングホリデー協会を実際に利用した方の口コミを紹介します。

ワーキングホリデー協会に対する好意的な口コミ

まずは、好意的な内容の口コミから紹介します。

支払う費用が5,000円だけでサポートしてくれる、という点に魅力を感じている方が多いようです。

ワーキングホリデー協会に対するイマイチな口コミ

続いて、ワーキングホリデー協会に対するイマイチな口コミをご紹介します。

少数ではありますが、サポート体制に不満がある方もいるようです。担当の方との相性が良くないようであれば、他の方に担当を変えてみてもらう方法もあります。

ワーキングホリデー協会のサポート内容

では、メンバー登録を行うと具体的にどのようなサポートが受けられるのでしょうか。

カウンセリング

ワーキングホリデーや留学によって、なにを叶えたいかは人それぞれ違います。

ワーキングホリデー協会のカウンセリングでは、帰国後に差がつく実り多い体験をするために、計画と目標を明確化させることからスタートします。

一人一人に最適なプラン作りの支援をすることを重要視し、納得できるまで何度でもカウンセリングを受けられます。

ビザ申請サポート

ワーキングホリデービザは1か国で1回しか取得できない貴重なビザです。

各国のワーキングホリデービザを取得するために必要な書類の案内や、書き方などをサポートしてくれます。

ビザの代行申請ではないので、ビザ申請自体は自分で行わなくてはいけないので注意しましょう。

宿泊先・学校のサポート

ワーキングホリデー協会では、宿泊先・学校のサポートも行っています。

ホームステイや学生寮など、生活スタイルや都市の特性などによっておすすめをしてくれるので、心強いです。

また留学の目的や期間に合わせて、語学学校の紹介や入学手続きのサポートも行ってくれます。口コミによると、学校によっては割引などもあるようです。

情報交換会

ワーキングホリデーや留学を検討している人、これから出発する人、ワーキングホリデーを終えて日本に帰ってきている人などが参加する交流会が開催されています。

ワーキングホリデー経験者の生の声や、ビザ手続きの経験談などの情報を得られる貴重な場です。

ともにワーキングホリデーを目指す仲間も見つけられます。

ワーキングホリデー協会のメリット

ワーキングホリデー協会のサポート体制について紹介しましたが、他の留学エージェントと比べてどう違うのかについて解説します。

ワーキングホリデー協会には、以下のメリットがあります。

  • 安価で利用できる
  • 提携している現地サポートオフィスがある
  • 取扱い国が多い

安価で利用できる

ワーキングホリデー協会は、登録料の5,000円のみで3年間サポートを受けられます。

個別相談、ビザ申請サポート、出発前の準備、到着後のサポートまで手厚い内容です。

ビザサポートやビザ申請代行を行っている有料のエージェントではさらに手厚いサポートを受けられますが、費用が高額なケースもあります。

エージェントに全部任せるのではなく自分でも行動できる方には、安価でサポートが受けられるメリットが感じられるはずです。

提携している現地サポートオフィスがある

現地留学サポート会社と提携し、海外現地でのサポートが受けられます。

現在ではオーストラリアとカナダの下記都市で現地サポートが受けられます。

  • オーストラリア:シドニー、ブリスベン、パース、ゴールドコースト、メルボルン
  • カナダ:バンクーバー、トロント

ワーキングホリデー先として人気の2国で、現地サポートが受けられるオフィスがあるのは安心できるポイントです。

取扱い国が多い

現在、日本とワーキングホリデー協定を結んでいる国は29か国あります。

ワーキングホリデー協会ではすべての国のビザ情報をアドバイスしてくれますが、そのうち英語圏の国については定期的に説明会も開かれています。

また、ワーキングホリデー協定が結ばれていないアメリカにも、留学としてのサポートを行ってくれます。

まとめ:まずは無料セミナーに参加してみよう

ワーキングホリデー協定では、ワーキングホリデーや留学について考え始めた人向けのセミナーも無料で開催しています。

まずはセミナーに参加して、詳しい話を聞いてみるとイメージが膨らむはずです。

東京、大阪、名古屋、福岡、沖縄、富山のほかにオンラインのセミナーも開催しています。

まずは無料セミナーに参加してみましょう。

留学エージェント選びは3社見積りがおすすめ

留学エージェントは全国に数百社あり、どこを選ぶかで料金やサービス内容が変わってきます。そのため最低でも3~5社のエージェントとカウンセリングをする、見積もりをもらうことで、それぞれの対応や料金を比較することをおすすめします。大手だから安心、現地エージェントだから安心ということは決してないので、実際に各社を比較してあなたに一番合うエージェントを選ぶようにしましょう。

人気留学エージェント一覧

  • URLをコピーしました!

担当カウンセラー

田渕聖也のアバター 田渕聖也 留学カウンセラー

フィリピンへの短期留学を経験後、デンマークにワーキングホリデービザで1年間留学しました。 30歳手前で会社を辞め、いわゆる「ギリホリ」での留学でした。 不安が全くなかったわけではありませんが、今では本当に留学してよかったと心の底から思えます。 自分自身の経験から、特に社会人の方で留学するか悩まれている方の気持ちに寄り添えるのではないかと思います。 留学される方の背中を後押しできる存在でありたいです。

【留学したことがある国】
デンマーク、フィリピン、マルタ

【渡航歴のある国】
デンマーク、フィリピン、マルタ、オーストラリア、ドイツ、イタリア、オーストリア、スウェーデン、フィンランド、アイスランド、エストニア、チェコ、ハンガリー、クロアチア、ポルトガル、フェロー諸島、タイ

無料カウンセリングで各国の現地情報を確認
StudyInバナー_2

StudyInは、YouTubeやTikTokのチャンネル登録者数が100万人以上と、SNSで若い世代から絶大な支持を得ている留学エージェントです。

出発前から帰国後までのサポートが充実。出発前にはレアジョブ英会話マンツーマンレッスンが週3回無料で利用できますし、帰国後には英語を活かした仕事への就職・転職サポートも受けられます。

「英語力向上」にコミットしている点も、Studyinの特徴。楽しいだけで終わる留学ではなく、TOEIC・TOEFL・IELTSのスコアアップや転職へのスキルアップなど、「結果を出すための本気留学」をしたい方は、Studyinに相談してみましょう。

このページの内容