国際教育交流を促進する目的で設立された非営利団体「NAFSA」が公表したアンケート結果によると、留学生および留学予定の学生の約半数が、受け入れ先の教育機関から新型コロナウイルスのワクチン接種を求められているとのことです。

今後もこの傾向は続くと思われ、海外留学を希望する方のワクチンニーズは高まりを見せています。

そこで今回は、文部科学省が開始した「留学予定者ワクチン接種支援事業」と、「ワクチン接種を目的に行う留学」の2点についてまとめていきたいと思います。

文部科学省が「留学予定者ワクチン接種支援事業」を開始

日本国内のワクチン接種の普及を踏まえ、「大学間交流協定等に基づく1年間の海外留学プログラムについて、学生の安全確保に万全を期することを前提に再開する」という通知が、2021年6月15日に文部科学省より行われました。

それに伴い、2021年10月末から海外留学を予定している学生を対象とした「新型コロナウイルスワクチン接種の支援」も開始されています。

参考:「留学予定者ワクチン接種支援事業」の開始について

大学拠点接種の枠組みを利用

留学予定の学生を対象としたワクチン接種の支援に利用されるのは、「大学拠点接種」の枠組みです。

大学拠点接種とは、「大学等における学生・教職員等を対象としたワクチン接種」のことで、ワクチン接種の加速化を図るため、自治体接種に影響を与えないよう医療従事者や会場などを大学が自ら確保することを前提に実施されます。

参考:大学拠点接種とは

対象者の条件について

現在のところ、「留学予定者ワクチン接種支援事業」の対象者は、以下の条件をすべて満たす学生に限られます。

  • 渡航先でワクチン接種が必須又は強く求められている。
  • 「海外の大学での学位取得」若しくは「日本の大学の留学が必須の課程での学位取得」のため、又は9か月以上の期間海外の大学に渡航する必要がある。
  • 今秋(令和3年10月末)までに渡航する必要がある。
  • 基本的には他の代替手段がない。(自治体や所属大学等の方が早く接種を受けられる可能性もありますので注意してください。)
  • 申請時点で18歳以上である。

使用されるのは武田/モデルナ社のワクチンで、対象年齢が18歳以上とされているため、留学を希望する高校生は対象とはなりません。

18歳以上かつ、上記に記載されているような「ワクチン接種の必然性と緊急性」の要件を満たした学生を対象に、文部科学省の留学ワクチン推進チームが審査を行い、審査に通過すると接種会場の割振り結果が連絡されるという手順です。

ワクチン接種会場一覧

2021年6月25日に文部科学省から公表された「留学予定者ワクチン接種支援事業接種会場」は、以下の通り。

受付を終了した大学や予約の受付開始日が未定の大学も含まれるため、注意してください。

〇期日が確定した大学(6月25日現在)

大学名 会場住所 接種開始 予約受付開始
北海道医療大学 北海道石狩郡当別町 開始済 開始済
東北大学 宮城県仙台市 開始済 開始済
慶応義塾大学 東京都港区 開始済 開始済
大和大学 大阪府吹田市 開始済 開始済
藤田医科大学 愛知県豊明市 開始済 開始済
長崎国際大学 長崎県佐世保市 開始済 開始済
京都先端科学大学 京都府京都市 開始済 開始済
近畿大学 大阪府東大阪市 開始済 開始済
鹿児島大学 鹿児島県鹿児島市 開始済 開始済
広島大学 広島県東広島市 6月26日 開始済
弘前大学 青森県弘前市 6月27日 開始済
大阪大学 大阪府吹田市 6月28日 開始済
神戸大学 兵庫県神戸市 6月28日 開始済
日本歯科大学 新潟県新潟市 7月1日 開始済
朝日大学 岐阜県瑞穂市 7月2日 開始済
山梨大学 山梨県甲府市 7月3日 開始済
三重大学 三重県津市 7月4日 6月28日
関西大学 大阪府吹田市 7月5日 開始済
徳島大学 徳島県徳島市 7月5日 6月28日
久留米大学 福岡県久留米市 7月7日 開始済
東京医科歯科大学 東京都文京区 7月8日 6月28日
鳥取看護大学 鳥取県倉吉市 7月10日 6月28日

〇受付を終了した大学

大学名 会場住所 接種開始 予約受付開始
日本体育大学 東京都世田谷区 受付終了 受付終了
日本体育大学 神奈川県横浜市 受付終了 受付終了
松本歯科大学 長崎県塩尻市 受付終了 受付終了
大阪経済法科大学 大阪府八尾市 受付終了 受付終了

〇接種開始日または予約受付開始日が未定の大学

大学名 会場住所 接種開始 予約受付開始
九州大学 福岡県福岡市 6月29日 調整中
日本歯科大学 東京都千代田区 7月上旬 6月28日
秋田大学 秋田県秋田市 調整中 調整中
東邦大学 千葉県船橋市 調整中 7月中旬

ワクチンの接種を目的にアメリカ留学をする方も

上記のように、日本国内においても留学予定者向けのワクチン接種が始まりましたが、大学拠点接種の枠組みを利用してワクチンを接種するためには、条件を満たしたうえで審査に通過する必要があります。

そこで注目されているのが、「ワクチンの接種」を目的とした留学です。

カリフォルニア州では住所登録のみでワクチン接種が可能

例えば、アメリカのカリフォルニア州では16歳以上のすべての住人がワクチンの接種対象となっています。

人種や国籍を問わず、条件は「16歳以上かつアメリカ国内の住所に登録がある」ことのみ。そのため、留学生であっても、ホームステイ先の住所を利用すればワクチンを受けることができるのです。

この仕組みを利用し、留学エージェント各社では現地でのワクチン接種と語学留学をセットにしたプランも取り扱っています。

ワクチンを受けてからの留学ではなく、留学先でワクチンを受け語学の習得も同時に行いたい方は、ぜひ一度留学エージェントにご相談ください。

留学エージェントおすすめ17社を比較!失敗しない選び方とは?

ニューヨーク留学中に現地でワクチンを接種した留学生の口コミ

実際に、留学先でワクチンを接種した留学生の口コミもご紹介します。

口コミの投稿者は、ニューヨークに留学中のRikoさん。EF留学(リンク)を利用して、Eニューヨーク校に通学中の学生です。

隔離期間中に予約を済ませる

私は到着後隔離期間が約1週間あったので、その間に、隣の部屋に滞在していた同じEFニューヨーク校の生徒と一緒に予約をしました。

ワクチン接種の予約は、入学先の学校から送られてくるメールに記載されたURLから行えるとのこと。英語のサイトですが、難しい項目はないため誰でも簡単に予約を行えます。

いくつかある接種会場から希望の会場を選ぶことができるようです。

同じ学校の生徒と一緒に接種

ほとんど全員がワクチンを受けるので、1人で行くようなことは決してないと思います。友達も、ルームメイトも含め、すぐにできると思います!

EFの学生ほとんどが同じ会場で受けているので、会場のスタッフの人も慣れていてスムーズに接種することができました。

海外でワクチン接種というと心細さを感じるかもしれませんが、同時期に入国したルームメイトやクラスメイトと一緒に受けることができるため、安心です。

ワクチン接種当日の流れ

土曜日でしたが、時間が少し遅くついたからか空いていて、15分ほどで接種することができました。
受付を通り、健康状態を回答→接種→15分、経過観察のため待機して終了 という流れです。

混雑状況は日によってまちまちのようで、2回目の接種時はRikoさんも1時間ほど並んだとのこと。平日に授業を休んで摂取する留学生もたくさんいるようです。

ワクチン接種が進む現地は元の生活に戻りつつある

ニューヨークでは若者の約7割が接種完了し、NY市内では色々な制限が解除されつつあります。9月にはブロードウェイもオープンし、全面通常通りになる予定です!

ワクチン接種が進む海外は、徐々に元の生活を取り戻しているようです。

Rikoさんの投稿全文は、こちらのページで確認できます。

Rikoさんが利用したEF留学は、世界中で直営の語学学校を運営する私立の教育機関。直営の学校ゆえコロナ時代の感染対策も責任をもって実施しており、安全面においても安心できます。

NYのように現地でワクチン接種が可能な都市にも直営の語学学校が多数ありますので、興味がある方は無料カウンセリングで相談してみると良いでしょう。

EF留学の無料カウンセリングはこちらから

海外留学を計画する方が増加中|相談はお早めに

日本国内のワクチン接種も軌道に乗りはじめましたし、先行してワクチン接種が進んだ諸外国は、徐々に元の生活を取り戻しつつあります。

ずっと我慢していた留学を実現したいという方は、ぜひ留学エージェント各社の無料カウンセリングを受けてみてください。希望する留学先の状況などを確認し、ぜひ計画的な留学を実現してください。

留学エージェントおすすめ17社を比較!失敗しない選び方とは?