プログラム紹介動画を見る

留学をお考え中のあなた、一度でも「海外の大学に留学してみたい」そう思ったことはありませんか?

海外の大学に留学することは「同じように海外で挑戦する仲間に出会える」「就職の幅が大きく広がる」「グローバル人材に近づける」など、これからの社会で活躍していくための選択肢として、多くのメリットがあります。

しかしながら、具体的に大学留学を考えた時、以下のような疑問や不安をお持ちになる方も多いのではないでしょうか?

  • 海外の大学ってどうやって入学するの?
  • 全く英語喋れないし、、
  • 学費が高そう、、
  • どの大学を選べばいいかわからない、、
  • 卒業するのが大変そう、、
  • 就職活動はどうするの?
  • 期間も長いし、すでに社会人だと難しそう、、

憧れはあっても、これらの情報収集の段階で、大学留学を諦めてしまう方もいらっしゃるのでは?

このたび、ご紹介させていただく大学留学プログラムは、従来の大学留学に対する考えを覆すほどの、まったく新しい学位取得のスタイルです。

まず、大学留学を考えた時に、多くの方がいちばんの不安として挙げるのが、費用や期間かと思いますが、

本プログラムのキーワードは、まさにその時間と費用です。

大学の学位を取得するには、日本の場合4年、海外の場合3〜4年を必要としますが、本プログラムではなんと最短2年で、4年制の大学と同じ学位を取得することができます

期間が短縮できれば、費用も大幅に削減することができますね。

一体、どんなプログラムなのか。

詳細をご案内していきます。

お問い合わせはこちら

学校概要

今注目のプラットフォーム型大学!独自の課題を終了して各国の大学に編入、学位を取得。

・学校名(大学):Concordia International University(Concordia国際大学)
・所在地:カナダ


Concordia国際大学は、プラットフォーム型大学と呼ばれ、キャンパスを持たず、オンラインやレポートによる課題を提供をしています。本校が提供する、12個の課題などを終了することで、提携先のイギリスをはじめとする、国立・私立の大学へ編入することができ、編入先の大学で学位を取得することができます。2002年に開始し、今までに3000人の卒業生を輩出しています。

英語環境であれば、どこでも本校のプログラムを受けることができますが、現在は、カナダのCloud NineCollege(以下CNC語学学校と記載)にチューターがおり、ここが編入前の学習の拠点となっています。

※チューター:学習サポートをしてくれるスタッフ

プログラム概要

時間と費用を半分に、最短2年で学位取得。プログラムの肝である12個の課題とは?

プログラム名:Top-up 学位取得プログラム

本校が提供するレポート形式の「12個の課題」の終了などの条件を満たすことで、提携している海外大学の最終学年に編入することができ、その編入先で学位を取得することができます。

選べるコースは、ビジネスコース、または、ホスピタリティコースのいずれかです。

レポート形式の12の課題とは?

ビジネス、または、ホスピタリティに関する課題が12個あり、それを終了することが編入への第一条件です。

課題例

ビジネスコース:論文の書き方とリサーチ方法、新規事業に関する基礎知識、ビジネスコミュニケーション初級など

ホスピタリティコース:マーケティングおよび顧客サービス、プロフェッショナルなビジネス開発、観光とホスピタリティ産業の開拓など

編入の条件

編入には、以下1、2の条件を満たしていることが必須となります。

1.IELTS5.5〜6.5 (編入先による)
カナダのCNC語学学校に通い、IELTS〜6.5取得コースを受講。
※もともと6.5以上ある場合は、IELTSプログラムをCOOPプログラムへ変更することも可能です。

2.2000時間の英語の授業時間
CNC語学学校でのレッスンと自主学習(12の課題・多読プログラム)を組み合わせて2000時間以上の授業時間を確保しています。

着実に英語力を身につけることができる理由

本プログラムでは、Concordia国際大学が開発したオンラインによる「多読プログラム」の受講が編入の条件となっています。どんなタイプの方でも短期間で英語力が身につく方法は、英文を多読することが効果的と言われています。小中高レベルの3000冊以上の英語書籍を収容したConcordia多読プログラムを毎日繰り返すことで、確実に英語力を育てることができます。

お問い合わせはこちら

学位取得までのスケジュール

STEP1:IELTS5.5を取得(日本 or カナダ)
Concordia国際大学に入学するには、IELTS5.5以上が必要です。
これに未達の場合は、日本で取得してから入学いただくか、Concordia国際大学のパートナー学校であるCNC語学学校のIELTSコースに参加いただき、取得を目指していただきます。すでに取得している場合は、すぐに入学が可能です。

STEP2:カリキュラムの受講 – 1年間(カナダ)
ビジネス、または、ホスピタリティに関する「レポート形式の12個の課題」+「講義」+「有給インターン」が1年間のカリキュラム内容です。1ヵ月1課題のペースで進みます。

STEP3:大学課程 最終年次に編入 – 1年間(希望の国・大学)
編入し、いよいよ最終学年がスタートです。

STEP4:卒業

※期間は最短で課題をクリアした場合です。
※スケジュールは最終学歴が高卒以上の場合です。最終学歴が高卒未満の場合については、ご相談ください。

なぜ1年で最終学年生として編入ができるの?

編入先の学部を「ビジネス(経営学部)」と「ホスピタリティ」のみに絞っているためです。特定の学部に編入するために必要な分野だけを学ぶことができるため、通常より短い期間で編入することを可能にしています。

編入先の大学

以下6ヵ国52校ある提携大学の「最終学年」に編入することができます。
大学の詳細については、お問い合わせください。

  • イギリス
  • アメリカ
  • アイルランド
  • スイス
  • ニュージーランド
  • シンガポール

Concordia国際大学への入学条件

Concordia国際大学に入学し、12個の課題を始めるには、IELTS5.5以上が必要です。
これに未達の場合は、日本で取得してから渡航いただくか、Concordia国際大学のパートナー学校であるCNC語学学校のIELTSコースに参加いただき、取得を目指すことが可能です。

学費

学位取得までにかかる費用(生活費や渡航費などを除く)は480万円〜。
従来の海外大学留学にかかる費用の約半分の費用で卒業することができます。

※具体的な費用は、編入先の大学や現時点で入学条件を満たしているか、などにより異なります。詳しくはお問い合わせください。

入学時期

通年で募集しています。具体的なスケジュールについてはお問い合わせください。

お問い合わせはこちら

万全のサポート体制で着実に学位取得を目指す

魅力的なプログラムとはいえ、海外の大学は日本に比べると、日々の課題を終えるのも、卒業するのも大変そう、、ですよね。しかし、本プログラムは、大学のパートナー学校であるCNC語学学校にて専任のチューターと一緒に学習を進めていきます。生活面〜学習面まで、親身になってあなたをサポートをします。

このように、本当に2年で海外の大学を卒業することが可能なのです。

すでに同じアジアの国、韓国では本プログラムで学位を取得する学生がたくさんいます。

日本の大学にいくよりも「効率的に」これからさらに必要とされるグローバル人材に近づくことができると思いませんか?

プログラムについて、もっと詳しく知りたいという方は、ぜひとも私どもにご相談ください。

説明会も随時開催しております。ご参加をご希望の場合はお気軽にご連絡ください。

お問い合わせはこちら

LINEでのお問い合わせは、以下より、お友達登録のうえ、メッセージをお送りください。

LINEお友達登録はこちら