音楽の都として有名なオーストリアはとても美しい国ですが、世界的に見て物価の安い国ではありません。オーストリアで安く留学できるコツと、留学したことに対して後悔しない方法をご説明致します。

オーストリア留学に語学留学した場合、どれくらい費用がかかるの?

授業料+滞在費(ホームステイ)+食費の費用が下記の通りです。
レートによっても費用は変動します。

期間 費用の目安
1カ月 30万円
3カ月 80万円
半年間 155万円
1年間 310万円

首都ウィーンについて物価が知りたい

ウィーン

観光名所にあるレストランなどは高いですが、ファストフードなどは安いです。家賃は区によって差がありますが、全体的に東京や他のヨーロッパと比べるとやや安いです。

費用の内訳と、それぞれどう抑えればよいかコツが知りたい

交通費

バスや電車、飛行機などあらゆる交通機関があり、路面電車やトラムは車内購入すると割高になります。
また、オーストリア近くに色々な国があるので、バスや電車でも簡単に移動でき、バスは『Eurolines』電車は『Eurorail』がオススメです。
日本からオーストリアへ行く場合、留学タイムズでは大手旅行会社H.I.Sと提携を結んでいるので、電話1本で手配が可能です。

滞在費

都心や他のヨーロッパ諸国と比べると家賃はやや安いですが、シェアルームをするとさらに抑えられます。オーストリアは全体的に治安が良い国ではありますが、それでも少し危ない通りもあります。語学学校が紹介する滞在先は安全ですがそこから移動する場合は、周りの人に相談しましょう。

食費

レストランは高いのでファストフードを食べると安く抑えられますが、やはり自炊が一番です。スーパーは色々ありますが『HOFFER』が格安スーパーとして有名です。オーストリアのスーパーは基本的に日曜日が休みなので注意しましょう。スーパーは午前中に行くと、新鮮なものが揃っているのでオススメです。また、オーストリアは塩の種類が多く、料理好きにはたまらないかと思います。

娯楽費

美しい教会、コンサート、世界最大の氷の洞窟などさまざまな娯楽がありますが、どれを体験するか絞りましょう。
また、語学学校によってはアクティビティを開催しているところもあるので、ぜひ参加しましょう。クラスメートと友達になれるチャンスです。

学費

一般ドイツ語コースが一番安いですが、せっかくなので他のコースも受けてみましょう。オーストラリアと聞き、まずイメージするコースは音楽に関してかもしれませんが、試験対策、ビジネスドイツ、大学進学、仕事体験プログラムなど、さまざまなコースを取り扱っているので、詳細はお問い合わせください。

アルバイトってできるの?

ワーキングホリデービザ制度があります。オーストリアには色々な仕事がありますが、日本食レストランで働く方が多いです。他の仕事と比べると時給が安いので、語学力を上げてローカルジョブに挑戦してみてください。ですが、ローカルジョブに就ける難易度は高いですが、素晴らしい体験となるでしょう。

チップや税金はかかるの?

サービス料として加算され、更にチップを払う文化があります。消費税は20%ですが、食品など生活関連のものは10%です。

オーストリアでオススメの語学学校は?

ActiLingua Academy

4週間:272,480円(学費+滞在費(ホームステイ)+食費)
(€1=130円)

ウィーンにある語学学校です。一般ドイツ語コースは”文化プログラム”も含まれており、市内観光やセミナー(歴史・芸術・文学)なども企画されています。校舎は大使館地区の中心地に位置しモダンな外観で、校内にはレンタル可能なDVDや新聞などが揃います。

この学校の詳細を見る

オーストリアで安く留学するまとめ

  • 自炊をする
  • ルームシェアをする
  • 行きたい観光名所を絞り、長距離バスや列車をうまく使う

特にウィーンは観光客が多いので、レストランへ行くとそれなりの値段します。自炊しましょう。
オーストリアは他のヨーロッパ諸国と比べるとやや家賃が安いですが、ルームシェアをした方がぐっと留学費用を抑えられます。また、日本人留学生の割合が少ない国なので、同室の人が日本人ではない可能性が高いです。すると、毎日ドイツ語を使わなければならないため、語学力が上がります。
魅力的な観光名所が多いですが、どこに行くか絞りましょう。また、隣の国ハンガリーへ行くと一気に物価が下がるので、留学後や週末に遊びに行くのも良いでしょう。