留学タイムズTOP > 滞在形態について

滞在形態について

通う学校も気になるけれど、滞在形態も留学の大事な要素。どんな滞在先を選ぶかによって、留学生活もおのずと変わってきます。それぞれの滞在形態のメリット・デメリットを知り、希望の滞在プランを絞っていきましょう。

【一番ポピュラーな滞在形態】ホームステイ

海外の家庭で暮らすことで、その土地の生活や文化を吸収できる

留学で最もポピュラーな滞在形態。現地の生活をリアルに感じながら暮らせるのが特徴です。留学が「外国に行き、その言語や文化を吸収する」ものだとすれば、ホームステイはそんな留学体験を総合的に楽しめる滞在形態といえるでしょう。ネイティブスピーカーとともに過ごすことで、語学を学ぶ上でとても大切なコミュニケーション力を養っていく機会にもつながりますので、積極的にホストファミリーとの会話を楽しんでください。
また、ホストファミリーは滞在中、日本から留学しているあなたの安全確保のため、家族の代わりに見守ってくれる人々です。生活でわからないことや困ったことがあれば相談できるので、初めての留学など、海外に慣れていない人にとって安心して生活できる滞在スタイルです。

ホストファミリーってどんな人?
語学学校のスタッフがホストファミリーに登録を希望している家族を審査、面接し、各学校の定める基準で採用しています。家族構成や人数もさまざまで、シングルマザーの家庭もあれば大家族もあり、引退されたご夫婦の家庭の場合もあります。

ホストファミリーとの過ごし方
家族の一員として生活しているという意識を持ちましょう。ホームステイ先ではお客様気分でいるのではなく、各家庭のルールを守りながら、互いに尊重しあって暮らすことが大切です。
食事は家庭によって異なりますが、朝食はトースト・シリアルと飲み物などを自分で用意するのが主流。ランチ付きの場合は、簡単なお弁当を持たせてもらったり、用意された食材を自分で調理して学校に持参します。夕食は、料理好きのファミリーなら家庭料理が出されたり、レトルト食品を利用する場合もあります。

ホームステイのメリット・デメリット

  • メリット
  • 安全で、現地文化を知るのに適した環境
  • 家具や生活用品がそろっている
  • 地元の人と知り合えて、留学先になじみやすい
  • 家族との会話が語学の勉強になる
  • デメリット
  • 家庭のルールや生活時間に合わせる必要がある
  • 通学に時間がかる場合がある

【同世代の学生と共同生活】学生寮・学生レジデンス

授業外でも学校の友達と交流する機会が増える

語学留学の場合、数は限られてきますが、寮や学生レジデンスを利用できるところがあります。大学付属の語学学校では大学寮での滞在が可能なところや、大規模な学校では専用の寮を所有している場合も。さまざまなタイプがありますが、いずれも部屋数に限りがあり、シェアルーム(2~4人程度で同じ部屋を利用)の場合も多く見られます。部屋割は学校側が手配します。人気の寮は早くから満室になるので、検討する場合は早めに申し込むようにしましょう。
寮の利点は、何より同じ目的をもった留学生と交流する機会が増えること。放課後もクラスメイトや寮のルームメイトと過ごすことができ、友人の輪が広がります。大学寮なら現地学生や正規留学生と交流できるかもしれません。

食事はどうする?
ホームステイと異なり、食事は含まれていないのが主流です。フロアなどに共同キッチンがついているところが多く、そこで自炊をしたり、または外食したりというスタイルになります。寮によってはカフェテリアが備わっている場合があります。

寮生活の注意点
寮での生活は自己管理がとても大切。世界各国からいろいろな文化や習慣をもった学生が集まって生活しているので、最初にルールやマナーをしっかりと確認してください。ルームメイトがいる場合は、お互いに気持ちよく暮らせるよう心がけましょう。
たくさんの人が出入りするので、貴重品の管理には特に注意を。プライバシーはあまりないと考えたほうがよいでしょう。
週末などはパーティなどが開かれる場合があります。多くの人と交流する楽しい機会ですが、騒ぎすぎて迷惑にならないように気を付けるのも忘れずに。

寮・レジデンスのメリット・デメリット

  • メリット
  • 周囲の人が同年代で、友達ができやすい
  • 学校に近いところが多く、通学に便利
  • いつもにぎやかなことが多く、さびしくない
  • デメリット
  • 人気が高く空き室がないことも
  • 男女共同の寮が多い・一人部屋が少ない
  • 賑やかでプライベートの時間が作りにくいことも

【海外滞在に慣れた人なら】アパート・ルームシェア

リーズナブルな長期滞在が可能

長期滞在の場合、アパートを借りて住む滞在形態も選択肢の一つ。語学学校で仲良くなった友達と一緒にルームシェアやフラットシェアを考える場合もあるでしょう。自分の好きなエリアや部屋を選ぶことができ、また賃料の安い部屋を探すこともできるので、自由度が最も高い滞在スタイルです。
部屋探し続きにはある程度の知識や語学力が必要になります。トラブルの際も自分で責任を持って解決できる程度のコミュニケーション力と自活力が求められますので、上級者向きの滞在形態といえます。留学初心者の方は、まず海外生活に慣れてからチャレンジすることをおすすめします。

アパートはどうやって探せばいい?
アパート情報は、現地の新聞広告や学校の掲示板などで入手できます。気に入った物件があれば、大家さんに電話して実際に見に行ってみましょう。内見では、立地・設備などを確認し、入居前に故障していないかしっかり点検を。家具はついている場合とまったくついていない場合があります。
契約をする場合、通常半年以上の入居を条件としています。契約の前には、契約内容をよく理解して、注意深く行いましょう。
語学学校の滞在手配係がアパートの手続きを代行してくれる場合もあります。スタッフに相談するとよいでしょう。

アパートのメリット・デメリット

  • メリット
  • 安い部屋を自分でみつけることができる
  • 自分のプライベートな時間・空間を確保できる
  • デメリット
  • 部屋探しや契約に手間がかかる
  • 生活用品などを自分でそろえる必要がある
  • 短期滞在の場合は利用できないことが多い

 

【海外滞在に慣れた人なら】アパート・ルームシェア

さまざまなスタイルから選択可能

シンプルな部屋からゆったりした部屋まで自分に合った部屋を選べます。他人に気を使うことなく自分のペースで生活が可能です。もし合わない場合、特に大きな手続きなど必要なく、他のホテルへ移動できます(時期や学校により、そうでない場合もあります)。
また、留学タイムズではスリランカのビーチリゾートホテルに滞在しながら、マンツーマンレッスンを受けることができるプランも取り扱っています(お申込み2週間以上)。

ホテル滞在方法
学校が手配する場合もありますが、自己手配の場合は日本語で検索できるサイトも多数存在します。現地に行って探す場合は、ハイシーズンのため混み合い、高いホテルしか空いていない、もしくは学校から遠い場所しか滞在できないなど、ハイリスクです。事前予約をした方が良いかと思われます。

ホテルのメリット・デメリット

  • メリット
  • 部屋のタイプを選べる
  • 自分のペースで滞在可能
  • デメリット
  • アパート・寮などに比べやや割高なことが多い