韓国の首都であるソウルは韓国の人口のおよそ1/4が集中する大都市であり、近代的な高層ビルと歴史的な建物が調和する魅力的な街です。ソウルは日本から飛行機でわずか3時間ほどで行くことができるうえ、生活水準はほぼ日本と変わらないのでとても便利に暮らすことができます。交通機関は充実しており、特に地下鉄・バスはソウル市内をほぼ網羅しているので便利です。どこへでも簡単に行けるため、日本の首都圏と同じ感覚で移動することができます。韓国語は日本語とよく似ており、日本人が最も覚えやすい外国語といわれていますので、努力次第で短期間でもかなり上達することができるでしょう。治安はよく、女性一人で散策などが可能なほどですが、ぼったくりには注意が必要です。日本はかつて韓国を植民地化していた背景より、反日感情が懸念されますが、若者を中心に親日家の人たちもたくさんいるので、あまり神経質になる必要はありません。物価は日本よりも安く、留学費用を抑えたい人や長期留学を希望している人にもおすすめです。

ソウルで留学できる学校一覧

ソウルってどんな都市?気候や文化について

羽田空港や成田空港からは2時間40分程、福岡空港からは1時間30分程で行くことができるソウルは、エステやショッピング、グルメなど盛りだくさんで多くの人が観光に訪れます。

そんな身近な街『ソウル』への留学を考えている方に向けて、ソウルの基本情報と留学をするメリットをご紹介いたします。

グルメやシッピングにエステなどが揃っている大都市ソウル

近年は韓国ドラマやK-POPの影響で日本でも韓国料理や韓国風メイクが大人気です。韓国ドラマのファンになって韓国語に興味を持ち始める人も多く、K-POPの歌手のメイクをきっかけに韓国製のメイク道具も人気があります。

留学でソウルに行けば、勉強の合間に美味しい韓国料理やショッピングを楽しむことができます。

ソウルは日本と同じように四季がある

ソウルは日本と同様、春・夏・秋・冬の四季がはっきりしています。春は黄砂対策でマスクが必要なので、春に留学する人は忘れないようにしましょう。

夏は30度を超える日も多く、蒸し暑い日が続きます。そして、真冬はマイナス6度から7度程になることがあるので防寒対策が必要です。

日々進化している街

韓国のなかでもソウルは特に日々進化していて、訪れた人は街の様子に驚くでしょう。2014年にオープンした“東大門デザインプラザ”のような近未来的な建物や、SNS映えするおしゃれなカフェなどたくさんのおしゃれスポットがあります。

ソウルに留学するメリットは?

ソウルに留学するメリットはどのようなものがあるかご紹介します。

教育水準が高く熱心な学生が多い

韓国は幼い頃から英語や算数などを習い始めて、5歳頃にはピアノや絵などを始めるほど教育熱心です。そして、日本でもニュースになるほど大学入試にはとても力を入れています。

ソウルでは子どもの頃から大学入試に向けて勉強をし、全体的に教育水準が高い学生が多いなかで学べるので、留学中もまわりの学生の勉強に対する熱心な姿勢に感化されて集中できるでしょう。

日本から近く渡航費用が安く済む

ソウルへの留学のメリットのひとつに、渡航費用が安いということがあります。日本から約2時間ほどでソウルまで行くことができるので、金銭的にも身体にも負担が少ないのがメリットと言えます。

飛行機で何十時間もかかる場所にいるよりも、日本から2時間程度で帰って来れる場所にいることは安心感にも繋がります。

種類が豊富なソウルフードが堪能できる

韓国料理が好きな人にはソウルはたまらないスポットです。ビビンバ、サムギョプサル、タッカルビ、サムゲタンなど様々な本格的な韓国料理が本場で楽しめます。お店はもちろん、たくさんの屋台もあるので留学中に色々なところを訪れることができますよ。

ソウル留学で人気・おすすめの学校は?

ソウル留学でおすすめの学校を特徴とともにご紹介します。

Easy Korean Academy

Easy Korean Academy-2

ソウル南部にある韓国語学校で、韓国で暮らしている日本人スタッフが常駐しているため、初めて韓国で勉強する方も安心です。

最寄り駅から徒歩7分の場所にあり、ショッピングやグルメスポットが充実しているエリアの江南地区に立地しています。

日本人を対象にした短期コースは、韓国語のコミュニケーションアップだけではく韓国の文化が体験できる授業もあります。

この学校の詳細を見る

ソウル留学にかかる費用はどれくらい?

ソウルに留学したとき、一体どのくらいの費用がかかるのでしょうか?費用が学校によって異なりますが、韓国の中でも有名な大学は学費が高めです。

短期の留学なら20万円程度

ソウルへの短期留学費用は20万円程度です。その内訳は以下の通りです。

  • 学費:約4~7万円程
  • 渡航費:約2~6万円程
  • 滞在費:約5~8万円程
  • 生活費:約5~8万円程

語学留学の場合、午前中で授業が終わって午後はフリータイムになることが多いので、空いた時間でショッピングや韓国料理を楽しめます。楽しみたい方は滞在費を多めに持っていくと良いでしょう。

1年の長期留学の場合

ソウルで1年程留学するとしたら、それなりに費用がかかります。大学の学費は学校によって差があり、1番安い学費と1番高い学費の差は1年で20万円程あるので、学校を選ぶときに学費をしっかり確認しましょう。

また、住居ですが韓国では欧米のようなホームステイが主ではありません。光熱費と食費が家賃に含まれている“下宿”や、共同キッチンで自分で料理をする“考試院”、大学の学生寮のような“寄宿舎”で暮らすことになります。

1年間の留学でかかる費用は約200~246万円程で、内訳は以下の通りです。

  • 学費:約80万円程
  • 渡航費:約2~6万円程
  • 滞在費:約60~80万円程
  • 生活費:約50~80万円程

ソウル留学する際の必要な手続き・注意点は?

90日以内の留学ならビザの申請は不要

近年、韓国を訪れる人は多くなっていますが、韓国に滞在するのが90日以内の場合はビザの申請は不要です。

目的に合わせたビザの種類がある

留学の期間が90日を超えるときにはビザを取得する必要があります。91日以上の滞在の場合、大学付属の語学堂、国公立の学校へ行く場合は“一般研修(D-4)”ビザの取得が必要です。

ビザの申請には時間がかかるので早めに手続きする

ビザを申請するためには必要書類を用意ししたり、写真を用意しなければなりません。書類の用意を始めてから申請し、発行まで時間がかかるので余裕を持って早めに申請しましょう。

韓国料理を楽しみながら韓国語を学ぼう!

韓国は日本から約2時間で行ける身近な外国です。韓国語を学びながらショッピングやグルメを楽しめるところも楽しみのひとつと言えます。日々、進化しているソウルで留学を体験してみませんか?