港町リバプールはイギリス北部に位置し、ビートルズ生誕の地として多くの観光客が足を運ぶ人気都市です。世界遺産にも登録されている港一帯は、グレードIに指定されている建築物がイギリスで一番多く残っています。夜景の美しさは特に有名で、訪れる人の心を掴んで離しません。リバプールは交通機関が整っており、ロンドン中心地から電車で約2時間で着くことができます。空港からのアクセスが良いため、ヨーロッパ各国からの留学生が多いのが特徴です。パブやレストラン、ショッピングモールなどは街の中心に集まっているので、放課後のアクティビティも退屈することなく楽しく留学生活を送ることができるでしょう。そんなリバプールへの留学を検討している方へ、留学するメリットや注意点、おすすめの語学学校をご紹介します。

リバプールで留学できる学校一覧

リバプールってどんな都市?気候と文化について

欧州文化首都として登録されている、有名な港町「リバプール」です。リバプールは、イギリス北西部にある人口約50万人ほどの街で、スポーツだけでなく芸術文化も発展し、世界遺産も多く残っています。

スポーツや芸術文化の中心地

ビートルズ誕生の街であり、街の中心の雰囲気は、いまでもビートルズ一色です。現在でも多くのビートルズファンが、ビートルズゆかりの地として訪れています。

その他にも多くの有名ミュージシャンやアーティストを輩出しており、サッカーにおいては「リバプール・フットボールクラブ」の拠点でもあるため、スポーツも大変盛んです。

世界遺産の港町

大英帝国時代に海洋貿易の拠点として栄え、現在は世界遺産にも登録されている港のエリアです。

重要な建造物の一部は、美術館や博物館として公開されています。特にリバプールのランドマーク的な存在である「リバプール大聖堂」は国内でも最大級の大きさで、頂上からはリバプール全体を見渡すことができます。

夏は過ごしやすく、冬は寒い

リバプールの夏は快適で過ごしやすいですが、冬は非常に寒くなります。秋以降は冷え込んでしまうので、暖かい服装を用意しておくことが大切です。ベストシーズンは5月~7月で日没も遅いので、街歩きを楽しむこともできます。

リバプールに留学するメリットは?

サッカー好きにはたまらないリバプール

リバプールは、リバプールFCとエヴァートンの2つのサッカークラブの拠点であり、サッカー好きやフットボール好きにはたまらない場所です。チームの試合が行われるときには、町全体をあげてお祭り騒ぎとなり、大賑わいです。

徒歩圏内でなんでもそろう

リバプールは小さい街であり、徒歩圏内で何でもそろいます。ロンドンまで電車で2時間半の場所でもありますが、リバプールでもショッピングや観光、食事などすべて問題なく解決するのも魅力です。

日本人が少なく英語に集中できる

リバプールへの語学留学はヨーロッパからの生徒が多く、日本などアジア系の学生は少ないのが特徴です。日本人が少ないので、英語に集中しやすい環境と言えるでしょう。授業中だけでなく、日常生活の中でも英語での会話が多く、自然と生きた英語力を身に付けることができます。

リバプール留学で人気・おすすめの学校は?

Kaplan International English, Liverpool

Kaplan International English, Liverpool-4

世界各国に校舎のあるグループ校のリバプール校です。コミュニケーションを中心とした実践的な授業内容のため、コミュニケーション力をつけるとともに、英語力を高めることができます。

校舎はキャバーンクォーターの近くで、おしゃれなショップやカフェが立ち並んでおり、充実した学生生活を送ることができます。授業後にも、自宅でオンライン学習ができるので、分からないところをしっかりと学ぶことができます。

この学校の詳細を見る

リバプール留学にかかる費用はどれくらい?

イギリスへの語学留学の場合、留学必要は1週間で18~30万円、1ヶ月では45~68万円といわれています。その中でも、現地で生活をするのにはいくら必要なのでしょうか。

現地での生活費は1ヶ月約10万円

1ヶ月の生活費が約10万円というのは、家賃を差し引いた金額です。食費や交通費、交際費、雑費などもあり、外食を続けると、想像以上に食費がかかってしまうものです。生活費などは、余裕をもって用意しておくことをおすすめします。

リバプール留学する際の必要な手続き・注意点は?

イギリス、リバプールへの語学留学の場合はビザの取得が必要です。申請は、東京と大阪にある英国ビザ申請センターで行います。

留学のビザは3種類

学生ビザ「Student Visa(Tier 4)」

1年以上の長期イギリス留学ビザです。留学先の入学証明証、英語力の証明、財政証明が必要です。現地でのビザの延長も可能であり、大学などの学校を卒業した後は、就労が可能です。

短期学生ビザ「Short-Term Study Visa(6ヶ月以内)」

6ヶ月未満の短期イギリス留学ビザで、入国審査時に取得できるビザです。日本でも取得でき、留学先の入学許可証が必要となります。英語力を証明する必要はありませんが、ビザを延長したり、イギリスで就労することはできません。

短期学生ビザ「Short-Term Study Visa(7ヶ月~11ヶ月まで)

7ヶ月~11ヶ月までの短期学生ビザで、留学先の学校から入学許可証が必要です。滞在資金を証明する必要はなく、英語レベルの証明も必要ありません。留学先で就労はできず、ビザを延長することも不可能です。

申請は出発の3ヶ月前から可能

ビザの申請は、リバプールへ出発する3ヶ月前から行うことができます。時間があるように感じますが、留学先の学校から書類を取り寄せたり、ビザ発行に時間がかかったりするため、できるだけ早く申請するようにしましょう。

サッカーが盛んな街で楽しく学ぼう

リバプールへはサッカー留学も多いですし、語学留学も穴場です。日本人が少ないのも、英語を集中して学ぶことができますし、生活の中で生きた英語を学ぶことができるためメリットとなるでしょう。

授業終わりや休日には、友人たちと一緒にサッカーしたり、夜はパブで楽しんだりと楽しい留学生活を送ることができます。リバプールへの留学を考えている人は、ぜひ検討してみてくださいね。