イギリス東部に位置するケンブリッジは、ケンブリッジ大学をはじめとする学術都市でありつつ歴史的建造物が多く残る、過去と現在が融合した街です。最近では、「シリコン・フェン」ともいわれるハイテク産業の中心地でもあり、英語を学ぶだけでなく、最先端技術を身近で学ぶことも可能です。ケンブリッジへの留学は、あらゆる視野を広げるためにもおすすめです。ケンブリッジ留学の特徴やメリットを解説するとともに、おすすめの学校も厳選してご紹介します。

で留学できる学校一覧

ケンブリッジってどんな都市?気候や文化について

人口12万人のケンブリッジは、歴史情緒あふれる街並み、多くの自然がある街です。最近では、イギリスにおけるハイテク産業の中心地でもあります。

イギリスでも群を抜いて美しい学術都市

ケンブリッジは、ケンブリッジ大学を中心とした世界有数の学術都市といわれており、人口の約1割が大学生です。街には30以上のカレッジがあり、まとめて「ケンブリッジ大学」呼ばれています。

世界トップレベルの大学であり、多くの自然と歴史的建造物が調和し、イギリスの中でも別格の美しさです。

日本と同じ四季のある気候

ケンブリッジは、日本の北海道と同じ高さに位置しており、日本と同様に四季があります。比較的温暖な気候であり、夏は半袖+カーディガン、冬はコートやマフラーを着用します。

「1日に四季がある」といわれるほど、天気が変わりやすいケンブリッジですが、突然雨が降ったりするものの長く降り続くことはなくすぐ止んでしまうので、現地の人はあまり傘をささずに過ごします。

ゆったりとしたケム川の流れ

街の中心には、穏やかな流れのケム川があります。ケンブリッジを象徴するものであり、活気のある学生の街と静かな流れのコントラストが象徴的です。ケム川の土手には、芝生があり、穏やかな季節には多くの学生がケム川の近くで過ごします。

ケンブリッジに留学するメリットは?

日本人が少数の環境

日本人の留学先として人気のロンドンに対し、ケンブリッジは日本人が少ない現状があります。そのため、英語のみの環境となり、語学習得に集中しやすくなります。

日本人が多いと日本語を話す機会が自然と多くなりますが、日本人が少数の環境だと必然的に英語を使う機会が多くなり、英会話の上達も早くなります。

学生にやさしい街

人口の約1割が大学生のケンブリッジは、学生にやさしい街でもあります。多くの飲食店で、学割を使用することができ、学生が勉強に集中できるような環境が整っています。

また、教育レベルも高く世界大学ランキングの上位にランクインしており、ケンブリッジの土地には世界最高峰の教育が根付いています。

治安が良い

イギリスの中でも治安が良い街といわれるのがケンブリッジです。安心して留学生活を送るためには、治安の良さはとても重要です。

しかし、いくら治安が良いとは言っても、夜中に人通りの少ない場所を歩かない、貴重品は肌身離さずに持つなどの防衛はしっかり行うようにしましょう。

ケンブリッジ留学で人気・おすすめの学校は?

EC Cambridge

EC Cambridge
伝統的な建物に囲まれた場所にある語学学校です。世界各国に展開しているECグループの学校であり、申し込みと同時に日本でもスタートできる無料オンライン学習があるのも特徴です。

また、無料英語ワークショップも充実しており、実際に「使える英語」を身につけることができます。

この学校の詳細を見る

Eurocentres Cambridge

Eurocentres Cambridge-1
創業70年以上の老舗大規模グループ校であり、授業だけでなく学習環境、教師の選定にまで高い評価を得ている語学学校です。授業では、生徒一人ひとりに合わせて構成された学習プランと継続的なフィードバックを行い、楽しみながら語学を習得することができます。

校内にはカフェテリアやテラスもあり、“青春”を送りながら英語を学ぶことができるのは魅力的でしょう。

この学校の詳細を見る

Studio Cambridge

Studio Cambridge
45ヶ国以上の学生が集まり、ケンブリッジ大学所有の建物で学べる語学学校です。ケンブリッジでは最も歴史が古く、規模も大きいですが、教師も生徒もフレンドリーな環境で英語を学ぶことができます。

無料アクティビティも豊富で、授業以外の時間でも多く英語を話す機会があります。

この学校の詳細を見る

Kaplan International English, Cambridge

Kaplan International English, Cambridge-4
ケンブリッジの中心地より少し離れた、静かな住宅地にある語学学校です。創立80年の老舗語学学校グループであり、楽しく英語が学べるよう授業も工夫されています。

日本人の生徒は約2%と少ないので、必然と英語を話す環境になるのもメリットです。英会話力だけでなく、コミュニケーション力を向上させたい人にもおすすめです。

この学校の詳細を見る

Stafford House, Cambrige

Stafford House, Cambrige-4
創立65年以上の語学学校で、アメリカやカナダにも校舎があります。授業中にも楽しくコミュニケーションがとれるよう工夫されており、毎月チュートリアルもあるので、目標を設定しながら着実に英語力を伸ばすことができます。

有名な観光地も近いので、休日には友人と英語で観光地巡りもおすすめです。

この学校の詳細を見る

ケンブリッジ留学にかかる費用はどれくらい?

1ヶ月で約30~50万円が必要

ケンブリッジ留学にかかる費用は、1ヶ月30~50万円といわれています。

  • 学費:15~25万円程度
  • 滞在費:8~14万円程度
  • 生活費:4~7万円程度
  • 渡航費(往復):10~18万円程度

なお、学費や寮費などは、留学先の学校によって変わってきます。

またイギリスにはパブの文化があり、夜になると友人たちとお酒を飲むことが多くなります。そのため、生活費は余裕をもっておくことが重要です。

ケンブリッジ留学する際の必要な手続き・注意点は?

留学用のビザは3種類

  • Short-term study visa (Up to 6 months):滞在6ヶ月以内の学生ビザ
  • Short-term study visa (Up to 11 months):滞在7ヶ月以上~11ヶ月以内の学生ビザ
  • Tier 4 student visa:一般的な学生ビザであり、12ヶ月以上の留学生向けビザ

イギリスに滞在する場合、滞在期間が6ヶ月以内であればビザの申請は必要ありません。しかし、就学のための入国には入学許可書や資金証明などの書類が必要となるので、ビザを申請しておくほうが良いでしょう。

ビザ申請センターは東京と大阪のみ

イギリスのビザは、大使館が発行するものではなく、イギリスの機関「ホームオフィス」が管理しています。そのため、ビザ申請センターは東京と大阪の2ヶ所のみとなっており、また郵送での受付はできず、出向き申請が必要となっています。

学生の街で多くの友人に出会おう

「学生にやさしい街」といわれるほど、学生にとって過ごしやすい街であるケンブリッジです。多くの人と出会えて英語が上達するだけでなく、ハイテク産業の中心地でもあるので、最先端の技術も身近で感じることができる環境です。

将来を見据えるきっかけにもなりますし、多くの刺激を受けやすいでしょう。過去と未来が混ざり合う文化を肌で感じることができるケンブリッジへの留学を、ぜひ検討してみてください。