ニュージーランドは全体的にのんびりした雰囲気なので、落ち着いた環境で生活されたい方に向いています。また、スキーやスノーボード、バンジージャンプ、サーフィンなどアウトドアアクティビティを楽しみたい方にもオススメです。
ニュージーランドのワーキングホリデービザは1年間滞在が可能ですが、農場でアルバイトをした場合3カ月延長できます。充実したワーキングホリデー生活を送れるように、ビザの申請方法、学校・仕事・滞在先選び・食事・旅行のコツなど説明致します。

どうやってニュージーランドのワーキングホリデービザを申請するの?

ニュージーランドのワーキングホリデービザを申請する場合、大使館のホームページからビザを申請します。申請の際には個人情報の他、指定された病院でレントゲン検査なども必要です。移民局で審査が行われた後、ワーキングホリデービザが発給されます。

ニュージーランドのワーキングホリデーは何歳まで申請できるの?

ニュージーランドのワーキングホリデービザは18~30歳の方のみ申請可能です。渡航時に31歳の方でも問題ありません。

どれくらいの期間滞在できるの?

ワーキングホリデービザでは「1年間」ニュージーランドに滞在可能です。
ニュージーランドの農場でバイトを行うと、更に3カ月滞在期間を延長できます。

就学可能な期間は?

6カ月就学可能ですので、一般英語コースを受講後、色々なコースを受講できます。

労働できる期間は?

労働できる期間は特に定められていません。1年間ずっと働くことも可能ですが、せっかくなので、仕事以外にも色々挑戦してみましょう。

ニュージーランドでワーキングホリデーをする場合、語学学校は行った方が良いの?

ニュージーランドでのワーキングホリデー生活をより充実させるため、語学学校へ通われることをオススメします。語学学校へ通うメリットですが、大まかに分けて下記の通りです。

仕事に役立つスキルを学べる

日本とニュージーランドは履歴書の書き方が全く違うので、先生や先輩に積極的に声をかけて教えてもらいましょう。また、語学学校ではビジネス英語、試験対策、ワークプレイスメントコースなど、仕事に役立つコースを取り扱っている学校が多々あります。現地でアルバイトをする際だけでなく、帰国後の就職活動にも役立つので是非受講してみましょう。コースの詳細はお気軽にお問い合わせください。

リアルタイムで色々な情報が手に入る

近所の安いスーパー、シェアハウス情報、写真スポットなどネットにまだ載ってない情報も含め、先生や先輩に色々聞くことができます。今後、ニュージーランドで生きていく上で、役に立つ情報を取り入れましょう。

実践的な英語スキルが手に入る

TOEICの点数は高いが会話ができない…。そのような方は多いのではないでしょうか。語学学校はコミュニケーション中心の授業が多いので、日常生活で使える英語力が上がります。また、語学学校でできた友人と放課後や休み時間に話すことも重要な英語の勉強法のひとつです。

ニュージーランドでワーキングホリデーをする場合、どれくらい費用がかかるの?

ワーキングホリデービザはいわば1年間ニュージーランドに滞在できるビザです。そこで何をするかにもよりますが、100万円以上持っていくと良いでしょう。

    語学学校へ行く→アルバイトを始める→旅行をする

上記の場合、必要なものは大まかに分けて『学費』『滞在費』『食費』『旅費・娯楽費』ですね。
現地に行ってそのままアルバイトを探される方はもっと費用を抑えられますが、せっかく海外に行くのであれば色々体験したほうが良いでしょう。

学費

まず、ニュージーランドでワーキングホリデーをする目的を考えてからコースを選びましょう。語学力を上げたいという目的であれば、一般英語コースを選ぶと良いですが、せっかくニュージーランドへ行くのであれば、色々挑戦してみましょう。語学学校はビジネス英語や試験対策コース、ワーキングホリデー向けのコースも取り扱っているところも多々あるので、お気軽にお問い合わせください。将来のことを考えるとお得です。

滞在費

ニュージーランドの文化を知るためにはホームステイがオススメです。ホストファミリーのお手伝いをすることにより、生活のコツなど知ることができるでしょう。
ニュージーランドは現在家賃が上昇傾向にあり、東京より高いです。ですので『フラット』と呼ばれるシェアハウスのようなスタイルが広まっており、多くの方が利用されます。1部屋を誰かとシェアする方法が安いですが、ルームメイトは日本人以外にしましょう。会話力が上がります。ご自身で探される場合は治安面も含め、周りに相談してください。また、語学学校では寮やアパートなど紹介可能です。

食費

ニュージーランドで売られているピザは日本より安く、ハンバーガーは気軽に買えるものから、健康志向に重点を置いた値段の高いものまであります。長期滞在をお考えの方は、スーパーへ行き自炊をしても良いかと思われます。農業が盛んな国なので、野菜や果物が安く購入できます。『Pak’nSave』はニュージーランドの格安スーパーとして有名です。

旅費・娯楽費

ニュージーランドは都心で暮らしている方から見ると、娯楽施設はかなり少ないです。その代わり、自然が豊かなのでアクティビティを思いっきり楽しめます。特にクイーンズタウンはバンジージャンプやカヤッキング、釣りなどが有名です。ニュージーランド国内を旅する場合、バスや電車など交通手段は多くありますが、ヒッチハイクも盛んです。ですが、もし危ない方の車に乗ると大変なことになるので、控えましょう。
オーストラリアは隣の国なので飛行機で行きやすく、ついでに観光される方も多くいます。

ニュージーランドでワーキングホリデーをする場合、保険は加入したほうが良いの?

ニュージーランドへ行く場合、現地で何が起こるか分からないので、海外保険には必ず加入しましょう。留学タイムズではAIGと業務提携を結んでいるので、是非ご相談ください。

ニュージーランドでどうやって仕事を見つけるの?

初めてニュージーランドで仕事を探される場合、どうすれば良いか不安になるかと思います。大まかに分けて下記を通じて仕事を探せます。語学力がない方は、日本食レストランや土産屋で働く方が多いです。語学力がある方が、選べる仕事の範囲が広がるので、語学学校でしっかり英語を身につけましょう。

・インターネット
・張り紙
・友人や先輩のツテ
・新聞・日本人向け情報誌

日本人に有名なニュージーランドの情報サイトは『NZdaisuki.com』です。求人情報だけでなく、生活に役立つ情報も載っています。お店に張られている求人情報を見て連絡する方法や、語学学校の先輩や寮にいる人に求人情報を尋ねるのも良いでしょう。日本人向けニュージーランドの情報誌として有名な『Gekkan NZ』で探される方もいます。
ニュージーランドの最低時給は現在NZ$17.70です。

ニュージーランドで失敗しないワーキングホリデーの方法は?

ニュージーランドに滞在中、日本人同士で固まらないようにしましょう。色々不安もあるかと思いますが、語学力が伸びなくなります。また、いくら治安の良いニュージーランドとはいえ、スリに気を付ける・夜中に人気のない道は通らないなど、最低限のことは気を付けましょう。
せっかく1年間もニュージーランドに滞在できるビザなので、色々なことに挑戦しましょう。

ニュージーランドでワーキングホリデーをお考えの方にオススメの語学学校3選

ABC College of English

4週間:約260,100円(学費+滞在費(ホームステイ)+食費)
(NZ$1=85円)

観光地として人気が高いクイーンズタウンにある語学学校です。校舎からは山や湖など美しい自然を眺めることができます。この語学学校は小旅行を含めアクティビティが豊富です。一般英語コースの他に、ワークプレイスメントコースがあり、ホテルやレストラン、ショップなどで働くことができ、ホスピタリティーを学べます。他にも英語+スキー&スノーボードインストラクター養成、ボランティア、ゴルフ、試験対策などコースが豊富です。

この学校の詳細を見る

Auckland Institute of Studies (AIS)

4週間:約200,600円(学費+滞在費(ホームステイ)+食費)
(NZ$1=85円)

オークランドにある広大な語学学校で、校内に学食・体育館・スポーツジムなどの設備が揃います。街の中心地から学校間にシャトルバスが運行しているので、通学や観光しやすいです。一般英語コースの他、ツーリズムマネージメント・ホスピタリティーマネージメント・インフォメーションテクノロジーなど、仕事で役立つコースが多くあります。

この学校の詳細を見る

CCEL Christchurch

4週間:約265,030円(学費+滞在費(ホームステイ)+食費)
(NZ$1=85円)

クライストチャーチのカンタベリー大学内にある語学学校で、大学の施設が利用でき、キャンパスライフを堪能できます。また、クラブに参加できるなど現地大学生との交流を持てる機会もあります。普通の一般英語コースの他、日中働きたい向けの夜間授業、仕事探しプログラムなどもあります。

この学校の詳細を見る

ニュージーランドのワーキングホリデーのまとめ

・勉学だけでなく、アルバイトや旅行など、色々なものに挑戦する
・ニュージーランドは治安が良いがスリなど犯罪には最低限、気を付ける
・日本人ばかりと話さず、色々な国の人々と積極的にコミュニケーションを取る

ニュージーランドでワーキングホリデーをする場合、帰国後に後悔しないように滞在しましょう。英語力を上げるだけでも良いのですが、色々経験され、将来ご自身の人生に役立てるように目的を立てて行くと良いでしょう。また、ニュージーランドは治安が良く暮らしやすい国ではありますが、夜中に人気のない道を通らないなど、最低限自分の身を守るように気を付けましょう。危ない人についていくのは良くないですが、できるだけ色々な人と仲良くなり、友達をたくさん作りましょう。