アルゼンチンは自然が自然が美しく、見どころが多い国です。また、安くスペイン語を学びたい方のワーキングホリデー先として、穴場な場所でもあります。アルゼンチンのワーキングホリデービザは1年間滞在が可能です。充実したワーキングホリデー生活を送れるように、ビザの申請方法、学校・仕事・滞在先選び、食事、旅行のコツなど説明致します。

どうやってアルゼンチンのワーキングホリデービザを申請するの?

アルゼンチンのワーキングホリデーの申請されるためには、必要書類(パスポート、ビザ申請書、証明写真、犯罪履歴証明書、資金証明書(US$2,500)など)を大使館へ持参してください。

ビザ申請書:US$150

※アルゼンチンは2017年にワーキングホリデー協定国になったばかりですので、情報が大きく変わる場合もあります。最新情報は大使館へお問い合わせください。発給数は年200です。

アルゼンチンのワーキングホリデーは何歳まで申請できるの?

アルゼンチンのワーキングホリデービザは18~30歳の方のみ申請可能です。そのため、渡航時に31歳でも問題ありません。

ワーキングホリデービザではアルゼンチンにどれくらい期間滞在できるの?

ワーキングホリデービザでは「1年間」アルゼンチンに滞在可能です。勉強だけでなく、アルバイトや旅行など、さまざまな事に挑戦しましょう。

就学可能な期間は?

アルゼンチンのワーキングホリデービザでの就学期間制限に関しては、現在大使館のサイトに情報が掲載されていないので、詳細は直接大使館へお問い合わせください。

労働できる期間は?

アルゼンチンのワーキングホリデービザでの労働期間制限に関しては、現在大使館のサイトに情報が掲載されていないので、詳細は直接大使館へお問い合わせください。

アルゼンチンでワーキングホリデーをする場合、語学学校は行った方が良いの?

アルゼンチンでのワーキングホリデー生活をより充実させるため、語学学校へ通われることをオススメします。語学学校へ通うメリットですが、大まかに分けて下記の通りです。

アルバイトに関して相談しやすい

どうすればアルバイトに受かりやすいか、面接方法・履歴書の書き方を先生に教えてもらいましょう。日本人とアルゼンチンでは文化が違うため、日本では当たり前のことが通用されないことも多いです。

リアルタイムで色々な情報が手に入る

近所にある、お手頃な価格の食材を取り扱うスーパー、シェアハウス情報、写真スポット、安い洋服店など、ネットにまだ掲載されていない情報も含め、先生に色々と聞くことができます。今後、アルゼンチンで生活していく上で、役に立つ情報を取り入れましょう。

実践的な語学スキルが手に入る

「ライティングやリーディングスキルはあるけれど、会話ができないという」
同様の悩みを抱えている方は多いかと思います。語学学校ではコミュニケーションに重点を置いているところが多く、実生活で使える語学力が身に付きます。

アルゼンチンでワーキングホリデーをする場合、どれくらい費用がかかるの?

ワーキングホリデービザはいわば1年間アルゼンチンに滞在できるビザです。現地で何をするかにもよりますが、語学学校へ通い、ハンガリーで生活する事を考えると、100万円以上持っていくと良いでしょう。アルバイトをされない方は、プラス30万円持っていくと安心できます。また、滞在する場所によっても相場は変わります。

    語学学校へ行く→アルバイトを始める→旅行をする

上記の場合、必要なものは大まかに分けて『学費』『滞在費』『食費』『旅費・娯楽費』ですね。
現地でアルバイトをされる方は更に費用を抑えられますが、せっかく海外に行くのであれば色々体験したほうが良いでしょう。

学費

語学学校にいる間はできるだけ日本人と話さないようにしましょう。語学学校は世界各国から人々が集まるので、色々な国の友人をつくりましょう。初めは一般語学コースを受講することをオススメしますが、ある程度語学力がついた後は、色々なコースにも挑戦してみてください。

滞在費

アルゼンチンの文化を知るためにはホームステイをすると良いでしょう。ホストファミリーのお手伝いをすることで、現地でうまく生活できる方法を知ることができます。ですがホームステイは滞在費がかかるため、ある程度の期間滞在した後は、ルームシェアまたはアパートを借りる事をオススメします。賃貸情報を探す際「アルゼンチン掲示板」などの情報サイトが便利です。アルゼンチンは東京より賃料は安いです。

食費

アルゼンチンの外食代は日本と比較すると安いので、毎日外食されてもさほど困らないでしょう。肉料理が有名ですので、肉好きにはたまりません。スーパーで食材を購入し、自炊をすると更に費用を抑えられるでしょう。

旅行・娯楽費

アルゼンチンは「ロス・グラシアレス国立公園」「カミニート」など多くの観光名所があります。行きたい場所をあらかじめ調べましょう。また、語学学校主催のアクティビティもあるので、是非参加されてください。クラスメートと仲良くなれるチャンスです。

アルゼンチンでワーキングホリデーをする場合、保険は加入したほうが良いの?

アルゼンチンへ行く場合、現地で何が起こるか分からないので、海外保険は必ず加入しましょう。留学タイムズではAIGと業務提携を結んでいるので、是非ご相談ください。

アルゼンチンでどうやって仕事を見つけるの?

アルゼンチンで働く日本人はほとんどいませんが、アルバイトをされたい方は以下の方法で仕事先を探すと良いでしょう。

・友人・知人のツテ
・インターネット

アルゼンチンで職探しをされる際、知り合いのツテを利用しても良いでしょう。そのために色々な方と仲良くなりましょう。また、インターネットから求人情報を見つける方法もあります。アルゼンチンの時給は日本と比べると安いところがほとんどですが、アルゼンチンを深く知る良い経験になるでしょう。

アルゼンチンで失敗しないワーキングホリデーの方法は?

アルゼンチンは日本と比較すると物価が安いので、つい散財しないようにあらかじめ計画を立てましょう。また、治安が悪いエリアもあるので、語学学校の先生や先輩にどのエリアは近寄らないほうが良いか、最新情報を仕入れましょう。スリにはどのエリアでも気を付けましょう。アルゼンチンは自然が豊かな場所で見どころが多いので、色々な体験をされてください。

アルゼンチンでワーキングホリデーをお考えの方にオススメの語学学校

COINED Buenos Aires

1週間:約298,425円(学費+滞在費(ホームステイ)+食費)
($1=115円)

COINEDは中南米に幅広いネットワークを持つグループ校です。こちらの校舎はブエノスアイレスの歴史的建造物の中にあります。授業は一般スペイン語の他、ビジネススペイン語や医療スペイン語、スペイン語+タンゴなど、さまざまなコースを実施しています。

この学校の詳細を見る

アルゼンチンのワーキングホリデーのまとめ

・勉学だけではなく、旅行などさまざまな事に挑戦する
・治安が悪いエリアには近寄らない。スリにはどのエリアでも気を付ける
・物価が安いので、つい散財しないように気を付ける

アルゼンチンでワーキングホリデーをする場合、帰国後に後悔しないように滞在しましょう。アルゼンチンの文化を学び、アルバイトや旅行をするなど、色々な事に挑戦しましょう。そのためにはまずは語学力が必要です。しっかり勉強しましょう。もし、アルバイト先が見つからなかったとしても気持ちを切り替え、他にできることを探しましょう。時間がもったいないです。
アルゼンチンは治安が良くないエリアもあるので、立ち入らないようにしましょう。語学学校の先生や先輩に最新の情報を仕入れてください。また、貴重品の管理は常に気を付けましょう。
アルゼンチンは家賃も食費も安いので、つい散財しそうになってしまいますが、お金は計画的に使いましょう。