オーストリアは音楽が有名で、全体的にどこか洗練された雰囲気の美しい国です。公用語はドイツ語で、音楽を学びながらドイツ語も身に着けたい方に人気の留学先・ワーキングホリデー先となっています。

オーストリアのワーキングホリデービザの有効期限は、1年間。充実したワーキングホリデー生活を送れるように、ビザの申請方法、学校・仕事・滞在先選び、食事、旅行のコツなど説明致します。

無料カウンセリングで各国の現地情報を確認
スマ留

「留学費用が最大半額」で人気の留学エージェントスマ留では、1年~2年先の留学相談も受け付けています。無料カウンセリングはオンラインにも対応。全国から相談可能なので、コロナ情報をはじめとする現地の最新情報を確認してください

 

スマ留の無料カウンセリングはこちら

どうやってオーストリアのワーキングホリデービザを申請するの?

オーストリアのワーキングホリデービザは「在京オーストリア大使館」から申請証をダウンロードしてください。

印刷した申請書に必要書類(パスポート写真、パスポート、残高証明書(€30,000以上)など)を添えて、大使館に出向いて申請します。その際、事前予約が必要です。

オーストリアのワーキングホリデーは何歳まで申請できるの?

オーストリアのワーキングホリデービザは18~30歳の方のみ申請可能です。そのため、渡航時に31歳でも問題ありません。

ワーキングホリデービザではオーストリアにどれくらい期間滞在できるの?

ワーキングホリデービザでは「1年間」オーストリアに滞在可能です。勉強だけでなく、アルバイトや旅行など、さまざまな事に挑戦しましょう。

就学可能な期間は?

オーストリアのワーキングホリデービザでの就学期間制限に関しては、現在大使館のサイトに情報が掲載されていないので、詳細は直接大使館へお問い合わせください。

労働できる期間は?

オーストリアでワーキングホリデービザでの労働期間制限に関しては、現在大使館のサイトに情報が掲載されていないので、詳細は直接大使館へお問い合わせください。

オーストリアでワーキングホリデーをする場合、語学学校は行った方が良いの?

オーストリアでのワーキングホリデー生活をより充実させるため、語学学校へ通われることをオススメします。語学学校へ通うメリットですが、大まかに分けて下記の通りです。

アルバイトに関して相談しやすい

どうすればアルバイトに受かりやすいか、面接方法・履歴書の書き方を先生に教えてもらいましょう。日本人とオーストリアでは文化が違うため、日本では当たり前のことが通用されないことも多いです。

リアルタイムで色々な情報が手に入る

近所にある、お手頃な価格のスーパー、シェアハウス情報、写真スポット、安い洋服店など、ネットにまだ掲載されていない情報も含め、先生に色々と聞くことができます。今後、オーストリアで生活していく上で、役に立つ情報を取り入れましょう。

実践的な語学スキルが手に入る

「ライティングやリーディングスキルはあるけれど、会話ができない」
同様の悩みを抱えている方は多いかと思います。語学学校ではコミュニケーションに重点を置いているところが多く、実生活で使える語学力が身に付きます。

オーストリアでワーキングホリデーをする場合、どれくらい費用がかかるの?

ワーキングホリデービザはいわば1年間オーストリアに滞在できるビザです。現地で何をするかにもよりますが、語学学校へ通い、オーストリアで生活する事を考えると、130万円以上持っていくと良いでしょう。

アルバイトをされない方は、プラス50万円持っていくと安心できます。また、滞在する場所によっても相場は変わります。

    語学学校へ行く→アルバイトを始める→旅行をする

上記の場合、必要なものは大まかに分けて『学費』『滞在費』『食費』『旅費・娯楽費』ですね。
現地に行ってそのままアルバイトを探される方はもっと費用を抑えられますが、せっかく海外に行くのであれば色々体験したほうが良いでしょう。

学費

語学学校にいる間はできるだけ日本人と話さないようにしましょう。語学学校は世界各国から人々が集まるので、色々な国の友人をつくりましょう。

まず、一般ドイツ語コースで語学力を上げた後「ビジネスドイツ語」「音楽」「仕事体験」など、興味のあるコースに挑戦してみましょう。コースについての詳細はお問い合わせください。

滞在費

オーストリアの文化を知るためにも、ホームステイをすることをおすすめします。ホストファミリーのお手伝いをすることで、現地でうまく生活できる方法を知ることもできます。

ただし、ホームステイは滞在費がかかるため、ある程度の期間滞在した後はルームシェアまたはアパートメントを借りた方が節約は可能です。

オーストリアの家賃は日本に比べるとウィーン中心部は都心より高めですので、少し離れた郊外がおすすめ。「WILLHABEN」というサイトで探せます。また「ウィーン観光情報」では、ウィーンで生活する際に便利な情報だけでなく、滞在情報も手に入ります。

食費

オーストリアはチップ代金も含めると日本に比べてやや割高です。特に観光地は一気に値上がりするので、語学学校の先生や先輩に安く食べられる場所を聞きましょう。スーパーで食材を購入し、自炊をすると更に費用が抑えられます。

旅行・娯楽費

オーストリアは「シェーンブルン宮殿」「シュテファン大聖堂」など多くの観光名所があります。国内では列車やバスで移動可能で、行きたい場所をあらかじめ調べましょう。

また、オーストリアは相部屋がある格安宿も多く、そのような宿にはリビングルームがあるので、色々な国の人々と話すチャンスです。

オーストリアでワーキングホリデーをする場合、保険は加入したほうが良いの?

オーストリアへ行く場合、現地で何が起こるか分からないので、海外保険は必ず加入しましょう。留学タイムズではAIGと業務提携を結んでいるので、是非ご相談ください。

オーストリアでどうやって仕事を見つけるの?

オーストリアで働いている日本人は少ないですが、仕事の探し方は大まかに分けて下記のとおりです。

・友人・知人のツテ
・インターネット

オーストリアでの職探しをされる際、知り合いのツテを利用しても良いでしょう。そのためには色々な方と仲良くなりましょう。また、インターネットから検索して応募してみる方法も主流です。オーストリアは最低時給がはっきりしてはいません。

オーストリアで失敗しないワーキングホリデーの方法は?

オーストリアでドイツ語を学ぶ事も重要ですが、せっかく音楽が有名な国ですので、何か習い事をしてみても良いでしょう。語学学校で一般ドイツ語コースを学び、ある程度ドイツ語が身に着いた後「ドイツ語+音楽」「ドイツ語+仕事体験」など、オーストリアを深く知れるコースを受講すると良いでしょう。

オーストリアでワーキングホリデーをお考えの方にオススメの語学学校

ActiLingua Academy

4週間:約272,480円(学費+滞在費(ホームステイ)+食費)
(€1=130円)

ウィーンの大使館地区の中心地にある語学学校です。モダンな外観の校内には上品な家具やレンタル可能な新聞、DVDなどが揃います。一般ドイツ語コースはオーストリアが更に深く知れる『文化プログラム』も含まれており、市内観光やセミナー(歴史・芸術・文学など)が企画され、楽しくドイツ語が学べます。

この学校の詳細を見る

オーストリアのワーキングホリデーのまとめ

・習い事や旅行など、色々挑戦してみる
・治安が悪くない国だが、スリなど軽犯罪には気を付ける
・日本語サイトをできるだけ見ないようにする

オーストリアでワーキングホリデーをする場合、帰国後に後悔しないように滞在しましょう。ドイツ語を向上させることも重要ですが、習い事や色々ユニークなコースも受講してみましょう。

オーストリアは世界的に治安の良い国ではありますが、世界中からさまざまな人々が集まるので、スリなど犯罪には最低限気をつけましょう。オーストリアでドイツ語を学ぶ際、あまり日本人と話さないようにし、日本語サイトもあまり見ないようにしましょう。ドイツ語が伸びなくなります。

スマ留なら留学費用が最大50%OFF!

スマ留

スマ留は、以下の特徴を持つ留学エージェントです。

語学学校の生徒稼働率が低い時間の授業を有効活用することで、留学費用が従来の最大半額に。最低価格保証も付いています。
授業料・滞在費・教材費・入学金・諸手続き費用の全てがパッケージ化された料金体系のため、かかる費用がわかりやすいです。
従来のエージェントの場合は語学学校によって授業料が異なりますが、スマ留の場合は同一価格。費用を気にせずに学校選びが可能です。
英語力が不安な方も安心できる様、留学前の英語学習サポートも充実。スマ留プランを選ぶと英語学習アプリやオンライン英会話が利用できるため、最短での英語力向上を目指せます。
世界11カ国24都市に現地オフィスがあり、365日24時間現地での生活をサポート。万が一のトラブルの際も、万全のサポートが受けられます。
無料カウンセリングは、サロンだけでなくオンラインでも受けられます。申し込みもインターネットから可能なため、全国の利用者に選ばれています。

スマ留では、1~2年先の相談も受け付けており、無理な勧誘はありません。コロナをはじめ各国の最新情報を確認できますので、ぜひ一度、相談してみることをおすすめします。

無料カウンセリングはこちらから