ノルウェーはオーロラをはじめ、素晴らしい自然が楽しめる国です。治安も良く、英語もある程度通じます。ノルウェーのワーキングホリデービザでは1年間滞在が可能です。充実したワーキングホリデー生活を送れるように、ビザの申請方法、学校・仕事・滞在先選び、食事、旅行のコツなど説明致します。また、非常に物価が高い国ですので、できるだけ安く留学できる方法もお教えします。

どうやってノルウェーのワーキングホリデービザを申請するの?

ノルウェーのワーキングホリデービザは必要書類(31,902クローネ以上の残高証明書、健康診断書、パスポートの原本とコピーなど)を用意します。その際、カバーレターの作成とUDIチェックリストも必要です。カバーレターとUDIチェックリストはノルウェー大使館の公式HPから作成可能です。カバーレター作成には「3,700クローネ」かかります。その後、ノルウェー大使館に必要書類を提出する日を予約をし、書類を持って面接を受けます。審査に通ればワーキングホリデービザが手に入ります。

ノルウェーのワーキングホリデーは何歳まで申請できるの?

ノルウェーのワーキングホリデービザは18~30歳の方のみ申請可能です。そのため、渡航時に31歳でも問題ありません。

ワーキングホリデービザではノルウェーにどれくらい期間滞在できるの?

ワーキングホリデービザでは「1年間」ノルウェーに滞在可能です。勉強だけでなく、アルバイトや旅行など、さまざまな事に挑戦しましょう。

就学可能な期間は?

ノルウェーのワーキングホリデービザでは就学期間は3カ月未満と定められています。ですので、あらかじめノルウェー語を勉強された後に、語学学校へ通われることをオススメします。

労働できる期間は?

ノルウェーでワーキングホリデービザを使って滞在する場合、労働できる期間に制限はありませんが、同じ職場では6カ月までしか働けません。ノルウェーは最低賃金の規定が定められていませんが、日本より高いところが多いです。

ノルウェーでワーキングホリデーをする場合、語学学校は行った方が良いの?

ノルウェーでのワーキングホリデー生活をより充実させるため、語学学校へ通われることをオススメします。語学学校へ通うメリットですが、大まかに分けて下記の通りです。

アルバイトに関して相談しやすい

どうすればアルバイトに受かりやすいか、面接方法・履歴書の書き方を先生に教えてもらいましょう。日本人とノルウェーでは文化が違うため、日本では当たり前のことが通用されないことも多いです。

リアルタイムで色々な情報が手に入る

近所にある、お手頃な価格の食材を取り扱うスーパー、シェアハウス情報、写真スポット、安い洋服店など、ネットにまだ掲載されていない情報も含め、先生に色々と聞くことができます。今後、ノルウェーで生活していく上で、役に立つ情報を取り入れましょう。特にノルウェーは非常に物価が高い国ですので、しっかり情報収集しましょう。

実践的な語学スキルが手に入る

「ライティングやリーディングスキルはあるけれど、会話ができない…」
同様の悩みを抱える方は多いかと思います。語学学校ではコミュニケーション力の向上に重点を置いているところが多く、実生活で使える語学力が身に付きます。

ノルウェーでワーキングホリデーをする場合、どれくらい費用がかかるの?

ワーキングホリデービザはいわば1年間ノルウェーに滞在できるビザです。現地で何をするかにもよりますが、語学学校へ通い、ノルウェーで生活する事を考えると、200万円以上持っていくと良いでしょう。アルバイトをされない方は、プラス150万円持っていくと安心できます。また、滞在する場所によっても相場は変わります。

    語学学校へ行く→アルバイトを始める→旅行をする

上記の場合、必要なものは大まかに分けて『学費』『滞在費』『食費』『旅費・娯楽費』ですね。
現地に行ってそのままアルバイトを探される方はもっと費用を抑えられますが、せっかく海外に行くのであれば色々体験したほうが良いでしょう。

学費

ノルウェーではアルバイトをするにも高い語学力が必要です。ですので、まずは一般語学コースでしっかり身につけましょう。「語学+アクティビティ」など、ユニークなコースもあるので詳細はお問い合わせください。

滞在費

ノルウェーの文化を知るためにはホームステイをすると良いでしょう。ホストファミリーのお手伝いをすることで、現地でうまく生活できる方法を知ることができます。ですがホームステイは滞在費がかかるため、ある程度の期間滞在した後は、シェアハウスに滞在することをオススメします。ノルウェーでは、ルームシェアをされても日本より家賃が割高なことが多いですが、場所によります。首都オスロはノルウェーの中で一番家賃が高いです。「finn.no」というサイトでは住居だけでなくさまざまな情報を手に入れることができる人気サイトですので、是非ご活用ください。

食費

ノルウェーは世界の中でもトップクラスで物価の高い国と言われているため、できるだけ外食は控えましょう。長期滞在される方は、スーパーで食材を購入し、自炊することをオススメします。スーパーは高級スーパーから大衆向けまであり「REMA1000」では安い食材が揃っています。「Mattilbud」とうアプリを使うと、特売情報が確認できるのでダウンロードしましょう。

旅行・娯楽費

ノルウェーは「ガイランゲルフィヨルド」「トロムソ」など、美しい自然を楽しめる観光名所が多いです。ムンクのコレクションが多い「オスロ国立美術館」もオススメします。行きたい場所をあらかじめ絞りましょう。

ノルウェーでワーキングホリデーをする場合、保険は加入したほうが良いの?

ノルウェーへ行く場合、現地で何が起こるか分からないので、海外保険は必ず加入しましょう。留学タイムズではAIGと業務提携を結んでいるので、是非ご相談ください。

ノルウェーでどうやって仕事を見つけるの?

ノルウェーで働かれたい場合、企業側は高い語学力を求めるケースがほとんどですが、英語力があれば雇ってくれるところも多くあります。ですが、やはりノルウェー語を話せた方が仕事を見つけやすいので、語学学校でしっかり身につけましょう。仕事の探し方は大まかに分けて下記の通りです。

・友人・知人のツテ
・インターネット

ノルウェーで職探しをされる際、知り合いのツテを利用しても良いでしょう。そのためにはまず、色々な方と仲良くなりましょう。また、滞在先を探す際にご紹介した「finn.no」というノルウェー情報サイトでも求人情報を探せます。ノルウェーの最低賃金は特に定められていませんが、日本より高いところが多いです。

ノルウェーで失敗しないワーキングホリデーの方法は?

ノルウェーは治安が良い国として有名ですがそれでもスリなどには気を付けてください。知らない人についていかない・夜中人気のない道を一人で歩かないなど、最低限の事には注意しましょう。また、せっかく遠いところまで来たので、アルバイトも旅行も色々挑戦してみましょう。楽しいと思ったことをどんどん吸収してください。

ノルウェーでワーキングホリデーをお考えの方にオススメの語学学校

Home Language International

1週間:約252,850円(学費+滞在費(ホームステイ)+食費)
(€1=130円)

先生の家でホームステイをしながら、ノルウェー語を学べます。ですので自分のペースで学習が可能です。Home Language Internationalは世界30ヵ国・20言語以上の言語を学べる世界最大のホームステイ手配機関です。一般語学だけでなく、ノルウェー語+アクティビティコース、滞在のみもあるので詳細はお問い合わせください。

この学校の詳細を見る

ノルウェーのワーキングホリデーのまとめ

・アルバイトや旅行など、色々なものに挑戦するためにあらかじめある程度勉強してから語学学校へ行く
・安全な国として知られているが、スリなど軽犯罪には気を付ける
・物価が高い国なので、外食は控える

ノルウェーでワーキングホリデーをする場合、帰国後に後悔しないように滞在しましょう。ノルウェーの文化を学び、アルバイトをし、旅行に行くなど色々挑戦しましょう。そのためにはまずは語学力が必要です。しっかり勉強しましょう。英語が通じやすい国なので、困ったことがあれば英語で質問されても回答が受けられますが、語学力が伸びないため、できるだけノルウェー語を使いましょう。
ノルウェーは治安が良い国として知られていますが、全員が善人ではありません。スリに気を付ける・暗い道を一人で歩かないなど、最低限の事には気をつけましょう。
また、ノルウェー世界トップクラスで物価の高い国なので、外食は控えましょう。衣服を含め、日本から持ってこれるものは持ってきた方が良いです。