デンマークは「可愛らしい街並み」「治安の良さ」「住んでいる人々の高い幸福度」などで知られています。デンマークワーキングホリデービザは1年間滞在が可能です。充実したワーキングホリデー生活を送れるように、ビザの申請方法、学校・仕事・滞在先選び、食事、旅行のコツなど説明致します。また、非常に物価が高い国ですので、できるだけ安く留学できる方法もお教えします。

どうやってデンマークのワーキングホリデービザを申請するの?

デンマークのワーキングホリデービザは「手書き申請」または「オンライン申請」どちらか選べますが、いずれにせよ最終的に大使館へ行かなければなりません。また、デンマークは現地でもワーキングホリデーのビザ申請が可能です。
大使館でワーキングホリデービザを申請する場合、まず移民局のHPで申請書類をダウンロードし書類に記入後(オンライン申請の場合はアプリケーションフォームで申請)大使館へ訪問予約メールを送信し、必要書類(15,000クローネ以上の残高証明書、パスポートのカラーコピー、証明写真など)を持って大使館で手続きを行います。申請時には生態系認証登録も必要です。審査結果は郵送で届きます。

デンマークのワーキングホリデーは何歳まで申請できるの?

デンマークのワーキングホリデービザは18~30歳の方のみ申請可能です。そのため、渡航時に31歳でも問題ありません。

ワーキングホリデービザではデンマークにどれくらい期間滞在できるの?

ワーキングホリデービザでは「1年間」デンマークに滞在可能です。勉強だけでなく、アルバイトや旅行など、さまざまな事に挑戦しましょう。

就学可能な期間は?

デンマークのワーキングホリデービザは就学期間に制限がないので、1年間語学学校へ通うことも可能です。ある程度デンマーク語が身につけた後、アルバイトなど色々なことに挑戦しましょう。

労働できる期間は?

デンマークでワーキングホリデービザを使って滞在する場合、最大6カ月間労働が可能です。デンマークの最低時給は110クローネです。

デンマークでワーキングホリデーをする場合、語学学校は行った方が良いの?

デンマークでのワーキングホリデー生活をより充実させるため、語学学校へ通われることをオススメします。語学学校へ通うメリットですが、大まかに分けて下記の通りです。

アルバイトに関して相談しやすい

どうすればアルバイトに受かりやすいか、面接方法・履歴書の書き方を先生に教えてもらいましょう。日本人とデンマークでは文化が違うため、日本では当たり前のことが通用されないことも多いです。

リアルタイムで色々な情報が手に入る

近所にある、お手頃な価格の食材を取り扱うスーパー、シェアハウス情報、写真スポット、安い洋服店など、ネットにまだ掲載されていない情報も含め、先生に色々と聞くことができます。今後、デンマークで生活していく上で、役に立つ情報を取り入れましょう。

実践的な語学スキルが手に入る

ライティングやリーディングスキルはあるけれど、会話ができないという方も多いかと思います。語学学校ではコミュニケーションに重点を置いているところが多く、実生活で使える語学力が身に付きます。

デンマークでワーキングホリデーをする場合、どれくらい費用がかかるの?

ワーキングホリデービザはいわば1年間デンマークに滞在できるビザです。現地で何をするかにもよりますが、語学学校へ通い、デンマークで生活する事を考えると、200万円以上持っていくと良いでしょう。アルバイトをされない方は、プラス150万円持っていくと安心できます。また、滞在する場所によっても相場は変わります。

    語学学校へ行く→アルバイトを始める→旅行をする

上記の場合、必要なものは大まかに分けて『学費』『滞在費』『食費』『旅費・娯楽費』ですね。
現地に行ってそのままアルバイトを探される方はもっと費用を抑えられますが、せっかく海外に行くのであれば色々体験したほうが良いでしょう。

学費

デンマークではアルバイトをするにも高い語学力が必要です。ですので、まずは一般語学コースでしっかり語学力を身につけましょう。「語学+アクティビティ」など、ユニークなコースもあるので詳細はお問い合わせください。

滞在費

デンマークの文化を知るためにはホームステイをすると良いでしょう。ホストファミリーのお手伝いをすることで、現地でうまく生活できる方法を知ることができます。ですがホームステイは滞在費がかかるため、ある程度の期間滞在した後は、シェアハウスに滞在することをオススメします。デンマークでは日本と違い、賃貸用の物件がそもそもありません。ですので、オーナーが購入された物件をオーナーと直接交渉して契約するスタイルがほとんどです。住居は「Boligportal」などのサイトで検索される方が多く、またFaceookに情報が多く掲載されています。

食費

デンマークは物価が非常に高い国のため、レストランの費用が最低3000円以上することが多いです。パンは木の実が入っておりお手頃な値段で購入でき、美味しいだけでなく腹持ちが良いのでオススメです。

また、食べたいものを箱の中に入れ、持ち帰り可能な中華料理店もあります。大食漢な方でなければ1食数百円とお手頃な価格です。スーパーで食材を購入し、自炊すると更に食費を抑えられます。果物は赤い小さな木の実(すぐり)が手軽な値段で売られていますが、とても酸っぱいのであまりオススメしません。

旅行・娯楽費

デンマークで有名な観光地と言えば「チボリ公園」ですが、街をぶらぶら歩くだけでも十分楽しいです。景色がとにかく可愛らしいので、写真映えします。デンマークは複数島があるので、フェリーでの移動も便利です。

デンマークでワーキングホリデーをする場合、保険は加入したほうが良いの?

デンマークへ行く場合、現地で何が起こるか分からないので、海外保険は必ず加入しましょう。留学タイムズではAIGと業務提携を結んでいるので、是非ご相談ください。

デンマークでどうやって仕事を見つけるの?

語学力に自信がない方は、まず日本食レストランで働かれる方が多いですが、せっかくなのでご自身が興味のある職場で働きましょう。そのためには高い語学力が必要なので、まずは語学学校でデンマーク語をしっかり身につけましょう。また、仮にデンマーク語が話せなくても英語が話せれば採用する企業もあります。デンマークはワーキングホリデー協定国の中では、仕事を見つけにくい国ではあるので根気よく探してみてください。仕事の探し方は大まかに分けて下記の通りです。

・友人や先輩のツテ
・インターネット

デンマークでの職探しは、知り合いのツテが大変重要です。どこかで求人情報はないか、現地の友人や先生に相談しましょう。デンマークで有名な求人サイトは「JobsinCopenhagen」「WORK IN DENMARK」など、色々あります。デンマークの最低賃金は110クローネです。

デンマークで失敗しないワーキングホリデーの方法は?

デンマークは治安が良い国として有名ですが、それでもスリなどには気を付けてください。特に観光名所である「人魚の像」付近はスリが多発しています。知らない人についていかない・夜中人気のない道を一人で歩かないなど、最低限の事には注意してください。また、せっかく遠いところまで来たので、アルバイトも旅行も色々挑戦してみましょう。楽しいと思ったことをどんどん吸収してください。

デンマークでワーキングホリデーをお考えの方にオススメの語学学校

Home Language International

1週間:約221,000円(学費+滞在費(ホームステイ)+食費)
(€1=130円)

先生の家でホームステイをしながらデンマーク語を学べます。学費は割高ですがその分、密度の濃い時間を過ごすことができます。Home Language Internationalは世界30ヵ国以上で展開している、世界最大ホームステイ手配機関です。勉学のみではなく「語学+アクティビティ」などのコースもあります。レッスンなし・滞在のみも可能です。その場合は上記の値段より少し安くなります。

この学校の詳細を見る

デンマークのワーキングホリデーのまとめ

・勉学だけでなく、アルバイトや旅行など、色々なものに挑戦するためにしっかり語学力を身につける
・安全な国として知られているが、スリなど軽犯罪には気を付ける
・物価が高い国なので、外食は控える

デンマークでワーキングホリデーをされる場合、帰国後に後悔しないように滞在しましょう。デンマークの文化を学んだり、アルバイトをしたり、旅行に行くなど色々な事に挑戦しましょう。そのためにはまずは語学力が必要です。語学学校でしっかり身につけましょう。デンマークは英語が通じやすい国なので、困ったことがあれば英語で質問すると回答してくれますが、それではデンマーク語が伸びないため、できるだけデンマーク語を使いましょう。
デンマークは治安が良い国として知られていますが、それでも悪い人はいます。全員が善人ではありません。スリに気を付ける・暗い道を一人で歩かないなど、最低限の事には気をつけましょう。
また、デンマークは日本と比べるとはるかに物価の高い国です。外食はあまりしないようにしましょう。パンは安く日本人の味覚に合うのでオススメです。衣類はできるだけ日本から持って行った方が良いでしょう。