アメリカでワーキングホリデーをされたいと思う方は多いと思います。観光ビザで滞在できる期間は、大体の国が3カ月間ですが、ワーキングホリデービザがある場合は1年間(国によります)滞在でき、アルバイトも可能です。アメリカでワーキングホリデービザを申請されたい方の疑問を解決できるようにご説明致します。

どうやってアメリカのワーキングホリデービザを申請するの?

アメリカにワーキングホリデー制度はありません。アメリカで働きたい場合は就労ビザを取得する必要がありますが取得が困難です。その代わりにインターンシップに挑戦される方もいますが、アメリカでインターンシップを行う場合は基本的に高い英語力が必要です。

アメリカの近くでワーキングホリデーが可能な英語圏はどこ?

アメリカでワーキングホリデーはできませんが、隣の国である「カナダ」はワーキングホリデーは可能です。場所によっては、カナダからアメリカまで日帰りで観光可能です。また、カナダは治安も良く初心者の留学先としても良く選ばれます。他のワーキングホリデー協定国と比べ、アルバイト先が見つけやすい点も魅力です(カナダのワーキングホリデーについてはこちら
※現在、ワーキングホリデー制度がある英語圏は、カナダ・オーストラリア・ニュージーランド・イギリス・アイルランドです。

アメリカに長期間滞在したい場合はどうすれば良いの?

アメリカに3カ月以上留学される(または週18時間以上、授業を受ける)場合は「学生ビザ」が必要です。アメリカの大学へ進学希望の方は、高い英語力と高い学費を求められます。留学タイムズが取り扱っている語学学校では、大学進学準備コースがある語学学校が多くあるのでお気軽にご相談ください。また、語学学校の中ではアメリカの大学内に校舎があるところもあるので、キャンパスライフが堪能できます。
アメリカで就労ビザを得て働くことは困難ですが、将来英語を使って働きたい方向けに、ビジネス英語コースを取り扱っている語学学校も多くあります。

アメリカでアルバイトはどうやってできるの?

学生ビザの場合、法律上アメリカでアルバイトはできません。また、ワーキングホリデー協定国の中でアルバイト先が特に見つけやすい国は、オーストラリア・カナダ・ニュージーランドです。

アメリカで留学をお考えの方にオススメの語学学校3選

WESLI – Wisconsin ESL Institute

4週間:約296,125円(学費+滞在費(ホームステイ)+食費)
(US$1=115円)

学生が多く生活環境が整った都市、マディソンにある語学学校です。学費が安いので長期滞在に向いており、また全米に30校以上の提携大学があるので大学進学を検討されてる方にもオススメします。この語学学校は、英語+ボランティア、クロスフィット、ビール&チーズなどユニークなプログラムがあります。マディソンは標準英語を話す地域なので癖のないアメリカイングリッシュが学べます。

この学校の詳細を見る

TALK English Schools, Boston

4週間:約352,475円(学費+滞在費(ホームステイ)+食費)
(US$1=115円)

ボストンのダウンタウンに建つ、歴史的な建物内にある語学学校です。一般英語の他に就業体験プログラム、ビジネス英語、英語+ボランティアなどがあります。全米に約50の提携大学があり、上級レベル修了者はTOEFL免除で出願が可能です。夏・冬に大学訪問ツアーが開催され、ワークショップも楽しめます。

この学校の詳細を見る

St Giles International, San Francisco

4週間:約346,495円(学費+滞在費(ホームステイ)+食費)
(US$1=115円)

サンフランシスコのダウンタウンにある語学学校です。この語学学校は、ビジネス英語、アート&デザイン、ツーリズム英語、大学進学準備、英語教師スキルアップなどコースの種類が豊富なので目的に合って学習できます。アクティビティが盛んに行われているので、授業外も楽しく遊びながら英語を学べます。

この学校の詳細を見る

アメリカでワーキングホリデーをされたい方へまとめ

・アメリカにワーキングホリデー制度はない。アメリカから一番近いワーキングホリデー協定国はカナダ
・アメリカに3カ月以上留学される場合、学生ビザが必要
・アメリカの就労ビザは取得が困難

アメリカにワーキングホリデー制度はありませんが、隣の国カナダはワーキングホリデー制度があります。都市によってはアメリカへ日帰り旅行も可能です。アメリカに3カ月以上滞在される(または週18時間以上授業を受ける)場合は、学生ビザが必要です。留学しながらアルバイトをされたいと思われる方も多いですが、学生ビザではアメリカの法律上、アルバイトは禁止されています。アメリカで就労ビザを得て、働きたいと思われる方もいますが取得は困難です。将来英語圏で働きたいとお考えの方には、語学学校で取り扱っているビジネスコースの受講をオススメします。