国別基本情報

留学タイムズでは、世界40カ国以上の語学学校を取り扱っています。 各国は気候や文化、社会制度が異なるのはもちろん、留学制度や学校の特徴もさまざま。しっかりチェックして、自分にぴったりのエリアを探しましょう!

フィリピン

スペインやアメリカの植民時代を経て、独立したフィリピン共和国。そのため、英語を使える人が多い。物価が非常に安く、格安でマンツーマンレッスンを受ける事が可能。セブ島はフィリピン内で2番目に大きな都市。セブ島から橋を渡って行くことができるマクタン島はリゾート地として有名。近くの島には、世界最小メガネザルが生息している。1カ月以内の滞在ならばビザは不要。

フィリピン語学学校検索

フィリピン 基本情報

フィリピンについてについて

フィリピン
正式名称 Republic of Philippines
首都 マニラ
面積 299,404 sq km
人口 104,980,941人 (2016年4月推定)
政治体制 立憲共和制
通貨単位 ペソ(PHP)
主要言語 タガログ語・英語

時差

マイナス1時間。

気候

セブ島やマクタン島は1年中暑く、日本で例えるならば8月くらいの気温。大きな気温差はないが、5月が一番暑いことが多い。

服装

セブ島やマクタン島の場合、夏服で良いが、バスやデパート内が空調が効きすぎているとことがあるので、上着を数枚持って行った方が無難。日差しが強いのでサングラスもしくは帽子があると良い。

言葉

第一公用語はタガログ語だが、他にも多くの言語がある(セブ島はセブアノ語)。同じ国でも全く意思疎通ができない場合がある程言葉が違うので、日本の方言とはやや異なる。第二公用語は英語。なまりが強いが、語学学校のスタッフは発音の綺麗な人が多い。スペイン語を話せる人も多い。

フィリピン 大使館・領事館情報

フィリピン共和国大使館

〒106-8537 東京都港区六本木5-15-5  TEL 03-5562-1600
http://tokyo.philembassy.net/ja/

在フィリピン日本国大使館

2627 Roxas Blvd., Pasay City, Metro Manila, 1300, Philippines   TEL +63 2 551 5710/5780
http://www.ph.emb-japan.go.jp/index_japanese_version.htm

フィリピン 留学事情

語学留学

格安でマンツーマンレッスンを受けることが可能。授業時間数が長い学校が多いので、短期間で一気に語学力を伸ばしたい方向き。
【主な語学学校認定機関・団体など】
TESDA、ETS(TOEIC/TOEFL)、BRITISH COUNCIL、ACT、LE CORDON BLUE、AUSTRALIA TAFE、INFORMATIC、BMC WELDING ACADEMY、Cambridge ESOLなど。

キャリアアップ・専門スキル

TESOL、TOEIC、TOEFL、ケンブリッジ英検など試験対策コースや、ビジネス英語も人気。

 留学先人気都市

セブシティ(セブ島)

ダブリンフィリピン第2の都市。フィリピン最古の都と呼ばれ、街には記念碑も多い。カルボン・マーケットやサント・ニーニョ教会、サンペドロ要塞などが有名。フィリピン最古の通り『コロン通り』から北側は、アップタウンと呼ばれ、病院やレストラン、デパート、ホテルがあり、便利な環境。

ラプラプシティ(マクタン島)

ダブリンセブ島と2本の橋で結ばれた小さな島。フィリピン随一のリゾートエリア。美しい海を堪能することが可能。また、ガイサノ・マクタンという庶民的なデパートや、屋台や食堂など、街散策も楽しむことができる。


イギリス語学学校検索